家の建て替え

家の建て替え費用は40坪だといくら?解体などの諸費用や安くするポイント

家建て替え費用40坪

あなたは家を建て替える際に、以下のような悩みを抱えていませんか?

「住んでいる家が古くなったきたから建て替えたい」

「家族が増えたから大きな家に建て替えたい」

今住んでいる家を壊して新しい家を建てる場合、新築住宅の建築費用の他に、古い家の解体工事費用がかかります。

また、建て替えている間に使う仮住まいの家賃など諸費用も必要ですよね。そのため、建て替える時には必要な費用のチェックが欠かせません。

「家の建て替えにはいくらかかるのか」「建て替える時には何から準備していくべきなのか」

家を建て替えを考える際に知っておきたいコストや注意事項をまとめました。

40坪の建て替えにかかる費用

まずチェックしたいのがコスト面です。家を建て替える際に、解体費用などさまざまな費用がかかります。

事前にどのくらいの費用がかかるのかわかれば準備できますよね。家を建て替える際は、どのくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

建て替えにかかる主な費用を見てみましょう。

解体工事費用:1坪3~4万円

家建て替え解体

解体工事費とは、今住んでいる古い家を壊して更地に戻すための費用です。解体工事には人件費や作業費以外にも、廃棄物の処理費用も必要になります。

一般的な木造住宅であれば、1坪あたり3~4万円程度です。仮に40坪だとすると、120万~140万円ほどかかります。

ただし、鉄筋コンクリート住宅や3階建て以上の住宅になると、コストアップしていきます。

引っ越し費用:約20万円

家建て替え引っ越し費用
家族
家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上
~15km未満
(市区町村内)
平均80,527 平均93,593 平均116,398 平均138,115
~50km未満
(都道府県内)
平均81,822 平均103,078 平均114,283 平均122,071
~200km未満
(同一地方内)
平均105,918 平均138,112 平均151,298 平均120,111
~500km未満
(近隣地方)
平均114,905 平均177,000 平均183,241 平均318,571
500km~
(長距離)
平均148,949 平均185,867 平均205,932 平均257,122

出典:価格ドットコム

引っ越し費用とは、建て替えている間に一時的に住む家への引っ越し費用です。

一般的な3人~5人家族でご近所の仮住まいへの引っ越しであれば約10~15万円程度です。

また、新しい家が完成すれば、元の家に戻るための引っ越し費用がかかるため、往復であれば40万円程度は見込んでおくとよいでしょう。

仮住まいの家賃

家建て替え仮住まい
項目 費用
仮住まい家賃 8万円 × 8カ月分 = 64万円
敷金 8万円 × 2カ月分 = 16万円
礼金 8万円 × 1カ月分 = 8万円
総額 88万円

仮住まいでは月額の家賃の他に、入居時にかかる敷金・礼金もあります。

家賃が8万円だと想定し、新築が完成するまでにはおおよそで8ヶ月程度かかるため、合計で64万円ほどの家賃が発生します。

また、仮住まいに家具や衣類が入りきらない場合は、レンタルのトランクルームなどを借りる場合もあります。

トランクルーム

1ヶ月あたり数千円で借りられますが、8ヶ月に渡るのであれば1万~3万円程度は見込んでおいたほうがいいでしょう。

住宅を建て直す費用:40坪の場合

最も重視したいコストは建築費です。約40坪と想定し、全国平均相場を見てみましょう。

全国平均の相場

地 域 建設費(万円) 延床面積:㎡(坪) 坪単価(万円)
全 国 3,353.5 128.2(38.78) 86.47
首都圏 3,627.0 127.0(38.41) 94.42
近畿圏 3,408.1 126.9(38.38) 88.79
東海圏 3,437.2 130.1(39.35) 87.34
その他 3,193.0 128.5(38.87) 82.14

フラット35利用者調査より引用

建築費用は、やはり首都圏が最も高くなり平均して約94万円(坪)です。全国平均では約86万円になり、40坪の家ではおおよそ3,440万円になります。

ここから、内装デザインや設備にこだわったり、大手のハウスメーカーでハイグレードの注文住宅を選んだりすると、平均相場よりもコストアップしてきます。

しかし、坪数は同じでもローコスト住宅メーカーに依頼したり、必要ない設備や建材を削ったりとコストカットすることも可能です。

相場よりも安くても満足できる家を建てるには、それなりの知識と工夫が必要になります。

完全分離二世帯住宅間取り
ローコスト住宅の評判と問題点とは?失敗しないポイントを紹介低価格で家を建てられることで魅力のローコスト住宅ですが、あまり良くない評判があったり、問題点として指摘されていたりする部分もあります。 ...

