【1500万円の家を建てる】ローコストで注文住宅を買うコツ

1500万円の家

「1,500万円で家を建てたい」方は多く見られます。家の値段は高いため、少しでも安くしたいですよね。

また、高い家だとローンの審査が通らなかったり支払いが大変だったりします。無理に注文住宅を購入しても、家を買った後の生活が苦しかったら意味がありません。

家を買っても生活に余裕を持たせたいですよね。

このページでは、1,500万円で注文住宅を建てたい方のために失敗しない秘訣をアドバイスします。一生に一度の高価な買い物だからこそ、納得のいくマイホームを手に入れましょう。

注文住宅は予算1,500万円で建てられるのか

そもそも「1,500万円で注文住宅を建てられるのか」疑問に思う方もいるのではないでしょうか。注文住宅と聞くと、安くても2,000万円ぐらいするのが一般的な基準です。

しかし、ローコストハウスメーカーと呼ばれる会社が多くいるため、1,500万円で家を購入できます。また、さらに安い1,000万円、500万円でも注文住宅が購入できるため、とても安く家を建てられる時代になりました。

1,500万円あれば十分に注文住宅を購入できるため、安くて良い家を建てるようにしましょう。

さらに安い注文住宅を購入する場合、「【激安新築500万円の家】超ローコストで注文住宅を建てる」「ローコスト住宅【安い注文住宅】1000万円以下で建てる方法」の記事で詳しく解説しています。

安く家を建てたい方は、こちらの記事にも目を通しておくようにしましょう。

1,500万円の家を建てるメリット

1,500万円で家を建てるとさまざまなメリットがあります。安いということは、多くのメリットがあるのです。

1,500万円で家を建てると以下のようなメリットがあります。

  • ローンの審査に通りやすくなる
  • 20代でも新築一戸建てが買える
  • 建売ではなく注文住宅が買える
  • 月々の返済額が少ない
  • 生活に余裕が生まれる

1,500万円で家を建てるとこのようなメリットがあります。安く家を建てられる以外にもメリットがあるので、ご紹介します。

ローンの審査に通りやすくなる

1,500万円の家であればローンの審査に通りやすいです。一般的に年収の6倍が住宅の購入費用の目安とされていますので、年収300万円の方でも1,500万円の家を購入できます。

年収の低い方でも夢のマイホームを建てられます。家の値段が安いとローンの審査に通りやすいです。

ローンの審査に通らない方は、1,500万円で買える注文住宅を建設してみてはいかがでしょうか。

20代でも新築一戸建てが買える

ローンの審査に通りやすいと説明しましたが、借入金額が少ないと20代でも注文住宅を購入できます。

20代は年収がそこまで高くないため、住宅を購入するのは難しいのではないでしょうか。

しかし、1,500万円の家であれば若い20代の方でも注文住宅が購入できます。早くローンを組めば、完済する年齢も若いです。

一般的に35年ローン住宅ローンを組むので、ローンを組む年齢と完済の年齢は以下の表のようになります。

借り入れ年齢 完済年齢
20歳 55歳
25歳 60歳
30歳 65歳

65歳が定年になるので、65歳までに住宅ローンを完済する場合30歳で住宅を購入しなければいけません。

働いている間に住宅ローンを完済したいのであれば、20代で家を購入しましょう。

建売ではなく注文住宅が買える

1,500万円という価格で注文住宅が買えるのであれば、建売ではなく注文住宅を購入しますよね。建売は安いけれども仕様や間取りを選べません。

一方で、注文住宅であれば仕様や間取りを選べるものの、価格が高くてなかなか買えません。

しかし、1,500万円で注文住宅が買えるのであれば、仕様や間取りを選べるので注文住宅のほうがいいですよね。

1,500万円という価格でも注文住宅は購入できます。せっかく家を購入するのであれば、仕様や間取りを自由に選べ、あなたの住みたい家にできる注文住宅のほうがいいですよね。

月々の返済額が少ない

1,500万円で住宅ローンを組む場合、月々の返済額が少ないです。仮に、35年固定金利1.5%でボーナス払いなしで注文住宅を購入する場合、月々の返済額は45,927円になります。

