リフォーム見積もり

リフォームの相見積もりの上手な断り方はどうすればいいのか

リフォームの相見積もり(複数社に見積もりを依頼すること)を行う場合、ほかの見積もりを依頼している業者に断りの連絡をしなければいけません。

複数社に見積もりを依頼するということは、どれか一社を選び、そのほかの会社は断る必要があるからです。

しかし、せっかく見積もりを依頼したのにもかかわらず、「断るのが申し訳ない」という方も多いのではないでしょうか。

そこでこの本記事では、リフォームの相見積もりを上手に断る方法をご紹介します。トラブルのないように、上手にリフォーム会社の見積もりを断りましょう。

リフォームの相見積もりは断ったほうがいいのか

リフォームの相見積もりは、「はっきり断ってしまったほうがいいのか」と悩まれるお客様は多く見られます。

しかし、断られるのを承知で見積もりを作成しているため、はっきり断ってしまって構いません。

ただ、必ず断りの連絡をするようにしてください。せっかく家に来て見積もりを一生懸命作成してくれた業者に対して、何も連絡をしないのでは失礼だからです。

見積もりを依頼してくれた業者に対して敬意を払い断りましょう。

リフォームの相見積もりを断る前に

リフォームの相見積もりを断る前に今一度、以下の項目を確認してください。値段も重要ですが、価格だけでリフォーム会社を決定すると後悔する可能性があるからです。

  • 価格、値段
  • デザイン、提案力
  • 会社の信用度
  • 担当者の信頼度
  • 見積もりのわかりやすさ

それでは、順番に説明していきます。今一度、これらのことを確認してから再度リフォーム会社を選びましょう。

価格、値段

リフォームの相見積もりを行った際、価格や値段を比較して判断する方もいるのではないでしょうか。見積書を比較するとどうしても値段だけを比べてしまうものです。

とはいえ、リフォームの価格は数十万円単位から数百万円単位になるため、「できるだけ安いところにしたい」ものですよね。

このように、価格を比較するとついつい値段の安い業者に依頼してしまう方は多く見られます。

しかし、リフォームは「定価」が存在しないため、安さばかりを求めると低品質な工事を行われてしまうケースが実に多く見られるのです。

工程を省いたり材料を安価なものにしたりすることで、簡単に値段を下げることができます。安い業者に依頼したものの、「低品質な工事を行われてしまった」という方は多くいらっしゃるのです。

また、リフォーム費用を支払ったが、そのまま業者が倒産してしまいリフォームが行えないどころか、お金も戻って来ずにどうすることもできないお客様もいます。

高価な買い物だからこそ、費用を抑えたい気持ちはわかりますが、値段ばかりを比較すると本末転倒になってしまいます。

リフォームは、はっきり言ってしまえば「言い値」です。定価がありません。そのため、100万円相当の工事を80万円で依頼することもできますし、120万円で行うことも可能です。

一見、100万円の相当のリフォームを80万円で行うことができれば、得をしたような気もします。

本来かかるはずだった100万円が80万円になれば、その分人件費や材料費は削減されます。つまり、工事の質が下がってしまうことになるのです。

しかし、果たして本当にそうでしょうか。安くはリフォームできたかもしれませんが、そのリフォームが「あなたを幸せにする工事」になるかどうかは別です。

そのため、リフォームの見積もりを比較し選定する際は、価格や値段だけではなくそのほかの部分も考慮してリフォーム会社を選択してください。

デザイン、提案力

リフォームの見積もりを複数社に依頼したのであれば、デザインや提案力を比較しましょう。

同じキッチンのリフォームを行う場合であったとしても、業者によって提案力は変わってきます。せっかくリフォームするのならば、デザイン性が良くオシャレなシステムキッチンにしたいものですよね。

また、この部分は見積書だけでは比較することができないので、担当者にどのようなプランなのかを確認するようにしてください。

会社の信用度

リフォーム会社の信用度を確認しましょう。リフォーム会社は、戸建て住宅を建てられる工務店とは異なり、特別な許可なく設立することができます。

つまりリフォーム会社は、特に資格もなく営業できるのです。

ただ、誰でも参入できることから悪徳業者も多いのが現状になります。リフォーム業界はトラブル業界と言われている程、トラブルが多いのです。悪徳業者に依頼してしまっては、大変なのではないでしょうか。

