リフォーム見積もり

トイレリフォームの見積もり【費用を抑える3つの秘訣】

トイレリフォーム見積もり

トイレのリフォームの見積もりを取るにあたり、どのように見積もりを取ればいいのかという相談は多く受けます。

見積もりを取ることにより、「適正価格で優良業者に工事を依頼する」ことができるのです。

ただし、リフォームや見積もりを取る機会はほとんどないため、取り方のコツや見積書の見方などわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、このページではトイレのリフォームを行う予定の方が、見積もりを行う際に役立つ情報をお伝えします。見積もりを上手に取り、トイレのリフォームを適正価格で優良業者に依頼しましょう。

1.トイレリフォーム見積もりの費用・相場

トイレのリフォームは、20~50万円が多く見られる価格帯になります。一般的な、洋式トイレの交換をする場合、30万円程度で行えます。

ただし、20万円以下でできるものや50万円を超えるようなリフォームもあるため、行う内容によって値段が変わることを覚えておきましょう。

1-1.20万円以下のトイレのリフォーム

20万円以下で行えるトイレのリフォームをご紹介します。ウォシュレット取り替えや交換などの小規模なリフォームの場合、20万円以下で行えます。小規模のリフォームを検討している方は、参考にしてみてください。

1-1-1.手すりの設置でバリアフリー:3万円

トイレリフォーム手すりバリアフリー

お年寄りのいるご家庭は、トイレに手すりを設置するリフォームがおすすめです。トイレから立ち上がる際、手すりがあるととても便利です。

また、3万円程度で手軽に設置できるため、人気のリフォームになります。手すりの設置リフォームを行い、バリアフリーのトイレにしましょう。

1-1-2.ウォシュレットの設置:10万円

ウォシュレットリフォーム

トイレにウォシュレットを設置するリフォームの場合、10万円程度の費用がかかります。

そのほかにも、便座を暖房付きのものにしたり、脱臭機能の付いたものにしたりする場合、10万円以下の価格でほとんどのリフォームが収まります。

そのため、便座を変えるリフォームは10万円程度かかることを覚えておきましょう。

1-1-3.手洗い器の設置:10万円

トイレ洗面台

トイレに手洗い器を設置する場合、10万円程度の費用がかかります。写真のようなシンプルなものであれば、10万円前後でリフォームすることができます。

しかし、おしゃれなものになったり、大きな手洗い器を設置したりする場合、費用は高くなるため覚えておきましょう。

1-2.20~50万円のトイレのリフォーム

先ほどお伝えしたように、20~50万円はトイレのリフォームで多く見られる価格帯になります。トイレの便器を交換したり、それに加えて内装をリフォームしたりする場合、この価格帯になる方は多くいらっしゃいます。

便器の交換などのリフォームを検討している方は、この程度の費用がかかるため、把握しておきましょう。

1-2-1.便器の交換リフォーム:30万円

wc-tannkuresu-reform

便器をタンクレスにする場合、30万円程度の費用が必要です。便器の費用20万円に加えて、施工費用が10万円程度かかります。

ただ、便器の値段が安くなればその分費用は抑えられるため、低価格なものにすれば値段は安価になります。一方、値段の高い便器にリフォームすれば、その分費用は高くなるのです。

リフォームする場合、ついついいいものにしたくなります。しかし、予算とのバランスを考えて、便器を選んでください。「オプションをつけてみたものの、ほとんど使うことがない」というお客様が見られるからです。

オプションを付ける際、本当にそれが必要なのかを今一度冷静になって考えてみましょう。

1-2-2.便器の交換と内装リフォーム:40万円

トイレリフォーム便器交換壁紙

便器の交換に加えて、壁紙や床などの内装をリフォームする場合、40万円程度の費用がかかります。

便器を新しいものに交換し、壁にウォシュレットのスイッチを取り付け、壁紙や床材を取り換えるからです。トイレ全体をリフォームするため、トイレがリフレッシュします。

新しいトイレや壁紙をリフォームし、トイレを一新させてはいかがでしょうか。

1-3.50万円以上のトイレのリフォーム

和式トイレを洋式にする大規模のリフォームの場合、費用は50万円を超える規模になります。便器の交換はもちろんのこと、床材や配管などを改修工事するためです。

そのため、和式トイレのリフォームを検討している方は、この程度の費用がかかることを覚えておいてください。

1-3-1.和式から洋式トイレへのリフォーム:60万円

トイレ和式から洋式リフォーム

和式から洋式へリフォームする場合、60万円程度の費用がかかります。便器の交換や床材や壁紙など、工事が大規模になるからです。

ただし、和式のトイレで段差がある場合、それをフラットにする必要があるため、費用は高くなる傾向があります。

しかしながら、洋式にリフォームすれば使いやすくなるのではないでしょうか。トイレは毎日使うため、その後の生活のことを考えると決して高くはない買い物です。

「和式から洋式にリフォームしたい」という方は、この程度の費用がかかることをあらかじめ覚えておきましょう。

3.トイレリフォームの見積もりのポイント

失敗しないトイレのリフォームを行う場合、見積もりのポイントがあります。見積もりによって適正価格でリフォームが行えたり、優良業者に工事を依頼できたりします。

つまり、見積もりを上手に取ることが、リフォーム成功の秘訣です。

3-1.必ずショールームで確認する

トイレリフォームの見積もりを依頼する前に、必ずショールームに足を運び、実物を確認しましょう。パンフレットやホームページだけでは、外観しか見ることができないからです。

