注文住宅

注文住宅こだわりの新築キッチン:失敗事例と値段・価格を抑える秘訣

新築キッチン

新築で住宅を建てる際、悩みがちなものとして「キッチン」が挙げられます。新築の際にキッチンのことをしっかりと考えておかないと、新築後に失敗してしまうからです。

せっかくの新築のキッチンは失敗したいくないものですよね。

そこで、新築のキッチンの失敗しがちなポイントをご紹介します。なお、値段や価格、間取りや選び方など、新築キッチンを検討している方に必要な情報をお伝えします。

新築のキッチンにおいて失敗・後悔しやすいポイント

新築のキッチンで失敗・後悔しやすいポイントとして、以下のようなものがあります。

  • キッチンの照明
  • キッチンの収納

ここからは、それぞれのポイントごとに分けて説明していきます。

新築のキッチンでありがちな失敗・後悔:キッチンの照明

キッチンの照明における「ありがちな失敗・後悔」として、以下のようなものが挙げられます。

  • 照明設備のスイッチをいろいろな場所に付けすぎた
  • 照明設備のスイッチによってキッチン家具が置けない

順を追って説明していきます。

照明設備のスイッチをいろいろな場所に付けすぎた

新築住宅のキッチンについて考える際、「いろいろなところに照明設備のスイッチがあった方が便利なのでは?」と思う人は多いです。そしてこの場合、「キッチンの様々な箇所に照明設備のスイッチを設置すること」を考えてしまいがちです。

ただ実際のところ、照明設備のスイッチを必要以上に多くつけてしまった場合、「設置したが使わなかったスイッチ」が出てきてしまう可能性が高いです。

そして、照明設備のスイッチを過剰に付けすぎた場合、当然ながら余計にお金がかかってしまうことになります。

照明設備のスイッチによってキッチン家具が置けない

新築住宅のキッチンにおいて、「照明設備のスイッチの位置」を深く考えなかった結果、棚などのキッチン家具の置き場所に困るケースは多いです。

この場合、「キッチンの収納用の棚を配置できなくなった」「照明設備のスイッチを避けて棚を置いたら、キッチンの通路が通りづらくなった」などの問題が発生する可能性が高いです。

キッチン照明における失敗・後悔についての対処法

キッチン照明にありがちな失敗・後悔についての対処法として、以下のようなものが挙げられます。

照明設備のスイッチをなるべく1箇所にまとめる

キッチンのさまざまなところに照明設備のスイッチがあっても、結局使わなくなってしまうことは意外と多いです。そして場合によっては、「照明設備のスイッチが邪魔で、キッチン用の棚を置けない」といった問題が起こる可能性もあります。

こうしたことを避けるためには、「キッチンに付ける照明設備のスイッチをできるだけ1箇所にまとめる」のが効果的です。そうすることで、使わないスイッチが出たり、スイッチが邪魔で置きたいものを置けなくなったりする事態を避けられるようになります。

キッチンに置く家具とスイッチの位置を考慮する

キッチンに置きたい家具がある場合、前もって「家具をキッチン内のどこに置くか」を考えておくようにしましょう。

そのうえで、「照明設備のスイッチを付ける位置」についても検討することで、「キッチンに置きたい家具が置けない」といった事態を回避できるようになります。

もちろん、キッチンに家具を置くことだけを優先しすぎてしまうと、「照明設備のスイッチが押しづらい」といった問題が起こる恐れがあります。

そうならないためにも、実際に生活するようになったときのことをイメージしながら、「キッチンに置く家具と照明設備のスイッチの位置」を決定するようにしましょう。

新築のキッチンでありがちな失敗・後悔:キッチンの収納

キッチンの収納における「ありがちな失敗・後悔」として、以下のようなものが挙げられます。

  • 設置したが使いづらい収納スペースがある
  • キッチンワゴンを設置したが使いづらい
  • キッチン家電の寸法と収納スペースが合わなかった

このような失敗をしてしまう方がいらっしゃいます。では、どのような理由があるのでしょうか。順番に解説していきます。

設置したが使いづらい収納スペースがある

新築で住宅を建てる際、人によっては「キッチンに壁面収納や頭上の収納などの収納スペースを設けよう」と考えることがあります。このとき、使いやすさを十分に考慮していない場合、設置した収納スペースを使わなくなる恐れがあります。

また場合によっては、設置したのに全く使わない収納スペースになってしまうこともあります。

具体的な失敗例としては、「キッチンの頭上に収納スペースを設けたが、高すぎて物が出し入れしづらいので使わなくなった」「壁面収納を設置したが、置きたいもののサイズと収納スペースの寸法が合わなかった」といったものが挙げられます。

キッチンワゴンを設置したが使いづらい

新築の住宅にキッチンを導入する際、人によっては「キッチンワゴンを設置しよう」と考えるケースがあります。ただ、キッチンワゴンは意外と使いづらいものになってしまうことが多いです。

キッチンワゴンに物を収納した場合、そこにあるものはほぼむき出しの状態になります。そのため、キッチンワゴンに置いてあるものは、時間が経つとともにホコリを被るようになってしまいます。

