住宅ローン

住宅ローン完済時の手続き:抵当権抹消登記とかかる費用

完済手続き

住宅ローンを完済した場合、「抵当権抹消登記」を行う必要があります。これは、抵当権を抹消する手続きのことです。

そのため、ローン完済時にこれを怠ると、抵当権がそのまま借入先に設定されたままになります。

実は、住宅ローンを組んで家を購入すると、抵当権は金融機関にあります。そのため、完済したら、抵当権を抹消させる必要があるからです。

以上から分かるように、たとえ完済しても何もしなければ、この抵当権はそのままです。金融機関は、この抵当権を消してはくれないからです。

そのため、あなた自身で行わなければ、抵当権の登記は登記簿に残ったままになります。したがって、ローンを完済したら、まずこの抵当権を抹消させる手続きを行いましょう。

ただ、たとえ抵当権が金融機関に設定してあったとしても、銀行などが勝手に住宅を売却してしまうことはないです。

しかし、今後物件を売りたいと思ったときに、この抵当権が邪魔になります。

また、子供へ相続したり、時間が経つと必要な書類がなくなったりするため、後回しにしておくとややこしくなる可能性があります。そのため、ローンを完済したのであれば、早めに行ってしまいましょう。

抵当権抹消登記の手続き

前述の通り、抵当権は抹消しなければ、たとえローンを完済したとしても金融機関に設定したままの状態になります。そのため、抵当権抹消登記を行う必要があります。ただ、これは時間をかければ自分自身で行うことが可能です。

しかしながら、ほとんどの方が初めて行う手続きになるため、手間がかかります。なお、「どのくらいの費用がかかるのか」や、「抹消にどのような書類が必要か分からない」という方がほとんどです。

そして、抵当権抹消登記を行うにあたって、法務局に行く必要があります。ただ、業務が平日のみのため、仕事をしているなどの理由で、行くことが困難な場合は、とても不便です。

以上から分かるように、時間をかければ自分自身で行うことは可能ですが、ハードルが高いです。そのため、不動産登記の手続きを代わりに行ってくれる司法書士に依頼すると良いです。

そのほうが無駄がなくスムーズに手続きが行えます。ただし、その分費用がかかってしまうため注意しましょう。

抵当権抹消登記に必要な書類

また、抵当権を抹消するにあたって、必要な書類があります。ローンを完済すると金融機関から送られてくるため、無くさず保管するようにしましょう。

なお、このとき必要書類がない場合は、金融機関に確認してください。そして、郵送された封筒に、以下の書類が入っているはずです。不備があると手続き時に困るため、一度中身を確認しておくと安心です。

  • 抵当権設定契約証書
  • 登記原因証明情報
  • 金融機関の委任状
  • 履歴事項一部証明書
  • 金融機関の登記簿(代表者事項証明書)

これらが、抵当権抹消に必要な書類です。しかし、ほとんどの書類は見るのが初めてだと思います。また、金融機関によっては名前などが異なるため、順番に解説します。

抵当権設定契約証書は、赤い印鑑で「登記済」と押してあります。そのため、比較的わかりやすいはずです。

また、登記原因証明情報は、金融機関によって、「解除証書」「放棄証書」「弁済証書」のように名前が異なります。そのため、これらに当てはまるのが、登記原因証明情報になります。間違えやすいため注意してください。

次に金融機関の委任状ですが、これは「あなたに手続きを委任します」という意味の書類になります。

履歴事項一部証明書は、金融機関の情報に変更があった場合に、その履歴が記載してある書類になります。たとえば、金融機関の住所が変わったり、代表者が変わったりする場合です。ただし、ない場合もあるため、なかったとしても慌てる必要はありません。

そして、資格証明情報に関しても、金融機関によって名前が異なります。「代表者事項証明書」や「登記事項証明書」になっている場合が多いです。そのため、これに関しても間違えないように注意しましょう。

なお、これは有効期限が3ヵ月と限られています。そのため、期間内に手続きを行う必要があります。期限が切れてしまわないうちに、忘れずに手続きを行うようにしましょう。

司法書士に依頼するときに必要な費用

ここまで抵当権抹消登記に必要な書類について述べてきましたが、わからない場合や手間だと思う場合は、司法書士に依頼すると良いです。自分自身でも行えますが、依頼してしまったほうが早くて確実だからです。

また、自分自身で行うと、不慣れな手続きのため、1日程度はかかってしまうと思われます。そのため、調べる時間がない方や書類を作成するのが大変な方は、お金がかかるかもしれませんが、プロに頼むと良いです。

なお、現在では値段に関しても、昔と比べて安くなっています。安いところでは、5,000円程度で行ってくれるところもあります。

また、依頼する場合もインターネットで申し込みを行い、郵送するだけで良いところもあります。簡単に行いたい方はこれらを利用すると良いです。

ただ、それでも心配な方は直接会って依頼すると安心です。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る