リフォーム・リノベーション

オープン対面キッチンにする方必見!人気5種類の特徴とポイント

オープン対面キッチン

注文住宅の建設やリフォームを行う際、キッチンを対面にしてみたいと思いながらも、どのようにすると良いのか悩む方は多いのではないでしょうか。

対面キッチンは、おしゃれな種類やタイプがたくさんあるため、特徴がわかりにくいという方も少なくありません。

そこでこのページでは、対面キッチンのメリットデメリット、人気のお勧めオープンキッチン5つを紹介します。それぞれ特徴やポイントがあるため、あなたの理想のキッチンを選ぶ際に役立ててください。

目次

1.対面キッチンとは

対面式オープンキッチン(アイランド)

出典:LIXIL

対面キッチンとは、リビングやダイニングに向かってシンクがあるキッチンのことになります。

リビングにいる子供たちの様子を気にしながら料理ができるため、対面キッチンを選ばれる奥様は非常に多いです。

また、対面キッチンは2種類に分けられており、「フルオープンキッチン」「セミオープンキッチン」があります。

この違いは、キッチンから見て壁などが何もないものをフルオープンキッチンといい、壁やカウンターがあるものをセミオープンキッチンと呼びます。

1-2.対面キッチンのメリット

対面キッチンの人気の理由は、開放感や家族との一体感などのメリットにあります。ここでは、オープンキッチンの良い点を紹介します。

1-2-1.開放感がある

対面キッチンは、開放感があるのが特徴です。リビングやダイニングとつながっているため、今まで壁付きのキッチンで料理していた方にとって、広々とした空間での家事はとても新鮮に感じるはずです。

1-2-2.リビングを見渡せる

対面キッチンは、リビングを見渡すことができます。そのため、小さなお子さんがいても目を離さずに、料理や後片付けが行えます。

また、テレビを見ながらお皿洗いが可能です。面白い番組を見ながらの家事は、憂鬱な作業の気晴らしになるのではないでしょうか。

1-2-3.家族と交流しやすいため、寂しくない

オープンキッチンは、家族と交流がしやすいことがメリットです。壁付のキッチンではリビングに背を向けていたため、どこか寂しい感じがしました。

しかし、オープンキッチンであればその寂しさがありません。旦那さんやお子さんたちと交流できるからです。家族で会話しながら楽しく料理を作りましょう。きっとおいしい晩御飯に仕上がるはずです。

1-2-4.おしゃれなキッチンが多い

おしゃれなキッチン

出典:Panasonic

オープンキッチンはおしゃれなものが多く、とてもかっこよく魅力的です。デザイン性に優れており、「このキッチンで料理が作りたい」と思うようなものばかりです。

どのようなものにするのかはあなた次第になるため、後述する人気の対面キッチンを参考にして、あなたの理想のものを選ぶようにしましょう。

1-3.対面キッチンのデメリット

人気の対面キッチンですが、メリットだけではありません。オープンになったことによるデメリットもあるのです。具体的にどのようなデメリットがあるのかを紹介します。

1-3-1.丸見えになるため、キレイにしておく必要がある

対面キッチンは、リビングやダイニングから丸見えです。そのため、まめに掃除を行なわないと、急な来客時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

