住宅ローン

住宅ローン転職のタイミング:審査前と後はどちらがいいのか

転職タイミング

キャリアアップなどによって、転職を考える方は多いです。そして、そのタイミングが住宅ローンを組むときであれば、いつ転職をすべきか悩む方は多いです。

ほとんどの方は、「転職したら住宅ローンに通らなくなってしまうのでは」と疑問に思うからです。

実際に、転職のタイミングを誤ってしまうと、住宅ローンに通らなる可能性があります。そのため、住宅購入を検討しているときに転職をするのであれば、慎重に行うようにしましょう。

そこで、ここでは住宅ローンの審査と転職について解説します。これを学び、計画的に転職を行い、住宅ローンを組めるようにしましょう。

転職をすると住宅ローンの審査に影響が出る

前述の通り、誤った時期に転職をしてしまうと、住宅ローンに通らなくなる可能性は高いです。住宅ローンの審査を行う際、金融機関が勤務年数をチェックしているからです。そのため、転職するタイミングを間違えないようにする必要があります。

このとき、勤続年数を確認するために、健康保険証の提示を求められる可能性があります。健康保険証には、入社日が記載されているからです。そのため、それによって勤続年数を確認します。

つまり、住宅ローンを組む際にウソの情報を伝えたとしても、最終的にはバレてしまいます。そのため、正確な情報を伝えなければいけません。

転職する適切なタイミング:ローン審査の前と後どちらがいいのか

前述の通り、住宅ローンを組む前に転職するのは控えたほうがいいです。勤続年数が少ないとローンの審査に通らない可能性があるからです。

そのため、住宅ローンの審査が通るまでは我慢するようにしましょう。なお、審査中に転職することも控えたほうがいいです。

審査がやり直しになる可能性があるからです。この場合、ローンに通らなくなってしまう可能性があります。その場合、家を購入することができなくなります。後々後悔しないためにも、転職計画的に行いましょう。

ただし、住宅ローンを支払っている最中であれば、転職しても問題はありません。審査が終了しているからです。

もし、転職を考えていて、キャリアアップして収入が上がるのであれば、家族のためにも仕事を変えたほうがいいです。

そして、住宅ローン返済中に転職した場合、お金を借りている金融機関にきちんと報告するようにしましょう。

転職したばかりでもローンの審査が通る場合

先ほど述べたように、基本的に住宅ローンを組む前の転職は、控えたほうがいいです。勤続年数が短くなってしまうため、お金を安定して支払えるという信用が無くなってしまいます。

そのため、ローンが組めなくなり、住宅の購入ができなくなります。

しかしながら、転職の内容によっては、転職直後でもローンの審査に通る場合があります。

これは、住宅ローンの審査が、あくまでも「安定して返済ができるのかどうか」という部分に観点を置いているからです。

そのため、同じ業種でキャリアップする場合や、転職先の企業が大手などの場合は、問題なくてローンが組める場合があります。

ただし、金融機関によってはその判断基準が異なります。そのため、心配な方は転職をする前に金融機関に相談すると良いです。

もしも住宅ローンが組めなかった場合

しかしながら、住宅ローンを組む前に転職を余儀なくされる場合も考えられます。その場合は割り切って、一時住宅の購入を諦めてしまうのも1つの方法です。

しかし、ただ単に諦めるのではく、その期間に住宅ローンの頭金を溜めるようにしましょう。

頭金を多く入れることができれば、その分住宅ローンの返済が楽になります。また、住宅購入後に余裕も生まれます。

そのため、転職によって住宅ローンを組めなくなることが、必ずマイナスになるわけではありません。逆に、しっかり準備することができたと、プラスに考えましょう。

そして、3~4年経過したら再度住宅ローンの審査を申し込みましょう。住宅ローンの場合、3~4年の勤続年数がローンの審査に通る目安になるからです。

なお、頭金も十分に溜まれば、ローンに通りやすくなります。ただ、金融機関によっては、転職して1年経過すれば審査に通る場所もあります。

したがって、いろいろな金融機関で相談してみても良いです。

また、たとえ3~4年マイホームの購入が遅れたとしても、何か特別な問題が発生するわけではありません。そのため、マイホームを購入する準備を焦らずしっかり行いましょう。

フラット35は勤務年数を絶対条件にしていない

しかしながら、住宅金融支援機構が行っているフラット35の場合、収入の条件はありますが、勤続年数は何年以上でなければいけないという条件はありません。そのため、転職後であったとしてもローンに通る可能性があります。

このとき、ローンの申請時に、前年度の収入証明を提出します。そのため、収入の条件が満たしていないと審査に通らない可能性があります。

したがって、このような場合、転職後の収入を考慮してもらうと審査が通る場合可能性があります。

サラリーマンなどで給与所得の方は、転職する先に、就職後の収入を証明する書類を作成してもらうようにしましょう。そうすることで、転職後の収入を考慮してもらえます。

ここまで述べてきたことからも分かるように、住宅の購入と転職時期が同じになるようであれば、よく考えて転職をするようにしましょう。

それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、住宅の購入と転職のどちらを優先にするのかはあなた次第です。

後悔しない選択をするために、よく考えた上で決断するようにしましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る