ハウスメーカーの特徴

ゼロキューブの口コミ評判は?価格や間取りやおすすめ商品を紹介!

ゼロキューブ住宅

Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nakajiyoshi/home-kensetu.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/single.php on line 40

出典:https://www.rea-stk.co.jp/

ゼロキューブの住宅を建てる場合、口コミや評判が気になるものです。

安いという評判ですが、実際どうなのか不安ですよね。安い家を建てたものの、住みにくかったら困ります。

住宅購入は一生に一度の買い物です。ゼロキューブの住宅を買って失敗してしまえば、元も子もありません。

ゼロキューブの住宅購入を検討している方は、事前にしっかり情報収集しましょう。

ゼロキューブとは:コンセプト

ゼロキューブ(ZERO-CUBE)とは、株式会社イースマイルの住宅ブランド名で、北海道から九州までの各都道府県でフランチャイズ展開しています。

同社の主力商品のZERO-CUBE+FUNは、ベースの本体価格を1,000万円とし、+FUNと呼んでいる追加オプションを選べるシステムとしています。

つまり、住宅の基本性能を守りながら徹底的に無駄を削ぎ落としたものをベースプランとし、必要なものだけを付け加えるシステムとしているのです。

ZERO-CUBE+FUNでは、これを「わたしたちにちょうどいい家」として、住宅のコンセプトとしています。

なお、+FUN(プラスファン:楽しみを追加する)には、部屋や屋上あるいはインナーガレージなどが用意されています。

ユーザーは、ライフスタイルに合わせて必要な+FUNを選び付け加えられる訳ですから、セミオーダー型のデザイン住宅といえるでしょう。

ゼロキューブの特徴やポイント

一般的な住宅とは明らかに異なる外観を持っているゼロキューブですが、どのような特徴やポイントがあるのでしょうか。

ゼロキューブの外観デザイン、間取り、仕様、そして価格などとも合わせて、紹介していきます。

これから新築を計画される方が、ゼロキューブを評価する時の参考になれば幸いです。

シンプルな四角い外観

ゼロキューブの最大の特徴は、なんと言っても外観が総2階建てのキューブ(立方体)形状であることです。

そして、外壁回りの凹凸をなくし、玄関ポーチの庇に跳ね出し式のエクステリアを採用しているのも特徴的です。

これらは、建物コストを抑えるだけでなく、構造的な安全性や合理性にも繋がっています。

反面、単調な印象になりがちですが、窓や玄関の位置をバランスさせ、シンプルな中にも幾何学的な美しさを見せています。

ガルバリウム鋼板の外壁・屋根

ゼロキューブの外壁と屋根は、ガルバリウム鋼板が基本仕様になっています。

ガルバリウム鋼板とは、薄鉄板をアルミニウム・亜鉛・シリコンケの混合液でメッキしたもので、軽量と防食に優れた性能をもっています。

鋼板と聞くと、波板トタンのような安物のイメージを持つかもしれませんが、全く異なります。むしろ、一般的なサイディングよりも高価な材料です。

長所としては、耐久性にとみ、比較的メンテナンスが楽だと言うこと、そして自由なデザインが可能ということで、設計事務所での採用が増えています。

家族を感じるリビング

ゼロキューブの間取りの特徴は、1階の廊下が少なく、階段もLDK内に設けられているものがほとんどです。

さらに、トイレや洗面・浴室もLDKに面しており、1階はほとんどワンルーム化しています。

そのため、家族の動向を感じやすく、コミュニケーションが取りやすい間取りと言えるでしょう。

ローコスト住宅

ゼロキューブは、セミオーダー型のデザイン住宅としていますが、その価格はローコスト住宅の範囲に入ります。

代表的なZERO-CUBE+FUNの29.8坪プランでは、ベースの本体価格を1,000万円としており、坪単価では33.56万円となります。

また、最安値の25.04坪タイプでは、本体価格が900万円で、坪単価は35.94万円となっています。これらの価格帯は、十分にローコスト住宅といえるでしょう。

ZERO-CUBE+FUNの外観と間取り

延床面積 98.53㎡(29.80坪)
間取り 3LDK+土間
本体価格 1,000万円

上のゼロキューブの特徴で紹介したように、まさにCUBE(立方体)の外観ですね。ガルバリウム鋼板のリブが凹凸のない外形のアクセントになっています。

正面の窓は一般的な引違い窓にはなっておらず、大小の正方形に近いFIX窓としているのもゼロキューブの特徴です。

間取り

延床面積98.53㎡(29.80坪)のこの住宅の1階はLDKが中心で、階段や水回りへの移動はLDKを通るレイアウトとなっています。四角い外形を生かして、シンプルで無駄のない間取りです。