トイレは家族が毎日使うものになるため、実物を見ないで決めてしまう場合、思っていたよりも使いにくいということになりかねません。

トイレのリフォームを行う際は、ショールームに行き、実物を確認しましょう。

3-2.リフォームの内容は具体的に伝える

見積もりを依頼する際、リフォームの内容は具体的に伝えるようにしてください。具体的に説明しないと思い通りのプランにならないからです。

特にリフォームの場合、詳細を具体的に伝えなければあなたの要望通りにリフォームを行うことはできません。自分は伝えたと思っていても、相手に伝わっていないことはよくあります。

また、後々変更点がある場合、再度見積もりを取り直さなければいけなくなります。そのため、できるだけリフォームの内容は具体的に伝えるようにしましょう。

3-3.事前にリフォームの内容を家族と話し合う

トイレのリフォームの見積もりを依頼する際、事前にどのようなプランにするのかを家族と話し合って決めてください。

トイレは家族が毎日使う場所になるため、全員がどのようなリフォームにしたいのか聞くようにしましょう。

たとえば、「メーカーはどこがいいのか」「オプションは何にするのか」など見積もりを依頼する前に話し合ってください。

事前にプランが決まっていれば、見積もりの内容をスムーズに業者に伝えることができます。家族全員が満足するトイレにリフォームしましょう。

4.見積もりを依頼する際の注意点

トイレのリフォームの見積もりを依頼する際、いくつかの注意点があります。初めて見積もりを依頼する方は失敗しやすいため、以下でお伝えする内容に注意して見積もりを依頼しましょう。

4-1.複数社に見積もりを依頼する

見積もりを依頼する際、複数社に見積もりを頼みましょう。価格や業者の対応を比較することで、適正価格で優良業者にトイレのリフォームを依頼できます。また、複数社見積もりを取ることを相見積もり(あいみつもり:あいみつ)と言います。

トイレのリフォームの価格は、「定価」というものが存在しません。メーカーや施工業者によっても値段が変わるからです。そのため、複数社に見積もりを依頼して適正価格を判断する必要があります。

たとえば、1社に見積もりを依頼したと仮定します。

  • A社:50万円

これでは、この金額が適正価格なのか判断するのは不可能です。一方、3社に見積もりを依頼したと仮定したのであれば、いかがでしょうか。

  • A社:50万円
  • B社:48万円
  • C社:60万円

このように、複数社の見積もりを依頼することができれば、適正価格を判断できます。また、業者の対応やサービスなども比較できることでしょう。

それらを踏まえた上でリフォーム会社を選べば、理想的なリフォームが行えます。これからトイレのリフォームの見積もりを依頼するのであれば、相見積もりを取るようにしましょう。

4-2.条件やグレードは統一する

相見積もりの際、条件やグレードは統一するようにしてください。条件やグレードが異なる場合、価格や内容を比較することができないからです。

たとえば、以下の2社に見積もりを依頼したと仮定します。

  • A社:一般的なグレード
  • B社:高級なグレード

この場合、当然ながらB社のほうが工事費用は高くなります。そのため、見積もりを正確に比較することができないのです。複数社に見積もりを依頼した際、ついつい条件を変えてしまう方は多く見られます。

しかし、これからリフォームの見積もりを依頼する場合、同じ条件やグレードで見積もりを依頼してください。

4-3.価格だけで業者を判断しない

リフォームの見積もりを比較する際、価格だけで判断してはいけません。先ほどお伝えしたように、リフォームは定価が存在しないからです。

そのため、工程を省いたり、安い材料を使ったりすればいくらでも価格を安くすることができてしまいます。

つまり、値段だけで業者を選ぶと悪徳業者にリフォームを依頼しやすくなってしまうのです。トイレのリフォームの費用は数十万円単位になります。そのため、ついつい値段ばかりを気にしてしまいがちです。

しかし、理由もなく値段だけでリフォーム会社や工務店を選ぶと後悔することになるため、見積書の価格だけで業者を選ばないようにしてください。

5.費用を抑える見積もりの秘訣

トイレのリフォームは数十万円単位になるため、できるだけ安く、質の高い工事は行えないのかという相談は多く受けます。

リフォームを行う際、できるだけ安く工事を行いたいものです。

ただし、ただ単に安さだけを求める場合、工事の質が下がってしまいます。そのため、値段を安くすることだけを考えずに、効率よく無駄を無くし、費用を抑えるようにしてください。