これであれば賃貸に比べて安いので、家を購入したほうがお得ですよね。

また、土地がない場合は土地代がかかります。そのため、その分借入金額は高くなります。土地のない方がほとんどなので、建物本体の価格が安いと助かりますよね。

たとえば、土地の購入金額が1,000万円の場合、建物と土地を合わせた金額は2,500万円です。そのため、月々の返済額は76,546円になります。

また、土地代が2,000万円の場合は3,500万円になります。月々の返済額は、107,164円です。 

安い家は月々の返済額が少ないので「家が高くて買えない」という方は、1,500万円でコスパの良い注文住宅を購入しましょう。

生活に余裕が生まれる

ローンの返済額が少ないと生活に余裕が生まれます。注文住宅を購入する場合、無理をしてローンの返済をしている方は多く見られます。

注文住宅に憧れる気持ちはわかりますが、ローンの返済に追われるようでは苦しいだけですよね。注文住宅を無理して購入しても、生活に余裕がなければ意味がありません。

1,500万円の家であれば、月々の返済額も少なく余裕のある生活ができます。

家を購入してもローンの返済に追われることはありません。また、無理をして共働きをしなくてもすみます。貯金をしたり旅行に行ったりできるのではないでしょうか。

家を買っても家族が幸せに暮らせるためには、無理をせずに1,500万円ほどの家を購入するのがおすすめです。

1,500万円の家を建てられるハウスメーカー

1,500万円で家を建てられるハウスメーカーは以下の2つがあります。

  • ローコスト住宅メーカー
  • 大手ハウスメーカー

ローコストハウスメーカーはもちろんですが、大手ハウスメーカーでも1,500万円で家を購入できます。

具体的にどのような違いがあるのかをご紹介します。

ローコスト住宅メーカー

ローコスト住宅メーカーは、坪単価が40万円台の住宅メーカーのことです。代表的な会社は、タマホームやレオハウスがローコスト住宅を建てられるハウスメーカーになります。

ローコストハウスメーカーは、1,000万円台のローコスト住宅の建設を専門としているので、価格を抑えて家を建設するのが得意です。

注文住宅を購入する際、「値段重視」という方は、ローコストハウスメーカーに相談してみましょう。

ローコストハウスメーカーで1,500万円の家を建てたい方は、「安い注文住宅の建てられるローコストハウスメーカーランキング」の記事にも目を通しておきましょう。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーは、坪単価が50万円を超える一般的な住宅メーカーのことです。

積水ハウスやダイワハウスなどが挙げられます。このような大手ハウスメーカーでも価格を抑えるプランにすれば、1,500万円で家を建てられます。

プランによっては1,500万円を超えてしまう恐れがありますが、提案力などに優れているのであなたの理想の注文住宅を建設できます。

1,500万円で家を建てる場合は、ローコストハウスメーカーだけではなく大手ハウスメーカーにも相談してみるようにしましょう。

ローコスト住宅メーカーよりも良い家が建てられるかもしれません。

1,500万円の事例:間取りや価格

1,500万円の注文住宅の事例をご紹介します。どのような間取りや仕様で注文住宅を建設しているのか参考にしてみてください。

坪単価51万円の延床面積 97.73㎡の家

1500万円の家
本体価格帯 1,500万円~1,999万円
本体価格 1500万円
坪単価 51万円
延床面積 97.73m2
敷地面積 130.00m2
工法 2×4、2×6
竣工 2009年5月

出典:SUUMO

坪単価が51万円ですが、1,500万円で注文住宅が建てられる事例です。ローコストハウスメーカーであれば、さらに坪単価を押さえられるので安く家が購入できます。

家の大きさによって総額は変わりますが、坪単価が50万円ほどであれば1,500万円の家が買えます。

本体価格帯 ~1,499万円:延床面積 114.01㎡の3階建て

1500万円の家
本体価格帯 ~1,499万円
本体価格
坪単価
延床面積 114.01m2
敷地面積 61.87m2
工法 木造軸組 (木造軸組)
竣工 2012年3月

出典:SUUMO

1500万円以下の3階建ての注文住宅です。延べ床面積も114㎡になるので、十分な広さの注文住宅です。

1,500万円でこのような値段の家が買えるのであれば、夢は広がりますよね。

3階建てを検討している方でも、1500万円以下で注文住宅が購入できるので嬉しいですよね。低価格で利用のマイホームを購入しましょう。

1,500万円~1,999万円:延床面積 159.40㎡の6LDK

1500万円7LDKの家
本体価格帯 1,500万円~1,999万円
本体価格
坪単価
延床面積 159.40m2
敷地面積 160.26m2
工法 木造軸組
竣工 2011年3月

間取り図

1500万円の家間取り 1500万円の家

出典:SUUMO

1,500万円は超えてしまいますが、6LDKの大きな注文住宅です。一般的な2階建ての一戸建てが4LDKになるので、非常に大きな間取りになります。

1,500万円では購入できませんが、2,000万円以下で6LDKの家が購入できるのでコストパフォーマンスに優れた注文住宅です。

大きな家や間取りでも安く購入できるので、このような事例を参考にしてみてください。

1,500万円の注文住宅の評判・口コミ

予算1,500万円で家を建てる際、評判や口コミは気になるものです。そこで、実際に1,500万円で家を建てる方の評判・口コミをご紹介します。

Q.1500万で家を建てた方いますか?

