リフォーム・リノベーション

マンションリフォームの費用と相場:種類別の値段とポイント

マンションリフォーム

マンションをリフォームする際には、かかる費用など、事前に知っておいたほうがいい情報がいくつもあります。相場がわかれば、予算の目安になったり、良い工事が行えたりするからです。

ただ、マンションのリフォームは珍しいため、費用などについて詳しくない方がほとんどです。

そこで、このページではマンションリフォームの費用と相場を種類別で紹介します。マンション全体のリノベーション(大規模リフォーム)はもちろんのこと、水回りやリビングなどのリフォーム費用をお伝えします。

これを参考にすれば、あなたが行いたいマンションリフォームの費用の相場がわかるのではないでしょうか。

1.マンションリフォームの費用の相場

一般的に、マンションのリフォーム費用は、100~200万円が相場になります。

ただ、マンションのリフォームの相場は、小規模の工事ならば50万円以下で行えます。しかし、マンション全体をリノベーション(リフォーム)すると、費用は1,000万円程度かかります。

つまり、マンションのリフォームは行う工事内容によって費用が異なるのです。

1-1.リフォーム費用は種類や条件によって変わる

あなたが行う予定のリフォームの種類や条件によって、値段の目安は変わってきます。

マンションが古いほど直す箇所が多くなるため、値段は高くなりやすく、構造によっても値段は変化するからです。リフォームしにくければ、その分手間暇がかかり、費用は高くなります。

また、同じお風呂のリフォームでも、デザインや素材にこだわればその分費用は高くなります。材料自体の仕入れ価格が高くなるからです。

マンションのリフォームの費用は、条件や種類によって変わるため、「一概にいくらかかる」とはいうことはできません。したがって、あくまでも目安程度に捉えるようにしてください。

そこで、次項からはマンションのリフォームの種類別の費用を順番に紹介していきます。

あなたが行う予定のマンションリフォームと同じ内容の工事価格を参考にすれば、おおよその目安となる金額がわかるのではないでしょうか。これを参考にして予算やプランを考えてください。

2-1.マンションの全面改装・リノベーション費用の相場と特徴

マンションリノベーション

マンションをリノベーション(大規模リフォーム)する場合、1,000万円程度の費用が必要です。リビングやお風呂などすべての部屋や水回りなど家全体をリノベーションする場合の価格です。

マンション全体をリノベーションする場合、おおよそ1,000万円程度の費用が必要になることを覚えておきましょう。

2-1-1.中古マンションを購入してリノベーションするとお得

中古マンションを購入して、リノベーションすると、新築で買うよりも費用を抑えられます。中古物件を安く購入して新しくリノベーションすると、同じような間取りの新築よりも値段が抑えられるケースが多いのです。

たとえば、新築マンションが3,000万円だと仮定します。一方、中古マンションを購入してリノベーションする場合、以下のような値段になります。

1,000万円(中古マンションの購入価格) + 1,000万円(リノベーション費用) = 2,000万円(中古マンションをリノベーションする場合の費用)

中古マンションを購入してリノベーションする場合、新築に比べて値段を抑えられるのです。新築でなくても、夢のマイホームはを手に入れるためには、中古物件を賢くお得にリノベーションするのも1つの方法と言えます。

2-1-2.中古物件でしか得られないメリット

新築物件では得られないメリットが、中古物件にはあります。都市部などの立地のいい場所に住めたり、あなた好みの間取りを決められたりするからです。

一般的に新築マンションは、駅に近いなどの交通の便がいい場所だと値段は高くなります。また、すでに建設済みのため、間取りをあなたが決めることはできません。

しかし、中古マンションは、価格的に新築では手が届かない地域で購入することが可能です。また、間取りや内装も決められるため、あなた好みの仕様にできます。

新築では得られないメリットがたくさんあるため、中古マンションのリノベーションを行い、あなたの理想のマンションをお得に手に入れましょう。

2-2.マンションのキッチンリフォーム費用の相場と特徴

システムキッチンとは

マンションのキッチンリフォームの費用は、100~200万円が相場になります。元々あるキッチンを撤去して配管を増設したり移動したりするため、工事が大規模になりやすいからです。

キッチンを新しくリフォームすると、100万円程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

ただし、キッチンにはいくつかの種類があります。グレードの高いものを選ぶと費用は300万円を超える可能性があります。そのため、予算とのバランスを考えてプランを決定してください。

2-2-1.対面式オープンキッチンのリフォーム

キッチンが対面式ではない場合は、ぜひリフォームをしましょう。対面式のキッチンだとリビングを見渡しながら調理や後片付けが行えるため、家族とコミュニケーションを取ることができます。

壁付けキッチンで作業すると、どうしても一人の空間になりがちです。そのため、どこか寂しいと感じてしまうのではないでしょうか。

しかし、対面式キッチンであれば、家族と会話をしながら家事が行えます。もし、これから壁付キッチンのリフォームを検討しているのであれば、この際対面式キッチンにして家族と楽しく晩御飯を作りましょう。

