平屋

平屋って高さ制限あるの?6メートル?平屋の屋根の高さの平均やおしゃれな高さ

平屋高さ

出典:https://www.sumailab.net/ooki/work_photo/2444/61311/1/

平屋を建てるうえで考えなければならない点は、屋根の大きさや外観のデザインだけではありません。

どのくらいの高さにするのかも、よく考える必要がありますね。

「平屋をこれから建てようと思っている」、「平屋の高さについて考えたことはなかった」という人はぜひ本記事を読んでみてください。

最後まで読めば、平屋の高さについて詳しくなれますよ。

平屋の高さ制限はどのくらい?6メートル?

住宅は、地域によっては高さの制限が施されている場合があります。平屋を建てるうえで関係すると予想される高さ制限は、「低層住居専用地域の日影規制」ですね。

第一種低層住居専用地域、もしくは第二種低層住居専用地域では、軒の高さが7メートルを超えている場合に、日影規制の適用対象となります。

日影規制が適用されると、住宅のプランを再考する必要が出てきてしまうことでしょう。

ただ、平屋の住宅であれば、意識して大きくしなければ、軒の高さが7メートルを超えることはまずないでしょうね。

高くするのであっても、低層住居専用地域の日影規制が適用されないように、6メートルくらいにしておくのが得策といえます。

平屋の天井は高いのと低いのはどっちがいい?

平屋という住宅様式であれば、天井を高くすることが可能です。天井を非常に高くして、開放感を増したり、より広い空間だと感じられるようにしたりできるのは嬉しいですね。

ただ、天井が高ければ高いほど、室内空間がよいものになるかというとそうではありません。低い方がよい例として、「静かで落ち着いた空間の実現」というものがあります。

天井が高いと、先ほど紹介したように開放的な空間へとなりますが、落ち着いた空気ではなくなりますね。

この例から分かる通り、天井の高さとは、目指している空間によって、何がマッチしているのかが変わってくるのです。

家族みんなが集まるリビングは高い天井が、1人でゆったりとするのに使う和室は低い天井がマッチしているでしょうね。

このように、天井の高さは、「必ずしも高い方がよい」とはいえません。そのため、その空間に適した天井の高さにするのが吉です。

天井を高くするメリット

平屋の天井の概要について紹介したところで、高い天井のメリットを説明しましょう。

開放感がある

平屋高さ

出典:https://sfc.jp/ie/lineup/grandlife/terracestyle/space/

先ほど紹介したように、高い天井を持った部屋は非常に開放感があります。家族団らんをするのであれば、やはり開放的な空間の方がよいですよね。

また、開放的な空間だと、「子供がのびのびと育つ」、「天才肌の子になる」という話もあります。そのため、天井の高い家は子育てによいといえるでしょうね。

ロフト・屋根裏部屋を設置できる

平屋ロフト

ロフトや屋根裏部屋が設けられるというのも、天井の高い平屋の魅力ですね。

ロフトのような広い収納スペースがあれば、日々の生活空間へ物を置かずに済みます。「廊下やリビングに物が置いてあるのが好きではない」という人に、ロフトつきの家はぴったりです。

高い位置に窓をつけると室内が明るい

平屋高さ開放感

天井が高いということは、高い位置に窓を設置できるということに他なりません。床から近い位置の窓だけでなく、高いところにも窓があれば、より多くの光を取り入れられます。

また、高い窓からの光は、より奥の方まで照らしてくれるのが嬉しいところですね。このように高い天井は、光の量も照らしてくれる面積もアップしてくれるよいものなのです。

おしゃれな間取りになる

高い天井には、ロフトが設けられる、開放感が生まれるといったメリット以外にも、「おしゃれになる」という美点もあります。

高い天井につり下がっている綺麗な照明や、床から天井まで伸びる大きな壁など、高くない天井の家にはない様々なおしゃれ要素があるのがよいところです。

天井を高くするデメリット

多種多様なメリットがある反面、デメリットもいくつか存在します。理想の平屋を建てるためにも、メリットだけでなく、デメリットも理解しましょう。

天井が高いので費用がかかる

平屋高さ費用

天井が高くなると、壁や柱が大きくなり、使用する建材の量が増えますね。建材がより多く必要になるということは、当たり前ですが、天井が高くない家より建設コストが高くなってしまいます。

「建設にかかる費用はなるべく抑えたい」という人は、あまり天井を高くしない方がよいでしょうね。

冷暖房が効きにくくなる

平屋高さ冷暖房

天井が高くなる、つまり、より広い空間になれば、先ほど紹介した通り、開放感が生まれます。

ただ、開放感が生まれる代わりに、家の体積が増えてしまい、冷やしたり暖めたりしなければならない空間が大きくなってしまうのです。

冷暖房の効きのよさを重視する人や、電気代が高くなるのは避けたい人は天井を高くするのは止めておくのが吉ですね。

掃除が大変になる

平屋高さ掃除

天井が高い家では、掃除の負担が大きくなってしまいます。高い天井や高所の窓を掃除するには、柄の長いモップや脚立などが必要になりますからね。

また、長いモップや脚立といった器具の用意が必要という以外にも、「掃除した際の後処理が面倒」という問題もあります。

掃除の手間を増やしたくない人は、天井の高くない家を建てましょう。

カーテンなどのサイズが大きくなる

「天井が高いから大きな窓が設置可能」というのは、素晴らしい美点ですが、その大きな窓に見合うカーテンを見繕うのが大変です。

あまりにも大きな窓だと、通常サイズのカーテンではカバーしきれないでしょう。

天井を通常の高さにする場合のメリット

高い天井の長所短所を説明したところで、通常の高さにした場合のメリットも紹介しますね。

建設費用が高くならない

「天井を高くすると建材が余分に必要となり、コストが増える」ということは、通常の高さの方が相対的にローコストとなります。建設費をあまり高くしたくないのであれば、通常の高さに抑えておくのが賢明ですね。

