ハウスメーカーの特徴

アイダ設計の建て替え費用:解体費用や引っ越し費用はいくら?

アイダ設計ローコスト住宅

「家を建て替えたい。しかもなるべく安い費用で・・・」と考えて調べていくと、しばしば目にする業者が「アイダ設計」。

家の規模にもよりますが、アイダ設計では500~1,000万円の価格帯から建てられる家もあるそうです。

では、「費用は抑えたいが、しっかりとした家を建てたい」という時に、アイダ設計は果たしてどうなのでしょうか?

この記事では、ローコスト住宅を展開するアイダ設計が建てる家の特徴や魅力を紹介します。後半では、建築以外にかかる標準的な諸経費もお伝えします。

「建て替え業者にアイダ設計を選ぶか?」「建築費以外にどの程度のお金を準備しておくべきか?」の参考にしてください。

アイダ設計の特徴や魅力

アイダ設計の建てる家の特徴や魅力をお伝えします。ローコストもそうですが、それ以外にも品質の高い家づくりへのさまざまなこだわりがありますよ。

コストダウンにこだわってローコスト住宅を提供

アイダ設計はローコスト住宅にこだわり、「正直価格」を前面に押し出した営業をしています。

アイダ設計の安い秘訣
  • 自社の不当な利益は求めない
  • 正直な説明と正直な見積もりをする

というコンセプトの元、多くのハウスメーカーと比較しても低価格で家を建てることを実現しています。

一般的な戸建住宅建てる場合の平均的な坪単価の相場としては、

  • セミオーダーで50万円程度
  • フルオーダーや一級建築士に依頼する場合で60~80万円程度

で、ざっくりと考えるとよいでしょう。さらにクオリティを求めれば、それ以上に高くなります。

対してアイダ設計での坪単価は、おおよそ25~55万円程度だと言われます。

平均の相場と比べると、半分から3分の2位の安さですね。この価格での坪数別の費用は以下の通りです。

坪数 価格帯
20坪 500万〜1,100万円
30坪 750万〜1,650万円
40坪 1,000万〜2,200万円
50坪 1,250万〜2,750万円

これらの金額で、アイダ設計の建て替えでは自由設計なので、さらにコストパフォーマンスの良さが評判です。

豪華設備をふんだんに取り入れるのではなく、「最小限に良いもの」を採用するスタイルが、ローコストを望む人たちに支持されている理由ですね。

耐震性・断熱性に優れる家づくり

アイダ設計の家は、震度7クラスの耐震実験をクリア。それは机上の計算で予想したことではなく、実際に建てた家で耐震実験を行った結果です。

 

アイダ設計では、断熱材として、一部の家に「グラスウール」、メイン商品により断熱効果が高い「硬質ウレタンフォーム」を採用しています。

一般的には、ローコスト住宅にグラスウールを使用しているメーカーが多いでしょう。

しかしアイダ設計では、ワンランク上の硬質ウレタンフォームをメインで使用しています。

ローコストだからと言ってとにかく安い材料を使っているわけではなく、必要なところには必要な設備を備えて家を建てているのです。

35年の長期アフターケアを実施

アイダ設計の家には35年間の保証とアフターサービスが付いています。

入居後には定期点検が実施され、それに基づく定期メンテナンスを行うことで、最長35年間の保証が行われます。

ローコストでありながら、品質には責任を持ってもらえる安心の保証ですね。

徹底した品質保持とこだわりによる安心・安全

アイダ設計には、住む人の安心・安全のために、以下のような徹底した品質へのこだわりがあります。

熟練した職人と徹底した現場管理

アイダ設計では熟練した職人を採用し、自社担当者で徹底した現場管理を行っています。

すべては家の品質をより長く保持するためです。

品質は自社工場にあり

アイダ設計には、高い品質保持のための自社プレカット工場があります。

材料は自社で直接仕入れ、厳格に検査をしたものだけをプレカット工場でミリ単位で製造しています。

商品の表彰実績あり

アイダ設計の日々の商品開発の結果、2017年度の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」の優秀賞を受賞。省エネ性能が総合的に優れている点が表彰されました。

