【東京:注文住宅相場】土地ありなしの価格、予算はどれくらい?

東京注文住宅相場

東京で注文住宅を購入する際、相場や価格は気になるものです。都市部である東京都では、いくらぐらいの費用があれば夢のマイホームを建てられるのでしょうか。また、土地がありなしの場合でも予算は大きく変わってきます。

そこでこのページでは、東京で注文住宅の購入を検討している方の相場や価格をご紹介します。

これから東京で注文住宅の購入を考えている方は、ここでお伝えする価格を参考にしましょう。

東京の注文住宅の相場・価格【土地あり】

土地がある場合、東京の注文住宅の相場はどのくらいになるのでしょうか。以下はフラット35の金融機関である住宅金融支援機構の注文住宅のデータです。

注文住宅の所要資金

出典:住宅金融支援機構:フラット35利用者調査2015年度

首都圏の注文住宅の購入費用は、3,586万円ほとです。土地がすでにある場合、土地購入費用が必要ありません。そのため、家を建てる費用だけあれば注文住宅が購入できます。

東京都に土地を所有している方は、この金額を目安にして注文住宅を購入しましょう。

東京都の家族構成や世帯年収

それでは、首都圏の家族構成や世帯年収をご紹介します。実際に首都圏で注文住宅を購入している方のデータです。ぜひ、参考にしてください。

項目東京
年齢(歳)44.9
家族数(人)3.9
世帯年収(万円)720
建設費(万円)3,849
頭金(万円)948
融資金(万円)2,836
1カ月の返済額 (円)109,500

世帯年収は、720万円です。そして、住宅の建設費用は3,849万円になります。東京都で注文住宅の購入を検討している方は、この価格を参考にしましょう。

東京の注文住宅の相場・価格【土地なし】

東京で土地がない場合、注文住宅の相場はどのくらいの価格になるのでしょうか。以下は、住宅支援機構の注文住宅の購入費用です。

家を建てる費用:土地付き注文住宅費用

出典:住宅金融支援機構:フラット35利用者調査2015年度

首都圏の相場は、おおよそ4,666万円です。

住宅の建設費用に加えて土地購入代金が必要になります。東京で注文住宅の建築を検討している方は、これくらいの費用がかかるとお考えください。

東京の家族構成や世帯年収

首都圏で土地と注文住宅の購入を検討している方は、世帯年収はいくらでどのような家族構成なのでしょうか。

項目東京
年齢(歳)39.1
家族数(人)3.4
世帯年収(万円)811
建設費(万円)2,306
土地取得費用(万円)3,234
頭金(万円)886
融資金(万円)4,420
1カ月の返済額 (円)153,700

世帯年収は、811万円になります。建物の費用が2,306万円になり、土地の取得費用が3,234万円です。土地の取得費用がかかるため、住宅にかけられるお金は少なくなります。東京都で土地と注文住宅を購入する方は、ぜひ参考にしてください。

住宅購入時にかかる諸費用

住宅を購入する際、建物や土地の購入費用に加えて諸費用が必要になります。

以下は、住宅購入時にかかる諸費用です。どのような諸費用がいくらぐらいかかるのかを把握しておきましょう。

土地にかかる諸費用

土地を購入する上で、以下のような諸費用がかかります。

項目金額内容
土地の仲介手数料約700,000円(土地代が2,000万円の場合)土地代の3%+60,000円+消費税
土地購入の印紙代20,000円金額によって増えるが、一般的な住宅地であれば20,000円
固定資産税場合による固定資産税は、土地を受け渡した残り期間に応じて決定する
金融機関手数料31,500円ローンを組む際に必要な手数料(金融機関によって異なる)
ローン保証料約500,000円金融機関によって異なる。一括で支払うほうが安く、月々で支払うと金利分高くなる
ローンの印紙代21,000円住宅ローンの契約書に貼る印紙。金額によって異なる
土地所有権移転登記約200,000円土地の所有権を変えるための手続きにかかる費用
抵当権設定費用約150,000円銀行に土地を担保にするための費用

