家を建てる前に知らなければ損をする住宅購入時の費用の目安

家予算

結婚して家庭を持ち子供が成長すると、賃貸マンションやアパートでは物足りなく感じてきます。

一戸建ての住宅に比べて、間取りが狭かったり庭がなかったりするからです。そのような生活の悩みを解決するため、住宅を建てる決心をする方は多いです。

しかしながら、いざ家を建てようと思ったとしても、「どのくらいの予算が必要なのか」疑問に思う方がほとんどです。

そこでこのページでは、家を建てる前に絶対に知らなければ損をする予算の目安についてお教えします。

これを学べば、住宅の購入する前に必要なお金をしっかり準備することができます。家は一生に一度の大きな買い物になるため、後悔のないよう納得のいくものにするようにしましょう。

借り入れ率:月々の返済額から逆算して予算を決める

住宅は高価な買い物ですあるため、現金一括払いで住宅を購入する方はほとんどいません。そこで、家を買う場合基本的にローンを組み支払います。

ただ、銀行などの金融機関からどれくらいの金額を借りることができるのか分からない方は多いです。予算の目安が分からなければ、家を買う金額を把握することができません。それでは、収入と支出のバランスを取ることは難しいです。

一般的には、住宅を購入する際、月々の返済金額から逆算して家の値段を決めます。

このとき、返済率を参考にします。返済率と、あなたの収入(年収)とローンなどの支払う金額との割合を表したものになります。一般的に、この数字が年収の25%以内だと無理なく返済ができる目安とされています。

ローン返済額を収入の1/4をにすると家計の負担になりづらくなり、経済的だからです。

例えば、年収400万円の人の場合、「400万円 × 0.25(25%) ÷ 12ヵ月」= 月8.33万円になります。つまり、これが月々の返済額の目安になります。

これを踏まえると、年収ごとの毎月の返済額と借り入れ金額は以下の図のようになります。

年収 毎月の返済額 借り入れ金額
400万円 約8.3万円 約2,500万円
600万円 約12.5万円 約3,800万円
800万円 約16.7万円 約5,000万円

ただし、これはあくまでも目安になるため、必ずこの数字になるわけではありません。そのため、その部分には注意が必要です。これらの情報や正確にどのくらい借りられるのかを知るためには、一度ハウスメーカーや工務店、銀行に相談すると良いです。

また、住宅ローンの予算を知る方法は、おおよそ毎月の返済額の300倍で求めることができます。

そのため、月々の返済額が12万円の場合、12万円(月々の返済額) × 300倍 = 3,600万円(購入できる家の予算額)になります。なおこの計算は、返済期間35年、金利2%で計算した場合になります。

家を建てたらかかるお金がある

住宅は、購入する金額だけ用意すればいいわけではありません。家を建てた後も発生する、支出を計算して予算を決めなければいけません。これを怠ると、住宅ローンの返済が大変になり、日々の生活が苦しくなってしまいます。

実際に、土地や家を購入すると固定資産税を支払う義務が生じます。または、住宅の壁や屋根が劣化した場合、外壁塗装を行う必要があります。

その他にも、住みにくい場合は、リフォームを行うかもしれません。

固定資産税や都市計画税は、税金になるため、必ず支払わなければいけません。一方、外壁塗装などの修繕費や、リフォームの改修費は必ず行わなければいけないわけではありません。

ただ、家を長持ちさせるためには、メンテナンスを行う必要があります。そのため、住宅を購入した方のほとんどが塗り替えなどを行います。

塗装を行わなければ雨漏りや劣化の原因になるからです。住宅が汚れていては見栄えが悪いです。せっかく建てたマイホームだからこそ、きれいに一日でも長く住めるようにするようにしましょう。

また、これから生活していく上で、家の作りが住みにくいと感じることがあるかもしれません。実際に生活してみると、色々な悩みに気づくからです。

ただし、リフォームには数十万円から数百万円のお金が必要になります。

ここまで述べてきたことから分かるように、家は購入するだけで終わりではありません。その後の生活で起こり得ることを、きちんと把握しなければいけません。

その上で必要な予算を決めるようにしましょう。このとき、住宅ローンなどの費用を支払うのとは別に、200万円ほど何かあったときのために準備しておくと安心です。

なお、万が一の場合、リフォーム専用のローンもあります。そのため、どうしても改修費用をねん出できない場合はこうしたローン制度を利用するようにしましょう。

ただ、住宅ローンやマイカーローンを支払いつつ、リフォームローンを支払うのはあまりお勧めできません。月々の返済額が増えて、家計を圧迫させてしまうからです。そのため、なるべく日々の生活からお金を溜めておくようにしましょう。

無理のない予算で家を買うようにする

前述の通り、家を購入すると、固定資産税や都市計画税などの納めなければいけない税金が増えます。

そのため、滞納してしまわないように必ず支払うように備えておく必要があります。

ただし、これらの税金は、都道府県や土地、さらには家の建て方によって差が出ます。そのため、どのくらい金額になるのかは住宅を購入する前に確認しておくと良いです。

ここまで述べてきたことから分かるように、家を購入するには数千万円規模の金額が必要になり、家を建てた後も維持費などいろいろな費用がかかります。

これらすべてを踏まえた上で、予算の目安を把握する必要があります。

住宅は家族を幸せにするために建てるものです。そのため、無理をして生活そのものが圧迫されてしまえば、元も子もありません。

家を建てることばかりに夢中になりすぎず、「家を建てる本当の理由」を今一度よく考えるようにしましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

関連記事

地鎮祭とは

【完全版】地鎮祭とは?意味やマナーなどこれを読めば全てわかります

費用

家を建てる諸費用はいくら?新築注文住宅本体以外にかかる費用

旗竿地メリットデメリット

旗竿地とは?家を建てる際に知っておきたいメリットデメリット

地鎮祭お礼マナー

地鎮祭・上棟式のご祝儀、お礼は必要?式次第のお礼の動作やマナー

地鎮祭お供え物

地鎮祭のお供え物の準備:用意するものや費用、お供え物のその後は?

地鎮祭挨拶回り

地鎮祭の挨拶回りはする?しない?範囲や言葉、不在時の手紙の例文