第3者機関の施工チェック

アイダ設計では、社内検査以外に第3者住宅検査機関に依頼し、施工チェックを実施しています。

構造耐力、雨水の侵入防止の部分等、全6回にわたり、約100項目の検査を行った後に、はじめて引き渡しに至るのです。

アイダ設計の家は、国際標準化機構から、住宅に関する2つの規格を取得しています。

  • ISO9001 : 品質管理の国際規格
  • ISO4001 : 環境管理の国際規格

ISOとは、スイスに本部を置く「国際的に通用する規格」を制定している機関です。

「世界で同じ品質のものを提供できるように」との国際的な基準を定めていて、アイダ設計の家は、その基準をクリアしているということです。

家の建て替えにかかる諸費用

家を建て替える際には、建築費以外にも諸費用が必要になります。以下に、あらかじめ用意していきたい諸費用をお伝えします。

解体費用:1坪3~4万円

家建て替え解体

家を建て替えるには、今ある家をまず解体しなければなりません。解体費用の相場の目安は以下の表のとおりです。

構造 坪単価
木造住宅 3~4万円
鉄骨造 4~5万円
鉄筋コンクリート造 6~7万円

20坪の木造住宅の解体でも60~80万円はかかるということですね。必ずしも小さな金額ではないでしょうから、建て替えの計画にはしっかりと含めておきましょう。

引っ越し費用:約20~30万円

家族
家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上
~15km未満
(市区町村内)
平均80,527 平均93,593 平均116,398 平均138,115
~50km未満
(都道府県内)
平均81,822 平均103,078 平均114,283 平均122,071
~200km未満
(同一地方内)
平均105,918 平均138,112 平均151,298 平均120,111
~500km未満
(近隣地方)
平均114,905 平均177,000 平均183,241 平均318,571
500km~
(長距離)
平均148,949 平均185,867 平均205,932 平均257,122

出典:価格ドットコム

この表の金額は、1回の引っ越し費用ですので、実際には2回の費用がかかります。規模によっては20~30万円には収まらないでしょう。

仮住まいの費用

建て替え中には仮住まいの家賃もかかります。一度家を出て戻れるまでの期間を考えると、8カ月程度の仮住まい期間が必要です。

下の表が、8万円の家賃の住居を借りた場合にかかるであろうトータルの費用です。

項目 費用
仮住まい家賃 8万円 × 8カ月分 = 64万円
敷金 8万円 × 2カ月分 = 16万円
礼金 8万円 × 1カ月分 = 8万円
総額 88万円

家賃8万円というのもひとつの目安ですし、建て替え工事も内容によっては8カ月以上かかるケースもあります。

仮住まいの費用もギリギリではなく、少し余裕を持たせて計画しておきましょう。

アイダ設計で建て替える際のポイント

アイダ設計で建て替えを検討する場合に、気を付けた方が良いポイントをお伝えします。

アイダ設計以外のハウスメーカーの意見を聞こう

アイダ設計のローコスト住宅が気に入ったとしても、建て替えの際には他社のハウスメーカーの意見を必ず聞くようにしましょう。

家の建て替えプランは幾通りもあります。どういう家にして、どこにどれだけお金をかけるかの選択は無限にあるとも言えますよ。

複数のハウスメーカーに意見を聞くと、新しい家のいろいろな可能性を知ることができます。

メーカー各社のプランの良いアイデアは、建て替えに大いに参考になります。なるべくそれらをひっくるめてできる1社に絞っていくとよいのではないでしょうか。

最終的にアイダ設計に依頼することになっても、他社の良いプラン内容を織り込んでもらうように交渉もできます。

価格は比較しないと失敗する

注文住宅相見積もり

家の建て替えの際には、複数業者から必ず相見積もりをもらって、それらを比較しましょう。

たとえ最初に相談した業者の提示した金額が希望に収まっていたとしても、すぐには契約しないほうが賢明です。

ひとつの業者の見積もりからでは、その料金が本当に安いのかはわかりません。競争相手がいないと、割高の見積もりで契約してしまうこともあるでしょう。

同じような家を建てる場合でも、業者によって差額が数百万円、あるいは1千万以上違うケースもあり得ます。

相見積もりは2~3社ではなく、5~10社ほどから取り寄せて、よく比較することをおすすめしますよ。

一括資料請求サービスがおすすめ

パンフレット

家の建て替えの際に、ぜひ活用したいのが「一括資料請求サービス」。

名前のとおり、さまざまな家の建て替えプランを、「一括で」得られる非常に便利なサービスです。

利用はとても簡単。まずは、インターネット上の一括資料請求サービスのサイトを開いて、あなたの家の建て替えに関する条件を入力して送信するだけです。

すると、あなたの家の情報が全国の優良なハウスメーカーに届き、その情報を確認したメーカーが提案を返信してくれます。

タウンライフ600社

あなたは家にいるだけで、いくつもの建て替えプランを一気に集めることができるわけですね。

後は各プランをじっくりと比較できますから、あなたの希望に合う業者を絞り込んでいけます。

業者を一軒一軒探していくよりも、断然に効率的に良い建て替えプランを選べますよ。

一括資料請求サービスのサイトはほとんどが無料ですので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

今回は、ローコスト住宅が売りのアイダ設計の建て替え費用や、建て替えの際の諸費用についてお伝えしました。

建て替え費用が安く済めばありがたいですが、それ以上に避けたいことは「建て替えの失敗」ではないでしょうか。

家に関しては、「失敗したらやりなおせばいい」と簡単に言えるものではないですものね。

ですので、失敗リスクを最小限にするためには、複数業者からプランを集めることが大事です。

必要以上にはお金をかけず、それでも「家を新しくして良かった!」という建て替えを、ぜひ実現させてくださいね。

注文住宅を723万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る