40坪の注文住宅の事例

では、安くても満足できる家とはどんな家なのでしょうか?

平均相場よりも安いのに、デザインも間取りも素敵な注文住宅の事例をご紹介しましょう。

40坪:2,900万円の自然素材が魅力的な注文住宅

注文住宅40坪
本体価格 2900万円
坪単価 72万円
延床面積 133.93m2
敷地面積 182.62m2
工法 木造軸組

カフェのようなスタイリッシュなネイビーの壁材と、自然のぬくもりが伝わるレンガ調の壁材を組み合わせた外壁。

アシンメトリーな片流れの屋根がアクセントになっていて、個性溢れる魅力的な佇まいになっています。住まう人のセンスが感じられる外観デザインですよね。

内装・イメージ

注文住宅40坪 注文住宅40坪

室内はあらゆる建材に自然木を使用し、爽やかな印象に仕上げています。まるで森林浴をしているようで、綺麗な空気が溢れていそうですよね。

天井と壁は白一色にすることで、空間を広く見せることができ、ゆったりと開放的なデザインになっています。

間取り図

注文住宅40坪間取り 注文住宅40坪間取り 注文住宅40坪間取り

出典:https://www.ishidakoumuten.net/

間取りは3階建てになっています。日が当たりやすい2階にリビングとキッチンを設けることで、いつでも心地良い明るい暮らしを実現。

2ヶ所に分かれたリビングの中央に吹き抜けを設計することで、より開放的な空間を演出しています。

また、この吹き抜けのおかげで1階~3階が縦に繋がるため、家族が別の場所にいても何となく気配を感じられるというメリットがあります。

「家族のコミュニケーションを大切にしたい」「家族仲良く暮らしたい」という人にピッタリの間取りですね。

40坪の天井が高い開放感のある注文住宅

注文住宅40坪
本体価格帯 2,000万円~2,499万円
延床面積 137.87m2
敷地面積 372.59m2
工法 木造軸組 (SE構法)
竣工 2013年3月

