住宅ローン

住宅ローン借り換えのメリットとは:諸費用やかかる費用

借り換え

Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nakajiyoshi/home-kensetu.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/single.php on line 40

現代は、ここ数十年の金利と比較するとわかると通り、低金利の状態が続いています。たとえば、現代(2016年)は全期間固定金利のローンが、金利1.7%程度で借りられる一方、20年前(1996年)では、5%ほどの高金利でした。

そのため、そのころに金利が高い時期に住宅ローンを組んだ方は、金利が高かったため損をしているということになります。

そのような場合、住宅ローンの借り換えを行うことで支払う利息を減らし、総支払額を少なくすることができます。つまり、今より金利の低いローンを新たに借りて、現在借りているローンを一括返済することです。

このように、10年以上前に家を建てた方は一度借り換えを検討すると良いです。借り換えを行うことで、数百万円単位で得をする可能性があるからです。

しかしながら、実は、今支払っている住宅ローンの金利と、月々の支払い金額を正確に把握している方は少ないです。住宅ローンは数千万円単位になります。そのため、少しの金利の違いでも、数百万円単位の違いになります。

この差は大きいため、現在の借入設定を再度確認し、もし条件が悪ければ、借り換えを検討するようにしましょう。そして、メリットがあるのであれば、積極的に借り換えましょう。

ただ、そのためには借り換えの仕組みの注意点についてを理解する必要があります。これが分からないと、最大限得することができない可能性があるからです。

そこで、ここでは住宅ローンであなたが得をするための方法を紹介します。もし、条件に当てはまるのであれば、一度金融機関に相談するようにしましょう。

住宅ローンの借り換えがお勧めな人

これから紹介する条件に当てはまる方は、借り換えで得をする可能性が高いです。そのため、当てはまるかどうかを一度、確認しましょう。

  • ローン残高が1,000万円以上
  • 返済期間が残り10年以上
  • 現在借りている金利より、1%以上低い金利で借りられることができる

これらのうち2つ当てはまるのであれば、借り換えを行うことで数百万円単位のメリットが出る可能性は高いです。ただし、どのくらいの利益が出るのかについては、個人差があるので注意が必要です。そのため、必ず借り換えを行うと得をするかどうかは、プロに一度相談すると良いです。

しかし、借り換えを行うだけで100万円以上メリットが出るのであれば、行うことをお勧めします。手続きだけで、数百万円単位の得をすることができるからです。

確かに、色々な書類を書いたりするため、手間かもしれません。しかし、よく考えてみれば手続きを行うだけで、得をするということです。実際に働いて100万円稼ぐより圧倒的に楽です。

したがって、借り換えを行ったほうが無駄なお金を無くせるため、メリットが出るのであれば積極的に行うようにしましょう。

借り換えに必要な費用を考慮する

ただし、住宅ローンの借り換えには費用が発生します。そのため、それにかかる金額以上のメリットがなければ、借り換えを行う意味がありません。そのため、どのくらいの費用がかかるのかを理解する必要があります。

一般的に、借り換えをすると以下の費用がかかります。

借り換え

これから分かるように、借り換えには約数十万円単位の費用が発生します。そのため、この費用を差し引いた金額以上のメリットがなければ、行っても反対に損をしてしまいます。

たとえば、200万円(借り換えて安くなる利息) − 60万円(借り換えにかかる費用) = 140万円(借り換えによるメリット)になります。

したがって、借り換えを行うのであれば、この費用がどのくらい発生するのかを理解しておきましょう。

借り換え費用が思いのほかかかってしまったがために、あまり安くならなかったというようなことになりかねないからです。

ただし、同じ銀行でも地域ごとによって差があるため、必ずこの金額になるわけではありません。そのため、あくまでも目安であるということを理解しておいてください。

団体信用生命保険に加入できなければいけない

また、住宅ローンの借り換えにおいても、団体信用生命保険(団信)に加入しなければいけません。

これは、あなたが万が一亡くなってしまったり、高度の障害を持ってしまったりした場合、代わりにローンを建て替えてくれる保険になります。

そのため、住宅ローンを借りる際にはこの団体信用生命保険に加入する必要があります。

ただし、健康状態によってはこの保険に加入できない可能性があります。家を購入した当時は健康だったが、今は少し病気をしてしまったなどの場合、団信に入れない可能性があります。つまりこの場合、借り換えが行えません。

そのため、団体信用生命保険に加入できるうちに、借り換えを行わなければいけません。一度病気をしてしまったらなかなか団信には入れません。したがって、保険に入れるうちに借り換えを申し込むと良いです。

ここまで述べてきたことから分かるように、借り換えすることで数百万円単位のメリットが発生するケースもあります。

そのため、条件に当てはまる人は一度プロに相談してみるようにしましょう。

ただし、借り換えにはさまざまな条件があります。その中には、「健康」といった、いつまでも保つことが難しい条件も含まれています。そのため、なるべく早めに申し込むと良いです。

簡単審査でローンの残債を減らし、毎月の支払いを少なくする

当サイトの利用者が、住宅ローンの借り換えを行った所、総額で857万円も住宅ローンの返済が少なくなりました。金利が安いところに借り換えることで、返済が少なくなるからです。

そこで活用すべきサイトとして、私たちの業界の中でも有名な「住宅ローン借り換えセンター」があります。無料で住宅ローンを借り換えられるため、人気のサービスになります。

入力は3分でおわり、完全無料にて活用できます。住宅ローンを借り換えて、毎月の支払いを少なくしましょう。




Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nakajiyoshi/home-kensetu.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/single.php on line 72
合わせて読まれている記事
トップへ戻る