また、あまり放置しすぎると、汚れが落ちにくくなるため注意しましょう。

1-3-2.油が飛びやすい

対面キッチンは、フラットな台所になるため、油などが飛び散りやすいです。揚げ物などをすると、周りが汚れてしまい掃除に手間がかかります。

したがって、こまめに掃除を行うようにしてください。このとき、油が飛んでもいいように、コンロの周りを覆っておくと汚れが広がるのを抑えることができます。

また、油煙も部屋の中に充満しやすいため、排気能力が高い換気扇にするようにしましょう。

1-3-3.部屋全体に料理の匂いが広がりやすい

対面キッチンは、部屋全体に料理の匂いが広がりやすいです。匂いの付きやすい食材を料理した場合、それがカーテンなどに染み付いてしまいます。

そのため、この場合も換気能力の高い換気扇にするようにしましょう。開放的になった分、デメリットもあるということを忘れないようにしてください。

2.対面キッチンの種類や特徴

対面キッチンには、以下の5種類があります。

  • アイランドキッチン
  • ペニンシュラキッチン
  • Ⅰ型キッチン
  • L型キッチン
  • セパレート型キッチン

同じ対面キッチンであったとしても、それぞれ特徴やポイントは異なります。この中からあなたに合ったキッチンを選ぶようにしましょう。

家事の中で、最も作業時間が長いのはキッチンです。この対面キッチン選びによって、その後の生活がいかに快適になるのかが決まります。

使ってみてから後悔しても後戻りはできないため、納得した上でオープンキッチンを選んでください。それでは、上から順番に特徴や注意点を紹介します。

2-1.圧倒的開放感のアイランドキッチン

アイランドキッチン

出典:LIXIL

アイランドキッチンは、一切壁に面してないとても開放感のあるキッチンになります。その姿が島のように見えることから、アイランド(島)と呼ばれているのです。

オープンキッチンというと、このアイランドキッチンを思う浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。

2-1-1.アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチン

出典:LIXIL

アイランドキッチンの特徴は、その開放感です。リビングやダイニングを見渡すことができ、全方向に壁がないため、今までのキッチンでは味わえない爽快感になります。

作った料理を運ぶ際も、左右どちらからでもリビングに行けるため、遠回りすることはありません。

アイランドキッチンは、広々としているため、今までのキッチンのように狭くないことも特徴です。料理を盛りつけたり、食材を切ったりなどの作業が楽に行えます。

キッチンはどうしても一人の空間というイメージですが、アイランドキッチンの場合、皆が一緒になって料理を作れます。

家族と触れ合うことができるため、きっと料理を作るのが楽しくなるはずです。旦那さんやお子さんたちと一緒になって晩御飯を作ることも可能になります。家族でコミュニケーションをとりながら、楽しく家事を行いましょう。

また、料理教室を開いている方やこれから行いたい方にも、アイランドキッチンがお勧めです。料理を生徒が周りから見ることができるため、通常のキッチンよりも近くで学べます。

アイランドキッチンであなたの自慢の料理を振舞ってはいかがでしょうか。

2-1-2.アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンは、高いというデメリットがあります。キッチンそのものの値段も高額なものが多いからです。また、リフォームの場合、壁付キッチンからアイランドキッチンにするには、水回りの配管などを移動させるため、工事が大規模になります。

キッチンの購入代金や施工費用が高くなるということを、あらかじめ把握しておきましょう。

しかしながら、アイランドキッチンにはそれでしか味わえない値段以上の価値があります。一生に一度の買い物だからこそ、納得のいくものを購入するようにしてください。

また、アイランドキッチンにするためには、広いスペースがなければいけません。

特にリフォームの場合、元々の台所が狭いとせっかく対面キッチンに改修したとしても、あまり広々しないケースがあります。

したがって、アイランドキッチンにするためには、広いスペースが必要になるのです。間取りを工夫して、キッチンの場所を決めるようにしてください。

2-2.代表的なオープンキッチンのペニンシュラ

オープン対面キッチンペニシュラ

出典:LIXIL

左右のどちらかが壁に面しているキッチンがペニンシュラキッチンになります。

ペニンシュラとは「半島」という意味があるからです。キッチンの片方が壁にくっついているため、アイランドキッチン(島)が半分になったように見えることから、ペニンシュラキッチンと呼ばれます。

対面キッチンの中では代表的なキッチンになるため、このキッチンが一番人気です。

先ほど説明したアイランドキッチンは、広さの確保や値段という制限がありました。しかし、ペニンシュラキッチンの場合、それらのデメリットがありません。このような点から人気のキッチンになります。

2-2-1.ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラキッチンは、左右のどちらかが壁に面しているため、設置できる換気扇の種類がたくさんあります。

したがって、調理台の上だけにしか換気扇を設置できないアイランドキッチンよりも、料理の匂いが部屋に広がることを防げます。

壁側にコンロがある場合が多いので、油が跳ねる心配も少ないです。

また、壁に面している部分は1か所ありますが、開放感は十分に感じられます。リビングを見渡しながら炊事が行えるので、家族と触れ合いながら料理を作ることが可能です。

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンに実用性を兼ね備えた、バランスの良いオープンキッチンになります。

