家を建てるには?注文住宅の打ち合わせ、手順や家作りの流れ

注文住宅打ち合わせ流れ

家を建てるにはどうすればいいのか悩まれるお客様は多く見られます。注文住宅は、これからあなたの要望に合わせて建設するからです。

また、数あるハウスメーカーや工務店の中から、あなたの要望に応えてくれる施工会社を探し出さなければいけません。

本記事では、これから注文住宅の購入を検討している方がどのような流れで打ち合わせや契約をして家を建てるのかをご紹介します。

注文住宅を建てるための5つのステップ

注文住宅を建てるためには、以下の5つのステップが必要です。理想通りの家を買うためには、事前の準備を怠らないようにしましょう。

  1. 建てたい家のイメージを考える
  2. 土地探し
  3. ハウスメーカーや工務店の情報を集める
  4. 資金計画を立てて注文住宅の予算を決める
  5. 相見積もりを依頼する

それでは順番に解説してきます。

1.建てたい家のイメージを考える

注文住宅を建てる際、家のイメージを考えるようにしましょう。どのような家を建てるのかによって、施工会社や費用が決まってくるからです。

家族と話し合ってどのような家にしたいのかを相談してはいかがでしょうか。「部屋の数は何部屋にするのか」「キッチンの仕様はどうするのか」など、いろいろ話し合ってください。

夢のマイホームの話し合いになるため、ワクワクしますよね。

そしてこのとき、現状の生活での不満点などがあればそれを挙げてみましょう。生活の不満を解決することによって、新生活が豊かになるからです。

たとえば、「キッチンが狭い」という悩みがるのならば台所を広くするようなプランにしましょう。

今生活している上での悩み事や不満点を家族で話し合い、それらを解決できるような夢の住まいを手に入れましょう。

2.土地探し

注文住宅を建てる上で、土地がない場合、土地探しをする必要があります。

土地が決まっていない場合、住宅の設計などが行えません。そのため、土地探しはなるべく早めに行ってください。

注文住宅を建てるということは、そこにずっと住み続けるということです。「駅に近いのか」「日当たりはいいのか」「子供の学校はどこか」などのことをじっくり考えて決めるようにしてください。

具体的に土地探しを行う方法は以下の2通りです。

  • 不動産業者に相談する
  • ハウスメーカーや工務店に相談する

不動産業者に相談するのであれば、住みたい地域の業者に尋ねるようにしましょう。一方、ハウスメーカーや工務店に相談するのも1つの方法です。

ハウスメーカーや工務店で分譲地を所有している場合があるため、いい施工業者を見つけることができれば、土地探しから注文住宅の建設までを任せることができます。

3.ハウスメーカーや工務店の情報を集める

まず、ハウスメーカーや工務店の情報を集めるようにしてください。あなたの想像する理想の注文住宅を、どこの業者に依頼するのか決める必要があるからです。

とはいえ、気になる業者すべてに見積もりを依頼することは現実的ではありません。

そこで、まずは気になるハウスメーカーや工務店にカタログなどの資料請求を行い、見積もりを依頼する業者を数社まで絞るようにするのがおすすめです。

4.資金計画を立てて注文住宅の予算を決める

住宅のイメージができたのであれば、資金計画を立てましょう。

資金計画とは、「毎月の返済額をいくらにするのか」「注文住宅の予算はいくらになるのか」などを決めることです。予算を決めてその範囲内に収まるようにプランを考える必要があります。

注文住宅は、「定価」がありません。そのため、あなたのプランによって値段は大きく変わってきます。グレードを高くすれば、費用は高額になります。

一方、値段を安くしたいのであれば、グレードは低いものにしなければいけません。

注文住宅の資金計画を立てるのであれば、まず予算を決めてその範囲内でグレードなどのプランを決定しましょう。

5.相見積もりを取る

資料請求などで見積もりを依頼する業者を数社に絞ることができたのであれば、相見積もりを取りましょう。相見積もりとは、複数社に見積もりを依頼することです。

これにより、優良業者に適正価格で家の建設を依頼することができます。また、相見積もりを行わなければ住宅を適正価格で建てることは難しいです。

たとえば、相見積もりを行わず1社に見積もりを依頼したと仮定した場合、以下のようになります。

  • A社:2,500万円

1社だけ見積もりを依頼した場合、この2,500万円という金額が高いのか安いのか判断することは難しいです。一方で、以下のように複数社見積もりを依頼したのであれば、いかがでしょうか。

  • A社:2,500万円
  • B社:2,300万円
  • C社:2,100万円

相見積もりを行ったのであれば、先ほどの2,500万円が高いのか安いのか判断することができるのではないでしょうか。

行ってしまえば、注文住宅は「言い値」です。そのため、施工会社によって同じ条件でも値段が変わってきます。

また、相見積もりを行えば施工会社のサービスやプランなどを比較することが可能です。各ハウスメーカーや工務店ごと工法や値段、構造などが異なるため、あなたの理想を実現してくれる施工会社を選びましょう。

そして、相見積もりを依頼したら工事の契約や住宅ローンの申し込みになります。

まとめ

注文住宅を建てる際、見積もりを依頼するまでの流れをご紹介しました。今一度おさらいしましょう。

  1. 建てたい家のイメージを考える
  2. 土地探し
  3. ハウスメーカーや工務店の情報を集める
  4. 資金計画を立てて注文住宅の予算を決める
  5. 相見積もりを依頼する

いざ家を建てようと思ったとき、どうすればいいのかわからない方はここでお伝えしたことを順番に行いましょう。また、優良業者に出会うことができれば、家を建てることをすべてサポートしてくれます。

そのため、各業者を比較してあなたにピッタリの優良業者に工事を依頼しましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

関連記事

見積もり予算オーバー

工務店の見積もりや見積書:見積もりが高い場合の対処法

注文住宅値引き

注文住宅購入・見積もりの値引き交渉:安く家を建てる方法

見積もり何社

注文住宅・家の見積もりは何社に頼めばいいの?無料見積もりの注意点

見積もりの注意点

家を建てる見積もりの注意点:家づくりを始める方必見!

注文住宅見積もり取り方

注文住宅の相見積もりの取り方:ハウスメーカー見積もりの注意点

注文住宅見積もり

注文住宅無料見積もり:家の見積もりの取り方や比較の注意点