住宅ローン

住宅ローンって何歳まで?理想的な返済期間は何年なのか

ローン返済

家を建てるとき、多くの人は住宅ローンを組みます。そして、その返済期間に悩む方は多いです。一般的に定年退職が65歳であるため、それまでに返済を終わらせるかどうかといった点が悩みどころになります。

定年後も残金がある場合、働いていないのにも関わらず、借り入れを返さなければいけません。

つまり、貯金や年金だけで生活しながら住宅ローンを返すのは、リスクが高いです。また、年金は支払ったからといって100%貰えるとは限りません。

加えて、今後は、少子高齢化がさらに進むことが予想されます。そのため、年金の給付を受けられないかもしれないという不安は大きくなる一方です。

このようなことを踏まえた上で、万が一のことを考えると年金がもらえなかったとしても、住宅ローンだけは返し終わっているような返済期間にすると良いです。そうすることで、お金を返せないというリスクを回避できるからです。

返済期間が短いと返す利息は少ない

また、早くお金を返すメリットはそれだけではありません。返済期間が短くなると、その分支払う利息が少なて済みます。ちなみに、一般的な住宅ローンの金利で、支払い期間が30年と35年の場合、利息は100万円ほど違います。

そのため、支払う期間が少ないほど無駄なお金を節約できます。無理なく、できる限り早く返済できるような人生プランを立てるようにしましょう

ここまで述べたことから分かるように、定年までに住宅ローンを完済するのが理想的です。

ただし、住宅ローンを早く支払うと、当然その分毎月の返済額が増えます。支払い回数が減るため、1度に返す金額が増えてしまうからです。そのため、無理をしてまで短い返済期間にすればいいわけではありません。

返済額が増え、生活が苦しくなれば暮らしに支障が出てしまう可能性があるからです。また、ローンそのものを返せなくなってしまえば、元も子もないです。

これらを踏まえた上で、収入と返済のバランスを良く考えるようにしましょう。

住宅ローンを早く返す目的を良く考える

前述したように、無駄な手数料などを節約できるため、住宅ローンはできれば短い期間で返せたほうがいいです。

定年を過ぎて残金があると支払いが難しくなるからです。ただ、無理をしてまでも短い期間でお金を返せばいいわけというわけではありません。

住宅ローンを早く返す目的は、「将来のお金に余裕を持たせるため」だからです。そのため、たとえ老後余裕があったとしても、ローン返済中の生活に支障がでるような返済計画はお勧めできません。

たとえば、休みの日には家族と旅行に行くかもしれません。住宅ローンを無理して支払うことで、このような機会を犠牲にしてはいけません。今しかできないことや、作れない思い出の方が大事だからです。

そのため、住宅ローンを早く支払うことばかりに気を取られてしまい、大切なものを見失わないようにしましょう。

そこで、住宅ローンを無理なく定年までに支払うには、一般的に35年間の返済期間望ましいとされています。

つまり、30歳で家を購入する必要があります。ただ、結婚をして家を買うまでのことを30歳までにで終わらせるのは、少しハードルが高いです。

しかしながら、決して無理ではありません。あなたが20代ですでに結婚をしているのであれば、その気になれば十分に可能なことです。まだまだ30歳までは時間があるからです。

もし、将来のことを本気で考えているのであれば、今から何かできることが何かあるはずです。

たとえば、給料が少なくお金がないのであれば、節約したり副業をしてりして住宅購入に向けての貯蓄ができます。

確かに、難しいことかもしれません。しかし、世の中にはこれらのことを行っている方も多くいます。

そのため、あなたもこれを機に、将来のことを考えて貯金をしたり節約したりして、今できることを行うようにしましょう。

注文住宅を700万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

合わせて読まれている記事
ボーナス払い 住宅ローン

住宅ローンをボーナス払い:計算やいくらがいい?割合は?

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
毎月の給与とは別に賞与をもらえる方は、その支払いを住宅ローンにあてるのか悩みどころです。ボーナス兼用払いによって返済額を増やすことができると …
リフォームローン 住宅ローン

リフォームローンの金利比較:担保や控除・減税や審査

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
家を購入していざ住んでみると、思いがけない悩みや不満が生まれます。生活してみて初めて気づくことが誰にでもあるからです。ほとんどの方がそれを解 …
転職タイミング 住宅ローン

住宅ローン転職のタイミング:審査前と後はどちらがいいのか

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
キャリアアップなどによって、転職を考える方は多いです。そして、そのタイミングが住宅ローンを組むときであれば、いつ転職をすべきか悩む方は多いで …
トップへ戻る