手軽に対面キッチンにしたい方は、ペニンシュラにしてみてはいかがでしょうか。

また、以下の画像のように、L型のペニンシュラキッチンもあるため、あなたの好みに合わせて形を選ぶようにしましょう。

l型ペニシュラ

出典:LIXIL

2-2-2.ペニンシュラキッチンのデメリット

ペニンシュラのデメリットは、アイランドキッチンに比べると開放感や機動性が劣るところです。また、キッチンの中が丸見えになるため、こまめに掃除をする必要があります。

そして、一部が壁に面しています。アイランドキッチンのように周りを回ったり、最短距離で料理を運んだりすることはできません。

とはいえ、ペニンシュラは価格面や開放感、機能性などにおいて、とてもバランスの優れたキッチンです。

デメリットもアイランドキッチンと比べると少し劣る程度になるため、そこまで気にするほどではありません。対面キッチンが初めての方は、このキッチンにするのがお勧めです。

2-3.シンプルな形状のI型キッチン

I型キッチン

出典:LIXIL

I型キッチンは、写真のように一直線のキッチンのことです。この形をキッチンと思い浮かべる方も少なくありません。一般的なキッチンの形状になるからです。

シンプルな形状なため、間取りを選ばないのが特徴です。

2-3-1.I型キッチンのメリット

I型対面キッチン

出典:Panasonic

また、I型キッチンにカウンターをつけると手元を隠すことが可能です。アイランドキッチンやペニシュラキッチンなどのオープンキッチンの場合、手元が外から見えてしまうというデメリットがありました。

しかし、カウンターを設ければ、手元の部分を隠せるため、急な来客時でも中が見えてしまう心配がいりません。

キッチンは水を使うため、汚れやすいです。それをお客さんなどに見られてしまうのは、恥ずかしいのではないでしょうか。

また、カウンターの高さは、購入時にあなたのお好みで調節することが可能です。高くしたり低くしたりできるため、あなたの好きな高さにするようにしましょう。

このとき、実際にショールームなどに足を運んで実物を見るようにしてください。あなたの好みの高さがわかるからです。

何十万円もする買い物になるため、カタログだけで購入するのは控えるようにしてください。それが、キッチン選びのポイントです。

なお、カウンターにコンセントを設けることをお勧めします。電気を使う料理器具がある場合、とても重宝するためです。

2-3-2.I型キッチンのデメリット

また、比較的一般的な形状のキッチンが多いです。デザイン性に優れたかっこいい台所を希望している方には、物足りないかもしれません。

いい点悪い点を考慮した上で、I型キッチンにするかどうかを決めるようにしましょう。

2-4.シンクとコンロが別々なセパレート型キッチン

セパレート型アイランドキッチン

出典:Panasonic

対面キッチンの中に、シンクとコンロを別々に分けるタイプのものがあります。これをセパレート型キッチンと呼びます。

セパレートとは、「別々になっていること」という意味があります。また、その形状からⅡ型キッチンとも呼ばれます。一直線のキッチン(I型)が2つ並んでいるからです。

ただ、カウンターが2つあることから、「広いスペースが必要になるのでは」と疑問に思う方は多いです。

しかし、セパレート型の場合スペースを取らないプランも選択できます。リフォームの際、大きなスペースを確保できない方でもそのような心配がいりません。

2-4-1.セパレート型キッチンのメリット

Ⅱ型シンク対面プランセパレートキッチン

出典:Panasonic

シンクとコンロが別々に分かれているため、作業スペースが広くなります。それぞれの横に、作業するスペースがあるからです。

一般的なキッチンの場合、シンクの横にはコンロがあるため、料理を盛り付けるスペースやまな板で食材を切る場所が限られてしまいます。台所が狭いと調理がしにくいと思う方は多いです。

キッチンは作業時間が長いため、なるべく負担を減らす工夫が必要になります。楽に使える仕様になるようにしてください。

セパレート型のキッチンの場合、シンクやコンロ隣に何もないため、広々と料理ができます。

また、作業スペースをそれぞれ分けることができるので、夫婦一緒になって料理が可能です。どちらかが火元を担当し、一方が食器を洗うこともできます。

夫婦で楽しく料理を作り、対面キッチンでお子さんたちと会話しながら家族一緒になれば、とても楽しいキッチンになるのではないでしょうか。家族団らんをセパレートキッチンで味わってください。

