注文住宅の値段はいくらかかった?総額はいくらかかるの?

注文住宅いくらかかった

注文住宅を購入する上で、「値段がいくらかかったのか」「いくらから建てられるのか」という問い合わせを多く受けます。

人生で一番高価な買い物になるため、値段は気になるものですよね。

そこでこのページでは、実際に注文住宅を購入している方がいくらかかったのかをご紹介します。いくらかかるのかわかれば、資金プランを計画できるのではないでしょうか。

注文住宅の土地ありの値段:いくらかかるのか

土地がある方は、住宅の値段にいくらかかるのか気になるものですよね。以下では、実際に土地がある方がいくらで注文住宅を建てたのかをお伝えします。

以下は、フラット35の金融機関である住宅金融支援機構のデータです。実際に住宅ローンで土地ありの注文住宅を建てた方の金額になります。

 

注文住宅の所要資金

出典:住宅金融支援機構:フラット35利用者調査2015年度

実際に土地がある方が、注文住宅の費用にいくらかけて建てたのかわかるのではないでしょうか。また、地域別にいくらの値段がかかるのかは以下の通りです。

  • 首都圏:3,586万円
  • 東海圏:3,377万円
  • 近畿圏:3,288万円
  • その他:3,066万円
  • 全国平均:3,274万円

土地がある方が、これから注文住宅を購入する場合これくらいの費用がかかります。地域別で単価は異なるため、家を建てる地域によって適正な相場を判断してください。

注文住宅土地なしの値段:いくらで建てたのか

土地なしの方は、土地と注文住宅の両方を購入しなければいけません。実際に、土地なしの方はいくらの値段で建てたのでしょうか。

また、どのくらいの費用があれば、土地込みで注文住宅を購入できるのでしょうか。

実際に、土地と注文住宅を同時に購入した方がいくらの値段で家を建てたのかをご覧ください。

家を建てる費用:土地付き注文住宅費用

出典:住宅金融支援機構:フラット35利用者調査2015年度

土地と注文住宅を同時に購入する方は、このような金額で家を買っています。また、地域別の金額は以下をご覧ください。

  • 首都圏:4,666万円
  • 近畿圏:4,081万円
  • 東海圏:4,075万円
  • その他:3,506万円
  • 全国平均:3,944万円

全国平均と首都圏との金額が大きく異なります。

都市部は土地の購入価格が高くなるため、その分が全体の値段も高くなります。建設費用はそこまで変わりませんが、土地購入費用が大きく変わるからです。

都市部などの土地代が高い方は、土地と建物の費用を合わせた金額が4,000万円程度かかることを想定しておきましょう。

注文住宅の値段はいくらから建てられるのか

注文住宅はいくらから建てられるのでしょうか。これから家の購入を検討している方は、値段によって「建売住宅にするのか」「注文住宅にするのか」迷いどころですよね。

注文住宅の費用は土地がある場合とない場合で異なるため、住宅の購入費用が異なることを覚えておきましょう。

土地がある場合はいくらの値段から注文住宅を買えるのか

土地がある場合、注文住宅を1,000万円台から購入することが可能です。ローコスト住宅メーカーに依頼すれば、1,000万円の注文住宅を購入できます。

それでは、金額別の住宅ローンの返済額をご紹介します。いくらぐらいで注文住宅が買えるのかの目安にしてください。

1,000万円の月々の返済額プラン

1,000万円の家の住宅ローンの返済は、どのくらいの支払いになるのでしょうか。これからこの費用で注文住宅の購入を検討している方は、毎月のローンがどのくらいになるのか気になりますよね。

以下は、35年ローン、ボーナス払いなしの月々の返済額の試算です。

 毎月の返済額総返済額
変動金利0.5%25,958円10,902,385円
固定金利1.5%30,618円12,859,535円

土地があれば住宅の購入費用のみになるため、土地を購入する場合に比べて月々の返済も少なくなります。土地を所有して、1,000万円ほどで安く家を建てたい方は参考にしてみてください。

1,500万円の月々の返済額プラン

1,500万円の月々の返済額は、以下をご覧ください。(35年ローン、ボーナス払いなしの月々の返済額の試算)

 毎月の返済額総返済額
変動金利0.5%38,937円16,353,686円
固定金利1.5%45,927円19,289,426円

1,500万円の注文住宅を購入する場合、このような返済プランになります。土地を所有している方は、参考にしてみてください。

土地がない場合はいくらの値段から家を買えるのか

土地がない場合、いくらからで家を建てられるのでしょうか。土地取得費用が必要になるため、その分値段は高くなります。

それでは、住宅の購入費用に加えて土地の購入費用が1,000万円かかると仮定した場合の試算は以下をご覧ください。

土地込み2,000万円の返済プラン

土地1,000万円、注文住宅1,000万円で注文住宅を購入すると仮定する場合、以下のような試算になります。(35年ローン、ボーナス払いなしの月々の返済額の試算)

 毎月の返済額総返済額
変動金利0.5%51,917円21,804,939円
固定金利1.5%61,236円25,719,333円

土地と注文住宅の購入を検討している方は、この金額ほどの費用がかかることを想定しておきましょう。

土地込み2,500万円の返済プラン

土地代1,000万円、注文住宅1,500万円で総額2,500万円で家を建てる場合、月々いくらかかるのでしょうか。

以下は、35年ローン、ボーナス払いなしの月々の返済額の試算です。

 毎月の返済額総返済額
変動金利0.5%64,896円27,256,252円
固定金利1.5%76,546円32,149,099円

毎月の返済額がこの金額を支払える方は、予算2,500万円で注文住宅を建ててはいかがでしょうか。

注文住宅は総額の値段は?いくらかかるのか

注文住宅は、結局のところ総額でいくらかかるのでしょうか。一般的に、住宅の購入費用の2割の諸費用が必要と言われています。外構工事(エクステリア工事)費用や住宅ローンの保証料などが必要になるからです。

つまり、住宅を購入する費用とは別に2割程度のお金がかかります。

たとえば、1,000万円の家を購入する場合、200万円の諸費用が必要になるのです。諸費用がかかることをご存知ではない方は多くいらっしゃるため、あらかじめ用意しておくようにしてください。

新築に住み始めて早々にお金が無くなってしまったのであれば、急な出費があったときに困ってしまいますよね。

そのため、2割の諸費用がかかることを踏まえた上で、資金プランを検討するようにしてください。

まとめ

注文住宅がいくらで建てられるのかご理解頂けましたでしょうか。いくらで建てられるのか検討がついたと思われます。

ただ、注文住宅といっても、土地があるのとない場合では資金計画は異なります。土地がない場合は、その分土地代が必要になるため全体の費用は高くなるのです。

また、住宅や土地購入に2割の諸費用が必要になります。その分の費用をあらかじめ用意しておくようにしてください。そして、無理のない資金計画で注文住宅を購入しましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

関連記事

諸費用ローン

住宅ローンにかかる諸経費や手数料、税金一覧と諸費用ローン

家を建てる値段、土地なし

家を建てる値段はいくら必要?土地なしの注文住宅の費用

NO IMAGE

注文住宅の費用シュミレーションサイトまとめ:家を建てる費用を試算

フルリフォーム・リノベーション

大規模戸建て全面改装フルリフォーム費用:1000万円のリノベーション

リフォーム会社選び方

信頼できるリフォーム会社の選び方:悪徳業者で失敗しない比較のコツ

頭金

住宅ローンの頭金の平均相場はいくら?頭金なしでもいいのか