注文住宅

新築注文住宅30坪の間取り集【暮らしやすい間取りの特徴】

30坪間取り

注文住宅は間取りを自由に決められるため、どのような仕様にするのか悩まれる方は多くいらっしゃいます。

「30坪」という限られたスペースの中、無駄な部屋があったり水回りの配置が不便だったりすると生活しにくくなってしまうからです。

実際に、「図面で見てみると住みやすい間取りになっていると思ったのに、実際に生活してみると住みにくかった」という相談は多く受けます。せっかく自由に間取りを決められるのであれば、暮らしやすい仕様にしたいものですよね。

そこで、本記事では「生活しやすい30坪の間取り」をご紹介します。これから30坪の注文住宅の建設を検討している方にとっては、とてもためになる記事になるはずでしょう。ぜひ、あなたが間取りを決める際の参考にしてください。

平屋30坪の間取り集

平屋は、2階建て注文住宅とは異なり、1階部分で水回りや寝室、リビングなどを配置しなければいけません。そのため、限られたスペースの中、効率よく間取りを決めないと生活しにくくなってしまいます。

そこで、以下では平屋の30坪の間取りをご紹介します。ここで紹介する間取りを参考にし、あなたの理想のマイホームにしましょう。

廊下のない平屋30坪3LDKの間取り

間取り30坪3LDK

出典:ジャストホーム

廊下のない30坪の間取りになります。主な特長としては、洋室2つに寝室1つ、それに加えてリビングのある3LDKになります。

廊下がない分、リビングのスペースを大きくすることができるのが特長です。また、移動する際は、必ずリビングを通らなければいけないため、コミュニケーションが取りやすくなります。

お子さんが大きくなると徐々に会話する機会は減ってくるものです。しかしその場合でも、廊下がなければ家族が自然と交流しやすくなります。

自然に家族が触れ合うことのできる間取りにしてみてはいかがでしょうか。

コンパクトな30坪4LDKの平屋間取り

平屋30坪4LDKの間取り

出典:平屋間取り.com

30坪で4LDKの間取りは、それぞれの部屋がコンパクトになります。30坪という限られた大きさの中、リビング以外に4部屋を設置する場合、1部屋あたりの広さは小さくならざるをえないからです。

家族が多い家庭の場合、部屋数を確保したいものではないでしょうか。その場合、このようなコンパクトな部屋の間取りにしましょう。

しかし、部屋ばかりあっても生活しにくくなってしまうため、むやみやたらに部屋数を増やせばいいわけではありません。

もし、部屋数を確保するのであれば、数十年先のライフスタイルや家族構成を考慮して間取りを決めるようにしましょう。

2階建て30坪の間取り集

2階建ての30坪の間取りをご紹介します。2階建て30坪の間取りは、3LDKと4LDKが多く見られます。家族構成やライフスタイルによって部屋数や間取りを決めるようにしましょう。

機能性を重視した3LDKの間取り

30坪3ldkの間取り

出典:住みやすい間取りの実例集

部屋数を少なく機能性を重視した間取りになります。シューズクローク(土間収納・シューズクローゼット)や家事室などを設置しているため、暮らしていく上で便利な間取りになります。

家族が3~4人の場合、夫婦で寝室を1つ使い、あと2つを子供にそれぞれ分け与えたとするのならば、3LDKあれば部屋数は足りるのではないでしょうか。

無理に4LDKにするのではなく、その分機能性を重視した間取りにすれば、暮らしやすい間取りになります。ぜひ、収納スペースなど「機能性を求めたい」という方は、このような間取りがおすすめです。

広々とした対面キッチンのあるコンパクトな3LDKの間取り

30坪3ldk2階建ての間取り

出典:住みやすい間取りの実例集

31坪のコンパクトな3LDKの間取りになります。コンパクトですが、広いキッチンと12.5畳のリビングダイニングがあるため、広々とリビングでくつろぐことができるのです。

キッチンは作業する時間が長いため、使いやすいと毎日の調理がとても快適になります。限られたスペースの中であったとしても、工夫次第でキッチンを広くすることはできるのです。

スペースを効率よく活用してあなたが住みやすいようなプランを考えてください。

2階に4部屋ある30坪4LDKの間取り

30坪4LDKの間取り

出典:家族が笑顔になる自然素材の家

1階部分にLDK(リビングダイニングキッチン)を広々設けるため、2階に4部屋設置した間取りになります。居間で生活することが多いご家庭の場合、広々リビングでくつろぎたいものではないでしょうか。

家族だんらんを広いリビングで楽しみたい方は、このような間取りを参考にしてください。

ウッドデッキのある4LDKの間取り

出典:住みやすい間取りの実例集

ウッドデッキがあり、開放的なリビングダイニングのある間取りになります。ウッドデッキがあることで、15畳あるリビングをより広々と使うことができるのではないでしょうか。