土地の仲介手数料や保証料など、数十万円単位の諸費用が必要になります。

住宅購入のための土地を購入する方は、これらの費用を住宅ローンとは別に用意するようにしてください。

保証料とは、ローンが万が一払えなくなった場合に金融機関が保証会社に残債を建て替えてもらうための費用のことです。住宅ローンを組む際は必要になるため、覚えておきましょう。

建物にかかる諸費用

住宅購入する際、建築費用に加えて以下の諸費用が必要になります。

項目金額内容
下水道負担金約500,000円市町村に支払う水道工事費用
ガス引き込み代約150,000円ガスの引き込み工事費用。プロパンガスならば不要
エクステリア工事費用約1,000,000円庭の駐車場やフェンスなどの施工費用
金融機関手数料31,500円ローンを組む際に必要な手数料(金融機関によって異なる)
ローン保証料約600,000円金融機関によって異なる。一括で支払うほうが安く、月々で支払うと金利分高くなる
印紙代21,000円住宅ローンの契約書に貼る印紙。金額によって異なる
火災保険料約600,000円
建物や住んでいる地域によって異なる
抵当権設定費用約150,000円抵当権を設定する費用

外構工事(エクステリア工事)費用や住宅ローンの保証料が必要になります。合計で数百万円単位になるため、「家を建てたらお金が無くなってしまった」ということのないようにしてください。

また、外構工事などの費用は、住宅を購入してから直接外構工事業者に依頼するのも1つの方法です。

ハウスメーカーや工務店の場合、仲介手数料がかかるからです。そのため、外構工事業者に直接依頼するとその分の費用を節約できます。

「家を建ててもらった工務店に依頼するのか」それとも、「直接外構工事業者に頼むのか」をよく考えてお得なほうを選ぶようにしましょう。

そのほかの諸経費

土地や建物の諸費用に加えて、以下の諸費用が必要になるケースがあります。

項目金額内容
地鎮祭約50,000円地鎮祭を行うとかかる費用
上棟式費用約100,000円上棟式に必要な費用
引越し代約150,000円4人暮らしの引っ越しにかかる費用
仮住まい費用約8万 × 6カ月 = 約48万円 建て替えの場合、賃貸の費用が必要

必ずかかるわけではありません。状況によっては、これらのお金がかかることも想定しておきましょう。

総額でいくらの諸費用がかかるのか

諸費用は、一般的に住宅と土地の購入費用に加えて2割程度必要になると言われています。

つまり、2,000万円の住宅の場合、400万円の諸費用がかかるということです。そのため、住宅ローンとは別にこれらの諸費用を用意しておいてください。

また、家を建てても、ある程度のお金は残して置く必要があります。急な出費があった場合に困ってしまうからです。

いざというときのことを考え、お金を残しておきましょう。

まとめ

東京都の注文住宅の相場について解説してきました。土地がある場合の価格が、3,849万円です。そして、土地がない場合の価格が2,306万円です。

土地があるなしでは、住宅の建設費用は大きく異なるため、土地の購入代金と住宅の建設費用のバランスを考えて、マイホームの予算を決定しましょう。

また、実際に住宅を購入する際は別途諸費用が必要になるということを忘れずに用意しておいてください。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

関連記事

1500万円の家

【1500万円の家を建てる】ローコストで注文住宅を買うコツ

持ち家

持ち家と賃貸をトータル比較!メリットデメリットは?

注文住宅いくらかかった

注文住宅の値段はいくらかかった?総額はいくらかかるの?

リノベーション費用

リノベーションにかかる費用!マンションや一戸建てのポイントや秘訣

頭金

住宅ローンの頭金の平均相場はいくら?頭金なしでもいいのか

フルリフォーム・リノベーション

大規模戸建て全面改装フルリフォーム費用:1000万円のリノベーション