2-4-2.セパレート型キッチンデメリット

セパレート型のキッチンは、シンクとコンロが別々になっているため、移動が大変になります。その都度、後ろを振り向かなければいけなくなるからです。

たとえば、食材を切って洗ったとします。それを鍋やフライパンに移動させる際、移動中にポタポタ水滴が垂れやすいのです。

そのため、あらかじめ鍋やフライパンをシンクのほうへ持ってきてから、食材を入れるなどの工夫をするようにしましょう。

2-5.広い作業スペースのL型キッチン

L型対面オープンキッチン

出典:LIXIL

L型キッチンは、アルファベットのように「L字」に曲がっているキッチンのことを指します。先ほど説明したI型キッチンに比べると、作業スペースが広いのが特徴です。

作業スペースが広い上に、移動距離が短いため、家事がしやすくなります。

料理をする際に、キッチンの作業する場所に悩んでいる方は多いです。そこで、L型キッチンにすると広いスペースを活用できるようにしましょう。これにより、効率よく調理ができます。

2-5-1.L型キッチンのメリット

L型キッチンは、L型にすることにより、コンパクトなスペースに広い作業場所を設けられます。コーナーの部分には、鍋やお皿などをたくさん置くことができるのでとても便利です。

また、L型キッチンは90°になるため、体の向きを変えるだけでコンロとシンクを使うことができます。移動距離が楽になるので、調理が楽に行えるのです。L型キッチン間取りイメージ

出典:LIXIL

忙しいときなど、キッチンなどでバタバタしてしまうことはよくありますが、L型キッチンであれば、効率よくスムーズな作業が可能です。

また、L型キッチンは、2人同時に立っても十分な広さがあります。鍋などの火元を旦那さんが行い、食材を切る作業を奥さんが行うこともできます。夫婦そろって、晩御飯を作るのも楽しいのではないでしょうか。

2-5-2.L型キッチンのデメリット

作業スペースが広いL型キッチンですが、コーナーの下の部分がデットスペースになりやすいです。そのため、コーナーの下に収納スペースを設けることができません。したがって、シンクの後ろ側に収納するスペース設置するようにしましょう。

また、冷蔵庫や食器棚のスペースを確保しにくくなります。L型キッチンは、広いスペースを使うからです。

シンクとコンロの距離が遠すぎると作業しづらくなります。大きいキッチンにあこがれる人は多いですが、あまり大きすぎても水道と加熱機器の距離が離れると使いにくくなる可能性があります。

L型キッチンにする場合は、必ずショールームなどで実際に使ってみるようにしてください。

3.失敗しないオープン対面キッチンのポイント

オープン対面キッチンを選ぶ際、いくつか注意点があります。とてもかっこいいオープンキッチンですが、一時的な感情で選んでしまうと、後々後悔してしまうことになるのです。

キッチンは作業時間が最も長いため、使いにくくなると生活の負担になってしまいます。それを防ぐために、ここで選び方のポイントを紹介します。

3-1.作業動線を意識する

キッチンは毎日使用します。そのため、作業動線を意識するようにしましょう。

デザインや外観を意識しすぎると、使いにくくなる可能性があるからです。それでは元も子もありません。

あくまでもキッチンは、「作業する場所」だということを踏まえた上で選ぶようにしてください。

また、実際にショールームに足を運び目で見て使ってみてから、選ぶようにしてください。キッチン工事は百万円単位の大規模なものです。それをカタログだけで判断するのはお勧めできません。

たとえば、服を購入する際試着をするように、キッチンも試しに使ってみる必要があるのです。一生に一度の買い物だからこそ、納得のいくものを選んでください。

3-2.対面キッチンのカウンターの下に収納する

キッチンカウンターに食器棚

出典:暮らしidea

対面キッチンのカウンターの下に収納スペースを設けると、デットスペースを無くすことができます。

使用する頻度は少ないが、捨てるわけにはいかない記念品の食器を持ってはいないでしょうか。

その場合、上の画像のように食器棚を設けるのがお勧めです。数多く食器を持っている家庭は、これであれば、食器棚に入りきらなかった食器のスペースに困らずにすみます。

3-3.対面キッチンの目隠し

前述の通り、対面キッチンは丸見えになりがちです。また、水や油が跳ねたりします。そこで、目隠しを利用しましょう。

目隠しを行えば、水や油が跳ねたりする欠点を補え、キッチンが丸見えになることを防げます。

対面キッチン目隠しカウンター

出典:dinos

以上の画像のような簡易的なものであれば、すぐに取り付けられるためお勧めです。その他には、以下のようなロールスクリーンや、ブラインドを設置してもおしゃれでかっこよいです。