気に入った土地があり、購入を考えています。
ただ、予算上家にかけられるのは1500万程度。
こんな低予算まともな家が建てられるのか、不安です。

床面積は100平米程度の2階建てを考えていますが、どこで頼むのが一番良いのでしょうか?

よく雑誌などで低予算で建てた家などが載っていますが、それを見る限りでは何とか建てられそうな気もするのですが‥。

先日あるメーカーで1500万の家キャンペーンをやっていましたが、今はやっていないようです。

実際建てた方、どこに頼みましたか?
そして、住み心地はどうですか?
何か気をつけることなどありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

YOMIURI ONLINEより引用

回答1.遅くなりましたが・・・

私もこれから家を建てようと思っている者です。
ある建築事務所に設計をお願いする予定でいます。

ローコストといっても、安ければいいというものではなくて、
かけるところにはかけて、安く抑えられるところは抑える、という、頭を使った設計・部材の工夫をしないと満足のいく家は建たないでしょう。

私の考えでは、同じくらいの予算の家をたくさん手がけている建築事務所を見つけて、設計をお願いするのが一番いいのではないかと思います。設計士の方とじっくり話して、実際のお宅を見せていただいた上で(できればクライアントの方からお話を聞いて)決めてはどうでしょうか。

HPを見て、メールでコンタクトという形で、思ったより気軽に相談できますよ。ただ、急いで家を、という方にはお勧めできませんが・・・。

YOMIURI ONLINEより引用

回答2.場所によりけりですよ

去年、従姉夫婦が栃木県の那須塩原に新築の家を買いました。3LDKで1500万円でした。豪華!というかんじではありませんが、なかなかモダンで綺麗なお家です。良く言えば「山奥で静かな環境」、悪く言えば「超田舎で不便」です。

私の伯母は神奈川県の厚木市で中古の2LKの住宅を1200万円で購入しました。いくら厚木とはいえ、交通の便は悪く、最寄の駅までバスで20分かかります。

大学時代の友人はサンフランシスコ郊外で8000万円の中古の家を買いました。一度遊びに行きましたが、見てびっくり。こんなに小さくて古い家(友よ、ゴメン!)が、8000万円もするの~!?とショックでした。やはり土地代でしょう。

YOMIURI ONLINEより引用

回答3.建ちますよ

●●林業などのいわゆるハウスメーカーで探すとその値段は難しいですが、工務店で建てると建ちますよ。必ずとはいえませんけどね。何か特殊な事情のある家とか制限のある地域に住んでおられる、などなら難しいでしょうが。

> 床面積は100?程度の2階建てを考えていますが
100坪ってことはないですよね。100?なら大丈夫ですよ。どこにたのむのがいいかは人それぞれです。大手がすべていいわけではないですが、
「大手で名前が通ってるところ」に安心を求めるのなら工務店は無理でしょう。芸術的、請ったデザインの家がいいのなら、工務店では満足できないかも。
ある本に載ってましたが分譲される一戸建ての70%は工務店が建ててるそうです。

色んな工務店を回ってみて、まず予算、建てたい家のプランや土地などを言ってみて相談するといいと思います。何件も回って相性を見たり、言ってることで判断したりするんです。

YOMIURI ONLINEより引用

回答4.うちは建ちました。

安普請と言われちゃうかも知れませんがうちは90平米の建物が
1500万以下で建ちました。立てたのは夫の友人で工務店を
経営してる人に頼みました。具体的には玄関ドアなどはモデル
ルームで使っていたものを再利用、壁紙は希望を聞かれましたが
高いものは似た柄で代用、など節約したみたいです。
4年目になりますが、不具合はありません。知人で工務店などの
知り合いはいらっしゃいませんか?
いい家が建つといいですね!

YOMIURI ONLINEより引用

回答5.我が家もローコスト住宅

1280万♪様と同じところかな?
我が家もフランチャイズのいわゆる「ローコスト住宅」というのを建てました。
同じく1280万ぐらいでした(笑)
延べ床面積ははっきりわからないけど、3LDKに4畳の納戸付きです。
LDKは16畳、あとは和室6畳、寝室8畳、子供部屋6.5畳です。
今のところ特に不便はないですよ。
坪50万しないぐらいだったと思います。
あまり他の家と比べたことはないので違いはわかりませんが、5千万円の実家と比べると豪華でないというか、安っぽい感じはします。
造りも吹き抜けもないし、流行のリビングイン階段でもないし、シンプルな造りです。
でも収入に見合った家だし、次世代に渡る予定はないので十分です。
地元工務店に頼むと、予算通りに造ってくれます。
うちが頼んだメーカーはある程度の予算が取れないと、造らないそうです。
うちの近所に予算1千万で、そのハウスメーカーに来られたそうですが、お断りしたそうです。
その方は地元工務店で建てていました。それなりの家です。
とにかくモデルハウスを見まくってじっくり検討してください♪

