二世帯住宅

【おすすめの二世帯住宅の間取り】30坪や三階建て、左右分離の事例

二世帯住宅間取り

二世帯住宅の間取りは、どのようにするか悩むものです。二世帯が生活するため、お互いが暮らしやすいようにしなければいけません。

とはいえ、完全分離型のようにキッチンやお風呂などをそれぞれ2つ用意するとその分費用がかかります。しかし、プライベートな家族でもできるだけ分けたいものですよね。

そこで二世帯の間取りに悩んでいる方のために、「おすすめの二世帯の間取り」を30坪や3階建て、完全左右分離などの事例をまとめました。

ここでご紹介する二世帯住宅の間取りを参考にして、あなたの理想の注文住宅の間取りにしましょう。

二世帯住宅の間取り25坪

二世帯住宅であっても狭小住宅を建てることは可能です。無駄なスペースを無くすことで、二つの世帯が暮らしやすいような家づくりが行えます。

廊下を無くした25坪二世帯住宅の間取り

二世帯住宅25坪の間取り

出典:アキュラホーム

廊下を無くすことで無駄なスペースを減らし、その分居住スペースを広くできる二世帯住宅です。狭い敷地の場合、二世帯住宅を建てると居住スペースが無くなってしまう問題が発生します。

しかし、廊下を無くして部屋ごとを直接つなげることで、25坪という限られた面積を活かし、暮らしやすい間取りにすることができます。

28坪の完全分離型二世帯住宅の間取り

28坪の限られた敷地で完全分離の二世帯の間取りになります。完全分離の2世帯住宅は、生活スペースを完全に分けるため、狭い敷地を効率良く活用しなければいけません。

1階部分の間取り

二世帯住宅の間取り2階部分の間取り

二世帯住宅の間取り出典:中鉢建設株式会社

完全分離二世帯住宅の間取りは、居住スペースを完全に分けます。そのため、玄関やキッチン、お風呂などの水回りなどを二世帯分用意しなければいけません。

28坪の限られたスペースで、キッチンやお風呂などの設備を2世帯分用意しなければいけません。25坪ほどの敷地に完全二世帯住宅を建設する予定の方は、この間取りを参考にしましょう。

二世帯住宅の間取り30坪

大きな敷地はないが、30坪の大きさで二世帯住宅を建てたい方のために、30坪の二世帯住宅の間取りをご紹介します。

30坪の二世帯住宅を検討している方は、この項でご紹介する間取りを参考にしてください。

4LDKの30坪の二世帯住宅の間取り:完全共有の間取り

二世帯住宅30坪間取り出典:二世帯住宅間取り.com

30坪の4LDKの間取りです。部屋以外のほとんどを共有して暮らします。そのため、設備を完全に分ける二世帯住宅よりも建設費用を抑えられます。

ただし、このような二世帯住宅は、両親のどちらかがお亡くなりになられている方が選ぶ間取りです。両親がどちらも元気な場合、完全共同で生活するには4LDKでは狭すぎるので注意が必要です。

キッチンやお風呂が一緒のため、完全に生活を分けることは難しいので覚えておきましょう。

敷地30坪の3階建ての間取り:5LDK

30坪5LDK間取り二世帯住宅 二世帯住宅30坪5LDKの間取り

出典:Liberty Home 間取りプラン実例サイト

3階建ての二世帯住宅の間取りになります。

二世帯住宅の場合、部屋の数なども必要になるため大きな土地が必要ですが、3階建てにすることで30坪でも十分な生活が行える二世帯住宅を建設できます。

二世帯住宅の間取り40坪

40坪の二世帯住宅の間取りをご紹介します。40坪は面積にして132㎡ほどの家になります。40坪の二世帯住宅は狭くもなく大きくもない一般的な大きさです。

40坪で「二世帯住宅が欲しい」という方は、ぜひ参考にしてください。

平屋40坪4LDKの二世帯住宅

40坪平屋4LDK二世帯住宅間取り出典:間取りデータバンク

平屋40坪の4LDKの間取りです。母親と夫婦と子供1人が生活する二世帯住宅の間取りになります。

ほとんど共有ですが、トイレだけは2つある間取りです。共同部分が多いと建設費用を抑えられますが、完全にプライベートをわけることができないデメリットがあることを覚えておきましょう。

40坪5LDKの2階建ての間取り:完全分離型

40坪5LDKの二階建ての間取り出典:Liberty Home 間取りプラン実例サイト

5LDKの40坪二階建ての二世帯住宅の間取りです。それぞれの階に、お風呂やキッチン、トイレなどが設置してあり、玄関や階段も分けているので完全分離型の二世帯住宅になります。

完全分離型はそれぞれ設備を設置する必要があるため、費用が単純に2倍かかります。上下で分ける場合は、玄関や階段を共有にするとその分費用が節約できるので、費用を抑えたい方は共有する部分を増やすようにしてください。