2-3.マンションのお風呂・浴室リフォーム費用の相場と特徴

お風呂リフォーム

マンションのお風呂・浴室のリフォームの費用は、100~150万円が平均的な相場になります。ユニットバスの入れ替えを検討しているのであれば、この金額が必要になることを覚えておきましょう。

ただ、ユニットバスの入れ替えのリフォームは、商品のグレードによって値段が変わります。いいものにすれば、快適性は増します。

しかし、その分値段が高くなるため、予算とのバランスを考えてユニットバスを選ぶようにしてください。

とはいえ、お風呂は毎日利用します。日々の疲れをリフレッシュさせるために、とても重要なスペースです。したがって、お風呂のリフォームにお金をかけることは、今後の生活を考えると決して高い金額ではありません。

ユニットバスを入れ替えるリフォームを行い、新しくなった浴槽で毎日の疲れを洗い流しましょう。

2-3-1.浴室暖房乾燥機のリフォーム

浴室暖房乾燥機がついているものにすると、雨の日の洗濯物を干す場所に困らなくてすみます。

お風呂は水を使うため、どうしても湿度が高くなりやすい場所です。そのため、暖房乾燥機を取り付けると、お風呂場の湿気対策が行えます。

また、価格は15万円程度で行えるので、せっかくリフォームするのであれば、浴室暖房乾燥機を設置しても良いのではないでしょうか。

2-4.マンションのトイレリフォーム費用の相場と特徴

マンショントイレリフォーム

マンションのトイレをリフォームする場合、40万円程度の費用がかかります。これからリフォームする方は、この値段を目安にすると良いでしょう。

トイレのリフォームの中でも多いのが、便器を交換する工事です。

たとえば、タンク付きのものをタンクレスにする場合などがあります。つまり、これらの工事を行うと40万円程度かかるのです。また、トイレはグレードが高いものを選ぶと値段はその分高くなります。

いいものにしたい気持ちはわかりますが、値段が高くなりすぎないようにプランを決めるようにしてください。

2-4-1.機能性の高いトイレにリフォームする

また、最新モデルの場合、水を溜めるタンクがないのはもちろんのこと、自動で便座が開閉したり、消臭機能が付いていたりします。

トイレのリフォームを検討しているのであれば、これらの機能が付いたものにするとより快適に生活できます。お風呂同様に、トイレも家族が毎日使用するため、いいものにするとその後の生活が快適になるのです。

せっかくトイレのリフォームを行うのであれば、機能性の良いものを選んで満足のいく工事にしましょう。

2-5.マンションの洗面所のリフォーム費用の相場と特徴

洗面所・洗面台リフォーム

洗面所のリフォームの費用は、20~30万円が平均的な相場になります。洗面台の交換や壁紙の張替えなどを行うと、この程度の費用が必要です。工事内容の内訳は、洗面台が10万円、内装が5万円になります。そして、さらに施工費用が加わり、15万円の計30万円です。

ただ、洗面所は、商品自体が高機能のものやグレードの良いものだとその分費用は高額になります。したがって、予算とのバランスを考えて、高すぎてしまうことのないプランを考えましょう。

2-5-1.洗面化粧室として使う

洗面台では、男性の方は髪を整えたり、女性の方はメイクをしたりするため、清潔感が求められる空間になります。きれいな状態を保たなければいけません。

また、女性の方で化粧をするのであれば、自然色に近い色の照明にしましょう。

照明が暗いと外に出てみたら思っていた色と違うということになりかねません。そのため、お化粧をされる方は、洗面台の照明を気にするようにしてください。

きれいな洗面所でメイクすれば、きっとお化粧の仕上がりも違うのではないでしょうか。洗面台を新しくして、毎日美しくなりましょう。

2-5-2.脱衣所として使う

洗面所を脱衣所として使う場合、プライバシーに気を付けるようにしてください。あまり開放的にしすぎると、覗かれる危険性があるからです。

たとえば、来客時などです。異性に見られるとトラブルの原因にもなるため、脱衣所として利用するのであれば、それを想定したプランでリフォームしてください。

2-6.マンションのリビング・ダイニングリフォーム費用の相場

リビングリフォーム

マンションのリビング・ダイニングのリフォーム費用は、100~200万円が相場になります。間取りの変更や床材の張替えなど、工事が大規模になるからです。

そして、リビングのリフォームを行う際は、床材や壁紙の種類を気にするようにしましょう。フローリングやクロス(壁紙)には、多くの種類があり、それぞれ特徴が異なるからです。

たとえば、無垢(丸太から切り出した木材)のフローリングだと、天然素材ならではの匂いや雰囲気が魅力的といえます。また、壁紙も水拭きを行うだけで手入れができてしまうビニールクロスなどが人気です。