建築価格が2,000万円とは思えないほど優雅が外観になっています。

外観の一部をコの字に変形させて個性を際立出せることで、まるで建築家が特別にデザインしたような高級感が出ていますよね。

さらに庭先には大きなウッドデッキ、玄関先には門構えを設置することで、全体的に重厚感のある雰囲気に仕上げています。

内装・イメージ

注文住宅40坪 注文住宅40坪

内装デザインは洗練された白を基調としたスタイルに統一。カジュアルさと上品さを持ち合わせた、住み心地の良いデザインになっています。

高い天井が印象的ですよね。空高く伸びている吹き抜けは、爽やかな風とあたたかな陽射しがたっぷり差し込む贅沢な空間を演出します。

間取り図

注文住宅40坪間取り 注文住宅40坪間取り

出典:https://www.archisquare.info/

玄関を中央に置き、右手はプライベートスペースとしてリビングダイニングキッチンを設置。左手にはSOHOを配置したパブリックスペースになっています。

空間を明確に分ければ、生活にメリハリがでますよね。自宅内に事務所を設置するなら、便利でありながらもON・OFFをしっかり分けられる空間デザインが大切です。

キッチンはリビングからウッドデッキまで見渡せるアイランドキッチンを採用。

ウッドデッキで遊んでいる子どもを、家事をしながら見守ることができます。広いキッチンではホームパーティもゆったり楽しめそうですね。

1,576万円のコスパの良い40坪の注文住宅

注文住宅40坪建て替え
本体価格 1576万円
坪単価 38万円
延床面積 140.19m2
敷地面積
工法 木造軸組

広々としたバルコニーが印象的な外観デザインです。

ガラス手すりと白とグレーの外壁を合わせて、気品のあるスタイリッシュなデザインに仕上げています。

坪単価はなんと38万円という安さですが、こだわりを感じさせる魅力的な佇まいですよね。

内装・イメージ

注文住宅40坪建て替え 注文住宅40坪建て替え

リビングに設けられた開放的な窓からは、明るい陽射しがたっぷりと差し込んでいます。白い天井と内壁を採用することで、スーッと伸びる空間は広々と開放的に感じられます。

キッチンからはリビングダイニング全体が見渡せるため、家事をしながらでも家族とコミュニケーションが取りやすいという魅力があります。

間取り図

注文住宅40坪建て替え間取り 注文住宅40坪建て替え間取り

出典:https://www.hirosima.co.jp/

リビングは縦長に伸びた23畳の広々とした空間。リビング収納とデスクスペースも設置して、使いやすさを重視しています。

和室はリビングとの繋がりを意識して洋風和室を採用。収納は押し入れではなくクローゼットにすることで、子ども部屋や寝室として使うにも便利な仕様になっています。

また、特徴的なのは収納の多さと家事のしやすい間取り設計です。各部屋には十分な収納を設置。

2階のウォークインクローゼットは2ヶ所に扉を設置することで、衣類を出し入れしやすいデザインにしています。

バルコニー横と1階の洗濯機置き場には、室内物干しを設置。

さらに、キッチンと洗面台にはちょっとした作業スペースを設置することで、家事がしやすい工夫をしています。

家事と子育てに忙しいお母さんにとっては、とても嬉しい設備ですよね。

注文住宅相場40坪
注文住宅相場40坪はいくら?費用や間取り事例を紹介40坪の注文住宅の相場がいくらぐらいなのか気になる方は多くみられます。一般的な大きさの住宅になるので、相場は気になるものですよね ...

40坪で注文住宅を建て替える方の注意点

建て替えを行う際に、注意したい点や損をしない業者の選び方をまとめました。満足できる注文住宅を完成させるためにも、しっかりチェックしておきましょう。

解体業者は必ず比較する

解体業者は必ず数社を比較してから決めましょう。

残念ながら、悪徳業者と呼ばれる解体業者も少なからず存在します。見積もりを依頼し、不当な費用はないか、価格差が大きくないかを見比べ、堅実な解体業者を選びましょう。

主な解体費用は以下のような項目があります。

解体費用の主な項目
  • 仮設工事費(仮囲い・養生・足場設置など)
  • 重機運搬費
  • 人件費
  • 内装解体費
  • 屋根解体費
  • 庭の木などの伐採費
  • 基礎撤去費
  • 廃棄物処理費
  • 交通要員費 など

これらの費用は、解体業者が重機を保有しているかレンタルかによっても異なりますし、家の構造や庭の広さによっても大きく変わってきます。

また、解体業者による防音対策の対応やご近所トラブルへの対応もしっかり見比べておきましょう。

ハウスメーカーや工務店は相見積もりをする

注文住宅相見積もり

次に新築住宅を建てる場合に依頼するハウスメーカーや工務店を選ぶ際のポイントです。日本には数多くのハウスメーカーが存在します。

どのメーカーがいいのか迷ってしまいますが、理想は「コストが安く品質がいい」ハウスメーカーを選びたいですよね。

優秀なハウスメーカーを選ぶには「相見積もり」が重要です。相見積もりとは、数社に見積もりを依頼し、それぞれ見比べてみること。

見積もりの価格や項目はハウスメーカーごとに大きく異なりますので、しっかりチェックしておきましょう。

特に、採用される設備の数やその価格には目を光らせてみましょう。同じような仕様なのに、価格が数千万も違うことが少なくありません。

注文住宅見積もり
【注文住宅の資料請求】723万円安くした失敗・後悔しない家づくりの裏技家づくりは一生の買い物です。念願の夢のマイホームにワクワクしていませんか? しかし注文住宅は、業者の選びや打ち合わせなどがとても難しいで...

一括資料請求サービスを上手に活用しよう

パンフレット

「何社も見積もり依頼するのは時間がかかる」「いちいち資料請求するのは面倒くさい」そんな風に思っていませんか?

確かに、業者選びの時点で時間をかけていては、完成までに多くの時間が過ぎてしまいます。

そこでおすすめなのは、一括資料請求サービスです。たった3分の入力だけで、複数社へ一括で見積もりを依頼できます。

難しい記入は一切必要なく、業者選びも簡単。全国のハウスメーカーや工務店が多く登録しているため、面倒な情報集めも必要ありません。

タウンライフ600社

相見積もりは最低でも3~5社ほど依頼することが理想です。

良さそうな業者が見つかれば、そのまま本格的に相談を進めることもできるため、効率的に家づくりができることも魅力です。

まとめ

家の建て替えは、新築住宅を買うよりも多くの労力とコストがかかります。だからこそ、効率良くスピーディに家づくりを進めることが重要になってきます。

最近では、ハウスメーカーや工務店の仲介をしてくれるポータルサイトが多くあります。

業者とユーザーの橋渡しをしてもらうことで、よりスムーズに家づくりができるようになってきました。

「タウンライフ家づくり」には、600社以上のハウスメーカーや工務店などの注文住宅会社が登録しています。

その中から最適な業者を見つけることができ、一括資料請求や一括見積が可能。すべて無料で利用できます。

また、タウンライフ家づくりは、利用満足度NO.1、使いやすいさNO.1、紹介したいサイトNO.1に輝いています。満足できる家づくりのためにもぜひ使ってみてくださいね。

注文住宅を723万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る