注文住宅

おしゃれでかっこいい平屋のモダン住宅:デザイン・内装や間取りは?価格を安くする方法


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nakajiyoshi/home-kensetu.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/single.php on line 40

街を歩いていて、「あんなおしゃれな家に住みたい」と思ったことはありませんか。

もし、思ったことがあるのなら、平屋のモダン住宅について触れてみましょう。今風のおしゃれな家という言葉にマッチした住宅ばかりですからね。

本記事では、モダン住宅の実例紹介や住宅建設時の注意点などを紹介します。

最後まで読めば、モダン住宅がどういうものなのかがよく分かりますよ。「モダンな家で暮らしたい」、「しゃれた住宅を建てたい」と思っている人はぜひ読んでみてくださいね。

モダン住宅とは

まずは、モダン住宅というものがどういうものなのかを紹介する前に、「モダン」という言葉について説明します。

モダンは、現代的であることや今風でしゃれているという意味です。同様の意味を持った言葉としては、現代的、近代的といったものがありますね。

モダンという言葉がこういった意味なので、モダン住宅を単純に言い換えると、「現代的な住宅」となります。

そのため、モダン住宅の意味は、「従来通りのものでない今風の家」ということになるでしょう。

和風モダン住宅の事例

モダン住宅の意味が分かったところで、次は和風モダン住宅の事例を紹介します。

和という伝統的な要素と、モダンという近代的なデザインを組み合わせた住宅がどういったものなのかを知りたい人は、特にここをよく見てくださいね。

おしゃれな和風モダン住宅

平屋モダン外観

黒と白の外観が特徴的な和モダン平屋です。今風のおしゃれな印象と和の雰囲気が上手く合わさっているのがまた素晴らしいですね。

間取り・イメージ

出典:岡崎工務店

内装も和のイメージを大切にしつつ、現代的なリビングがあるという風なものとなっています。

照明がもたらしてくれる明るさを、フローリングや壁の木材が優しく受け止めていて、非常に明るい雰囲気になっているのも美点ですね。

また、和室でありながら、薄型テレビを置いてもミスマッチ感のないデザインは、実に、「和モダンである」といえます。

「和風だけど新しい感じのある家がよい」という人は、こういったデザインを参考にするとよいでしょうね。

和モダンのデザインがかっこいい平屋

延床面積 123.00㎡(37.20坪)
敷地面積 368.08㎡(111.34坪)
竣工 2016年11月

広々とした土地に建てたこの平屋は、照明の力もあって、住宅ではなくおしゃれなお店を思わせる雰囲気がありますね。

このような外観ならば、住宅に住む人々はもちろん、周辺に住んでいる人をもよい気分にさせてくれるでしょう。

間取り・イメージ

出典: BAUNEST

内装ですが、和的な要素を取り入れつつ、モノクロを基調としたデザインとなっていますね。こういったシックなデザインが好きな人にはぴったりの住宅です。

キッチンや浴室は、特に白と黒を前面に出したデザインになっています。この清潔感のある内装は、まるでホテルのようですね。

「こんなおしゃれな家に住みたい」と思った人は、和モダンとモノクロという要素を主軸にした住宅を建ててみてはいかがでしょうか。

中庭のある和風モダン

こちらの住宅も、外観は白と黒を使ったデザインとなっています。どこが特徴的なのかというと、家の前にある小さな緑地でしょう。

芝や石、樹木を用いた粋な設計なのがなんともよいですね。

これなら、住宅の近くを通った人も、「おお、しゃれた家だな」と思うことでしょう。

間取り・イメージ

出典:グルービーホーム

最初に目が惹かれるのは、やはり、大きな窓から自然光をふんだんに取り入れたリビングではないでしょうか。

綺麗なフローリングへ雰囲気にマッチした家具を置けば、とてもくつろげる癒しの空間、もしくは家族団らんするのにうってつけの空間となりますね。

落ち着いた色の木材を活かした書斎というのも素晴らしい空間です。お気に入りの本を楽しんだり、パソコン作業をしたりするには非常によいスペースとなっています。

明るくておしゃれな空間と穏やかな場所のどちらも欲しいのなら、こういった住宅が向いているでしょうね。

シンプルモダン住宅の事例

続いて、シンプルなモダン住宅の事例も見ていきましょう。家を建てる際には、ここまでに紹介した例だけでなく、ここから紹介するものも参考にしてくださいね。

家族がコミュニケーションとりやすいモダン住宅

家族構成ご夫婦 ご夫婦 子ども3人
敷地面積 500.04m²(151.26坪)
1階床面積 219.60m²(66.30坪)
延床面積 219.60m²(66.30坪)

ブラックのパワーを押し出した外観の住宅です。田舎の風景にこんなおしゃれな家があったら、とても目を引きますね。

外観がよいだけでなく、床面積がとても広いのも特徴ですね。これだけの広さがあれば、5人家族であっても、ゆったりと暮らすことが可能でしょう。

間取り・イメージ

出典:日本ハウスHD

広々とした住宅というだけでも素晴らしいですが、清潔感のある明るいデザインも魅力的な要素ですね。

特にキッチンは、白色の壁や木目を活かした天井や柱に囲まれていて、陽の気を感じることができます。

こちらの住宅は、屋内だけでなく屋外にもこだわっていますね。木を中心に配置されたウッドデッキは、家の中にいつつも外の空気を感じることができ、とても開放的な空間に仕上がっています。

