安い注文住宅の建てられるローコストハウスメーカーランキング

費用の安い注文住宅を建てようと考えたとき、どこのハウスメーカーに依頼すればいいのか悩む方は多いのではないでしょうか。

一生に一度の買い物になるため、信頼できるハウスメーカーに依頼したいものですよね。

また、ローコスト住宅となると「ちゃんと建ててくれるのか」「手抜き工事はされないのか」など不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、安い注文住宅を建てられるローコストハウスメーカーをご紹介します。低価格で高品質な家を建てるためには、ハウスメーカー選びが重要です。

ローコストハウスメーカーの坪単価

ローコスト住宅を建てる際、坪単価は30~50万円程度を目安にしましょう。坪単価はあくまでも目安ですが、建坪にこれを掛けるとおおよその費用がわかります。

たとえば、坪単価30万円で建坪30坪の住宅を建てるのであれば、900万円です。坪単価50万円の場合、1,500万円になります。そのため、おおよその価格を知る場合、建てたい家の大きさに坪単価を掛けてみましょう。

ただし、注文住宅は諸費用などがかかるため、実際にこのような価格になるわけではありません。

したがって、あくまでも坪単価は目安でしかありません。坪単価は安くても、いざ見積もりを出してみたら、坪単価が高いところよりも見積書の価格は高いケースもあるからです。

そのため、坪単価の数字だけを気にするのではなく、実際に見積もりを依頼したり、施工会社に話を聞いたりして判断しましょう。

また、ハウスメーカーの坪単価に関しては、以下の記事で詳しく解説しているため、合わせて読むようにしてください。

【ハウスメーカー住宅坪単価】人気・顧客満足度比較ランキング

ローコストハウスメーカーランキング

坪単価が、30~50万円のローコストハウスメーカーをご紹介します。ローコスト注文住宅を建てるのであれば、以下のハウスメーカーに資料請求をしてみたり、話を聞いてみたりしましょう。

  • アイフルホーム
  • アエラホーム
  • アキュラホーム
  • クレバリーホーム
  • セルコホーム
  • タマホーム
  • 富士住建
  • ヤマト住建
  • ユニバーサルホーム
  • レオハウス

一般的にローコスト住宅メーカーと呼ばれる施工会社になります。名前を聞いたことがあるメーカーや、そうではなハウスメーカーもあるのではないしょうか。

まずは、各ハウスメーカーがどのような家を建てるのかを資料請求してから、実際に住宅展示場などに行くのがおすすめです。

住宅展示場に行くとわかりますが、1社ごとカタログを貰いたいだけなのにもかかわらず、しつこい営業を受けます。また、1社のカタログを貰うのに数時間かかるケースがあります。

まずは、「カタログや資料を請求してみたい」という方は、一括資料請求サービスなどを活用し、効率よくハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

【理想の注文住宅】手間のかかる申し込みを1度で!複数のハウスメーカー・工務店に一括資料請求はこちら

ローコストハウスメーカーに頼む際の注意点

ローコストハウスメーカーに注文住宅を依頼する際、以下の注意点があります。

  • オプションが高いケース
  • ハウスメーカーの費用の内訳
  • 契約すると費用がかかる
  • 契約後のオプションは安くしてくれない

安さばかりを気にしてハウスメーカーを選ぶと、後悔することになりかねません。「安かろう悪かろう」という言葉があるように、安くて品質の悪い家を購入しないようにしましょう。

