リフォーム見積もり

完全保存版!水回りリフォームの費用や見積もり依頼の方法

水回りリフォーム見積もり

キッチンやお風呂、トイレなどの水回りのリフォームを行う際、見積もりを取らなければいけません。見積もりを依頼することにより、適正価格を見極められます。また、優良業者に工事を依頼できるのです。

しかしながら、水回りは工事の規模が大規模になりやすいため、数百万円単位のリフォーム費用になります。そのため、納得のいくリフォームを行い、低価格で品質の高い工事を行いたいものです。

ただ、「水回りリフォームはいくらかかるのか」「見積もりのコツはないのか」「費用を抑えられないのか」などの相談は多く受けます。

そこでこのページでは、「水回りのリフォームを行いたい方が見積もりを依頼する際の注意点や価格を効率よく抑える秘訣」をご紹介します。

水回りのリフォームの見積もりを取り、適正価格で優良業者に工事を依頼しましょう。

目次

1.水回りのリフォーム費用の相場

一般的に、水回りのリフォームは以下の4種類に分けられます。

  • キッチン
  • お風呂
  • トイレ
  • 洗面所

水回りのリフォームは、工事の規模が大きくなりやすいため、費用が高くなりがちです。そのため、あらかじめどの程度の費用がかかるのか把握しましょう。それでは、順を追って費用や相場をご紹介します。

1-1.キッチンのリフォーム費用の相場:100~200万円

キッチンは水回りのリフォームの中でも費用は高くなりやすいです。配管の移動など、工事の規模が大きくなるからです。

一般的なシステムキッチンの交換であれば、100万円程度の費用がかかります。

しかし、壁付キッチンからアイランドキッチン(対面キッチン)にリフォームする場合、200万円を超えるケースがあります。

つまり、キッチンのリフォームは、規模によって値段が倍以上変わるのです。大規模になるほど値段は高くなるため、予算とのバランスを考えてリフォームプランを決めましょう。

キッチンのリフォーム費用についてさらに詳しく知りたい方は、この記事にも目を通しておきましょう。

あわせて読みたい
キッチンリフォーム費用
キッチンリフォームの費用や相場:見積もりや価格を抑える秘訣キッチンのリフォームを行う上で、多くの方が気にするのが費用や価格ではないでしょうか。 キッチンのリフォームは、数百万円単位の金額に...

1-1.システムキッチンリフォーム:125万円

システムキッチン

出典:LIXIL

システムキッチンにリフォームする場合、125万円程度の費用がかかります。

そのため、システムキッチンへの交換リフォームを行うのであれば、この程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

ただし、グレードや条件によって値段は変わるため、必ずしもこの値段になるわけではありません。あくまでも目安程度に捉えておきましょう。

1-1-2.対面式のキッチンリフォーム:200万円

オープン対面キッチン出典:LIXIL

対面式のキッチンのリフォームは、キッチンの中でも費用が高くなります。排水管の移動など、工事の規模が大規模になりやすいからです。

そのため、対面式キッチンにする場合は、200万円程度の費用がかかることを覚えておきましょう。ただ、対面式キッチンは、リビングを見渡しながら調理や後片付けを行うことができます。

壁付キッチンの場合、壁に向かって作業をするため、ついつい一人の空間になってしまうのではないでしょうか。

しかし、対面式キッチンであれば、家族との会話やコミュニケーションを取りながら家事が行えます。対面式キッチンにリフォームを行い、家族と一緒に料理を楽しみましょう。

対面式キッチンについては、以下の記事で詳しく解説しています。せっかくのリフォームを失敗させないためには、以下の記事にも目を通しておいてください。

あわせて読みたい
オープン対面キッチン
オープン対面キッチンにする方必見!人気5種類の特徴とポイント注文住宅の建設やリフォームを行う際、キッチンを対面にしてみたいと思いながらも、どのようにすると良いのか悩む方は多いのではないでしょうか。...
あわせて読みたい
キッチンリフォーム
キッチンリフォームする人必見!6つの悩みとよくある失敗談キッチンは料理をするスペースになるため、最も家事の作業時間が長いです。そのため、見栄えばかりを気にして配置や製品などを選んではいけません...
あわせて読みたい
システムキッチンとは
システムキッチンとは:最新の人気の種類や形を紹介します新築やリフォームで最新の「システムキッチンにしたい」と思う方は多いです。 ただ、ほとんどの方が「システムキッチン」という言葉を知っ...