冷暖房の効率が良い

天井が高い家より体積が小さくなるため、冷暖房の効きがよくなります。効きがよくなるというのは、電気代が安くなるということに他なりません。

建設費同様、費用面に大きな余裕がないのであれば、通常の高さの天井にするのがおすすめです。

照明器具が選びやすい

高い天井に設置する照明となると、掃除や電球の交換などのことを考慮したうえで選ばないとなりません。一方で、通常の高さであれば、そこまで悩まずに決められるでしょう。

天井を通常の高さにする場合のデメリット

通常の高さの天井にするメリットの次は、デメリットを見てみましょう。

良くも悪くも普通

高い天井の家にある長所もなければ、短所もありません。よくいえば、「バランスがとれている」、悪くいえば、「普通の住宅」です。

「普通でOK」という人にとってはデメリットとはなりませんが、「マイホームは特徴的なものにしたい」という人にとっては大きな問題ですね。

高い場合よりも狭く感じる

天井が高くないということは、どうしても高い天井の家より狭く感じてしまいます。

通常の高さの天井でも開放的な空間にしたいのであれば、サッシの高さを高くして、天井と同じにしてしまうのがよい手です。

室内が暗くなりやすい

高い位置の窓や大きなサッシがない分、高い天井の家より室内が暗くなりがちです。

「中庭を家の中央に設ける」という方法で光を取り入れやすくするという方法もあるので、間取りを工夫して解決しましょう。

平屋の高さで後悔しないためのポイント

「平屋を高いものにするか、それとも通常の高さにするか」という問題は、非常に悩ましいですね。ただ、悩ましくはありますが、どちらかにしなければなりません。

そこで、どうすれば住宅を建てた後、選択の結果を後悔せずに済むのかを紹介します。

プランを両方検討する

プラン比較

高い平屋とそうでない平屋の2パターン両方を検討しましょう。どちらか一方だけのプランを見たり考えたりしただけでは、「あっちにすればよかった」と後悔することになりかねません。

高い平屋にするか、そうでない平屋にするか、どちらにするのかを迷っている人は、業者に両方のプランを提案してもらいましょう。

両方の提案プランを基に家族と相談をじっくりとすれば、後悔する可能性はぐっと小さくなるでしょうね。

「こちらにして間違いではなかった」といえるように、きちんと両方のプランを検討してください。そして、より理想にマッチしている平屋を建てましょう。

平屋が得意な業者に依頼する

タウンライフ600社

平屋を建てるからには、やはり、平屋の建設が得意な業者へ頼むのが一番です。平屋を専門に建てている業者はもちろん、平屋の建設実績が多いメーカーに頼むというのも悪くないでしょう。

「最初に見つけた業者でいいや」、「名前を聞いたことのあるメーカーでいいでしょ」とならずに、きちんと調査をしたうえで決定をしてください。

調査をするのが手間かもしれませんが、一生住むことになるかもしれない家ですから、労力を惜しまずに行動しましょう。

一括資料請求サービスを上手に活用する

パンフレット

「平屋を建てるのが得意な業者へ頼むのがよい」とはいえ、「住宅メーカーのことなんて全然知らない」という人は困ってしまいますよね。

そんな人は、一括資料請求サービスを利用してみましょう。一括資料請求サービスなら、無料でたくさんの業者の間取りプランや資金計画を取り寄せることが可能です。

嬉しいことに、一括資料請求サービスは、ネットから利用が可能です。そのため、「業者の情報を集めたいけど時間がない」という人でも問題なく利用できます。

どうすればよいのか迷った人は、まずはこの一括資料請求サービスを使って、情報を集めてくださいね。

まとめ

最後に、本記事で紹介したことをまとめてみましょう。

まず、住宅を建てるうえで注意しなければならないのは高さです。低層住居専用地域に家を建てる場合では日影規制があるので、高めの家を建てる際にはよく考える必要があります。

平屋住宅であれば、あまりにも高いものでなければ気にする必要はないでしょう。

平屋の天井を高くするか、通常の高さにするかというのは難しい問題です。高くすれば、開放的になる反面、建設コストや電気代が高くなってしまいます。

予算額を含めての理想の住宅なので、自己資金の大きさやどこを重視するかを基に、高さをどうするか考えてみてください。

平屋を建てるときには、平屋を建てるのが得意な業者へ頼むのがおすすめです。

もしも、独力で得意としている業者を探すのが難しいのであれば、一括資料請求サービスを使って、情報を集めてください。

【悪用厳禁】平屋を723万円も安く買ったコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら
※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る