注文住宅

注文住宅とは?建売住宅(分譲)との違いやどっちがいいの?【理想のマイホーム選び】

注文住宅、建売住宅違い

新築で家を購入する際、注文住宅と建売住宅(分譲)のどちらかを選びます。

しかし、実際は家を建てる上で、これらの違いが明確にわかっていないため、悩んでしまう方は多いです。それぞれメリットやデメリットが異なるため、何も知らずに決めることはできません。

納得のいく家を手に入れるために、ここで注文住宅と分譲住宅の違いを学びましょう。

注文住宅とは

注文住宅坪単価

注文住宅とは、簡単に言ってしまえば、「オーダーメイドの住宅」になります。そのため、土地の購入から間取りや外観など、家のほとんどをあなた自身が決めることができます。

たとえば、以下のような要望を取り入れることができます。

  • 外観は洋風がいい
  • キッチンは広いものにしたい
  • 部屋の数はいくつがいい

せっかくマイホームを手に入れるのですから、こだわって納得のいく住宅にしたいと考える方は多いはずです。あなたの理想通りの家を手に入れるには、自由度の高い注文住宅にすると良いでしょう。注文住宅で納得のいく家を建てれば、その後の人生を楽しく過ごせます。

ただし、土地の購入から設計をハウスメーカーや工務店に依頼してから建設するため、手間暇や時間がかかってしまいます。

一生に一度の買い物を納得のいくものにしたいのであれば、注文住宅で家を購入することを検討してみてください。

注文住宅がおすすめな人

注文住宅を選ぶとメリットがある人は以下の4つにあてはまる方です。

  • 土地を持っている人
  • 家を建てる場所を選びたい人
  • 土地を購入して建て替える人
  • 仕様や間取りにこだわりたい人

それでは、順番にご紹介していきます。

土地を持っている人

親からの相続などで、すでに土地を持っている人は土地取得の費用が掛からないため注文住宅がおすすめです。浮いた分の予算を建物に回して、グレードの高い設備や材料を選択することもできます。

昔から知っている土地の場合、周辺の治安や住みやすさなどの情報があるというのも安心できるポイントですね。

家を建てる場所を選びたい人

「見晴らしの良い丘の上に建てたい」「周囲に建物のない広い場所に建てたい」といった希望がある場合、建売住宅ではなかなか見つからないことがあります。

条件に合った物件が見つからないときは、土地のみを探してみるのも一つの手です。選択肢を増やすことによって、希望に合う場所が見つかりやすくなります。

場所にはこだわりたいが、間取りや仕様にはこだわりがあまりない方は、“建築条件付き土地”を購入するという選択肢もあります。

これは“土地の売り主が指定する建築会社と契約することを前提の土地”で、注文住宅扱いですがプランが決められている場合もあります。

土地を購入して建て替える人

古家付きの土地を中古物件として購入し、「解体して更地にしてから注文住宅を建てる」という方法もあります。更地のみで探すより、「希望の土地を見つけられる確率が高くなる」というメリットがあります。

古くて建物の価値がない場合、更地よりも安い相場で売られていることがあります。古家の解体費用がかかるため、トータルで安くつくか高くつくかはケースバイケースとなります。

そのため、選択肢の一つとして考えたいところです。

再建築不可物件”という、今建っている家を一度壊すと新しく家を建てられない物件もありますので、不動産業者に建て替え可能か確認しましょう。

仕様や間取りにこだわりたい人

建売住宅では、建ててから売る販売方式のため、不特定多数の人がターゲットになります。そのため、誰が住んでも不満が出ないような、無難な間取りになることがほとんどです。

凝った間取りを考えている場合、イメージ通りの物件を見つけることは難しいでしょう。

そういった方は、間取りを自由に決められる注文住宅を選択するのが良いでしょう。建築基準法などの制限を除けば、かなり自由に設計することができます。

そのため、イメージに近い家を作りやすいです。壁面にタイルを張りたい、などのこだわった仕様も実現することができます。建築会社の担当者とよく相談し、イメージ通りに造ってくれそうな会社を探しましょう。

建売住宅(分譲)とは

建売失敗

一般的に、建売住宅は土地と家がもうすでに建てられていて、それをセットで購入する住宅になります。そのため、既に完成されている家を実際に見ることができます。

間取りなどを目で見て購入することができるため、購入後の生活をイメージしやすいです。そして、家の値段もあらかじめ設定されているので、住宅ローンを支払う金額がわかりやすいです。

なお、立地が良い場所に建てられていることが多いため、交通の便が良い場合が多いです。アクセスの便利さを求めるのであれば、建売にするのも良いかもしれません。

ただ、もうすでに家が建設されているため、間取りや外観などを変更することはできません。いろいろとこだわりたいのであれば、建売住宅は控えたほうが良いのかもしれません。