5-1.メーカーにこだわらないと安くなる

リフォームを行う際、メーカーにこだわらないと安くなります。リフォーム会社や工務店によっては、安く仕入れられるメーカーがあるからです。

また、TOTOやLIXILなど誰もが知っている有名なメーカーと品質は同等で価格が安いメーカーもあります。

つまり、品質は同じでロゴが有名かそうではないかの違いになるのです。そのため、特にメーカーにこだわりがないのであれば、リフォーム会社や工務店に任せてしまうのが良いでしょう。

5-2.オプションは必要なものにする

トイレのリフォームを行う際、オプションは必要最低限にしましょう。欲張ってあれもこれもオプションを付けると値段は安くなりません。

たとえば、自動で便座が開くオプションなどはあれば便利ですが、必ず必要かと言われればそうではないはずです。

一時的な感情でオプションを付けると後悔します。そのため、オプションを付ける際は、それが本当に必要かどうかを今一度考えてみましょう。

5-3.優先順位をつける

優先順位をつけると費用を抑えられます。費用をかける部分とそうではない部分のメリハリをつけることで、無駄な部分を削減できるからです。

トイレの場合、ウォシュレットなどの機能性にお金をかけ、照明や壁紙などはそこまでお金をかけないようにするのもおすすめです。

お金をかけるところとそうではない部分のメリハリをつけて、効率よく予算を抑えるようにしてください。

5-4.地域のリフォーム会社や工務店に依頼する

工事を依頼する際、地域のリフォーム会社や工務店に頼むと費用を抑えられます。大手ハウスメーカーにリフォームを依頼する場合、仲介手数料がかかるからです。

大手ハウスメーカーは、CMなどの広告宣伝費や営業マンなどの人件費を施工費用に上乗せしています。一般的に、施工費用の3~4割の費用が仲介手数料になるのです。

大手ハウスメーカー仲介手数料

たとえば、50万円のトイレの工事を依頼したと仮定します。その場合、以下のような手数料の割合になります。

50万円(施工費用) × 0.4(仲介手数料の割合) = 20万円(仲介手数料の金額)

ようするに、トイレのリフォーム費用が50万円かかった場合、そのうち20万円が仲介手数料になり、実際に下請け業者には30万円の費用でリフォームを行わせているということになるのです。

適正価格で品質の良いトイレのリフォームを行いたいのであれば、大手ハウスメーカーではなく、地域密着のリフォーム会社や工務店に依頼しましょう。

まとめ

トイレのリフォームの費用や見積もりのポイントをお伝えしてきました。これからトイレのリフォームを検討している方には、とても参考になったのではないでしょうか。

トイレは、家族が毎日使う場所になるため、リフォームによって快適な空間にすればその後の生活が快適になります。

しかしながら、リフォームはポイントを抑えないと納得のいく工事にならない可能性があります。

せっかくリフォームするのであれば、満足のいくリフォームにしたいものです。そのため、ここでお伝えしたポイントを抑えて、理想のトイレにリフォームしましょう。

リフォームの費用を簡単に300万円も安くする裏技

リフォームは、300万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

300万円以上安くリフォームをお得にする方法はこちら

合わせて読まれている記事
リフォーム相見積もり リフォーム見積もり

リフォーム相見積もりは何社がいいの?失敗しない5つの心得

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォームを行おうと考えたとき、多くの方が「費用」「業者選び」について悩まれます。 リフォームは定価というものが存在しないため、見積も …
リフォーム見積もり リフォーム見積もり

住宅リフォームリノベーション無料見積もり:費用や取り方の注意点

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォームを行おうと考えたとき、リフォーム会社や工務店に「見積もり」を依頼します。 見積もりによって、工事の価格や内容を把握することが …
水回りリフォーム見積もり リフォーム見積もり

完全保存版!水回りリフォームの費用や見積もり依頼の方法

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
キッチンやお風呂、トイレなどの水回りのリフォームを行う際、見積もりを取らなければいけません。見積もりを依頼することにより、適正価格を見極めら …
L型キッチンレイアウト リフォーム見積もり

キッチンリフォームの見積もりを失敗させない6つのコツ

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
キッチンのリフォームを行う際、見積もりを取らなければいけません。しかし、見積もりの確認を行う上で、キッチンのリフォームの費用や相場、ポイント …
リフォーム見積もり

リフォームの相見積もりの上手な断り方はどうすればいいのか

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォームの相見積もり(複数社に見積もりを依頼すること)を行う場合、ほかの見積もりを依頼している業者に断りの連絡をしなければいけません。  …
リフォーム見積もり遅い リフォーム見積もり

【リフォームの見積もりが遅い】期間はどのくらい待てばいいの?

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォームを行おうと考えたとき、見積もりをリフォーム会社に依頼します。 ただこのとき、「リフォームの見積もりが遅い」という相談を多く受 …
トップへ戻る