二世帯住宅の間取り50坪

50坪の二世帯住宅の間取りをご紹介します。50坪は㎡にすると約165㎡になります。大きな敷地を利用した二世帯住宅を建設できるので、さまざまなプランを参考にしましょう。

上下分離型の二世帯住宅の間取り

1階部分の間取り

50坪二世帯住宅の間取り

2階部分の間取り

上下分離型50坪二世帯住宅の間取り

出典:納得スタイルホーム

50坪の大きな二世帯住宅の間取りになり、上下分離型になります。両親と夫婦、子供2人、計6人家族が生活する二世帯住宅です。

上下で完全に分けており、完全分離型になっているため、ストレスなく二世帯住宅で広々生活できる良い例です。

二世帯住宅は2世帯が一つ屋根の下で生活するので、共同部分が多いとストレスになりやすくなります。

54坪3LDK + 3LDKの上下分離型の間取り

二世帯住宅間取り

出典:二世帯住宅間取り.com

二世帯住宅上下分離型の間取りです。真四角の形状のため、建設コストを抑えています。住宅は、作りが複雑になると建設費用が割高になるからです。

たとえば、コの字のような形状だと柱の数や壁の面積が増え、施工期間も長くなります。同じ面積でも形状が変わると手間暇が変わるので、費用は割高になってしまうのです。

二世帯住宅は分離させる部分が増えると費用が高くなる恐れがあるため、生活とは直接関係のない家の形状などをシンプルにしてコスト削減をしましょう。

二世帯住宅の間取り60坪

60坪の大きな二世帯住宅の間取りをご紹介します。60坪は㎡に表すと、約198㎡です。広い土地を持っている方は、大きな二世帯を建設して広々暮らすのに憧れますよね。

2階建て60坪の二世帯住宅間取り

2階建て60坪の二世帯住宅の間取り

出典:二世帯住宅間取り.com

玄関だけ共有してる上下分離型の二世帯住宅の間取りです。両親と夫婦、子供が2人の計6人家族になります。

キッチンやお風呂などがそれぞれ2世帯必要になるので、費用は割高になる恐れがあるので注意が必要です。

二世帯住宅の間取り【平屋】

平屋の二世帯住宅の間取りをご紹介します。地震での倒壊のリスクが少なく、階段がない暮らしやすい二世帯住宅が理想的な方は、平屋を検討してはいかがでしょうか。

40坪5LDKの平屋の間取り

40坪5LDKの間取り

出典:二世帯住宅間取り.com

54坪の平屋住宅の間取り

54坪平屋二世帯住宅の間取り

出典:間取りデータバンク

40坪6LDKの二世帯住宅の間取り

40坪6LDKの二世帯住宅の間取り

出典:平屋間取り.com

二世帯住宅の間取り【2階建て】

2階建ての二世帯住宅の間取りをご紹介します。上下で分離する方は多く見られます。階段だけを共有する場合など、いろいろな間取りの種類があるので、ぜひ参考にしてみてください。

2LDK + 3LDKの2階建ての間取り

2階建て二世帯住宅の間取り

※クリックして拡大できます 出典:SANOH HOME

上下完全分離型二世帯住宅の間取り

二世帯住宅の間取り2階建て

出典:二世帯住宅間取り.com

玄関・階段を共有している2階建て二世帯住宅

二世帯住宅の間取り2階建て

出典:二世帯住宅間取り.com

二世帯住宅の間取り【3階建て】

3階建ての二世帯住宅の間取りをご紹介します。二世帯が生活するため、狭い敷地に建設する際部屋の数やスペースなどが限られてしまいますよね。

しかし、3階建てにすることで部屋数を確保できます。狭い敷地に二世帯住宅を建設する方は、ぜひ参考にしてください。

ビルドインガレージのある3階建て二世帯住宅

3階建て二世帯住宅の間取り

※クリックして拡大できます 出典:SANOH HOME

3階建て二世帯住宅の間取り

3階建て二世帯住宅

出典:わたしの間取り

エレベーターのある3階建て二世帯住宅

エレベーター3階建て二世帯住宅

出典:アイフルホーム

二世帯住宅の間取り【完全分離左右】

左右で完全分離型になる二世帯住宅の間取りをご紹介します。上下ではなく左右で分けたい方はぜひ参考にしましょう。

2階建て左右完全分離二世帯住宅

左右完全分離二世帯の間取り出典:二世帯住宅間取り.com

まとめ

さまざまな二世帯住宅の間取りをご紹介しました。これから二世帯住宅の建設を検討している方は、あなたの条件にあった間取りを参考にしてください。

二世帯住宅は、両親と一緒に生活します。そのため、プライベートを分けないとストレスが溜まりやすくなります。些細なことでも一緒に生活するとストレスになりやすいものです。

せっかく二世帯住宅を建ててもギクシャクしたら困りますよね。そのため、プライベートを分ける部分は明確にして、お互いが暮らしやすい家づくりをしましょう。

注文住宅を700万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る