このことから、キッチンワゴンを設置する際には、「掃除しなければならないものが1つ余分に増えること」も考えなければいけません。

キッチン家電の寸法と収納スペースが合わなかった

キッチンの収納のうち、「キッチン家電を置くスペース」を決める際には、そこに置く予定である家電の寸法を考慮することが重要です。

もし、置きたいキッチン家電のサイズを考えずに収納スペースの寸法を決めた場合、キッチン家電が収納スペースに納まりきらない可能性が高いです。

具体的な失敗例としては、「電子レンジを新しく買ったが、大きすぎて収納スペースから突き出てしまう」「新しい炊飯器を買ったが、収納スペースの高さに合わなくて置けなかった」といったものが挙げられます。

キッチンにはいろいろな家電調理器具を置くのではないでしょうか。そのため、それらを置くスペースを考慮した上で配置やレイアウトを考えましょう。

キッチン収納における失敗・後悔についての対処法

キッチン照明にありがちな失敗・後悔についての対処法として、以下のようなものが挙げられます。

キッチンでの作業時の動線を考えて収納スペースを決める

新築住宅のキッチンに設置する収納スペースを検討する際、必ず「キッチンで作業するときの動線」を考えることが大切です。

たとえば、キッチンで料理を作った際には、料理を盛るための食器を棚から出す必要があります。また、食事を終えて食器を洗った後は、その食器を再び棚へと戻さなければいけません。

このような動線を意識して収納スペースを決めることで、「設置した収納スペースが使いづらい」といった事態を避けられるようになります。

設置する収納スペースの使い道を考える

また、新築住宅のキッチンに収納スペースを設ける場合、「その収納スペースを何に使うのか」についても考えることが重要です。

なぜなら、「収納スペースはとにかく多い方が良い」と考えて収納スペースを増やし過ぎた場合、使われていない収納スペースがいくつもできてしまう恐れがあるからです。

キッチンに収納スペースを設置する際にも、当然ながら費用が掛かります。そして、設置したにもかかわらず使わない収納スペースがある場合、その分だけ余計な費用をかけてしまったことになります。

そうならないためにも、キッチンに収納スペースを設ける際には、必ず「収納スペースの使い道」についても考えるようにしましょう。

このように、新築住宅におけるキッチンには、失敗・後悔しやすいポイントがたくさんあります。これらのポイントに対してしっかりと対処し、住んでから後悔することがないようにしましょう。

新築キッチンの値段や価格を抑える3つの秘訣

新築時にキッチンはこだわりたいものです。キッチンは作業する時間が長いため、おしゃれで使いやすいものにしたいのではないでしょうか。

そこでこの項では、新築キッチンの値段や価格を抑える秘訣をご紹介します。

1.オプションは最低限にする

新築のキッチンのプラン決めの際、ついついオプションをたくさん付けてしまうのではないでしょうか。しかし、オプションを付けるとキッチンの値段は高くなりがちです。

また、一時的な感情でオプションを付けたとしても、「数年後使っていない」という方は多く見られます。

たとえば、食器洗い機に憧れて付けたものの、家族が3人なため洗い物が少なく、手で洗ったほうが早いという方がいらっしゃいます。家族の人数が多く、洗い物が大変だというのであれば、必要なオプションかもしれません。

しかし、実際に生活してみるとなくてもいいオプションというものは多いものです。

新築キッチンのオプションを決定する場合は、その機能が本当に必要なのかを今一度確認するようにしてください。

2.適正なグレードにする

新築キッチンを選ぶ際、無理をして高いグレードにすると費用は高くなってしまいます。新築なため、こだわりたい気持ちはわかりますが、今一度冷静になってグレードを決めるようにしましょう。

キッチンのグレードは高くなくても、最新のシステムキッチンはとてもおしゃれで機能性に優れています。そのため、なるべく値段を抑えたいのであれば、予算とのバランスを考えたグレードにしましょう。

3.工務店にメーカーを任せると安くなる

工務店にキッチンのメーカーやブランドを任せると値段が安くなるケースがあります。工務店によっては、安く仕入れられるメーカーや商品があるからです。

そのため、特にこだわりがないのであれば、工務店にメーカーを任せてしまうのも1つの方法になります。

実は、有名ブランドでなくても品質が良く価格が安いキッチンメーカーは多く存在するからです。言ってしまえば、有名メーカーと品質はほとんど変わりません。ロゴが有名かどうかの違いになります。

「使いやすく品質が良ければメーカーにはこだわりがない」という方は、工務店に新築キッチンメーカーを任せてみましょう。

まとめ

憧れの新築キッチンはプランをよく考えないと失敗してしまったり、価格が高くなったりしてしまいます。

夢のマイホーム購入になるため、浮足だってしまう気持ちはわかりますが、後々後悔しないためには今一度よく考えて新築キッチンのプランを決定するようにしてください。

そして、使いやすくおしゃれな新築キッチンを手に入れましょう。

注文住宅の費用を安くしたいなら見積もりを比較しましょう!

当サイトの利用者が、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、一番高い業者と一番安い業者の差は、なんと684万円にもなりました。

そこで活用すべきサイトとして、私たちの業界の中でも有名な「タウンライフ家づくり」があります。全国600社以上の優良加盟店の中から、どこの業者が1番やすいのかがスグにわかるのです。

ただし、最初から見積もりを比較するのではハードルが高いため、まずは手軽に資料請求しましょう。各ハウスメーカーのパンフレットをタダでもらい、どこの工務店にするのかじっくり決めてください。

入力は3分でおわり、完全無料にて活用できます。一生に一度の高価な買い物をいい品質で安くしたいですよね。

【理想の注文住宅】手間のかかる申し込みを1度で!複数のハウスメーカー・工務店に一括資料請求

タウンライフ紹介会社
注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る