3-3-1.ロールスクリーンの目隠し

ロールスクリーン目隠し

出典:https://saiga4271.exblog.jp

3-3-2.ブラインドの目隠し

オープン対面キッチン目隠しブラインド

出典:カーテン屋の奮闘記

4.対面キッチンのよくある失敗談

対面キッチンのよくある失敗談を紹介します。実際にオープン対面キッチンにした方たちの意見になるため、これからキッチンを購入する方にとって、とてもためになるはずです。

実際の失敗談を参考にして、満足のいく対面キッチンにするようにしましょう。

4-1.リフォームの場合、前よりも不便になってしまう

壁付けのタイプから対面キッチンへリフォームする際、失敗してしまう方は多いです。なぜ、あこがれのオープンキッチンにリフォームすることで失敗してしまうのでしょうか。

それは、壁付けキッチンと対面キッチンとでは必要な面積が異なるからです。対面キッチンは壁付けキッチンよりも大きなスペースがなければいけません。

そこで狭いスペースのままオープンキッチンにリフォームすると、以前より作業スペースが狭くなってしまい、使いにくくなってしまうのです。

もし、あなたが対面キッチンにリフォームするのであれば、よく打ち合わせを行い、狭くなりすぎないようなオープンキッチンにしましょう。

キッチンのリフォームについては、「キッチンリフォームする人必見!6つの悩みとよくある失敗談」にて、さらに詳しく解説しています。リフォームを考えている人は、この記事にも目を通しておくことをお勧めします。

4-2.作業スペースを確保する

キッチンでは、お皿に盛り付けたり食材を切ったりするスペースが狭いと、調理がしにくいものです。そのため、調理スペースはある程度確保するようにしてください。

特にリフォームの場合、対面キッチンにすると狭くなる失敗談が多いです。このとき、シンクとコンロの間は50㎝程度開けるようにしてください。

これより狭くなると、料理がしにくくなるからです。

また、キッチンの通路の幅にも注意するようにしてください。通路が狭すぎると、すれ違うときにぶつかってしまいます。特に、「キッチンを夫婦で使いたい」という場合は、通常よりも広めにスペースを確保するようにしましょう。

そして、キッチンからダイニングまでの通路は広めにするようにしてください。出来上がった料理を運ぶ際、狭いとぶつかってしまうと大変危険だからです。

4-3.吊戸棚(つりとだな)はないほうがスッキリする

対面キッチン吊戸棚

出典:LIXIL

キッチンの上部に、吊戸棚の収納スペースを設置するかしないかは悩みどころです。ここに収納する場所があると便利ですが、対面キッチンの場合邪魔になってしまいます。

しかし、対面キッチンには吊戸棚が無いほうが、スッキリしてより開放的になるという意見が多いです。

ただし、吊戸棚が無い場合、その分の収納スペースをどこかで確保する必要があります。

キッチンの反対側の壁に収納スペースを設けたり、先ほど紹介したカウンターの下に食器棚を設けたりするなど、工夫をして収納する場所を作るようにしてください。そして、快適な対面キッチンにしましょう。

4-4.冷蔵庫の置き場所に注意する

冷蔵庫を置くスペースは、ある程度の大きさを確保するようにしてください。あまり狭すぎると新しいものに買い替える際、狭くて気に入ったモデルが入らない場合があるからです。

そのため、既存の冷蔵庫の幅を目安にするのではなく、ある程度いろいろな冷蔵庫が入るような大きさにしておくようにしましょう。

また、冷蔵庫を開ける際、扉が壁に当たらないか注意してください。冷蔵庫は、片方しか開かないものもあれば、両方開くタイプもあります。また、観音開きのモデルもあります。

どのタイプでも対応できるキッチンにするようにすると、後々冷蔵庫を買い替える際に、いろいろなタイプを選べます。

まとめ

人気の対面キッチン5種類とそのポイントを解説しました。あなたの理想のキッチンはあったでしょうか。

オープン対面キッチンは、開放感がある点やデザイン性に優れているため、とても人気のキッチンです。

しかし、対面キッチンには特有のデメリットもあります。そのため、悪い点も踏まえた上で理想の対面キッチンを選ぶようにしてください。

せっかくの対面キッチンであったとしても、使い方や仕様を間違えると使いにくくなってしまうからです。よくプランを考えた理想の対面キッチンで、家族のために毎日おいしい料理を作りましょう。

リフォームの費用を簡単に300万円も安くする裏技

リフォームは、300万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

300万円以上安くリフォームをお得にする方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る