平屋

平屋3ldの価格・相場はいくら?月々の返済額や小さい家のおしゃれな間取り

平屋3LDK価格相場

三人または四人家族にちょうど良い間取りの3LDKの平屋を建てる場合、建物自体の価格の相場はどのぐらいになるのでしょうか?

また、平屋を建てる際に安く建てるためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

ここでは、平屋を建てる際に気を付けるべきことと、実際の平屋の間取りと価格を見ながら、3LDKの平屋について解説していきます。

3LDKの平屋の価格・相場が知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

平屋の価格は相場がない

では、平屋で3LDKの間取りの家を建てる場合、建物の価格の相場はどのぐらいなのでしょうか。

実は、平屋の3LDKの家には価格の相場というものがありません。

同じ建坪で同じ間取りの平屋でも、依頼するハウスメーカーや工務店、使用する建材によって価格が大きく変わってくるためです。

1,000万円で建てられるローコスト住宅もある

平屋は二階建て以上の家に比べて、坪単価が高くなるのが一般的です。その理由は基礎面積と屋根面積が約2倍になるなどの理由が挙げられます。

しかし、ローコストで平屋を建てる場合、費用を1,000万円程度に抑えることも可能です。

そのためには、建坪を抑える、設備や材料に高価なものを利用しない、住宅と外構のバランスを考えるなどの工夫が必要です。

こだわれば3,000万円を簡単に超える

平屋の3LDKをローコストで建てる方法は前述しました。

逆に各部屋や廊下にゆとりのある設計にし、設備や建材にこだわると簡単に3,000万円を超えてしまいます。

平屋の3LDKを建てる場合には、こだわりたい個所とそうではない個所をきちんと決めてから、予算内に収まるようにしましょう。

平屋3LDKの注文住宅の事例

ここからは、平屋の3LDKの注文住宅の事例を紹介していきます。ご自身が平屋の3LDKを建てる際の参考にされてください。

ここに紹介した価格はあくまで建物のみの価格なので、注意してください。

平屋23坪3LDKの新築プランの事例:1,124万円 + 消費税

平屋 価格 3ldk

LDKは広々と18帖も取ってあり、家族の団欒(だんらん)をゆったりとしたスペースで楽しむことができます。

キッチンや洗面・脱衣所、浴室の水回りは一か所にまとめてあるため、平屋の間取りでも楽な家事動線になっています。

収納スペースを各所に設けてあるため、片付けのスペースに困ることもありません。

ですので、各部屋を広々と使うことができる平屋の住宅プランとなっています。

間取り図

平屋 価格 3ldk

出典:アイパッソの家

この3LDKの平屋の間取りは、家事動線と収納計画が考慮されたコンパクトサイズの暮らしやすいものとなっています。

平屋24坪3LDKの新築プランの事例:1,178万円 + 消費税

平屋 価格 3ldk

家族の団欒スペースとプライベートの空間を、玄関ホールで分けた賢い間取りの平屋です。

全ての部屋に収納があるため、各部屋をいつも片付いた状態に保つことができます。

キッチンは会話が弾む対面式。料理をしながら家族の様子を眺めたり、テレビをみたりすることもできます。家事が楽しくなる間取りの平屋新築プランです。

間取り図

平屋 価格 3ldk

出典:アイパッソの家

この間取りは24坪・3LDKの平屋住宅プランの間取りの一例です。プライベートな空間を上手に確保した無駄のない間取りが特徴となっています。

各居室にクローゼットが配置されているのも大きな特徴です。

また、家族が増えた場合などに一部屋を仕切って二部屋にし、4LDKの間取りにすることも可能です。

平屋24坪3LDKの新築プランの事例:1,272万円 + 消費税

平屋 価格 3ldk

シューズクロークや各居室に奥行きのあるクローゼットが配置してあるので、収納に困ることがありません。

この充実した収納スペースがこのプランの間取りの大きな特徴です。

居室として使用するプライベートな空間と、共有スペースであるリビングを玄関ホールで上手に分けています。

水回りもスムーズな動線を考慮して配置されています。

間取り図

平屋 価格 3ldk

出典:アイパッソの家

26坪という広さを生かしてスムーズな家事動線と、十分な家事動線とシューズクロークなどの充実した収納の間取りになっています。

平屋の価格を抑えるためのコツやポイント

平屋は同じ間取りの二階建ての家よりも、割高になることが多いようです。ここでは平屋の価格を抑えるためのコツやポイントを紹介していきます。

間取りの数を減らすと安くなる

ここでは3LDKの間取りの平屋について解説してきました。

この間取りを2LDKにするなど、居室の数を減らすことで家がコンパクトになり建築費用を抑えることができます。

建築費用が予算を超えてしまう場合には、間取りの変更も視野に入れておくとよいでしょう。

ローコスト住宅メーカーに依頼すると安くなる

ローコストメーカーに平屋の3LDKの建築を依頼することで、家を安く建てることができます。

ローコストメーカーの建てる家に不安を感じるかたもいらっしゃると思いますが、安く家が建つのには理由があります。

ローコスト住宅とは

宣伝活動費を抑える、部材の大量仕入れを行うなどの方法で不要なコストを削減しているからです。

このような企業努力を行っているため安く家を建てることができるので、決して品質が悪いわけではありません。

相見積もりを必ずしよう

注文住宅相見積もり

平屋の3LDKを建てる際には、必ず相見積もりを取り建築費の比較を行いましょう。

そのためには、平屋の3LDKの家を建てる土地の形状やどれぐらいの広さの家を建てたいか、どのような設備を設置したいかなど細かな点についても決めておく必要があります。

同じような間取りや設備の家でも、業者ごとに比較すると数百万円もの差が出ることがあるので、この相見積もりを取ることはとても重要なことです。

そのようにして複数の工務店やハウスメーカーから見積もりを取り、一番安くて理想的な家を建ててくれる業者に建築を依頼するようにしましょう。

【悪用厳禁】平屋を723万円も安く買ったコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら
※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る