1-2.お風呂・浴室のリフォーム費用の相場:50~150万円

お風呂・浴室のリフォーム費用は、50~150万円程度かかります。お風呂の浴槽だけを交換するリフォームであれば、数十万円程度で行えます。

しかし、お風呂全体をリフォームする場合、費用は100万円を超えることも珍しくありません。

一言にお風呂・浴室のリフォームといっても、内容によって価格は大きく変わってくるのです。そのため、以下では、事例別のリフォーム費用をご紹介します。

これを参考にし、あなたが行いたいリフォームがいくらぐらいかかるのかの目安にしましょう。

あわせて読みたい
お風呂リフォーム
ユニットバスのリフォーム費用や価格、選び方のすべてがわかる6項目浴槽が古くなったことによって、ユニットバスのリフォームを検討される方は多く見受けられます。毎日湯船につかる方は、汚れが取りづらく、カビが...
あわせて読みたい
お風呂リフォーム
気になるお風呂・浴室リフォームの価格や相場を事例から紹介お風呂や浴室のリフォームを行う際、価格や実例などあらかじめ知っておいたほうがいい情報がいくつかあります。 一言でお風呂や浴室のリフ...

1-2-1.ユニットバスの入れ替えリフォーム:100万円

ユニットバスリフォーム

出典:TOTO

ユニットバス(工場で生産された、「浴槽」「壁」「天井」「床」などを現場で組み立てるお風呂のこと)の入れ替えリフォームは、100万円程度で行えます。

工場で作られたものを現場で組み立てるため、在来工法(昔のお風呂)のリフォームに比べると手間暇がかかりません。

そのため、ユニットバスのリフォームを検討している方は、100万円程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

1-2-2.在来工法からユニットバスへのリフォーム:100~150万円

在来工法お風呂

在来工法(昔ながらのお風呂)を最新のお風呂にリフォームする場合、工事費用は高くなりやすいです。

おおよそ100~150万円程度かかります。

また、場合によってはそれ以上の費用がかかるため、リフォームを検討している方はあらかじめ覚えておきましょう。

ただ、最新のユニットバスは、自動でお湯を沸かしてくれたり、お湯炊きをしてくれたりします。値段以上の価値があるのではないでしょうか。また、毎日の疲れを癒してくれるのではないでしょうか。

1-3.トイレのリフォーム費用の相場:20~40万円

トイレのリフォーム費用の相場は、20~40万円が多く見られる価格帯です。便座を交換する手軽なものから、便器そのものを変えるリフォームまであるため、内容によって価格は異なります。

そこで、以下ではトイレのリフォームの価格別の事例をご紹介します。

また、トイレのリフォームについては、以下の記事でさらに詳しくポイントなどをお伝えしています。ついでに読んでおきましょう。

あわせて読みたい
トイレリフォーム
トイレリフォームを成功させる7つのコツと費用を抑える秘訣トイレは、家族全員が何度も使用する場所であるため、生活に欠かせないところです。 ただ、使う頻度が多いため、ちょっとしたことが悩みや...

1-3-1.便座の交換リフォーム:20万円

タンクレストイレリフォーム

出典:株式会社キッチンワークス

タンクレスの便座を交換するリフォームの場合、20万円程度の費用が必要です。

タンクレスにする場合、便器の交換ではなく便座を交換するだけで行えるリフォームになるため、手軽に行えます。また、施工期間も1日で終わる場合もあるので、簡単に行えるリフォームです。

タンク付きのトイレの方はリフォームを行い、タンクレスのトイレにしましょう。

1-3-2.トイレの内装や便器のリフォーム:40万円

トイレ内装リフォーム

便器に加えて内装のリフォームを行う場合、30万円態度の費用がかかります。程度にもよりますが、便器の交換を行う上に、床材や壁紙などをリフォームするからです。

ただし、メーカーやグレードによって値段は異なるため、予算とのバランスを考えてリフォームしましょう。

1-4.洗面台・洗面所のリフォーム費用の相場:30万円

洗面台・洗面所のリフォームの費用は、30万円程度かかるのが一般的です。洗面台の交換から、洗面所の床や壁紙のリフォームなど行えます。

それでは、価格別のリフォームをご紹介します。

さらに、洗面台や洗面所のリフォームのポイントを知りたい方は、以下の記事にも目を通しておきましょう。

あわせて読みたい
洗面所・洗面台リフォーム
おしゃれな洗面台・洗面所リフォーム費用や相場:事例や施工例 洗面所は、家族が毎日使う場所です。朝起きたら顔を洗ったり寝る前には歯を磨いたりします。また、男性と女性とではそれぞれ用途が異なり...

