平屋

平屋の注文住宅の間取り集:30坪の間取り図と例

平屋間取り図50

平屋の注文住宅を購入する際、どのような間取りにするかで悩みます。2階建てに比べて部屋数が少ないため、部屋の配置などの選択肢が限られてくるからです。

特に、30坪の間取りになると、無駄な部屋があると生活する上で影響が出てしまう可能性があります。

そこで、このページでは30坪の間取りの紹介していきます。ここで、どのような平屋があるのかの参考にして、あなたの家づくりに役立てるようにしましょう。

ウッドデッキのある間取り

ウッドデッキ平屋

出典:平屋の間取りを考えよう!

住宅を購入する上で、ウッドデッキを採用する家が人気を集めています。庭と室内をつないでくれるため、いろいろなことを行えます。

たとえば、夏になったらバーベキューを行ったり、洗濯物を干したりすることができます。その他にも、お茶したり、読書をしたりすることが可能です。室内ではなく、青空で飲むお酒はとても格別です。

また、お子さんがいる家庭は、夏にプールなどを置くことができるため、足を汚さず楽しめます。

これから分かるように、ウッドデッキは第二のリビングといっても過言ではありません。ぜひ、室内では味わえない開放感を感じてみてください。

広い玄関の間取り

和室のある3LDKの南入り

出典:住みやすい間取りの実例集

毎日出入りをするため、玄関が広いと外出や帰宅がしやすいです。そのため、快適に日々の生活が送れます。

広いスペースがあると、自転車をしまったりベビーカーをしまったりできるため、雨ざらしになると痛んでしまうものを大事に補完することができます。その他にも、園芸品や家庭菜園のものなどを収納することが可能です。

また、玄関が広ければ、来客時にそこで対応できるケースが多くなるため、用事を玄関内で解決できます。

たとえば、営業の訪問があったとしても、玄関が広ければそこで話が可能です。狭いと窮屈に感じますが、広いスペースであればストレスなく活用できます。

このように、玄関が広いと様々なケースに対応することができます。まるで部屋のような役割を果たしてくれるはずです。

スポンサードリンク




中庭のある平屋の間取り

出典:すまいポート21

中庭は、外から見えなければプライベートな空間になります。仕切られている空間になるため、安心して子供達を遊ばせることができます。

お子さんを遊ばせる際、毎回公園などに行くのは面倒です。ちょっとしたときは中庭で遊ばすことができれば、お子様の成長にとっても有意義なものになります。

また、外から見えなければ、防犯面やプライバシーを気にせず窓を開けることができます。ついつい、部屋が汚れていたり、散らかっていたりすると外部を気にしてしまいがちです。

しかし、外から見えなけばそのような心配をすることはありません。気軽に窓を開けることができるため、新鮮な空気を室内に取り込めます。

その他に、光は南側から入るため、北側の部屋は暗くなりがちです。そこに、中庭があれば自然に明るくなります。

室内が暗いとどんよりしてしまいますが、光が差し込めがとても明るい部屋になります。

このように、中庭があるとプライバシー面などを気にすることなく、生活することが可能です。存分にあなただけの空間を楽しみましょう。

ただし、30坪の平屋で中庭を設けると、スペースが限られてしまうことを覚えておきましょう。

サウナのある30坪の間取り

30坪 平屋 間取り

出典:平屋間取り.com

サウナのある住宅で暮らしてみたい方は多いです。健康ランドや温泉などにしかないため、自宅で汗を流したいと思うからです。

汗を流してダイエットやサウナ好きの方にとっては、とても有意義に暮らせるはずです。

ただし、設置費用がかかるため、建設費用がその分必要になることを忘れてはいけません。ぜひ、自宅にサウナを設けて、気持ちよく汗を流しましょう。

高齢者向けバリアフリーの平屋

出典:住みやすい間取りの実例集

今は健康で良いかもしれませんが、年齢を重ねると少しの段差でも足をつまずくようになります。また、トイレなどにも手すりがないと立ち上がるのが大変になります。

ちょっとしたことが、ストレスになり生活がしにくくなります。

そこで、生活が負担になってしまう前に、今から老後を考えてバリアフリーの間取りにすると良いです。そうすれば、後々リフォームする必要もありません。

また、後から必要になるリフォーム費用などを抑えることができます。

これから分かるように、今からバリアフリーのことを考えて間取りを決めると、年齢を重ねてから生活が快適になります。

まとめ

平屋の30坪は、部屋数や広さに限りがあります。そのため、むやみやたらに間取りを決めてしまうと今後歩むライフプランに支障がでてくる可能性があります。

生活しにくくなるため、実際に生活することをイメージして間取りを決めるようにしましょう。平屋の30坪あっても、工夫次第ではスペースを有効活用することができます。

ぜひ、ここで紹介した間取りを参考にしてあなたの家の建設に役立ててください。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る