ウッドデッキでバーベキューを行ったり、夜お風呂上りにお酒を飲んだりしてはいかがでしょうか。想像するだけで快適ですよね。

ウッドデッキと広いリビングでのびのび暮らしたい方は、このような間取りがおすすめです。

30坪の5LDKの間取り

30坪5LDKの間取り

出典:理想の間取り.com

30坪5LDKのリビングになります。家族数が多く部屋数を必要とする場合にお勧めの間取りです。

ただし、部屋を多くしたとしても、使わなくなってしまえば無駄なスペースになってしまいます。部屋数を多くしたい場合は、数十年先の家族構成やライフスタイルを考慮した上で間取りのプランを考えましょう。

30坪3階建ての間取り図集

30坪の限られたスペースを上手に活かすために、「階数を増やす」方法があります。階数を増やせば、その分部屋数を増やすことができたり、間取りを自由に決めたりできるからです。

ただし、階数を増やす場合、階段の昇り降りをしなければいけなくなるデメリットがあります。また、建設費も高くなるため、これらのデメリットを踏まえた上で3階の注文住宅の間取りを考えてください。

狭小敷地:30坪3LDK3階建ての間取り

狭小敷地:30坪3ldk3階建ての間取り

出典:家の間取り.com

狭い敷地を効率よく活かした3LDKの間取りになります。部屋数は多くありませんが、2階部分をすべてLDKにすることにより、広々としたリビングにすることが可能です。

また、「浴室」「トイレ」「洗面台」「寝室」が1階に集結している間取りになります。わざわざ帰宅時に2階や3階に行かなくてもお風呂に入ることが可能です。家に着いたらすぐにお風呂に入りたい方は、1階にお風呂があると便利かもしれません。

30坪3階建て4LDKの間取り

30坪3階建て4LDK

出典:住みやすい間取りの実例集

3階建ての4LDKの間取りです。2階部分にLDKを設け、それ以外に4部屋ある間取りになります。また、一階部分にビルドインガレージ(車庫)を設けることにより、狭い敷地を有効的に活用することができます。

狭い敷地の場合、車を置くスペースに困ってしまうのではないでしょうか。

しかし、1階部分を車庫にすることによって、都市部の狭い敷地でも車を置けるようになります。狭い敷地を効率よく活用したいのであれば、3階建てのプランを考えてはいかがでしょうか。

ただし、3階建てにする場合、階段の昇り降りが負担になります。また、建築費用も2階建てに比べると割高です。これらのことを踏まえた上で、3階建ての間取り考えるようにしてください。

30坪の間取りプランの注意点

30坪の敷地の間取りは、部屋の数が限られています。そのため、限られたスペースの中住みやすいような間取りにするようにしてください。

たとえば、30坪の2階建てのプランにすると仮定していたとしても、部屋数が足りなかったり思い通りの間取りにならなかったりした場合、3階建てにプランを変更するのも1つの方法です。

費用は高くなってしまうかもしれませんが、一生に一度の買い物を後悔しないものにするためには、妥協のない間取りにするのが後々快適になる秘訣になります。

一度建設してしまうと、その後リフォームするには多額の費用がかかります。注文住宅の間取りは後々後悔しても手遅れになるため、その後数十年後の生活のことを考えるのであれば、多少無理しても理想の間取りを手に入れるのをおすすめします。

まとめ

ここまでさまざまな30坪の間取りをご紹介してきました。同じ30坪の間取りであったとしても、平屋と2階建てではプランは変わってきます。また、3階建てになると、さらにプランニングは異なるのではないでしょうか。

30坪という限られたスペースを効率よく活かすためには、あなたのライフスタイルや家族構成を考慮した上で間取りを決定しましょう。そして、その後数十年先のことをふまえた上で妥協のない選択をするようにしてください。

あなたにあった理想の間取りの注文住宅を手に入れましょう。

注文住宅の費用を安くしたいなら見積もりを比較しましょう!

当サイトの利用者が、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、一番高い業者と一番安い業者の差は、なんと684万円にもなりました。

そこで活用すべきサイトとして、私たちの業界の中でも有名な「タウンライフ家づくり」があります。全国600社以上の優良加盟店の中から、どこの業者が1番やすいのかがスグにわかるのです。

ただし、最初から見積もりを比較するのではハードルが高いため、まずは手軽に資料請求しましょう。各ハウスメーカーのパンフレットをタダでもらい、どこの工務店にするのかじっくり決めてください。

入力は3分でおわり、完全無料にて活用できます。一生に一度の高価な買い物をいい品質で安くしたいですよね。

【理想の注文住宅】手間のかかる申し込みを1度で!複数のハウスメーカー・工務店に一括資料請求

タウンライフ紹介会社
注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る