1-4-1.洗面台の取り換え工事:10万円

洗面所リフォーム

洗面台の交換の費用は、10万円程度で行えます。安いタイプの場合、5万円程度で購入することができるからです。

ただ、グレードが良くなればその分費用は高くなります。リフォームする場合、いいものにしたくなる気持ちはわかりますが、費用とのバランスを考えるようにしましょう。

1-4-2.洗面台の交換と内装のリフォーム:30万円

洗面所リフォーム

洗面台の交換に加えて、洗面所の壁紙や床材をリフォームする場合、30万円程度の費用が必要になります。

このとき、壁紙や床材は水に強い素材にするのがおすすめです。洗面所を脱衣所として使用する場合、湿気が多くなるからです。洗面所を一新させて気分をリフレッシュさせましょう。

水回りのリフォームの費用について解説してきましたが、さらに詳しい情報は「水回りのリフォームの費用や相場:セットやパックをお得に使う」の記事で解説しています。水回りのリフォームを検討している方は、こちらにも目を通しておきましょう。

2.水回りリフォームの見積もり事例

水回りのリフォームの見積書をご紹介します。なかなか見積書を見ることはない方は多いのではないでしょうか。そこで、見積書をご紹介します。実際の見積もりを取る際の参考にしましょう。

2-1.キッチンの見積もり事例

キッチンリフォーム見積もり価格 キッチンリフォーム見積もり価格 キッチンリフォーム見積もり価格 キッチンリフォーム見積もり価格

出典:横田満康建築研究所

キッチンのリフォームになります。細かく記載してあるため、具体的な内容がわかりやすいです。

ただ、これは商品の代金になるため、別途施工費用が必要になります。そのため、実際のリフォーム代金は、さらに高くなることを覚えておきましょう。

2-2.お風呂・浴室の見積もり事例

お風呂リフォーム見積もり事例

出典:INOS わしらアングラーじゃけぇ

ユニットバスへのリフォームの見積書になります。1616サイズ(縦横160cm)になるため、一般的なお風呂の大きさです。

施工費用も高くないため、低価格なリフォームになります。

ただし、リフォームの価格は都道府県やリフォーム会社によって大きく異なるため、必ずしもこのような値段になるわけではないことを覚えておきましょう。

2-3.トイレの見積もり事例

出典:アロープラス

便器の交換リフォームになります。このリフォームは、便器の価格が40%オフになっているため、商品代を大きく抑えているのが特徴です。

便器の交換リフォームを行う方は、この見積書を参考にしてみてください。

3.見積書の見方

見積書を実際に拝見しても「見方がわからない」という相談は多く受けます。見積書には、専門用語などが記載されているため、素人目線ではわかりにくいものです。

そこで、見積書の見方をお伝えします。見積書の内容を正確に把握して、理想の会社に工事を依頼しましょう。以下は、見積書のイメージです。

見積書見方

見積書には、主に以下の内容が記載されています。

  • 工事内容
  • 具体的な内容
  • 数量・単位・単価
  • そのほかにかかる工事費用
  • 廃材の処分費用
  • 管理費などの諸経費

とはいえ、どういったものなのかわからないのではないでしょうか。したがって、順番に意味や内容を解説していきます。

3-1.工事内容

見積書には、工事内容が記載されています。そのため、この項目でどのような工事が行われるのかを判断できます。

たとえば、キッチンのリフォームの場合、キッチンの取り付けなどが記載されています。また、既存のキッチンの解体が必要な場合、その解体撤去などの項目が記載されているはずです。

そのため、ここの内容を理解して、どのような施工内容なのかを判断しましょう。

3-2.具体的な内容

工事内容について、具体的な内容がわからないという方がいらっしゃいます。そのため、さらに工事内容をわかりやすくするために、具体的な内容を記載してあります。

たとえば、見積書に「解体撤去費用」とかかれていても、それが何の解体の費用なのかわからないのではないでしょうか。

そこで、「既存設備の撤去」と記載してあれば、古いキッチンを撤去する費用がかかるということがわかります。

見積書には、その詳細が記載してあります。そのため、その部分を気にすれば、工事の内容がよりわかるのです。見積書を見る際は、どのような内容なのかにも注意して見るようにしてください。

