ローコスト住宅

【激安新築500万円の家】超ローコストで注文住宅を建てる

500万円の家

「500万円の家が建てられるのか」という相談をするお客様は多く見られます。

注文住宅は1,000万円、2,000万円を超えるのが当たり前のため、「本当に500万円で家が買えるのか」気になる方はいるのではないでしょうか。

500万円で家が建てられるのであれば、新築の家を買いたいものですよね。

ただ、500万円の家を建てて「本当に大丈夫なのか」「手抜き工事にならないのか」という悩みや不安のある方は多いのではないでしょうか。安く家を建てても住みにくかったら意味がありません。

500万円で家を建てたい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。500万円で新築戸建てが建てられるのかがわかるはずです。

500万円で家を建てられるのか

500万円で新築の戸建ては建てられます。500万円のローコスト住宅を販売しているハウスメーカーがいるからです。

500万円で家が建てられるのであれば、家を買いたいと思う方もいるのではないでしょうか。賃貸アパートやマンションに住んでいる方は、毎月の家賃がもったいないと感じますよね。

そのまま家賃を支払い続けるのであれば、安い家を購入したほうがいいですよね。そうすれば、最終的にはあなたの財産になります。

500万円で家が建てられる事例

500万円家を建てられる出典:株式会社ヒラキハウジング

500万円で家を建てられます。

たとえば、この熊本のヒラキハウジングは、500万円で住宅を建設できるハウスメーカーの1つです。

「絶つんです500」という商品名の平屋を販売しています。

安いですが、間取りを変更できるのであなたの住みやすいようにキッチンやリビングの場所を選べます。500万円という価格でも自由に家を建てたい方におすすめです。

500万円の注文住宅の間取り

500万円の間取りをご紹介します。500万円の家はどのような間取りか気になりますよね。あまりにも狭い場合、生活しにくい恐れがあるからです。安くても生活できるのか不安ですよね。

そこで、500万円の注文住宅の間取りをご紹介します。

500万円の家間取り2LDKの間取りになります。500万円で家を建てる場合、コストを抑えるために平屋の家になります。

500万円で家を建てるのであれば、平屋で2LDKの間取りになります。もちろん、間取りを変更することは可能です。

ただ、部屋数を増やすとその分費用は高くなる恐れがあるので注意が必要です。

500万円の家のメリット

500万円の家は安いだけではありません。そのほかにもメリットがあります。これから500万円の家を購入する方は、メリットをよく理解しておきましょう。

  • ローンの返済が安い
  • 土地代にお金をかけられる
  • 生活に余裕が生まれる
  • 20代でも新築戸建てに住める

500万円で家を購入する場合、これらのメリットがあります。順を追ってご紹介します。

ローンの返済が安い

500万円で家を購入する場合、月々のローンの返済額が安いです。500万円の家を35年ローンで購入する場合、月々の返済額は15,309円になります。(35年ローン、固定金利1.5%でボーナス払いなし)

格安の賃貸物件と変わらない費用になります。この金額であれば、ローンを支払うよりも家を買ってしまったほうがいいですよね。

また、仮に土地代が1,000万円かかったとしても、土地と建物を合わせて1,500万円になります。

1,500万円の家の返済額は以下の通りです。(35年ローン、固定金利1.5%でボーナス払いなし)

月々の返済額 総返済額
45,927円 19,289,426円

土地を持っていない場合、土地を購入する費用がかかります。しかし、住宅の値段が安いため、土地を持っていない方でも安く注文住宅を購入できます。

家は欲しいけれども土地やお金がない方は、500万円の家を購入してみてはいかがでしょうか。

土地代にお金をかけられる

建物の値段が安いとその分、土地にお金をかけることができます。建物が安いので、良い土地を購入しても安く注文住宅が購入できるからです。

たとえば、土地代が2,500万円の場合でも3,000万円で家が買えます。この場合月々の返済額は91,855円になります。

いい立地の場所は土地代が高いです。

しかし、注文住宅は一生そこで生活しなければいけないため、高い土地代を支払ってでも理想の場所に住むのがおすすめです。

妥協せずに土地を選びましょう。せっかく住むのであれば、駅に近かったりスーパーや病院に近かったりしたほうがいいですよね。

生活に余裕が生まれる

500万円で家を購入すると月々の返済額は非常に安いです。また、土地を買ったとしても一般的な家を買うよりも圧倒的に安い金額でマイホームが手に入ります。

たとえば、3,000万円の家を購入する場合、月々の返済額は91,855円です。

この金額を35年間支払わなければいけません。35年間毎月この金額を支払うということは、あなたが思っている以上に大変なことです。

一時的な感情で注文住宅を購入すると後悔するので注意しましょう。

よく注文住宅を購入した方で「ローンの返済が大変」という方は多く見られます。子供がいる場合、住宅ローンに加えて学費なども必要になります。

給料がなかなか上がらない世の中で、出費だけは増えていくのではないでしょうか。そのため、共働きをしたり節約をしたりする家庭は多いです。

家のために生活が苦しくなり、家族の生活に余裕が生まれないのであれば本末転倒です。家族が楽しく暮らせるためのマイホームでなければいけませんよね。

500万円で家を購入できれば、生活に余裕が生まれます。共働きやパートで働かなくてもすむかもしれません。

注文住宅を購入しても外食や旅行に行きたいですよね。また、子供の将来のためや自分たちの老後のために貯金をしたいのが本音です。

家のローンのために働くのではなく、家族のために働くようにしましょう。そのためには、安く注文住宅を購入して余裕のある生活ができるようにしてください。

20代でも新築戸建てに住める

500万円という低価格で注文住宅が購入できれば、20代でマイホームを手に入れられます。一般的な価格では注文住宅のローンが組めないけれども、500万円の方であれば簡単にローンの審査が通ります。