1階、そして2階の個室を含めて、収納スペースは最小限のものですから、実生活では1階にもう少し収納スペースが必要になるかも知れません。

内装

出典:https://jyutaku.esmile-24.com/zerocube/

14.5帖のダイニング・リビングで、キッチンと合わせると19帖の広さになります。それほど大きくない延床面積で19帖のLDKを計画できるのも、1階をワンルーム化している成果です。

全体をホワイト系でまとめ、キッチンの腰壁と階段部分のダーク系の濃い色がアクセントになっています。

豊富な+FUNのオプション

住宅におけるオプションとは、仕上げや設備などのグレードを上げることを指しているのが一般的です。

しかし、ゼロキューブでは、それらのオプションとは別に、ライフスタイルに応じて部屋や車庫などの追加を+FUNオプションと呼んで設定しています。

以下から、どのような+FUNオプションがあるのか紹介します。

+BOX:部屋の追加

出典:https://orange-newhouse.com/lineup/zerocubefun/

押入れ付きの4.5帖の和室とウッドデッキ、そして屋根部分をルーフバルコニーとしており、オプション価格は200万円とされています。

+SKY BALCONY:屋上バルコニー

出典:https://orange-newhouse.com/lineup/zerocubefun/

屋根全面を屋上バルコニーにして、階段と塔屋(階段室)を追加しています。総2階建ての立方体形状ですから、屋上バルコニーは、1階の建坪(16.03坪)で潰れた敷地面積を屋上で取り戻しているともいえます。

そのオプション価格が、300万円ですから1階建坪で割ると、18.71万円/坪となり、非常に安く感じます。

なお、屋上バルコニーには、芝生や花壇を設置する+LOHAS、そしてペントハウスを加える+PENTHOUSEという+FUNオプションもあります。

+GARAGE:車庫の追加

出典:https://orange-newhouse.com/lineup/zerocubefun/

+BOXと同じようなものですが、ガレージ専用としており、同様に屋根部分を屋上バルコニーとしています。オプション価格は400万円です。

なお、BOXを付け加えるのではなく、立方体の内部にガレージを取り込んだ+INNER GARAGEタイプもあります。

+STORAGE:中2階に収納庫を追加

出典:https://orange-newhouse.com/lineup/zerocubefun/

中2階に収納庫を付け加えるオプションで、価格は200万円で設定されています。比較的収納スペースの少ないゼロキューブですから、収納物の多いユーザーには必要かもしれません。

+ECO:太陽光発電システムの追加

出典:https://lifelabel.jp/lineup/zero-cube

太陽光発電システムと給湯用のヒートポンプ、そして370リットルの貯湯ユニットがセットになっています。セット価格は200万円です。

なお、エコオプションとしては、給気・排気ともに機械換気する+ECO AIRも別途用意されています。

以上がゼロキューブの+FUNオプションの概要ですが、仕上げや設備などの標準仕様は、どのようになっているのでしょうか。

以下で概略を紹介しますので参考にしてください。ただし、地域のフランチャイズ店によっては、仕様が異なる場合もあるようですから、詳細は地域の営業所で確認してください。

