家の建て替え

家を建て替える費用は1500万円で足りるのか:安く立て直す方法とは

建て替え費用1500万円

家族が増えた、子どもが大きくなったなどの理由で建て替えが必要になったとき、気になるのがやはり費用面ではないでしょうか。

建て替えは注文住宅になるので、価格は気になるものです。

多くの方は「建て替え費用を少しでも安く」「1,000万円~2,000万円の間で」といった希望を持っています。

できるだけ安く建てたいものですよね。

そこで今回は、この2つの疑問をさまざまな角度から解説します。

家の建て替えにかかる費用はどれくらい必要になるのか?

1,500万円での建て替えは可能なのか?

1,500万円という価格帯で建て替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

家の建て替え費用は1,500万円で可能なのか?

結論から述べると、家の建て替えは1,500万でも十分に可能です。

ただし、これはすべての家が1,500万円で建て替えができるというわけではありません。

住宅の建設にかかる費用というのは居住地域、建物のグレードなどによって大きく変わってきます。

また、建て替えは建物の建設費以外にも住宅ローンの手数料や税金などの諸費用が発生します。

1,500万円で建て替えを希望する場合は、これら建物本体以外にかかる費用のことも考慮しておかなければなりません。

家の建て替えにかかる費用は約250万円

建て替えを行う場合、建設費用(本体工事)以外にかかる費用は約250万円ほど必要といわれています。内訳および費用相場は以下のとおりです。

解体工事費用:1坪3~4万円

構造 坪単価
木造住宅 3~4万円
鉄骨造 4~5万円
鉄筋コンクリート造 6~7万円

建て替えは既存住宅を取り壊すところから始めますので、その解体にかかる費用が解体工事費として発生します。

足場や養生、重機のレンタル費用などが主な内訳となり、費用相場は1坪3~4万円ほどです。一例として30坪の住宅にかかる解体費用は以下のとおり。

30坪(建坪) × 4万円(1坪当たりの解体費用)= 120万円(解体費用)

なお、解体工事にかかる費用は家の構造によっても変わります。一般的に木造住宅、鉄骨住宅、鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)の順で解体費用が高くなります。

引っ越し費用:約20~40万円

家族
家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上
~15km未満
(市区町村内)
平均80,527 平均93,593 平均116,398 平均138,115
~50km未満
(都道府県内)
平均81,822 平均103,078 平均114,283 平均122,071
~200km未満
(同一地方内)
平均105,918 平均138,112 平均151,298 平均120,111
~500km未満
(近隣地方)
平均114,905 平均177,000 平均183,241 平均318,571
500km~
(長距離)
平均148,949 平均185,867 平均205,932 平均257,122

出典:価格ドットコム

建て替えを行う場合は、解体工事から引き渡しまでの期間、仮住まいの家に移る必要があります。

この仮住まいの住宅に移動する費用が、引っ越し費用として発生することになります。建て替えの際に伴う引っ越し費用の相場は約20~40万円ほどです。

建て替えの場合2回行います。仮住まいする場所は近場になりますので、15㎞以内の価格表を参考にしてください。

ただ、こちらの費用はあくまでも相場であり、荷物の量、旧居から仮住まい物件までの距離、引っ越し時期(業者の繁忙期など)によって料金が大きく変動します。

また、この引っ越しのタイミングで不用品の処分を行う場合は、別途不用品回収業者への依頼料や処分費用もかかってきますので覚えておきましょう。

仮住まいの家賃:月8万円

項目 費用
仮住まい家賃 8万円 × 8カ月分 = 64万円
敷金 8万円 × 2カ月分 = 16万円
礼金 8万円 × 1カ月分 = 8万円
総額 88万円

当然のことですが、仮で生活する家にも家賃が発生しますから、この分の費用も捻出する必要があります。

また、家を借りるには家賃以外にも敷金、礼金などの費用も発生。

建て替えに必要とする期間は概ね6ヶ月~8ヶ月です。以下に建て替え期間8ヶ月、仮住まい物件の家賃8万円で必要になる費用を記載しましたのでご覧ください。

一般的に敷金、礼金は「家賃×1ヶ月、2ヶ月分」ほどが相場といわれています。

また敷金、礼金以外にも不動産会社に支払う仲介手数料、カギの交換費用、駐車場代(物件による)も発生しますので、初期費用の詳細などは事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