浴室から見える坪庭もまた、家にいながら自然の雰囲気を味わえますね。

明るい快適な空間が特に好きな人や、自然と調和した住宅に住みたいという人は、この家を基にデザインを考えてみましょう。

明るい雰囲気のシンプルモダン平屋

家族構成 ご夫婦・お子様
建築構造 木造2×4工法

青色の外壁と大きなデッキが特徴的な平屋ですね。車2台分のカーポートが設けられているというのも嬉しいところです。

間取り・イメージ

出典:トータルハウジング

外壁はブルーでしたが、内装は白を基調としたものとなっています。床のフローリングも暗めの色ではなく、ホワイトに近い色となっていて、すっきりとした印象を受けますね。

シンプルな色合い以外にも、中二階があるという特徴もあります。この中二階でなら、リビングとは別の空間でくつろぎつつも、壁や戸で仕切ってはいないため、家の様子をうかがうこともできますね。

このように、すっきりとしつつ、現代的な内装になっている物件です。さっぱりとしたデザインが好きな人は、ぜひこちらの住宅を参考にしてください。

白いデザインのシンプルモダン住宅:2,000〜2,500万円台

見ての通り、非常にシンプルな外観を持った住宅です。凝ったデザインではなく、こういったプレーンなものが好みの人にはたまらない住宅でしょうね。

間取り・イメージ

出典:デザイン工務店

とても広いリビングと大きな窓が印象的な内装ですね。ソファでゆったりとくつろぎつつ、外からの光や風を感じるというのは、非常に贅沢な生活ではないでしょうか。

床はしっとりとした色づかいのフローリング、壁は清らかなイメージのホワイトとなっています。

「定番の組み合わせか」と思う人もいるかもしれませんが、このオーソドックスな組み合わせがこのシンプルな住宅にはマッチしていますね。

シンプルさを重視している人は、こちらのような住宅がベストマッチといえるでしょう。

モダン住宅を建てる際の注意点

ここまでの内容で、どういった住宅が実際にあるのかが分かりましたでしょうか。事例の次は、住宅建設の際に気をつけなければならないポイントを紹介しますね。

モダン住宅が得意の業者に依頼する

ハウスメーカーには、それぞれ得意の分野があります。そのため、モダン住宅を建てるときには、モダン住宅に精通したメーカーに頼むのがおすすめです。

わざわざモダン住宅についてあまり詳しくないメーカーへ頼む理由はないですよね。

メーカーごとの得意不得意を調査するときには、建設の実績をみるとよいかもしれません。

少なくとも、「モダン住宅をあまり建てたことないメーカー=モダン住宅を建てるのが得意ではない」と考えられますからね。

「業者ごとに違うのは費用くらいだろうから、見積額だけ見ていればOK」と思わず、きちんとそのメーカーの特徴を調べてから依頼をしてください。

業者によって価格が違うので相見積もりを取る

注文住宅相見積もり

先ほど触れたように、業者ごとに見積額は変わってきます。そのため、住宅を建てるときには、業者ごとに見積もりを出してもらって、比較することが肝要です。

もし、この相見積もりを行わずに建設の依頼をしてしまうと、ぼったくり価格で家を建てることになるかもしれませんからね。

また、見積もりを出してもらう際には、どの業者へも同条件を提示する必要があります。業者ごとに条件を変えていては、正確な比較はできないからですね。

「見積もり依頼をすればOK」と単純に考えず、条件をそろえたうえで複数業者へ見積もり依頼を出しましょう。

無料の資料請求サービスを使って業者を探そう

タウンライフ600社

「業者の得意不得意を見てみる」、「複数業者へ見積もりを出してもらう」といっても、どういったメーカーがあるのかが分からないとできませんよね。

様々なメーカーを元々知っている人はよいかもしれませんが、そうでない場合は、「どのようなメーカーがあるのかを知る」というところから始めないとなりません。

多くの業者のことを調べたり理解したりするのは、なかなかに手間です。嬉しいことに、その手間を小さくしてくれる便利なサービスがあります。

それは、一括資料請求サービスですね。

このサービスを利用すれば、複数業者による住宅プランを無料で取り寄せることが可能です。無料でネットから申し込みができるので、気軽に利用できるのもよいところですね。

「家を建てたいけど、まずは何をしたらよいか分からない」という人は、手始めにこの資料請求サービスを使ってみてください。

まとめ

最後に、本記事で紹介した事柄をまとめてみましょう。

まず、モダンという言葉の意味ですが、現代的であることや今風でしゃれているというものです。つまり、「モダン住宅=今風のおしゃれな家」ということですね。

平屋のモダン住宅といっても、和モダンというテーマのものもあれば、シンプルですっきりとしたデザインのタイプの家もあります。

どれも現代的で粋なデザインをしていて、思わず、一戸建てをもちたいと思ってしまいますね。

モダン住宅を建てるときには、様々な注意点があります。主な注意点としては、「モダン住宅を建てるのが得意なメーカーに頼むこと」、「相見積もりをすること」ですね。

メーカーの特徴をきちんと理解したうえで依頼することが重要です。

「メーカーを理解することが大事といわれても何をしたらよいか分からない」という人は、資料請求サービスを利用してみましょう。

これを使えば、多くの業者の情報が簡単に集められます。ネットから無料で利用できるため、時間のない人でも今日から行動を起こせますよ。


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nakajiyoshi/home-kensetu.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/single.php on line 72
【悪用厳禁】注文住宅を723万円も安く買ったコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る