3-3.数量・単位・単価

リフォームの費用は、「数量」「単位」「単価」この3つによってわかります。数と単位、そして単価がわかれば、その箇所の費用が求められるからです。

たとえば、キッチンの場合、キッチンの数が「1」になり、単位はこの場合「式」になります。そして、その単価がわかれば、その部分のリフォーム費用がわかるのです。

ただし、リフォーム会社によっては、以下のように「一式」と表記してあるケースがあります。

リフォーム見積もり比較一式

この場合、詳細がわからないです。また、見積書を他社と比較する際、値段だけでしか判断することができません。そのため、見積書はできるだけ詳細に記載してもらうようにリフォーム会社に依頼しましょう。

3-4.そのほかにかかる工事費用

リフォームを行う場合、キッチンの施工以外にも工事を行う場合があります。

たとえば、外壁塗装の場合、2階や屋根の塗装をするためには、足場をかけなければいけません。そのため、この足場代は「仮設工事費用」というように、見積書に記載されます。

つまり、工事を行うために必要な工事費用がある場合、見積書にそれが記載されるのです。そのため、「仮設工事費用」と見積書に記載してあるのであれば、どのようなものなのかをリフォーム会社や工務店に問い合わせてみましょう。詳細を教えてくれるはずです。

3-5.廃材の処分費用

リフォーム工事によって廃材が出た場合、それを処分するための費用が必要になります。この費用は、施工費用とは別になるため、「廃材処分費」としてお客様から頂戴するのです。

リフォームを行う際、既存のものを取り壊すことが多いので、廃材費用がかかることを覚えておきましょう。

3-6.管理費などの諸経費

リフォームには、施工金額の10%程度の諸経費がかかります。材料の運搬や現場の管理費用などが必要だからです。

たとえば、リフォームの工事を行う職人が車で現場到着した際に、駐車場がなければそれを用意しなければいけません。そのため、駐車場を借りる費用が必要になります。

つまり、リフォームを行うために必要な費用を諸経費として見積書に記載するのです。リフォームを行う際は、諸経費が10%かかることを覚えておきましょう。

4.水回りリフォームの見積もりのポイント

水回りのリフォームのポイントをお伝えします。実は、見積もりを依頼する際、いくつかの注意点があるからです。

不慣れな見積もりを取る場合、上手にリフォーム会社や工務店に依頼することができない方は多く見られます。価格が高くなりがちだったり、想像とリフォームの内容が異なってしまったりしてしまうのです。

そこで、これから水回りのリフォームを行う方のためのポイントをお伝えします。

なお、水回りのリフォームの見積もりについては以下の記事でそれぞれ詳しくお伝えしているため、これから行うリフォームの見積もりについて知りたい方は必ず目を通しておきましょう。

4-1.複数社見積もりを依頼する

リフォームの見積もりは必ず複数社に依頼しましょう。リフォームの施工金額には「定価」が存在しないため、1社だけの見積もりでは適正価格を判断することは難しいからです。

たとえば、水回りのリフォームの見積もりを1社に依頼したと仮定します。

  • A社:250万円

この場合、あなたが行おうとしているリフォームの費用が、「250万円」で妥当なのか判断することは難しいです。

そこで、以下のように2~3社に見積もりを依頼し、おおよその相場を把握します。

  • A社:250万円
  • B社:280万円
  • C社:230万円

このように、複数社見積もりを依頼すれば相場を判断できるのです。これからリフォームの見積もりを依頼する方は、必ず複数社見積もりを依頼するようにしてください。

4-2.グレードや条件は統一する

グレードや条件は統一するようにしてください。リフォーム会社ごと条件やグレードが変わると、値段が変わってしまうため、見積もりを比較しにくいからです。

たとえば、以下のように2社に見積もりを依頼したと仮定します。

  • A社:普通のグレード200万円
  • B社:高級なグレード300万円

同じ内容のリフォームであったとしても、キッチンやユニットバスのグレードそのものの値段が高くなれば、その分全体の施工金額も高くなります。

同じグレードであれば、同条件で値段が高い安いなどを判断することができますが、この場合、値段が当然変わってしまうため、見積もりを比較しにくくなってしまうのです。

そのため、見積もりを比較する際は、条件やグレードを統一して見積もりを依頼するようにしてください。

4-3.あらかじめ家族と相談しておく

これから水回りのリフォームを行うのであれば、あらかじめ家族とどのようなプランにするのかをあらかじめ相談しておきましょう。

水回りは家族が毎日使う場所になるため、一人の意見でプランを決めないようにしてください。後々、家族に相談したら猛反対を受けたり、プランを大幅に変更したりすることになるからです。

