45歳で家を建てられるのか?45歳で住宅ローンを組む注意点

45歳で家を建てる

「45歳で家を建てることができるのか」という相談は多く受けます。45歳という年齢になると、家を建てる際にいろいろな制限があるからです。

住宅ローンを借りにくくなったり、完済年齢が遅くなったりしますよね。「もう家を建てるのは難しいのか」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、45歳ならば家を建てることは可能です。

そこでこのページでは、45歳が家を建てる際の注意点をご紹介します。夢のマイホームを建てて、これからの人生を素敵な注文住宅で楽しみましょう。

住宅ローンは45歳まで組める

45歳で家を建てる際に、何歳まで住宅ローンを組むことができるのか気になる方は多くいるのではないでしょうか。

一般的に、多くの金融機関が「住宅ローンの完済年齢を80歳まで」としています。

つまり、住宅ローンを35年で組んだと仮定した場合、45歳が35年ローンの借りられる年齢の限度になります。また、30年で住宅ローンを組むことができると仮定すると、50歳が住宅ローンを組める限度です。

「いくらぐらいの家を購入するのか」「頭金はどのくらい用意しているのか」によって、住宅ローンの借り入れ年数は変わってきます。

これらを考えて資金計画を考えるようにしましょう。

返済期間別の月々の返済額

45歳で家を買う場合、何年ローンにするのか悩みどころではないでしょうか。住宅ローンは、一般的に35年ですが、年齢を考えると早めに完済しておきたいところです。

以下では、借り入れ金額別の住宅ローンの返済額をご紹介します。35年と30年では、月々の返済額にどのくらいの差があるのかを確かめてください。

借入金額3,000万円の試算

ボーナス払いなし、固定金利で3,000万円を借りた場合の試算は以下をご覧ください。

 月々の返済額総支払額
35年返済91,855円38,579,007円
30年返済
103,536円37,272,768円
差額11,681円1,306,239円

3,000万円の借り入れの場合、35年と30年では、月々の返済額の差は11,681円、総支払額は1,306,239円となりました。

借入金額2,500万円の試算

ボーナス払いなし、固定金利で2,500万円を借りた場合の試算は以下の通りです。

 月々の返済額総支払額
35年返済76,546円32,149,099円
30年返済
86,280円31,060,610円
差額9,734円1,088,489円

月々の返済額の差は、9,734円、総返済額は1,088,489円差という結果になりました。

借入金額2,000万円の試算

ボーナス払いなし、固定金利で2,000万円を借りた場合の試算は以下をご覧ください。

 月々の返済額総支払額
35年返済61,236円25,719,333円
30年返済
69,024円24,848,426円
差額7,788円870,907円

月々の返済額の差は、7,788円、総返済額は、870,907円の差になりました。

35年と30年どちらがいいのか

35年と30年では、月々の返済額の差は1万円ほどです。働いているうちにローンをできるだけ返すのであれば、30年ローンにするのも1つの方法です。

30年ローンであれば、45歳で家を建てても75歳で完済できます。これは、40歳が35年ローンで家を買うのと同じ返済年齢です。

45歳で家を建てるのであれば、30年ローンを組むのも1つの方法です。早く返済してローンを完済してしまいましょう。

45歳で家を建てるメリット

45歳で家を建てる際、以下のようなメリットがあります。

  • きれいな状態で老後を過ごせる
  • 収入が多い
  • 頭金を多く入れられる

家を建てる年齢が遅いことは、決してデメリットだけではありません。年齢の強みを活かして住宅を購入しましょう。

家がきれいな状態で老後を過ごせる

45歳で家を建てると、家をきれいな状態で老後を過ごすことができます。30歳で家を購入すると完済すると65歳です。

つまり、65歳の時点だと家を購入してから35年経過しているということになります。家の状態によってはリフォームしなければいけません。住宅ローンを完済しても、大規模なリフォーム費用が必要になります。