YOMIURI ONLINEより引用

1,500万円の家を建てる注意点

1,500万円で家を建てる場合、いくつかの注意点があります。限られた予算の中で家を建てるためには、これからお伝えするポイントに気をつけるようにしてください。

  • 必ず値引きをする
  • 相見積もりを取り比較する
  • 予算が限られているのでプランをよく考える
  • 資料請求で業者の情報を集める

これらの注意点があります。1,500万円で良い家を建てるためには、これからお伝えすることを参考にしましょう。

値引き交渉を必ずする

注文住宅を購入する際、必ず値引き交渉しましょう。10%ほど値引きしてくれるケースがあるからです。ほとんどの方が値引きをして家を建てているので、値引きしなければ損ですよね。

1,500万円の家で10%値引きされれば150万円安くなります。家の値段は高額なため、10%の値引きでも100万円単位になります。

値引きするだけで、150万円安くなるので必ず値引きはするようにしてください。

相見積もりを取り比較する

1,500万円の家を購入する場合、必ず見積もりを比較するようにしてください。

たとえ、1,500万円という価格の家でも見積もりを比較すれば、高い業者と安い業者がいるからです。

また、同じ1,500万円という金額でも仕様やデザイン、機能性などが変わってきます。せっかく注文住宅を建てるのであれば、安くて良い家を建ててくれる業者に依頼したいのが本音です。

注文住宅は定価がないため、必ず業者を比較するようにしてください。そうすれば、簡単に一番安くて良い家を建てられる業者がわかります。

コスパの良い住みやすい家を建てるようにしましょう。

予算が限られているのでプランをよく考える

1,500万円で家を建てる場合、予算が限られています。そのため、プランをよく考えるようにしてください。

オプションなどを付けたり、キッチンやお風呂のグレードをアップしたりすると予算オーバーになってしまう恐れがあります。そのため、お金をかける場所とかけない場所のメリハリを付けるようにしてください。

たとえば、外観はシンプルなものにしてコストを抑え、毎日使うキッチンなどの設備にお金をかけましょう。そうすれば、限られた予算の中で住みやすい家づくりが可能です。

1,500万円で家を建てる場合は、予算が限られているのでよく考えてプランを決定するようにしましょう。

資料請求で業者の情報を集める

1,500万円の予算で家を建てる場合は、まずは1,500万円で家を建てられる業者を探すようにしてください。

ただ、どこの業者が1,500万円で家が建てられるのかわからないのではないでしょうか。そのため、まずは資料請求をして業者の情報を集めましょう。

このとき、一括資料請求サービスがおすすめです。

一括資料請求サービスであれば、簡単に業者の資料を請求できるからです。たった1度の入力で複数社の業者の資料を請求できるのでおすすめです。

1社ごと業者のホームページで個人情報を入力するのは手間ですよね。5社の資料を請求する場合、5回個人情報を入力しなければいけません。

一方で、一括資料請求サービスの場合、1度の入力で5社の資料を請求できるので誰でも簡単にハウスメーカーの資料を請求できます。

まずは資料請求を行い、1,500万円で良い家を建ててくれる業者を探しましょう。

まとめ

予算1,500万円で家を建てることは十分に可能です。安く家を建てられるメーカーがあるからです。

せっかく家を建てるのであれば、間取りや場所を自由に選べる注文住宅がいいですよね。

安くても良い家が建てられるので、建売でなくても家を買うことができます。1,500万円でも住みやすい家が建てられます。

ただ、予算が限られているので気をつけるようにしてください。

1,500万円でも注文住宅は建てられます。このページでご紹介したことを参考にして、安くて良い家を建てましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

関連記事

頭金ゼロ

注文住宅の頭金:平均相場はいくら?0、なしでも建てられるのか

注文住宅いくらかかった

注文住宅の値段はいくらかかった?総額はいくらかかるの?

NO IMAGE

注文住宅の費用シュミレーションサイトまとめ:家を建てる費用を試算

持ち家

持ち家と賃貸をトータル比較!メリットデメリットは?

完全分離二世帯住宅間取り

注文住宅を予算2500万円で建てる方法は?建築事例は?

家を建てる値段、土地なし

家を建てる値段はいくら必要?土地なしの注文住宅の費用