1500万円でも諸費用を込みにするかどうかで変わる

家の建て替えを行うときは「諸費用を込みにするのか?しないのか?」によって、建設費用の予算も変わってきます。

諸費用が込みの場合は建設費は1,250万円

家の建て替えにかかる総額費用を1,500万円以内に抑えたい場合は、建物本体にかかる建設費用の予算を1,250万円に抑えておく必要があります。

残りの250万円は、先ほどご紹介した解体工事費用、引っ越し費用、仮住まいの家賃などの諸経費として残しておかなければなりません。

上記以外にも司法書士に支払う報酬(登録免許など)、固定資産税(前住居よりも増える場合もあれば、減る場合もあり)、消費税といった費用が発生します。

そのため、建て替えにかかる諸費用約250万円というのは、あくまでも目安額として把握しておきましょう。

なお、1,500万円諸費用込みでローンを組んだ場合の月々返済額、総返済額は以下のようになります。

月々の返済額 総返済額
変動金利0.5% 32,448円 13,628,003円
固定金利1% 35,285円 14,819,805円

※元利均等ボーナス払いなし35年ローン

建て替えにかかる費用が別の場合は1,750万円

建て替えにかかる250万円を「別途」で計算した場合、1,500万円の予算はすべて建設費用に注ぎ込むことができます。

ただし、諸費用別で建て替えを行う場合はコミコミ価格よりも高額な費用が発生することを把握しておかなければなりません。

今回のケースですと諸費用250万円、建設費1,500万円となりますから、建て替えにかかる総額費用は1,750万円となります。

諸経費を別で建て替えを行う場合の返済例は以下のとおりです。

月々の返済額 総返済額
変動金利0.5% 45,427円 19,079,312円
固定金利1% 49,399円 20,747,835円

※元利均等ボーナス払いなし35年ローン

【新築】土地あり1000万円の注文住宅・家を建てられるのか?間取りや安く買うコツ新築の家を「1,000万円で建てることができるのか」という相談は多く受けます。家賃を支払い続けるのももったいないですよね。どうせなら一戸...

1500万円で家を建てる際に参考にしたい事例

多くの方は建て替えを行う際、事前に予算を決めておいても「どれぐらいのグレードなら予算内に収まるのか?」「どのようなプランがあるのか?」ということを知りません。

そこで、ここでは1,500万円の予算で建て替え可能な物件事例をいくつかご紹介します。

1,229万円新築平屋:23坪3LDK

新築平屋1000万円23坪

出典:アイパッソの家

予算1,500万円でも、家族3人~4人が住むのに適した3LDK住宅に建て替えることは可能です。特にこの事例でポイントになるのが平屋住宅ということです。

一般的に平屋住宅というのは、広い敷地面積が必要になったり、基礎や屋根部分が大きくなったりしますので、通常の2階建て物件よりも価格が高くなる傾向にあります。

しかし、住宅会社選びなどを間違えなければ、予算1,500万円でも平屋住宅への建て替えは十分に可能です。

3LDKの間取り

新築一戸建て平屋ローコスト間取り

出典:アイパッソの家

3LDK規模としては決してインパクトのある大きさではありませんが、その分リビングルームから洗面所、浴室までの距離が短いなど、暮らしやすい設計になっているのが魅力的です。

洗濯物を干すために2階に移動する必要もないため、年配者などがいる家庭にはおすすめのプランといえるでしょう。

35.76坪:1,500~2,000万円のスタイリッシュな家

2000万円の家

ホワイトで統一されたスタイリッシュな外観は、1,000万円台と抑えられた価格でも古臭さを感じることはありません。

リビング天井に約7mの吹き抜けを設けており、開放的な空間を実現しています。

間取り

出典:アキュラホーム

こちらの住宅は外観だけではなく、フローリングや壁などもすべて白で統一されています。

家族が毎日顔を合わせられるように、階段はリビングに設置されているのがポイントです。収納力も抜群で3人家族、4人家族にはぴったりな設計です。

41.44坪:1,500~2,000万円のスケルトン階段のある家

 