しかしながら、45歳で家を購入すれば35年経過しても80歳です。45歳で家を建てると老後をきれいな家で暮らせるメリットがあります。

収入が多い

45歳になると、仕事も管理職などになっているのではないでしょうか。若いころに比べて収入が多いですよね。

45歳で家を建てる平均年収

実際に45歳の平均年収は、561万円です。男性と女性の内訳は以下をご覧ください。

  • 男性:657万円
  • 女性:466万円

45歳になると収入も多くなるため、住宅ローンの返済を多く支払えるのではないでしょうか。余裕を持った資金計画で家を建てましょう。

頭金を多く入れられる

45歳になると、貯金もある程度は溜まっていることでしょう。そのため、住宅購入時に入れられる頭金を多く用意できるのではないでしょうか。

45歳の平均貯金額は、594万円になります。この費用のすべてを頭金にする必要はありません。ある程度貯金を残した上で頭金を入れるようにしてください。

頭金は、多いほど月々の返済額や総返済額が少なくなります。無理のない返済計画を行うために、よく資金プランを考えて家を購入しましょう。

45歳で家を建てる注意点

45歳で家を建てる場合、いくつかの注意点があります。家を買うタイミングとしては、決して早くはないため、お伝えするポイントに注意して注文住宅を建てましょう。

団体信用生命保険に加入する必要がある

住宅ローンを借りる上で、団体信用生命保険(団信)に加入しなければいけません。これは、万が一病気などで住宅ローンの返済ができなくなった場合に、ローンの支払いを免除してもらうための保険です。

ただし、団信に加入するためには、保険に加入できる健康状態でなければいけません。つまり、健康状態によっては保険に入れない恐れがあるのです。

45歳という年齢を考えると、健康状態に影響がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、団体信用生命保険に加入しなくても良い住宅ローンもあるため、団信に入れなかった方はそれらを利用するようにしてください。

団体信用生命保険は、万が一の際、残された家族のために必要な保険です。そのため、加入できるのであれば入ることをおすすめします。

老後の返済のことを考える

先ほどお伝えしたように、住宅ローンは80歳までに完済するようにしなければいけません。しかし、65歳を超えると年金や今までの貯金で生活する必要があります。

つまり、それ以降は仕事の収入がない状態でローンを返済しなければいけないのです。75歳で完済するプランならば10年間、80歳の場合は15年間になります。

この期間、年金などの収入でやり繰りしなければいけません。そのため、老後のことを考えて住宅購入を検討するようにしてください。

老後の生活が大変になり、住宅ローンが返せなくなってしまう方も実際にいらっしゃいます。それでは、無理に45歳で家を建てても意味がありませんよね。

家の購入は魅力的ですが、賃貸でも安くてきれいな物件はあるので返済計画をよく考えた上で行うようにしましょう。

また、45歳で家を建てるのであれば、働けるうちに返すように、20年などの返済プランで家を建ててみるのもおすすめです。45歳で家を建てる際は、老後のことを考えて返済期間や予算を決めましょう。

子供の教育費がかかることを考慮する

お子さんがいる場合、子供の教育費がかかることを把握しておきましょう。高校生になれば、塾の費用がかかります。また、大学生になれば入学費などの費用がかかるのではないでしょうか。

数年後にそれらの費用がかかることを考慮した上で、住宅を購入するようにしてください。家を買うのも重要ですが、お子さんたちを進学させてあげる費用も大事ですよね。

将来のことを考えた上で、家を建てるのかを判断することを忘れないようにしてください。

まとめ

45歳で家を購入することは十分に可能です。

ただ、45歳は35年ローンで家を建てられる限度になるため、住宅の購入を検討しているのであれば早めに購入しましょう。

45歳で家を建てる際、メリットもあればデメリットもあります。それらを踏まえた上で、リスクを考慮して夢のマイホームを手に入れてください。そして、快適な家で老後を満喫しましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

関連記事

年収300万円で家を建てる

【年収300万で家を建てる】住宅ローンは通るのか?限度額は?

安い注文住宅の建てられるローコストハウスメーカーランキング

注文住宅年収

夢の注文住宅:一戸建ての家を購入するための年収はいくら

新築気をつけること

家を建てる時に気をつけることは?【新築一戸建ての失敗談や注意点】

費用

家を建てる諸費用はいくら?新築注文住宅本体以外にかかる費用

コンクリート住宅

鉄筋コンクリート造(RC造)注文住宅のメリットデメリット