ZERO-CUBE+FUNの標準仕様

外回り

出典:http://iewill.jp/zerocube/standard/index.php

外周りでは、既に説明しましたガルバリウム鋼板の外壁、複層ガラスと樹脂枠の断熱サッシ、モダンなデザインのシングル玄関ドアとなっています。

水回り設備

出典:http://iewill.jp/zerocube/standard/index.php

ステンレストップのシステムキッチン、1坪タイプのユニットバス、そして洗面台と、いずれも標準以上の大きさとグレードです。

特にこだわりがなければ、変更する必要はないでしょう。

床・建具・階段

出典:http://iewill.jp/zerocube/standard/index.php

高さ2300mmのリビングドアには、高級感があります。なお、フローリング、建具、階段などの木質建材のカラーセレクには3種類が用意されています。

その他

出典:http://iewill.jp/zerocube/standard/index.php

その他の仕様としては、オール電化、玄関収納、TVインターフォン、火災報知器が標準となっています。

ゼロキューブのオプションやそのほかのプラン

ゼロキューブブランドの主力商品は、上で紹介したZERO-CUBE+FUNですが、同様のコンセプトの元に、その他の規格商品も提供されています。

ZERO-CUBE SIMPLE STYLE

延床面積 82.80㎡(25.04坪)
間取り 3LDK+ウォークインクローゼット
本体価格 900万円

出典:https://lifelabel.jp/lineup/zero-cube-simple-style

コンセプトは、「究極のオールインワン住宅」としており、余計なものは要らないが、上質な生活でありたい、を形にしたものです。

先に紹介したZERO-CUBE+FUNの基本プランを一回り小さくしたプランで、本体価格は900万円となっています。

ZERO-CUBE MINI

延床面積 72.03㎡(21.78坪)
間取り 2LDK+吹抜け
本体価格 1,000万円

出典:https://www.next-at.co.jp/lineup/zero-cube-mini

狭小間口の敷地用に計画されたもので、上のプランは2間(3.64m)間口ですが、2.5間用のものも用意されています。

さらに、3階建てとして1階をインナーガレージとしているプランもあります。

ZERO-CUBE STEP FLOOR

延床面積 105.98㎡(32.04坪)
間取り 4LDK+土間
本体価格 1,200万円

出典:https://lifelabel.jp/lineup/zero-cube-stepfloor

「風景にリズムを・・・」のコンセプトの元に、スキップフロアで空間に変化とリズムをあたえている4LDKのプランです。

それ以外の特徴としては、玄関の横に6帖大の土間があることです。自転車やオートバイなどを整備あるいは工作など、趣味空間が欲しいユーザーに向いています。

ZERO-CUBE MALIBU

延床面積 105.98㎡(32.04坪)
間取り 3LDK+バルコニー、ウッドテラス
本体価格 1,600万円

出典:https://orange-newhouse.com/lineup/zerocubemalibu/

ウッドデッキとバルコニーを標準で計画されている3LDKのプランですが、どこかカフェテラスを備えたお店のようなイメージもあります。

コンセプトは商品名のMALIBUから想像できるように、海に面したリゾー地に建つ住宅です。ウッドデッキが大きな開きドアを通じてLDKと一体になり、開放的で魅力的な空間になっています。

ZERO-CUBE KAI

延床面積 110.86㎡(33.53坪)
間取り 4LDK+中庭+バルコニー
本体価格 1,500万円

出典:https://lifelabel.jp/lineup/zero-cube-kai

玄関側の窓配置から、一見すると3階建てのように見えますが、2階建てです。

コンセプトは、「ふりそそぐ陽光、通り抜ける風」としており、4方を部屋で取り囲んだ中庭をレイアウトしています。

面白いのは2階バルコニーで、外部ではなく内部に開放されています。もう一つの中庭のようで、色々な使い道ができそうです。

ゼロキューブの評判や口コミ

ここまで紹介したゼロキューブの内容を、他のハウスメーカーと比べてみた場合、その商品群やコンセプトは非常に個性的だと言えます。

では、その個性的なゼロキューブの評判や口コミはどのようなものなのでしょうか。マイナス評価・プラス評価を、それぞれに紹介していきます。

合わせて、本記事としての客観的なコメントも紹介しますので、参考にしてください。

ゼロキューブのいまいちな評判

雨音がうるさくて寝れない

冬は寒い夏は暑い。いいエアコンつけてますが。それから雨音じゃなく、屋根から落ちる雨粒がうるさ過ぎて雨の日は耳栓してます。

買う方は必ず雨の日に特にプラス和室の音を聞いてみてから購入を考えて下さい。

寒いと聞いたのでオプション窓にしたのがさらに悪かったらしいのですが、オプション窓つけないとさらに寒いので。。。建築業者には言ってませんがハッキリ言って寝れません。

