平屋

平屋2LDKの価格・値段は?2LDKの相場や間取りを紹介!

平屋価格2LDK

2LDKの間取りの平屋を建てる際に、費用や相場がどのくらいなのか気になりますよね。

注文住宅は値段が高いため、できれば費用を抑えたいものです。

ここでは、2LDKの平屋を建てる際の価格の相場や建築費用を安く抑えるための方法などを解説していきます。

2LDKの平屋の家を建てたい方はぜひ参考にしてください。

平屋の価格相場は1,000万円~

2LDKの平屋を建てる際にまず気になるのは、その建築費用でしょう。同じ間取りで二階建ての家を建築する場合より、平屋のほうが建築費用は高額になります。

その理由は、平屋は二階建ての家に比べて基礎工事や屋根の面積が広くなるためです。

また、2LDKの平屋と言ってもその延べ床面積や使用する建材、設備によっても建築価格は変わってきます。

このような要素を考えた時に、一般的な2LDKの平屋の建築費用の相場は1,000万円からとなります。

1,000万円で建てられるローコスト住宅もある

近年、家を建てる際に「ローコスト住宅」という言葉をよく耳にします。

ローコスト住宅

この「ローコスト住宅」とは、読んで字のごとく低価格で建築することができる住宅の事です。

安かろう悪かろうの住宅ではないの?と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、このローコスト住宅とは、建材や設備の一括購入や、広告宣伝費を最小限に抑えるといった企業努力により実現するものです。

ローコスト住宅とは

決して質の悪い建材や設備を使用したり、手抜き工事を行って建築費用を低く抑えるものではありません。

このようなローコスト住宅を建てる工務店やハウスメーカーに平屋の2LDKの建築を依頼することで、1,000万円で家を建てることも不可能ではないのです。

価格を抑えたい方は、ローコスト住宅で家を建てましょう!

こだわれば3,000万円を簡単に超える

ローコスト住宅を建てることができる工務店やハウスメーカーに2LDKの平屋の建築を依頼することで、建築費用を低く抑えることは可能です。

しかし建材や設備延べ床面積を広くとり広々とした2LDKを建てるなどさまざまな点にこだわって2LDKの平屋を建てると、費用は軽く3,000万円を超えることもあります。

この費用を準備できる方には問題はありません。

しかし、あらかじめ予算が決まっている場合には、平屋の2LDKのどこに一番こだわりたいか、延べ床面積はどの程度にするのかといった点についてあらかじめ決めておくとよいでしょう。

人それぞれプランが違うので相場に注意する

一口に平屋の2LDKと言っても、その間取りや水回りの配置などの希望は人それぞれです。

そのようなそれぞれの希望によって、建築費用の相場には大きな違いが出てきます。

ですので、一般的な平屋の2LDKの家の相場は1,000万円と前述しましたが、この金額はあくまで相場です。

建てたい2LDKの平屋の間取りなどによって建築費用の相場に違いが出てくることを知っておきましょう。

平屋2LDKの注文住宅の事例

ここでは、2LDKの注文住宅を建てる際の事例を紹介していきます。

19坪2LDKの新築平屋:961万円+消費税

平屋2LDK価格事例

19坪というコンパクトな間取りながら、広く南向きの明るいリビングが特徴の平屋建て・2LDKの住宅です。

居室の一つである6帖の主寝室も東向きで、快適に目覚めることができます。

リビングわきの4.5帖の和室は客間にぴったりで、また、一時的にリビングの広さが足りないときには開放してリビングの一部として利用することも可能です。

間取り図

平屋2LDK価格事例

出典:アイパッソの家

各居室と廊下にクローゼット、玄関わきにシューズクロークが備え付けてあるので、十分な収納スペースを確保することができます。

トイレと浴室、洗面・脱衣所といった水回りが一か所にまとめられているので、家事動線についても不便はありません。

キッチンは対面式で、リビングにいる家族との会話も弾む間取りになっています。

19坪2LDKの新築南玄関平屋:961万円+消費税

平屋価格2LDK

この住宅は19坪の建坪の2LDKの平屋建ての事例です。

コンパクトな延べ床面積ながら、広々とした16帖のリビングがある点が特徴となっています。

居室は2つ、浴室は足を伸ばして浴槽につかることができる1坪の広さがあり、充実した居住空間を実現しています。

各部屋にクローゼット、また玄関わきにシューズクロークなど随所に設置してあるため、収納場所に困ることもありません。

対面式のキッチンは、リビングの家族の気配を感じながらの料理もでき、小さい子供さんがいても安心できる作りになっています。

間取り図

平屋価格2LDK

出典:アイパッソの家

このプランでは、東側に玄関を設置しました。また家事動線を考え、水回りを一か所にまとめた作りになっています。

シューズクロークが備え付けてあるので、いつも片付いた玄関回りにすることができます。

また、南向きのリビングにはいつも日差しが降り注ぎ、家族の団欒を温かいものにしてくれるでしょう。

平屋の価格を抑えるためのコツやポイント

平屋の2LDKを建てたいけれども予算が不足している場合、その建築費用を抑えるためにはどの様な方法があるのでしょうか?

ここではその方法について解説していきます。

部屋数を減らすと安くなる

部屋数を減らすことによって、建築費用を低く抑えることができます。

例えば、ウォークインクローゼットがある場合には、普通のクローゼットに変更する、または思い切って間取りを1LDKに変更するなどといった方法です。

こうすることで延べ床面積を狭く抑えることができ、当然の事ながら建築費用を低く抑えることができます。

浴室の面積を少し狭いものにするといった少しの工夫を、平屋の2LDKの各所に施すことも効果的です。

ローコスト住宅メーカーに依頼すると安くなる

平屋の2KDKの建築をローコスト住宅メーカーに依頼することも、建築費用を低く抑えるための効果的な方法です。

前述したように、ローコスト住宅は決して「安かろう悪かろう」の住宅ではありません。

しかし、一般的な工務店やハウスメーカーに平屋の2LDKの建築を依頼する場合と比べて、使用する設備や建材、間取りなどについてどのような違いがあるのか十分に比較・検討する必要があります。

ローコスト住宅メーカーに平屋の2LDKの住宅の建築を依頼する場合には、価格のみで業者を決めてはいけません。

建てる家の内容についても、十分に打ち合わせを行うことが大切です。

相見積もりを必ずしよう

注文住宅相見積もり

平屋の2LDKを建てる際には、複数の工務店やハウスメーカーから、必ず相見積もりを取るようにしましょう。

間取りや設備、使用する建材が同じような物であっても、業者により時には数百万円の建築費用の違いが出てくるケースがあります。

相見積もりを取り、各業者の建築費用を比較することで、建築費用が安い業者が分かります。

このような方法を取ることで、必要以上に高額な建築費用を支払う必要がなくなるのです。

まとめ

ここまで、平屋の2LDKを建てる際に知っておくべきことや、平屋の2LDKの住宅の施工例の紹介などを行ってきました。

平屋の2LDKを建てる際の建築費用の相場や、建築費用を安く抑える方法、平屋の2LDKを建てる際に相見積もりを取ることの必要性などについてお判りいただけたと思います。

平屋は、同じ間取りの二階建て以上の家を建てる場合に比べて、建築費用が高額になるケースがほとんどです。

しかし、足腰が弱り二階建て以上の家に住むことが不便になった高齢者や、それ以外の若い家族にも平屋のニーズは高まってきています。

ここで解説した内容をよく理解して、建築費用を抑えつつ質の良い2LDKの家を建てるようにしましょう。

平屋を700万円安く建てる方法

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る