建売住宅がおすすめな人

次に、建売にメリットがある方を、4つのケースで紹介します。建売住宅がおすすめな方は以下の通りです。

  • 安く家を買いたい人
  • すぐに入居したい人
  • 手間暇をかけたくない忙しい人
  • 決められた家を建てたい人

この特徴がある方は、建売住宅がおすすめです。それでは、順番にご紹介していきます。

安く家を買いたい人

建売住宅は注文住宅より費用を抑えられる場合が多いです。理由は3つあります。

  1.  間取りや仕様を決める必要がないため、打ち合わせにかかる人件費を抑えることができます。
  2. 同時に何棟も建てる場合、同じ仕様の材料を大量に発注するためコストダウンが可能になります。
  3. 同時に何棟も建てる場合、職人が効率よく工事を進められるため工事にかかる人件費を抑えることが出来ます。

同時に何棟か分譲する場合は、安く仕上がる場合が多いですが、一棟のみ分譲の場合は、②③のポイントがない為あまり注文住宅と変わらないことが多いです。

すぐに入居したい人

建売住宅の契約~引き渡しまでの期間は、完成物件の場合1か月程度と非常にスピーディーに入居出来ます。

仕様などの打ち合わせが必要ないため、条件に合った物件がすぐ見つかれば、探し始めてから契約までの期間も短いのもメリットです。

注文住宅の場合は、着工から引き渡しまで3~6か月程度が多く、間取りと仕様を決めるためにさらに時間がかかります。

慌てて間取りや仕様を決めると、後になって後悔することになります。急いでいる方には注文住宅はおすすめできません。転勤などの理由で、急いで入居したい方は建売の完成物件を探しましょう。

手間暇をかけたくない忙しい人

注文住宅では、プランの自由度が高い代わりに、間取りとすべての仕様を決定する必要があります。

キッチンやユニットバスなどの設備、壁紙、床材、外壁、屋根、サッシなど、決定項目は多岐にわたります。

サンプルを取り寄せたり、ショールームで実物を見たりしなければなりません。休みの度に打ち合わせすることになり、かなりの時間と労力を必要とします。

対して、あらかじめプランが決まっている建売住宅では、間取りや仕様を打ち合わせする必要がありません。忙しくてなかなか時間を作れない方にとっては、大きなメリットとなります。

決められた家を建てたい人

特にこだわりがなく、一般的な間取りで満足だという方も多いと思います。

無難でよく見かける間取りが多い建売住宅ですが、裏を返せば万人が住みやすく不満を感じにくい間取りということが言えます。

完成物件なら実物を見学できるため、住んでからイメージが違うことが少ないのも魅力ですね。

注文住宅と建売住宅の違い

ここまで、注文住宅と建売住宅をそれぞれ解説してきました。

ただ、どちらもメリットやデメリットがあるため、この項では大まかに異なる部分を紹介します。注文住宅と建売住宅のどちらが、あなたが求めている家なのかを判断するのに役立ててください。

注文住宅は自由度の高い家を建てられる

注文住宅は土地の購入から設計までの家にかかわる流れを決めることができるため、あなたの希望通りのプランにすることができます。また、建設中の現場を見に行けるため、作業内容や工程をチェックすることが可能です。

つまり、あなたと建設会社が一緒になって、家を建てていくようなイメージになります。一生に一度のマイホームを業者と協力し合い、住宅を建設しましょう。

これから一生生活するマイホームになるため、納得のいく住宅にしたいと思うはずです。このとき、趣味専用の部屋を作ることもできたり、グレードの高い家にしたりすることが可能です。

たとえば、車が好きな場合、ビルドインガレージ(ガレージ付きの住宅)にすることも可能です。また、ピアノを演奏したいのであれば、部屋を防音にすることで、周りを気にせず引くことができます。

これから分かるように、注文住宅であれば、あなたの用途や希望に合わせて好きなように家を建てることができます。

もちろん、土地選びや設計との打ち合わせなどいろいろ手間暇はかかりますが、それ以上の価値が注文住宅にはあります。

建売住宅と注文住宅の費用・価格の違いコストを抑えられる

建売住宅は、一度に多くの住宅を建設したり土地をまとめて購入したりすることで、建設費用を抑えています。そのため、購入金額も注文住宅の新築に比べて安いです。

マイホームの購入は一緒に一度の買い物と言われるほど高価なものです。

たとえば、3,000万円のローンだとしても、固定金利2%でボーナス払いなし35年と仮定した場合、月々約10万円以上の支払いになります。

これから分かるように、建売であったとしても、非常に高額なローンを組みます。無理をしてまでも注文住宅を購入する必要はないため、値段を抑えたいのであれば、建売の住宅を購入するのも1つの方法です。

