住宅の基礎知識

【建売住宅を購入して失敗】チェックポイントや間取りの注意点

建売住宅購入失敗

価格重視で建売住宅を購入すると失敗します。「値段が安い」というだけの理由で建売を購入したばかりに、後悔している方が多くいらっしゃいます。

安さも重要ですが、建売住宅を購入する際の注意点をよく確認し、冷静に判断してから購入するようにしてください。

一生に一度の高価な買い物だからこそ失敗したくないものですよね。

このページでは、建売住宅を買って失敗・後悔してしまった方の意見をご紹介します。実際に体験した方の意見を参考にし、理想のマイホームを手に入れましょう。

建売は仕様・デザインをこだわれない

建売住宅は、一般的に建設されている住宅を購入します。そのため、仕様などを自由に選べる注文住宅とは異なります。

購入する際は、「価格がお得ならば仕様やデザインにこだわれなくても問題ない」と思っていても、実際に生活を始めると後悔してしまうものです。

仕様やデザインにこだわれないデメリットを今一度確認しておきましょう。

シンプルなデザイン

建売住宅は、コストを削減するためにシンプルなデザインが多く見られます。同じ形状のものを何棟も建設するため、設計費用や材料費を削減できるのです。

ただ、値段は安いが仕様やデザインにこだわれないため、購入後たった数年で後悔してしまう方は多く見られます。

購入する前は、「シンプルなデザインでもいい」と思っていても、実際に住み始めると後悔するものです。建売住宅を購入する前に、今一度シンプルな形状でもいいのか考えてみてください。

間取りが住みにくい

建売住宅は、仕様にこだわることができないため、結果として住みにくい間取りになる可能性があります。

生活動線(家事をする際に移動する距離)が長い場合、年齢を重ねてから不便に思う方は多く見られます。

ベランダが2階にある場合、濡れた洗濯物を1階から運ぶのは疲れますよね。このとき、1階にベランダを作りそこで洗濯物を干せるようにするととても楽です。

建売住宅の場合、洗濯機とベランダを同じ階にあるとは限りません。

1階に洗濯機、2階にベランダという設計の建売であれば、そのままの間取りで暮らさなければいけません。

仮に、「1階にベランダを設置したい」と思っても建売の場合は変更することができないのです。安い建売住宅ですが、間取りに不便がある可能性をあらかじめ想定しておきましょう。

仕様変更ができる誘惑には注意

建売住宅を購入する際、「仕様変更ができる」と言われる場合があります。そのような誘惑には注意しましょう。

住宅メーカーによっては、建設前であれば、多少の仕様変更ができる場合があります。しかし、プラン変更ができるといっても、あなたが想像しているように自由に仕様やプランを変更できるわけではありません。

建売住宅は設計などが決まっているケースがあるため、変更できる部分には限りがあるからです。

もし、営業マンに「仕様変更ができる」と言われた場合、どの程度できるのかを確認しましょう。

「キッチンの種類を選べるのか」「壁紙は変更できるのか」「間取りは変えられるのか」など、具体的にどの程度の仕様変更ができるのかを確かめるようにしてください。

契約してしまうと後には引けないため、甘い誘惑には注意してください。

建売住宅を買う際は、周囲の環境を確認する

建売住宅は、注文住宅のように自由に場所を選ぶことはできません。そのため、すでに住宅が建設されている場所に住まなければいけないのです。

ただ、よく周囲の環境を確認しないと生活してみて後悔する可能性があります。

たとえば、近くの工場の作業音がうるさく、「落ち着かない」というケースがあります。見学の際は土日で工場が休みだったため、平日の騒音に気づくことができなかったためです。

建売住宅は、注文住宅とは違い打ち合わせなどの時間がかかりません。購入から住み始めるまでの期間が短いため、周囲の環境を確認できていない方は多く見られます。

一戸建てに住むということは、その地域に一生住み続けることとイコールです。建売住宅を購入する場合は、周囲の環境をよく確認した上で購入しましょう。

完成後の建売は欠陥や施工不良に気がつかない

建売住宅は、建設中のものを購入する場合もあれば、完成後のものを買うケースもあります。

ただ、完成後の建売住宅を購入するには、注意が必要です。すでに建設後のため、施工中の欠陥や施工不良に気が付くことができません。

実は、第三者機関の検査済みの物件であったとしても、100%信用できるわけではないからです。

実際に、第三者機関が検査済みの物件でも「欠陥」や「施工不良」が見つかるケースはあります。第三者機関の調査といっても、施工を隅々まで確認するわけではなく、マニュアルに従った簡易的なものだからです。

そのため、欠陥や施工不良を必ずしも防ぐことはできません。

新築時はわからなくても、購入後数年経過してから欠陥が見つかることはよくあります。建築後の住宅を購入するということは、このようなリスクがあることを覚えておきましょう。

建売ではなくローコスト注文住宅のほうが後悔しない

価格重視で建売住宅を購入する方は多く見られます。しかし、建売住宅ではなく、安くローコスト注文住宅を購入するのも1つの方法です。

ローコスト住宅メーカーであれば、1,000万円台で家を買えます。土地込みでも2,000万円や3,000万円で注文住宅を購入することができるのです。

この金額であれば、建売住宅とほとんど同じ価格帯で家を購入できます。同じ金額ならば、仕様やプランを自由に選べる注文住宅を購入したほうがいいですよね。

せっかく夢のマイホームを購入するのであれば、あなたの好きな仕様で注文住宅を購入することを検討してはいかがでしょうか。

まとめ

建売住宅は、低価格で新築一戸建てが手に入るため、価格重視の方に人気の住宅です。しかし、メリットだけではなく、デメリットもあります。

仕様やプランを選べないことで後悔している方の相談は多く受けるからです。

一生に一度の買い物になるため、価格重視で建売を検討している方は、今一度よく考えてから後悔のない選択をしてください。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る