20代で注文住宅を購入できれば、早くローンを完済できますので、老後にローンの返済がありません。

つまり、早くローンを組んで完済することが可能です。

20代で注文住宅を購入して早く返済できれば、老後に余裕ができますよね。500万円で家を購入し、20代で新築戸建てを手に入れましょう。

500万円の家のデメリット

500万円の家を建設する際、メリットだけではなくデメリットもあります。

安いからという理由だけで、住宅を購入すると後で後悔する恐れがあります。そのため、事前にどのようなデメリットがあるのかを把握しておきましょう。

  • 外構工事費用が含まれていない
  • 断熱や通気性などの家の性能が落ちる
  • 手抜き工事になりやすい
  • オプションを付けると高くなる
  • 自由に仕様や間取りを選べない
  • 2階建てを建設できない

500万円の家にはこのようなデメリットがあります。それでは、順番にご紹介していきます。

外構工事費用が含まれていない

500万円の家を購入する場合、外構工事費用(エクステリア費用)が含まれていないケースがほとんどです。そのため、家本体は500万円で購入できるものの、庭のフェンスや駐車場といった費用は別途必要になります。

ただ、これは500万円の注文住宅に限らずほとんどのケースで外構工事費用というものは、注文住宅の費用に含まれていません。

「500万円で家が買える」と聞くと、外構費用もすべて含まれているように思えますが、500万円の建物本体とは別なので注意してください。

断熱や通気性などの家の性能が落ちる

500万円の家は、一般的な家に比べて家の性能が落ちる恐れがあります。コストを抑えなければいけないため、材料費が安いからです。

断熱性がなく夏に暑かったり冬に寒かったりします。値段を安くすると家の性能が落ちる恐れがあるため、あらかじめ把握しておくようにしてください。

手抜き工事になりやすい

500万円の家は、手抜き工事が行われる恐れがあります。利益が少なくなるからです。

利益が少ないと人件費や材料費をかけると赤字になってしまいます。そのため、業者によっては手抜き工事を行う恐れがあります。

工程を省いて人件費を節約したり安い材料を使ったりして、意図的に手抜き工事を行い利益を確保しようとするのです。

優良業者であればこのようなことはありませんが、500万円という価格で家を建てる場合、悪徳業者の数が多いので業者選びは慎重に行いましょう。

まずは、資料請求などを行い業者の情報を集めるのがおすすめです。じっくり業者を比較して優良業者で500万円の家を建てるようにしてください。

オプションを付けると高くなる

500万円の家は、オプションなどがなくシンプルな造りです。高い設備を使うと500万円で家が建てられないからです。

ただ、家にオプションを付けたい方は多く見られます。太陽光発電システムなどこだわりたいですよね。

しかし、そういったオプションを付けると500万円を超えてしまいます。また、いろいろオプションを付けたら1,000万円を超えてしまうケースがあるので注意しましょう。

オプションを付けても安い家が建てられますが、1,000万円を超える場合あまり意味がなくなります。

そのため、オプションを付けたい方や仕様やデザインにこだわりたい方は、500万円の家はおすすめできません。

自由に仕様や間取りを選べない

超ローコスト住宅である500万円の家は、一般的な価格帯の注文住宅に比べて仕様や間取りがある程度決まっています。

注文住宅は本来であれば、自由に仕様や間取りを選べます。しかし、500万円という価格で家を購入する場合、自由設計の家は建てられません。500万円の予算ないで家が建てられないからです。

そのため、自由に仕様や間取りを決めたい方は、先ほどお伝えしたように500万円を超えてしまう恐れがあるので注意してください。

2階建てを建設できない

500万円の激安住宅は、基本的に平屋になります。2階建てだとコストがかかってしまうため、500万円で家が建てられません。

子供が2人以上いて、子供部屋をそれぞれ設けたい場合、平屋では部屋数が物足りないのではないでしょうか。

2階建ての住宅が欲しい方は、500万円では家が建てられないので覚えておきましょう。

まとめ

500万円で家を建てることは可能です。ローコストのハウスメーカーの中には、500万円の家を販売しています。

500万円であればほとんどの方が注文住宅を購入できます。また、ローンの返済が楽になるなどの複数のメリットがあるのでおすすめです。

ただ、自由に仕様や間取りが決められないなどのデメリットもあるので、500万円で家を買う方は注意してください。

500万円で家を建てられるメーカーは限られているため、まずは一括資料請求サービスを利用して多くの業者の情報を集めるようにしてください。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

トップへ戻る