また、建売だからといって、手抜き工事を行っているわけではないです。そのため、費用が安くても品質には問題はありません。

手抜き工事を心配する方は多いかもしれませんが、優良業者に巡り合うことができれば、そのような品質の悪い住宅を購入しなくて済みます。

建売住宅はすぐに住むことができる

建売住宅は、すでに完成してある土地と建物をセットで購入するため、住宅ローンなどの手続きさえ終われば、すぐに住むことが可能です。

一方、注文住宅はこれから家を建てるため、6ヵ月以上の歳月が必要です。そのため、引っ越しをして生活するまでの期間は、建売住宅のほうが圧倒的に早いです。

したがって、なるべく早く生活したい方にお勧めです。また、土地探しや間取りを決めるなどの手間暇をかけたくない方も建売住宅に向いています。

「建売住宅は買うもの」「注文住宅は建てるもの」と覚えておくとわかりやすいのではないでしょうか。

建売と注文住宅の寿命の違い

一般的な木造一戸建の寿命は、基本的には、建売でも注文でも変わりません。住宅の寿命は、使用する材料(仕上げ方法)・工事の品質・メンテナンスによって変わります。

これらは注文でも建売でも、建築業者によって変わる部分なので、どちらが優れているということはありません。

ただし、材料を自由に選択できる注文住宅は、耐久性の高い材料を選択することができます。

ですので、予算次第で傷みづらい家を建てられます。こういった部分で、注文住宅の方が寿命が長いというイメージを持っている方が多いようです。

また、建築途中を見ることができない建売住宅は、工事品質が不安だという声も良く耳にします。建売でも注文でも、契約をする前に耐久性や工法についてしっかりと質問をして、安心して契約出来る建築会社と契約しましょう。

材料と工法に大きな欠陥がなければ、住宅の寿命に大きく影響するのはメンテンナンスです。

定期点検を行っている建築会社もあり、早期発見で住宅の傷みが広がる前に対処できます。耐久性を重視する方は、利用するといいでしょう。

建売と注文住宅の割合は?

世間では建売と注文住宅どちらが多いのか?どれくらいの割合で建てられているのか? これから新築を建てる方は気になると思います。平成29年の国土交通省がまとめた統計データを見てみましょう。

まずは、全国で建てられた注文住宅(持家住宅)と、建売(分譲住宅)の割合を比較してみましょう。

全国の注文住宅と建売住宅の割合

全国の注文住宅と建売住宅の割合は以下の通りです。

注文住宅 建売住宅
282,111戸 137,849戸
67% 33%

全国で比較すると、注文住宅が六割超えという結果になりました。前年比では建売住宅が+2.3%、注文住宅が-3.3%となっています。

地方の注文住宅と建売住宅の割合

次に、都市部と地方では差があるのか、東京と青森で比較してみます。

東京

注文住宅 建売住宅
15,301戸 18,227戸
46% 54%

青森

注文住宅 建売住宅
3,725戸 491戸
88% 22%

東京では建売住宅が5割超えと、全国とは逆の傾向になっています。

東京などの首都圏では、人口密度が高く、遊んでいる土地が少ないので、土地探しがしづらい傾向があります。

そのため、独自のネットワークを持つ不動産会社や建築会社がまとめて土地を仕入れ、建売として分譲することが多く、建売の比率が高くなっています。

対して青森では、注文住宅が8割以上を占めます。地方都市では、代々土地と家を相続して、家を建て直す場合が多いです。

また土地が広く探しやすいので、土地を購入してから建築会社を探すのが一般的です。

このように、建売住宅と注文住宅の割合は地域での差が大きいです。都道府県別のデータが掲載されていますので、家を建てたい地域のデータをチェックしてみましょう。

(平成29年計住宅着工統計:国土交通省参照:http://www.mlit.go.jp/common/001233053.pdf

建売か注文住宅か決められない場合は

家は大きな買い物ですから、失敗したからと言って簡単に立て直すことは出来ません。なかなか決められない場合は、両方とも調べてじっくり検討しましょう。

建売は見学自由な物件がほとんどですので、時間があるときにどんどん見学に行ってみましょう。

気になったポイントを見学担当者に質問するのも、家づくりの勉強になります。

実際の物件を見ることが出来ない注文住宅は、施工事例などから会社の得意分野をうかがうことができます。まずは気になるハウスメーカーや工務店に資料請求をしてみましょう。

まとめ

注文住宅と建売住宅はそれぞれ特徴があります。そのため、あなたが家に求めているものが多く当てはまる住宅を選ぶと良いです。

自由に家の間取りや外観、庭などを決めたいのであれば注文住宅がいいです。コストや手軽さを求めるのであれば、建売住宅を選ぶようにしましょう。

ただ、家は一生に一度の買い物になるため、満足のいくものにしなければいけません。「後悔先に立たず」という言葉があるように、再度家を購入することは難しいからです。

後悔しないためにも、しっかり注文住宅か建売かを吟味しましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る