ハウスメーカー・工務店の選び方

ハウスメーカーで土地探し!絶対に失敗しない土地選びの3つのコツ

ハウスメーカー土地探し

ハウスメーカーで土地探しを行う際、メリットもあればデメリットもあります。土地探しは、家を建てる場所を決めることになるためとても重要です。

土地によって建てられる建物が決定したり、今後、一生生活する場所が決まってしまったりするからです。

また、土地探しはハウスメーカーでなくても不動産会社でも行うことが可能なので、ハウスメーカーで土地探しを行うことは1つの手段でしかありません。

本記事では、ハウスメーカーで土地探しを行う方のために必要な情報をご紹介します。

ハウスメーカーの土地探しを行う前にすること

土地探しを行う前にこれからお伝えすることを行いましょう。スムーズにあなたの理想の土地を探すためには、ハウスメーカーで土地探しする前に以下のことを考えるようにしてください。

家づくりのイメージを考える

土地探しを行う前に、家づくりのイメージを決めましょう。ゴールを設定しなければ、理想の土地は探せません。漠然と「良い土地が欲しい」と思っていても、いい土地を探し出すのは難しいのです。

逆を言えば、「良い土地」とはどのような土地でしょうか。この質問にお答えできないのであれば、土地探しを行う前の準備不足の可能性があります。

「2階建ての家が欲しくて庭には車を2台駐車したい」「狭い土地でもいいから立地の良い土地が欲しい」このように具体的なイメージがあれば、理想の土地探しを行えますよね。

「良い土地を探したい」のであれば、どのような土地にするのか考えるようにしてください。

資金計画を検討する

土地探しを行う前に資金計画を検討しましょう。土地の購入から注文住宅を建設するのであれば、「注文住宅の建設費用」「土地の購入費用」を考慮しなければいけません。

いくらの注文住宅を建て、どのくらいの費用の土地を購入するのかわからなければ、土地の予算を決めることはできませんよね。

50坪の土地を購入すると仮定した場合、予算が1,500万円の場合と2,500万円では、土地探しの条件は変わってきます。最初に予算を設定しなければ、漠然と土地を探さなければいけなくなります。

土地探しを行う前に、まずいくらぐらいの土地を購入するのか、予算をざっくりでいいので決めるようにしてください。

土地の立地を考える

土地探しを行う際に、土地の立地を考えましょう。どのような条件の場所で、土地を購入したいのか考えなければいけません。

たとえば、「駅から徒歩10分以内」「南面で日当たりが良いところ」「分譲地が良い」など、具体的にどのような土地に家を建てたいのかがわからなければ、土地探しを行えませんよね。

土地は、これから一生住み続ける場所です。注文住宅を建ててその後のライフスタイルを考え、家を建てたい土地の条件を決定しましょう。

さらに、土地探しについては、「新築一戸建ての土地購入:注文住宅を建てる前の土地探しのコツ」で詳しく解説しています。土地探しについて詳しく知りたい方は、合わせて読むようにしてください。

ハウスメーカーの土地探しのメリット

ハウスメーカーで土地を探す際、いくつかのメリットがあります。土地は不動産会社でも探すことはできますが、ハウスメーカーで土地を探す利点を今一度確認しておきましょう。

ハウスメーカーは家を建てるのが目的

不動産会社とハウスメーカーで土地探しを行う際、根本的な違いがあります。「不動産会社は土地を売るのが仕事」「ハウスメーカーは土地を売ってから建てるまでが仕事」という点です。

不動産会社の場合、土地を売るのが目的です。「とにかく土地を売ってしまいたい」のが本音です。そのため、あなたがその後どのような家を建てるのかまで総合的にプランニングしてくれるとは限りません。