オプションが高いケース

ローコストハウスメーカーは、基本となる家の価格は安いですが、最低限の設備しかないケースがあります。そのため、必要なものはすべてオプションになります。

たとえば、キッチンを対面キッチンにしたり、お風呂を最新のユニットバスにしたりすると費用が割り増しになるのです。

また、オプションの費用は高いため、少しオプションを付けたら「ワンランク上のハウスメーカーとあまり変わらない」ということになりかねません。

せっかく注文住宅を建てるのであれば、いろいろこだわりたいものではないでしょうか。ついついいろいろなオプションを付けると費用が割高になります。

ローコストハウスメーカーに依頼する際は、予算とオプションのバランスに気をつけるようにしましょう。

ハウスメーカーの費用の内訳

大手ハウスメーカーの場合、CMなどの広告宣伝費、営業マンの人件費などの営業費用がかかるため、その分費用は割高になります。

以下は、大手ハウスメーカーが実際に株主に公開している費用の内訳です。

総費用内訳割合(%)内訳費用(3,000万円)
実質工事費用57%1,710万円
下請け会社へのマージン21%630万円
研究開発費5%150万円
営業・人件費5%150万円
モデルハウス3%90万円
広告宣伝2%60万円
その他運営経費7%210万円

つまり、施工費用の6割しか実際の住宅の建設費には使われていないのです。仮に1,000万円の注文住宅を建てるとしても、そのうち600万円しか使われません。

もし仮に、地域の工務店に同じグレードの家を依頼するのであえば、さらに安く建てられます。

たとえ、ローコストハウスメーカーであったとしても、CMや住宅展示場の維持費、営業マンの人件費などがかかります。

そのため、大手ハウスメーカーで家を建てるということは、このような内訳になっていることを把握しておきましょう。

契約すると費用がかかる

契約してしまうと費用がかかるため、概算の見積もりなどで契約書を交わすのはやめましょう。

先ほどお伝えしたように、標準仕様の家は値段が安いです。

また、最初は安いと思っていても、オプションなどを付けると値段が高くなるケースがあります。

オプションを付けらたら費用が高くなってしまったため、キャンセルしようとしたらそれまでの設計や見積もりなどの費用を取られるケースもあるのです。

安易に契約すると後悔するため、よく話を聞いてから最終的な判断をしましょう。

契約後のオプションは安くしてくれない

物件の契約後、建物のプランが決まったのであれば、家以外の設備の打ち合わせです。カーテンや照明などです。

これらは家の本体価格には含まれていないため、家の建設費とは別に用意しなければいけません。

ただ、多くのハウスメーカーの場合、一度契約したお客様の追加のオプションはそこまで値引きしてくれません。

ハウスメーカー側からすれば、契約したお客様は逃げることがないため、オプションに対する値引きは行ってくれないケースが多く見られます。

つまり、一度契約したお客様は逃げることがないので、「値引きする必要がない」と考えるからです。

そのため、安易に契約するのではなく、家の建設費に加えて諸費用などのすべての費用を踏まえた上で、契約するようにしてください。

まとめ

ローコスト住宅を建てるのであれば、坪単価は30~50坪程度のハウスメーカーに依頼しましょう。

ただ、坪単価はあくまでも目安でしかありません。ハウスメーカーごと、算出方法が異なるからです。そのため、坪単価が安くても見積もりの総額は高いという可能性もあります。

そのため、坪単価だけで判断してしまうのではなく、よく話を聞いた上で見積もりを依頼しましょう。

また、ローコストハウスメーカーで家を建てる場合、安さの理由をよく考えるようにしてください。

値段を重視した結果、後悔するお客様は多いからです。後悔のない注文住宅を購入するためには、よく吟味してハウスメーカーを選びましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

関連記事

欠陥住宅

絶対に避けたい欠陥住宅:メーカーの選び方や事例を6項で解説

家を建てる費用

【注文住宅】家を建てる際の手続きの流れやかかる費用やお金

家予算

家を建てる前に知らなければ損をする住宅購入時の費用の目安

注文住宅の失敗や後悔

こんな家嫌だ【注文住宅の失敗】新築一戸建てを購入して後悔は?

新築キッチン

注文住宅の新築キッチン!選び方やプラン決定の3のコツ

畑や田んぼに家を建てる

畑や田んぼ・農地に家・注文住宅を建てる【宅地転用のコツ】