e戸建てより引用

軽量で耐久性の高いガルバリウム鋼板ですが、欠点として熱が伝わりやすい、防音・遮音性能が悪いと言うのがあります。

ですから、寒い暑い、そして雨音がうるさい、と言うのは事実でしょう。ガルバリウム鋼板の良さを活かすためには、標準以上の断熱性能とする必要があるのです。

断熱材は、防音性能も兼ね備えていますので、断熱材の厚みや密度を増やすと、断熱と防音の一挙両得の対策になります。

オプション窓にしても寒い、と言うのは少し理解できません。ZERO-CUBE+FUNでは、標準で樹脂枠と複層ガラスの断熱サッシとしていますので、断熱性能は高いレベルになっているはずです。

もしかすると、他の規格商品や地域のゼロキューブ営業所では、仕様が若干違っているのかもしれません。地域のゼロキューブ営業所で、標準仕様を確認するようにしてください。

実際は1,000万円以上かかるという口コミ

1000万は安いと話を聞きに行きました。

まず、それ以外に必ずいるおかねが約600万以上。中には他の工務店には取らないお金が?
なんだこれと。

そこからオプション追加次第でどんどん上がりますね。

1000万で建てれる!みたいなやり方が汚いと思い、建物の構造、見えないとこも怖い、しれてると思います。こういうとこはまずやめた方がいいと個人的なは思いました。

厳しい言い方かも知れませんが、この口コミユーザーは知らなさすぎると思います。どのハウスメーカーでも、規格型や参考プランの表示価格は、本体を建てるために必要な費用となっています。

屋外の電気や給排水などの付帯工事費、そして行政手続き費用などは、別途必要になるのです。ゼロキューブの資料にもそのことが付記されています。

まして、オプションを追加すれば、価格は上がります。ですから、ゼロキューブのコンセプトや標準仕様を理解し、賢いオプション選びとしてください。

カーサキューブを真似しているという口コミ

ゼロキューブ。価格が安いのがいいよね。カーサキューブのパクリかどうかと言われれば・・・まあパクってるわなw

ホームページに載ってるキャッチなんか、いたる所かぶってるw  カーサキューブより仕様は落ちるけど、この価格で家が建つんならいいんじゃないの?

 

口コミに出てくるカーサキューブとは、カーサプロジェクト株式会社がコンサルティングしている住宅です。

同社のオフィスは、東京、大阪、福岡ですが、加盟店(casaネットワーク)を通じて、全国を施工エリアとしています。

ゼロキューブがカーサキューブのパクリかどうかは、わかりませんが、確かに外観デザインは似ています。

しかし、ゼロキューブの外壁がガルバリウムに対して、カーサキューブでは塗り壁ですから、外観は似ていますが見た目の質感は全く異なります。

なお、両者の標準仕様をみる限り、ゼロキューブよもカーサキューブの方がワンランク上で、価格も一つ上の価格帯になっています。

いずれにしても、両者ともにコストパフォーマンスの高い住宅で、どちらかが良いかということではありません。予算と好みで上手な選択としてください。

ゼロキューブの良い評判や口コミ

ゼロキューブは安いという口コミ

ゼロキューブ、本体価格自体はお安い。

他の方も書かれていますが、付け足していくと高くなる。

付け足すものが何かにもよるけれど、生活に必要なものだったりすると付けないという選択肢にはならないので、それで結局はお値段的には…というところなんだろうか。

この口コミにもあるように、本体価格は安く、ローコスト住宅の範囲に入ります。

その上で、+FUNや仕様オプションで総額が予想を大きく超えてしまう場合は、基本に立ち戻って考え直した方がいいかもしれません。

できるだけ規格住宅のままで建てるのが安く建てるコツですが、規格型から外れる部分が増えれば、他社の注文住宅と変わらない場合があります。

ゼロキューブの標準仕様は良いグレードという口コミ

ドアや水回りの設備機器も標準品にしたらしいのですが、結構良いグレードの物でした。
更に色々割引や値引きなどもしてもらった様で、凄く良いなーと思いました。
やっぱりフランチャイズの工務店によって違いがあるのかも知れませんね。
土地探しも土地の持主を探し出して、交渉してくれて、相場よりも安く買えたみたいです。
この工務店さんの同じ営業さんを紹介してもらおうと思いました。