利益目的だけを考えている不動産会社の場合、その土地が住みにくい場所だとしても安さを売りにして契約してくることも考えられますよね。

ハウスメーカーは家を建てるのが仕事

一方、ハウスメーカーであれば、土地の売買ではなくその後の注文住宅を建てるのが仕事であり、使命です。したがって、家を建てる前提で土地選びを行ってくれます。

土地選びは地盤の強度も関係します。軟弱地盤の場合地盤改良で数百万円費用が高くなることもあります。安い土地を購入したとしても、結局家を建てるための地盤改良で、数百万円単位の地盤改良費がかかってしまえば意味がありません。

ハウスメーカーは、家を建てるまでをサポートしてくれるので、不動産会社よりも家を建てるために条件の良い土地を選んでくれる可能性があります。

先ほどお伝えしたように、土地選びは「一生その場所で暮らす場所を決める」ということです。これから35年ローンを組んで生活する拠点を決める場所なので、絶対に失敗はできません。

ハウスメーカーで家を建てる方は、土地探しまでトータルサポートしてもらうことをおすすめします。

注文住宅と土地の購入費用のローンをまとめられる

注文住宅と土地を購入する際、家と土地の購入費用が必要です。これを別々で購入する場合、住宅ローンの支払いが別々になります。

しかし、ハウスメーカーで土地購入まで行ってもらえば、注文住宅と土地の購入費用を合わせて支払うことができますよね。

別々にローンの申請や手続きを行うと面倒ではないでしょうか。

できれば、支払いは一緒にしたいのが本音です。ハウスメーカーで土地を購入すると月々の支払いをまとめられるので、注文住宅を建てる施工会社が決定している方は土地探しも任せてしまいましょう。

家と土地の両方を値引きできるケースがある

ハウスメーカーが所有している土地を購入する場合、注文住宅の費用と土地の購入費用を安くできる可能性があります。

セット販売やまとめ買いを行うと、1つ当たりの単価が安くなりますよね。それと同じで土地と家を一緒に購入する場合、安くなる可能性があります。

家と土地を購入すると3,000万円、4,000万円といった費用になることが予想されます。そのため、できれば値引きを行いたいものですよね。

注文住宅と土地を同時に購入すると費用を抑えられるので、ハウスメーカーで家と土地を購入するのも1つの方法です。

ハウスメーカーの土地探しのデメリット

ハウスメーカーで土地を探してもらうには、いい点だけではなく悪い点もあります。

メリットだけでなく、デメリットも踏まえた上で土地探しをハウスメーカーに任せるようにしましょう。

一度土地探しを任せると他のハウスメーカーに変えにくい

ハウスメーカーに土地探しをお願いすると、後でほかの建設会社に変えにくいデメリットがあります。

家を建てる前提で一生懸命土地探しを行ってくれたのにもかかわらず、「ほかのハウスメーカーで家を建てます」というのは気が引けますよね。

ハウスメーカーに土地探しを依頼した場合、後で他の施工会社に変更しにくいので注意が必要です。

案件が限られる恐れがある

ハウスメーカーに土地探しを依頼する場合、土地の案件が限られてしまう恐れがあります。不動産会社に比べて、ハウスメーカーが所有している案件や物件の数が少ないからです。

不動産会社であれば、ハウスメーカーが知らないような「条件が良くて安い」お宝物件がある可能性があります。

その場合、ハウスメーカーで土地探しを依頼した上で不動産会社にも土地探しを依頼しましょう。ハウスメーカーと不動産会社の両方で土地探しを行えば、必ずあなたの理想の条件の土地が見つかるはずです。

「ハウスメーカーが紹介する土地」「不動産会社しか知らない土地」この2つを比較して理想のマイホームを建設しましょう。

まとめ

ハウスメーカーで注文住宅の購入から土地探しを行うには、さまざまなメリットがあります。また、デメリットも存在します。

家を建てる土地は、「一生住む場所を決定すること」になるので、慎重に行わなければいけません。住みにくいところで家を建てたくないですよね。

そのため、ハウスメーカーで土地探しを行ってもらう際は、メリットやデメリットを踏まえた上で依頼するようにしましょう。そして、理想のマイホームを手に入れましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る