そのようなことを防ぐためには、リフォーム会社の信用度を確かめておきましょう。

担当者の信頼度

リフォームの相見積もりを依頼する際、担当者は信頼できる人か確認してください。せっかくリフォームを依頼するのであれば、信頼できる担当者がいるリフォーム会社に依頼しましょう。

担当者が良ければ、もし後々補修箇所があったとしてもアフタフォローなども迅速に行ってくれます。

値段やプランも重要ですが、信頼できる担当者かどうかも比較してリフォーム会社を選びましょう。

見積書のわかりやすさ

リフォームの見積書は、わかりやすいものでしたでしょうか。見積書の項目が簡易的な場合、詳細を確認できません。

たとえば、以下の画像のように「一式」と記載されているとリフォームの内容が判断しにくいです。

リフォーム見積もり比較一式

見積書の内容はできる限り、詳細に記載してあるほうがわかりやすく、どのような金額の内訳なのかも確認しやすいです。

そのため、見積書を比較してわかりやすいかどうかを確認してください。

リフォームの相見積もりを上手に断る方法

リフォームの見積もりを上手に断る方法は、どのような連絡手段を取っているのかによって判断しましょう。

担当者と電話でやり取りをしているのであれば、電話でお断りの連絡をしましょう。一方、メールでやり取りを行っている場合、メールで断ってしまっても構いません。

しかし、「メールでは申し訳ない」と思うのであれば、直接電話をしてお断りしましょう。

見積もりを依頼したからといって、必ずしもその業者にリフォームを依頼しなければいけないわけではありません。また、リフォーム会社のほうも見積もりは断られるものだと自覚しています。

申し訳ない気持ちもあるかもしれませんが、ハッキリ断るのも礼儀になり、一生懸命見積もりを取ってくれたリフォーム会社への誠意の現れなのです。

そのため、自信を持ってはっきり断って構いません。

まとめ

リフォームの相見積もりは、適正価格で理想の優良業者に依頼するために必要なことです。

ただし、複数社に見積もりを依頼したのであれば、お断りの連絡をしなければいけません。お断りの連絡をすることは決して悪いことではないため、はっきり断るのも相手に対する礼儀です。

また、リフォームのお断りをする前に、以下の項目を再度確認しましょう。

  • 価格、値段
  • デザイン、提案力
  • 会社の信用度
  • 担当者の信頼度
  • 見積もりのわかりやすさ

これらすべてを考慮した上で、リフォーム会社を選びましょう。そして、優良業者に適正価格で工事を依頼してください。

リフォームの費用を簡単に300万円も安くする裏技

リフォームは、300万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

300万円以上安くリフォームをお得にする方法はこちら

合わせて読まれている記事
リフォーム一括見積もりサイト リフォーム見積もり

リフォームの一括見積もりサイトを利用する際の注意点

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォームやリノベーションを行う際、一括見積りサイトを利用する方がいらっしゃいます。一度で複数社に見積もりを依頼できるため、とても便利なサー …
リフォーム相見積もり リフォーム見積もり

リフォーム相見積もりは何社がいいの?失敗しない5つの心得

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォームを行おうと考えたとき、多くの方が「費用」「業者選び」について悩まれます。 リフォームは定価というものが存在しないため、見積も …
トイレリフォーム見積もり リフォーム見積もり

トイレリフォームの見積もり【費用を抑える3つの秘訣】

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
トイレのリフォームの見積もりを取るにあたり、どのように見積もりを取ればいいのかという相談は多く受けます。 見積もりを取ることにより、「 …
洗面台リフォーム リフォーム見積もり

洗面台・洗面所リフォームの見積もりを依頼する前に知りたい5項目

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
洗面台・洗面所のリフォームを行う際、リフォーム会社に見積もりを依頼します。しかし、洗面台の交換や洗面所のリフォームに「いくらかかるのか」気に …
リフォーム見積もり リフォーム見積もり

住宅リフォームリノベーション無料見積もり:費用や取り方の注意点

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォームを行おうと考えたとき、リフォーム会社や工務店に「見積もり」を依頼します。 見積もりによって、工事の価格や内容を把握することが …
お風呂リフォーム見積もり リフォーム見積もり

お風呂・浴室リフォームの見積もりを取る前に知りたい5つの注意点

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
お風呂・浴室のリフォームを行おうと考えたとき、「見積もり」をリフォーム会社や工務店に依頼します。これにより、価格や内容などの目安がつくからで …
トップへ戻る