ハウスメーカー・工務店の選び方

【注文住宅を建てる】地域の優良工務店の選び方や見分け方

工務店選び

地域の優良工務店には、選び方があります。数多くある工務店の中から、今後のメンテナンスやこれからの繋がりなどを間会えると地元の優良工務店に注文住宅を建ててもらいたいですよね。

とはいえ、どのように選べばいいのか素人目線ではわからないのではないでしょうか。

本記事では、地域の優良工務店の選び方や見分け方のポイントをご紹介します。ここでお伝えする内容を参考にして、あなたのイメージ通りの注文住宅を建ててくれる優良工務店を選びましょう。

優良工務店の選び方のポイント

工務店の選び方にはいくつかのポイントがあります。やみくもに工務店を探しても優良工務店を選ぶことは難しいため、以下のポイントに注意してください。

既に良い家を建てている工務店を探す

優良工務店の条件は、「良い家を建てることができるのか」になります。つまり、既に良い家を建てている工務店を探すことができれば、優良工務店だと判断できます。

気になっている工務店が建てた家を確認しましょう。また、実際にその工務店で家を建てたことのある方の意見を聞くのもおすすめです。

実際に家を立てた方が満足しているのであれば、その工務店で家を建ててもいいのか判断できます。

なお、工務店によっては新築の家を見学できるケースがあるため、そのようなイベントを利用して実際の住宅を確認しましょう。

第三者機関に依頼する

工務店を選ぶ際、第三者機関に依頼するのも1つの方法です。厳選された工務店の中から優良工務店を紹介してくれます。

あなたが建てたい注文住宅の意見を聞き、ヒアリングを行った後、あなたに合った優良工務店を選んでくれるのです。

自分で探す手間が省けるため、優良工務店を無料で紹介してくれる第三者機関のサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

設計事務所に依頼する

注文住宅を建てる方法の中に、設計事務所に依頼することがあります。設計事務所とは、設計士に設計をしてもらい、その後提携している工務店に建設を依頼するというものです。

設計事務所に依頼することで、こだわりのある注文住宅を建てられます。

ただし、設計だけで100万円を超える費用がかかるケースがあるため、その分費用は割高です。

設計事務所は、設計士に設計を依頼して工務店で家を建てます。そのため、「こだわりの強い家を建てたい」という方が家を建てる際は、設計事務所に依頼し、購入するケースが多く見られます。

そのため、設計士の設計した家を立てている工務店であれば、技術力の高い注文住宅を建てられるのです。「こだわりの家を優良工務店で建てたい」という方は、設計士に設計を依頼して提携している優良工務店で建築するのも1つの方法です。

あなただけの理想のマイホームを設計事務所で建ててもらいましょう。なお、設計事務所のことを建築家とも呼びます。

優良工務店の特徴とは

優良工務店には、特徴があります。やみくもに探しても良い家を建ててくれる工務店を見つけ出すことは不可能です。

そこで、以下の特徴のある工務店を探すようにしましょう。

  • 経営が安定している
  • 信頼できるのか
  • 金額の説明がわかりやすい
  • 地域でよく見かける名前
  • 現場が管理されている

優良工務店には、このような特徴があります。それでは、詳しく解説していきます。

経営が安定している

住宅の建設を依頼する際、「工務店の経営が安定しているのか」を見極めるようにしましょう。

注文住宅の建設中に工務店が倒産してしまった場合、それまでに支払ったお金が戻ってくることはありません。また、建設中の住宅もそのままです。

実際に住宅の建設中に工務店が倒産してしまい、どうすることもできなくなってしまった方もいらっしゃいます。夢のマイホームを手に入れるはずだったのに、それでは後悔仕切れませんよね。

そうならないように、経営が安定している工務店に依頼するようにしましょう。

経営が安定している工務店の特徴

しかしながら、どのような工務店だと経営が安定しているのかわかりませんよね。以下のポイントが工務店の経営状況を見極める秘訣です。

  • 建物はきれいかどうか
  • パソコンは新しいのか

工務店の決算書を見ない限り、外からでは経営が安定しているのかを確かめることはできません。そこで以上の2つに注目してください。

経営が安定していない工務店の場合、直接売り上げにつながらない設備にお金を投資することは後回しになるからです。

「リフォームしてあるのか」「事務所にあるパソコンは古いか」この2点に注意してみましょう。

大手だから倒産しないとは限らない

「大手だから倒産しない」と考えて工務店を選ぶと後悔します。

過去には、国内屈指の航空会社「JAL(日本航空)」が経営破綻しました。つまり、どれほどの大企業であっても倒産しないわけではありません。

実際に、2009年に「富士ハウス」という建設会社が、800件以上の工事を請け負ったまま突然倒産してしまいました。

もちろん、工事は途中のままで着手金などのお金が帰ってくることはありません。大手だからといって、倒産しないわけではないため、注意が必要です。

信頼できるのか

家の建設を依頼する場合、一度の高価な買い物だからこそ、信頼できる施工会社に家を建ててもらいたいものですよね。

「この工務店に家を建ててもらいたい」と信頼できる施工会社で家を建てましょう。

金額の説明がわかりやすい

家を建てる際、工務店に見積もりを依頼します。そのとき、「金額の説明がわかりやすい」工務店で家を購入しましょう。

注文住宅は、定価がありません。また、工務店ごと価格設定の基準は変わってきます。つまり、同じ住宅の見積もりであったとしても、工務店ごと価格や内容が異なるのです。

その場合、「どのような項目にいくらかかるのか」など、金額の説明がわかりやすい工務店のほうが親切ですよね。

たとえば、工務店によっては、見積もりに外構工事(エクステリア工事)の費用が含まれているところもあれば、含まれていないところもあります。

つまり、外構工事の費用が含まれていると思って契約しても、実際は別料金がかかるケースがあるのです。

一般的に、外構工事の費用は建設費に含まれていないため、それらの説明など明確にしてもらわなければ、お客様からしても後々「聞いていなかった」ということになりかねません。

工務店を選ぶ際は、金額の説明がわかりやすいかどうかを見極めて優良業者を判断しましょう。

地域でよく見かける名前

地域でよく見かける工務店は、優良業者である可能性が高いです。多くのお客様が利用しているということは、それだけその地域で有名な優良工務店である証拠になります。

工務店が家を建てる際、足場に「看板シート」と呼ばれる起業名やロゴが入ったものをつけています。そのため、地域の優良工務店の名前はよく見かけるのではないでしょうか。

家を建てている現場を見かけたのであれば、どこの建設会社が建てているのかを確かめるようにしましょう。

現場が管理されている

優良工務店は、常に現場がきれいで常に道具などが整頓されています。一方、管理がされていない現場は道具も使いっぱなしで整理整頓ができていません。

整理整頓ができているところとできていない会社であれば、どちらに家を建ててもらいたいと思いますか。

整理整頓ができている施工会社で、家を建ててもらいたいものですよね。整理整頓ができていないということは、当然、施工もそれなりです。

工務店を選ぶ際は、その施工会社の現場が「整理整頓されているのか」を実際の建設現場を覗いてみて判断しましょう。

まとめ

優良工務店を選ぶ方法についてご紹介しました。一生に一度の高価な買い物だからこそ、良い家を建ててくれる優良工務店に依頼したいものですよね。

それでは、優良工務店を選ぶポイントを今一度おさらいします。

  • 既に良い家を建てている工務店を探す
  • 第三者機関に依頼する
  • 設計事務所に依頼する

これらの方法を使い優良工務店を選ぶようにしてください。あなたの家族がこれから毎日生活する空間を優良工務店とともに造っていきましょう

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る