床や壁紙の色が変わると、部屋のイメージはガラッと変わります。せっかくリフォームするのであれば、あなた好みの色や仕様に模様替えしましょう。

このように、床材や壁紙などはたくさんの種類があるため、あなたが行うリフォームに適したものを選ぶと納得のいく工事になるはずです。

3.マンションリフォーム時の注意点

中古マンションを購入してリノベーションする場合、いくつか注意点があります。これを知らずにリフォームすると後々トラブルの原因になる可能性があるのです。

ここでは、マンションのリノベーションの注意点を紹介します。以下のポイントを抑え、後悔のないリフォームにしましょう。

3-1.管理組合への届け出の必要性

分譲マンションであったとしてもマンションは、集合住宅になるため、リフォームする場合は、管理組合に届け出をしなければいけません。

マンションの管理組合ごとに、細かい部分が異なるからです。

たとえば、クロスの張替えのような小規模リフォームなども含め、種類を問わずすべてのリフォームにおいて、確認しなければいけないところがあります。また、大規模リフォームの場合のみ届け出が必要になるマンションもあります。

つまり、リフォームの内容にかかわらず、マンションごとに届け出の条件が異なるのです。したがって、リフォームを検討している方は、あらかじめ管理組合に問い合わせてみましょう。

3-2.フローリングの防音性に注意する

フローリングをリフォームする際、防音性に注意しなければいけません。マンションは、集合住宅になるため、隣や下の階の人に気をつかわなければいけないからです。

たとえば、フローリング材には防音性があり、マンションによって規定があります。そのため、この規定の範囲内で防音性のあるフローリング材にしないと、下の階に振動や音が伝わると迷惑になる可能性があるのです。

また、最悪の場合、トラブルの原因になりかねません。

せっかくリフォームしたのにも関わらず、近所の人たちとトラブルになってしまっては、新居での生活が台無しになってしまいます。これらのトラブルなどを防ぐためには、防音性に気を付けた床材にしなければいけません。

したがって、マンションのフローリングを選ぶ際は、遮音性能(音をどのくらい遮断できるのかを表す数値)に気をつけましょう。

3-3.リフォーム前に近隣住民に挨拶をする

マンションのリフォームで大規模な工事になる場合、近隣住民に挨拶をするようにしてください。壁や床を解体する工事の場合、物音が下の階に響くからです。

もし、あなたの上の階に住んでいる人が、何も挨拶なしにリフォームを行い、数週間の間騒音が聞こえたのであれば、不快に思うのではないでしょうか。そのため、必ず近隣の方に挨拶回りをするようにしてください。

それが、マンションで円満にリフォームを行うコツです。

3-4.大規模修繕と重ならないようにリフォームする

マンションをリフォームする際、大規模修繕(外壁塗装など)と重ならないようにしましょう。あなたのリフォームがこの時期と重なってしまうと、施工業者の作業車などを止めるスペースなどがない可能性があります。

あなたのリフォームがスムーズに進まない場合も考えられるため、マンションの大規模リフォームの時期とは重ならないよう予定を考えましょう。

4.リフォームは工務店の良し悪しが出やすい

リフォームの場合、新築とは異なるため、腕の良い工務店とそうではない施工業者との違いが明らかです。新築の場合は、これから新しくすべてを作ります。工程や施工の順番などを効率よく決められるため、スムーズに施工ができるのです。

しかし、リフォームの場合だと、既存の建物を活かして工事を行います。

たとえば、リフォーム時にどうしても動かしたい柱や配管などがあった場合、それをそのまま活かして工事を行わなければいけません。

その柱や配管を移動させると、その分費用が高額になるからです。そのため、ほとんどの場合が、そのまま現場の判断で工事を行います。

リフォームは業者の良し悪しが出るため、できるだけ実績の豊富な工務店に依頼しましょう。

4-1.工事の良し悪しは現場の判断で決まる

いくら設計図やプランが正確だとしても、工事を行ってみてから気づくことは多いです。新築とは異なり、リフォームの場合、なかなか想定通りにはなりません。

先ほど述べたように、工事をしてみて動かせないものがあったり、現場の判断でうまく施工しなければいけなかったりするからです。

このとき、優良な工務店であれば上手に工事を行ってくれます。リフォームは新築とは異なり、施工業者の良し悪しが工事の質に直結しやすいといえるのです。

そのため、より良い工事を行ってくれる工務店に依頼するようにしてください。

4-2.リフォームの実績が多い工務店に依頼する

前述の通り、リフォームは新築と比べて施工する業者によって、仕上がりが変わってきます。そのため、リフォームの実績が多い工務店に工事を依頼するようにしてください。

過去の実績が確かなものであれば、あなたのリフォーム工事を依頼しても納得のいく施工を行ってもらえるはずです。

このとき、実際に工事を行った方に感想を聞いてみても良いでしょう。業者は伝えてくれない詳しい話を聞けるのではないでしょうか。

納得のいく工事を行うためには、できるだけ実績が多い優良工務店に工事を依頼してください。

まとめ

マンションのリフォームは、一戸建てとは条件が異なります。集合住宅になるため、近隣に迷惑がかかったり、条件が限られたりするからです。

せっかくリフォームするのであれば、納得のいく工事を行いたいものです。より良いリフォームを行うためには、マンションならではのポイントを抑えてプランを決めるようにしてください。

リフォームの費用を簡単に300万円も安くする裏技

リフォームは、300万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

300万円以上安くリフォームをお得にする方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る