人気平屋の注文住宅の間取り集:5つの40坪の間取り図と例

平屋間取り40

平屋の注文住宅を建てる上で、間取りに悩む方は非常に多いです。

二階建ての住宅とは異なり、部屋数が少ないため、無駄な部屋を作ることができません。誤って間取りを決めてしまうと、生活しにくくなるため、厳選して部屋の配置などを決める必要があります。

ただ、40坪程度になると、30坪の平屋より自由度が増すため、どのような間取りにするのか悩みどころです。せっかく建てる注文住宅を満足いくものにするために、ここで平屋の40坪の間取りがどのようなものがあるのかを学びましょう。

そこで、以下では40坪の間取り図や例を紹介します。あなたが平屋の住宅を建てる際の参考にすると良いです。

ファミリー向けの平屋の間取り

平屋40坪

出典:住まいづくりの情報サイト「e-house」

以上の間取りは、子供部屋や寝室など、いろいろな種類の部屋があります。

この間取りであれば、子供部屋もあるため、お子さんがいる家庭にお勧めです。そのため、ファミリー向けの平屋になります。

この規模の場合だと、部屋数や種類が確保されているため、生活に不自由することはほとんどありません。家族がいて、土地も広く平屋を建てるのであれば、この間取りを参考にしましょう。

部屋の作りや数にこだわりがないのであれば、このような平屋を建てるのも良いです。

間取りは、いろいろ考えすぎても決まりません。また、あまり複雑な造りにすると値段が高くなる可能性があります。したがって、こだわるのも重要ですが、あなたが住みやすいようなプランを考えることを心がけると良いです。

大きな空間の3LDK

平屋間取り

出典:平屋間取り.com

この間取りは、部屋数が少ない代わりに、収納や1つずつの部屋が大きな空間になっているのが特徴です。

たくさんの部屋を使う必要がないのであれば、このような間取りにするのもよいのではないでしょうか。大きな空間で日々の生活を送ることが可能だからです。

リビングダイニングやキッチンの広さが20畳あるため、生活のほとんどを居間で過ごす方は、広々と快適に暮らせます。ソファーに座り、大きなテレビを見てのんびり過ごすことができます。

たとえば、お風呂上りにソファーに座りお酒を飲むのは格別ではないでしょうか。広々と部屋で暮らしたいのであれば、このような間取りにしてみ良いのかもしれません。

大家族向けの6LDKの間取り

40坪6LDKの平屋の間取り

出典:平屋間取り.com

6LDKの間取りになるため、子供が多い家庭にお勧めです。

子供部屋が確保できるため、お子さんの1人ずつに部屋を与えることができるからです。小学校までは兄弟や姉妹が同じ場所でも良いかもしれません。

しかし、中学校を過ぎると、複雑な年ごろになるため、なるべく一人部屋にしてあげたいのが親心です。また、受験勉強などのことを考えると、子供のために部屋を確保してあげることを考えてあげると良いでしょう。

スポンサードリンク


大きなリビングと和室がある平屋

40坪5ldk平屋間取り

出典:平屋間取り.com

大きなリビングと和室がある平屋になります。和室は、襖(ふすま)によって仕切ることができるため、1つずつ使用できます。また、2つの部屋をつなげて1つの和風の空間として使用することも可能です。

また、この間取りであれば、左をあなた方の家族が利用し、右側を両親が使うことができます。そのため、二世帯住宅としても活用が可能です。

リビングを挟んでいるため、食事の際は一家団欒(いっかだんらん)を楽しむことができます。両親の家を建て替えるなどで土地代がかからないのであれば、このような間取りを検討しても良いのではないでしょうか。

収納が多い平屋の間取り

40坪6LDKの平屋の間取り

出典:平屋間取り.com

このように、収納を増やすと、タンスなどを部屋に配置する必要がなくなります。室内が広々と使えるため、スッキリします。

収納スペースが多いと、楽に片づけしやすいです。部屋が汚れにくいため、物を簡単にしまいたい方にお勧めです。

また、洋服の数が多い場合、各部屋にクローゼットがあると、収納に困ることはありません。日々生活するとどうしても散らかりがちです。専業主婦ならば良いですが、共働きの場合なかなか毎日掃除をすることは難しいです。

仕事から帰り、晩御飯の支度や洗濯物などの家事を行うと手が回らないからです。

そのような場合、このような間取りにすることで片付けが楽になります。また、大きなクローゼットがあるため、洗濯物などをしまうのも簡単です。収納が多い造りにして、家事で楽をしましょう。

まとめ

40坪の平屋になると、部屋数を確保できるため、ある程度自由度の高い住宅を建てられます。

しかしながら、あまりむやみやたら間取りを決めてしまうのは控えるようにしましょう。住んでみたら生活しにくくなる可能性があるからです。

ここで紹介した間取りを参考にして、あなたの平屋の間取りを決める際に役立ててください。

平屋の注文住宅を700万円以上安く建てる裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に平屋を建てる方法はこちら

関連記事

平屋20坪アイキャッチ

20坪の平屋を建てよう!間取り図から理想のプランを考える

平屋北玄関

北玄関希望の方必見!平屋3LDKの間取り実例集とプラン

平屋が建てられるハウスメーカーランキング!坪単価・特徴も確認

狭小住宅間取り平屋

平屋に中二階を作るメリット・デメリット!注意点や建築事例も紹介

パナホームの平屋

平屋にロフトを作るメリット・デメリット!間取りの注意点も紹介

注文住宅相場40坪

平屋に中庭の間取り:メリット・デメリットは?建築事例も紹介