BETSUDAIのZERO-CUBE より抜粋

上のZERO-CUBE+FUNの標準仕様でも紹介しましたが、特にこだわりがなければ十分に納得のいくものです。むしろ、一般的な仕様よりもグレードの高いものもあるほどです。

ただし、この口コミや先の口コミにもあるように、地域の営業所によって、仕様が違っている場合がありますので、確認するようにしてください。

私達にちょうどいい家の口コミ

先日ZERO-CUBEのシリーズを建てました。

当初、価格面と+FUNに惹かれ見学会に参加して、実際に見てより気に入った感じですが、
時間が経っても、ZERO-CUBEは間取りがよく出来ているな~とつくづく思います。
特別コレッ、というものではなくて、なんというか、無駄がないというか。

家事動線もいいし、一つずつの広さもちょうどいい感じ。

広さを求めればどこまででも出来るでしょうけど、それに伴って価格も上がるし、それだとキリがない。

最初にピーンと来たのはzero-cubeのコンセプトとして謳っていた『私たちにちょうどいい家』に
ハマりました。あ~そのとおりだな、と

BETSUDAIのZERO-CUBE より抜粋

この口コミにあるように、規格型の住宅を選ぶ場合は、そのコンセプトを理解することが重要です。

コンセプトを理解しないままに、むやみにオプションを付け加えていくと、価格が跳ね上がり不満の残る住宅となってしまいます。

上手に+FUNオプションを選び、「私たちにちょうどいい家」としてください。

ゼロキューブで注文住宅を建てるポイント

ゼロキューブの総2階で凹凸のない外観や外壁仕上げは、非常に個性的でユーザーによっては、好き嫌いがはっきりと現れます。

ですから、ゼロキューブで住宅をたてて後悔しないためには、ゼロキューブの設計コンセプトを理解しておくことが重要です。

では、ゼロキューブの本体価格1,000万円というのは、住宅業界において、どのようなポジションなのでしょうか。チェックしてみましょう。

1,000万円で家を建てられる業者はたくさんある

延床面積30坪前後で、本体価格を1,000万円としている業者は比較的たくさんあります。

多くは、規格型のプランをベースにしたものですが、注文住宅でも多くを望まなければ1,000万円で建てることは可能です。

ですから、できるだけ業者の商品情報を多く集め、納得のいく内容と価格で建てられる賢い業者選びとしましょう。

ほかのローコストメーカーとも比較する

ゼロキューブが凹凸のない立方体形状としているのは、コストを抑えるのが最大の目的です。

しかし、その内容や価格が妥当であるかどうかの判断は、他の業者と比較してみなければ判りません。

ですから、まずはローコストハウスメーカーの参考プランと比較してみることをおすすめします。

ローコストハウスメーカーの住宅情報は、ネットなどで用意に入手できます。後述する一括資料請求サービスなどを利用すると手間いらずで色々な住宅情報を手に入れることができます。

一括資料請求サービスを活用しよう

ゼロキューブのデザインやコンセプトを気に入っていても、やはり価格は重要です。そして、価格や内容を比較検討するための資料集めは、ユーザーの重要な役割でもあります。

しかし、それらの資料集めには相応の時間やエネルギーが必要になりますので、ハウスメーカーの資料集めには一括資料請求サービスがおすすめです。

このサービスはネット上の無料サービスで、必要情報を提供すると、対応できる住宅会社をいくつも紹介してくれ、必要なカタログなどが送られてきます。

それらの送られてきた資料とユーザーが独自に収集した資料などを合わせて、上手に賢く、希望する住宅を建てるようにしましょう。


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nakajiyoshi/home-kensetu.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/single.php on line 72
【悪用厳禁】注文住宅を723万円も安く買ったコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
注文住宅屋根裏部屋 注文住宅

注文住宅の小屋根裏部屋:費用やメリットデメリットは?階段とはしごどっちがいい?

注文住宅の教科書:FP監修の家づくりブログ
「秘密基地のような空間が欲しい」「もう少し収納が欲しい」そんな願いを叶えてくれるのが『屋根裏部屋』です。屋根の空間を利用して、収納が増えるの …
トップへ戻る