2000万円の家

白を基調とした外観は、シンプルでありながら飽きがこない佇まいです。

延床面積41.44坪で、将来的に子どもが大きくなったり、家族が増えたりしても問題がない設計になっています。

こちらの住宅にはグッドデザイン賞を受賞したスケルトン階段が設置されています。

間取り

出典:アキュラホーム

開放的なデザインを実現できるスケルトン階段は、リビングルームのインテリアとしても機能します。

住宅の使い勝手の良し悪しを決める動線計画も、このスケルトン階段を中心に回遊できるように設計されているのがポイントです。

建築家1000万円の家を建てる
1000万円の建築家の家を建てる!予算を抑えつつもこだわりった注文住宅1,000万円で建築家の家を建てたい方は、価格を抑えつつもこだわりたい家を建てるようにしましょう。 建築家に依頼すると設計料が10...

安く立て直す費用を抑えるコツ

家の建て替えを行うときは、誰しもができるだけ費用を抑えたいと願います。具体的に建て替えに伴う費用を節約する方法などはあるのでしょうか?

ここでは、家の建て替え費用を抑えるコツを3つまとめましたのでご覧ください。

ローコスト住宅に依頼する

ローコスト住宅

ローコスト住宅とは文字通り坪単価などが抑えられた住宅のことです。

ローコスト住宅は比較的グレードの低い素材を使用したり、人件費や広告宣伝費を抑えたりすることで低価格を実現しています。

グレードの高い設備は不要、必要最低限の安全性が確保された家であれば問題ないという方は、ローコスト住宅の建設を得意とするハウスメーカーなどを探すとよいでしょう。

相見積もりを利用して価格を比較する

希望に近いプランや予算で建て替えをするなら、複数業者に見積もりをとる相見積もりも検討しておきましょう。

というのも、住宅というのは同じ規模同じ間取りであっても施工業者によって料金が大きく異なるからです。

住宅会社によって建て替え費用が異なるのは、人件費、広告宣伝費などにかけている金額が異なるためです。

複数の業者に見積もりをとることで、大体の相場価格も把握できます。ぼったくり価格で騙されるといった心配もありません。

住宅会社によっては「基礎工事は別途費用が必要」「小窓の数○○個以上はオプション料金が発生」ということもあります。

そのため、提示された料金の内訳などをしっかりと確認しておくことも大切です。

一括資料請求サービスを利用して情報を集める

パンフレット

ハウスメーカーや住宅会社選びを行うときにカタログなどを参考にする方も多いです。

しかし、このカタログをもらうにはわざわざ各ハウスメーカー、住宅会社に足を運ぶ必要があるため、手間と時間を要します。この悩みを解消できるのが一括資料請求サービスです。

一括資料請求サービスは3分ほどの入力作業で、全国の優良施工業者の資料を取り寄せることができます。

カタログには間取り、プラン、グレードなど家づくりに関する内容が掲載されていますので、知識がない方でも施工業者選びに役立てることができるでしょう。

平屋4LDKアイキャッチ
【平屋新築の価格と相場】超ローコスト住宅1000万円で建てる注文住宅平屋の注文住宅を建てる上で、気になるのが価格や相場になるのではないでしょうか。注文住宅は、プランにや施工会社によって価格がります。 ...

まとめ

一般的に家を建てると聞くと2,000万円、3,000万円といった価格をイメージしがちです。

しかし、施工業者選びや間取り、設備の工夫などを施すことで1,000万円台でも優れた住宅を建てることは十分に可能です。

1,500万円での建て替えを希望する方は、優良施工業者探しに時間をかけて、失敗のない家づくりを実現しましょう。

注文住宅を723万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る