平屋

平屋3LDKの南玄関希望の方必見!間取り実例集とプラン

平屋3LDK南玄関間取りアイキャッチ

同じ平屋の3LDK南玄関でも、適切な間取りやプランは人によって異なります。そのため、あなたのライフスタイルに適した住宅にする必要があります。

これを怠ると、生活しにくい間取りになってしまう可能性は大きいです。せっかく購入する夢のマイホームだからこそ、納得のいくものを建設しましょう。

たとえば、南玄関の場合以下のような特徴があります。

南玄関(南入り)特徴

注文住宅の場合、あなたの希望通りの間取りを設計することが可能です。そのため、よく考えてプランを決める必要があります。

そこで本記事では、平屋で3LDKの南玄関の間取りを紹介します。日当たりの良い平屋を建てるために、ここでは解説する間取り図やプランを参考にしましょう。

和室の無い3LDK南玄関

和室の無い3LDK南玄関

出典:(株)アイ建築工房のコンパクトハウス

和室が必要ではない場合、すべて洋風な間取りにすると良いです。これにより、家全体にまとまりが出ます。家具などもすべてを洋風なものを配置することが可能です。そのため、統一感のある部屋になります。

和室を1部屋設ける間取りは多いですが、ほとんど使用しないのであれば、このような洋室が多いプランにすると良いです。使わなければ無駄になってしまうからです。無理に和風の部屋を設置する必要はありません。あなたが住む平屋になるため、どのようなイメージの住宅にしたいのかが重要です。

和室のある3LDKの南入り

和室のある3LDKの南入り

出典:平屋間取り.com

和室があると来客時などに使えるため、便利です。急な来客があった時でもリビングを見せることなく、対応できます。常にLDKをきれいに保つのは難しいです。

しかし、リビングが多少散らかっていたとしても、和室さえ常にきれいにしておけば問題ありません。LDKを見せずに、誘導することができるからです。そのため、お客さんに好印象を与えることができます。

なお、和室は座布団だけあれば対応できるため、大人数の来客時でも応対できます。
スポンサードリンク



将来子供部屋を2つに分けられる3LDK平屋の間取り

将来子供部屋を2つに分けられる3LDK平屋の間取り

出典:住みやすい間取りの実例集

2人子供がいる家庭は、以上のような間取りにすると、将来子供部屋を別々にすることができます。小さいうちは、一緒の部屋でも良いです。

しかし、中学校に入ると難しい年ごろになります。男女の兄弟であれば、部屋を分けてあげたいと思うのが親心です。そのため、以上のような間取りにすると将来子供部屋を別々に確保できます。出入り口がそれぞれあり、将来的に仕切ることができるからです。

2人子供がいる家庭は、このような間取りにしても良いのではないでしょうか。

家事室がある30坪3LDK南入り

家事室がある30坪3LDK南入り 家事室がある30坪3LDK南入り

出典:ジャストホーム

子供が大きくなると、コミュニケーションを取る機会は自然と減ってきます。

しかし、この間取りであれば廊下がないため、移動するには必ずリビングを通らなければいけません。これにより、家族が顔を合わせる機会が多くなります。そのため、自然にコミュニケーションが取れる間取りになります。

子供たちと自然に触れ合えるような間取りになります。可愛いお子さんと、いつまでもコミュニケーションを取れるようなプランにしましょう。

また、この間取りは家事室があるため、洗濯物をしたり室内干しをしたりできます。雨の日が続くと洗濯したものがなかなか乾きません。

しかし、家事室があれば雨の日でも洗濯物を干すことが可能です。家事は毎日行うため、このような間取りであれば、その負担を減らせます。

いつも頑張ってくれている奥さんに、少しでも楽をさせてあげられるようなプランにしても良いのではないでしょうか。

収納が多い3LDKの南玄関

収納が多い3LDKの南玄関

出典:アイフルホーム・間取りプラン検索

各部屋にクローゼットがあるため、収納が便利な間取りになります。洋服は毎日着るため、家族が4人もいると散乱してしまいがちです。

そこで、クローゼットを設けて収納するスペースを確保しましょう。これであれば、服を各部屋にしまえるため、洋服の置き場に困ることがありません。

また、あらかじめクローゼットがあれば、収納のために棚などを設ける必要がないです。生活することを想定して、収納スペースを確保したプランにしましょう。

まとめ

平屋の3LDKの南玄関の間取りを紹介してきました。玄関を南側に希望するのであれば、ここで解説したプランを参考にしましょう。ライフスタイルによって、あなたの生活に適したプランは異なります。

そのため、あなたが今どのような悩みを現在の生活で抱えているのかをよく考えてみてください。その点を改善するプランを立てることで、住みやすい間取りにすることができます。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る