まずは、見積もりを依頼する前に家族とよく話し合い、プランを決めてからリフォーム会社に依頼するようにしてください。

5.水回りリフォームの注意点

水回りのリフォームには、いくつか注意点があります。後々後悔してからリフォームをやり直すことは不可能なため、後悔のないものにしたいですよね。これからリフォームを行う方は、以下でお伝えする注意点に気をつけてください。

5-1.必ずショールームで実物を見る

水回りのリフォームは、必ずショールームに行って、実物を見るようにしましょう。先ほどお伝えしたように、キッチンやお風呂は、毎日使うものです。

そのため、パンフレットなどで決めてしまうと、実際にリフォームした後に「思っていたのと違う」ということになりかねません。

後々、後悔してしまわないように必ず実物を見てから決めるようにしましょう。

5-2.デザイン性よりも機能性を重視する

リフォームを行うのであれば、おしゃれなキッチンやお風呂などにしたいものです。

しかしながら、見栄えばかりを気にしてリフォームしてしまうと使いにくくなる可能性があります。したがって、デザイン性も重要ですが、必ず機能性を重視してください。

おしゃれな壁紙、照明などにお金をかけるのではなく、使いやすくなるオプションなどに予算を使うほうが後々快適に暮らすことができるのです。

これから水回りのリフォームを行うのであれば、機能性や使いやすさを気にしてプランを考えましょう。

6.水回りリフォームの見積もり費用を抑えるコツ

水回りのリフォームは、工事の規模が大規模になりやすいため、費用が高くなりやすいです。

しかし、ポイントを抑えれば値段を抑えることができます。以下では、水回りのリフォームによって、費用を抑えるコツをお伝えします。

6-1.セットやパックを利用する

水回りのリフォームは、一式セットやパックなどがあります。そのため、それらを利用すると値段を抑えられます。

キッチンやお風呂などを別々にリフォームするのではなく、まとめて行うことで設備機器の購入価格を安くできるからです。

リフォーム会社や工務店によっては、このようなセットやパックを行っているところがあります。水回りのリフォームを検討しているのであれば、利用して効率よく値段を抑えましょう。

6-2.メーカーにこだわらない

水回りの設備機器のメーカーにこだわらないと値段を抑えられます。リフォーム会社や工務店によっては、安く仕入れられるメーカーがあるからです。

有名なブランドのメーカーではなくても、低価格で品質の高い商品があります。

そのため、メーカーにこだわらないと安くリフォームを行うことができるのです。水回りは、設備機器の値段が高いため、お得なものを利用してリフォームを行いましょう。

6-3.地域のリフォーム会社や工務店に依頼する

リフォームを依頼する際、地域のリフォーム会社や工務店に工事を依頼すると費用を抑えられます。大手ハウスメーカーのような仲介手数料が発生しないからです。

大手ハウスメーカーの場合、仲介手数料を利益として確保した上で、下請け業者に工事を依頼します。実はこのとき、施工金額の3~4割の費用が仲介手数料になるのです。

大手ハウスメーカー仲介手数料

たとえば、200万円のリフォームの場合、以下のような計算式になります。

200万円(施工費用) × 0.4(仲介手数料の割合) = 80万円(仲介手数料の金額)

つまり、リフォームの金額が200万円の場合、そのうち80万円が仲介手数料になり、実際に使われる費用は120万円になるのです。

水回りのリフォームを行うのであれば、大手ハウスメーカーに工事を依頼するのではなく、直接地域のリフォーム会社や工務店に工事を依頼するとその分の費用を抑えることができます。

まとめ

水回りのリフォームは、行う工事の内容によって施工費用が変わります。そのため、ここでお伝えした費用を目安にしてリフォームプランを決定しましょう。

また、見積もりを依頼する際は、ポイントを抑えて取るようにしてください。

水回りのリフォームは、工事の規模が大きくなりやすいです。そのため、費用が高額になってしまいがちです。

しかし、効率よくリフォームを行えば、質を落とさず費用を抑えることができます。ここまででお伝えして内容を参考にして、水回りのリフォームを行いましょう。そして、優良業者に工事を依頼してください。

リフォームの費用を簡単に300万円も安くする裏技

リフォームは、300万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

300万円以上安くリフォームをお得にする方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る