注文住宅

日本ハウスホールディングスの評判は?【坪単価・口コミ・間取り】

日本ハウスホールディングスに依頼して注文住宅を建てようかと考えている場合、日本ハウスホールディングスの評判・口コミは、前もって知っておきたいところです。

さらに、日本ハウスホールディングスに依頼した場合の坪単価や住宅の間取りも知っておくことも重要です。

それによって、「日本ハウスホールディングスに頼むと、どのくらいの予算でどのような間取りの住宅が建てられるか」がイメージできるようになります。

このページでは、日本ハウスホールディングスの評判や特徴、坪単価、口コミ、間取りについて、それぞれご紹介していきます。

日本ハウスホールディングスの基本情報・特徴

日本ハウスホールディングスは、東京都千代田区に本社を構えており、そこから全国に展開している有名ハウスメーカーの1社です。

さらに、日本の気候に合うような木材を採用し、災害に強い家づくりに定評があります。

日本ハウスホールディングスが強みを理解したうえで家づくりの依頼を検討するため、まずは、日本ハウスホールディングスの基本情報と特徴についてご紹介します。

檜(ヒノキ)へのこだわりのある家づくり

日本ハウスホールディングスの場合、厳しく選び抜かれた檜(ヒノキ)を高い精度で加工した集成材を使うのが特徴の1つです。

檜には、防腐・抗菌・殺菌作用があり、それによって「シロアリの被害が起こりにくい」というメリットがあります。

さらに、気持ちをリラックスさせる効果もあるので、健康的な生活をするのに役立つことが期待できます。

檜を使った家づくりをご検討中であれば、日本ハウスホールディングスは間違いがない選択肢の1つだと言えるでしょう。

グッドストロング工法で作る耐久性が高い住宅

日本ハウスホールディングスの「グッドストロング工法」とは、日本伝統の工法に新しい技術を組み合わせた工法です。

よりくわしく言いますと、柱・壁・床をそれぞれ丈夫なものにしたうえで、それらと制震パネルを組み合わせて建築していく工法になっています。

グッドストロング工法により、耐震等級3をもつ住宅が建築できます。

そして、耐震性を測る振動実験では、阪神・淡路大震災の2倍にあたる揺れにも耐えられたようです。

さらに、耐震性に加え、優れた耐火性を誇る構造での家づくりもできます。

そのため、地震などの災害に強い家づくりをしたい方にも、日本ハウスホールディングスはおすすめの1社です。

直営方式の棟梁システムによる施工

日本ハウスホールディングスは、「棟梁システム」というシステムを採り入れて住宅建築を行います。

棟梁システムは、「下請け業者は代理店を介さずに、ハウスメーカーと棟梁が直接やり取りを行う」というものです。

棟梁システムの導入により、お客さまと棟梁との距離感が近づき、信頼感が高まって安心して工事を任せられるメリットがあります。

定期点検ではなく感謝訪問を行う

日本ハウスホールディングスでは、自社で建築した住宅のお客様に対し「感謝訪問(ホームドクターシステム)」のアフターサービスを行います。

感謝訪問は、住宅の引き渡し後の5年目までは年2回、6年目以降は年1回の頻度で訪問を行い、住んでいる住宅をチェックしてくれるサービスです。

さらに、日本ハウスホールディングスは、24時間対応可能なコールセンターを自社にて運営しています。

そして、自社が施工した注文住宅に何かトラブルがあった際、時間帯に関係なく、いつでもしっかりと対応するのも、日本ハウスホールディングスで家を建てるメリットです。

日本ハウスホールディングの間取りの事例

日本ハウスホールディングに依頼して家を建てた際の参考イメージとしていただくため、日本ハウスホールディングの間取りの事例をご紹介します。

こちらの項目で、「実際にハウスホールディングに建築を依頼した方がどのような住宅を手に入れているのか」について、ぜひチェックしておきましょう。

機能美のある和風モダン住宅

出典:日本ハウスホールディングス

日本ハウスホールディングスが施工した和風モダンの住宅です。木造の味わいを残しつつも、現代風を意識した外観デザインとなっています。

日本ハウスホールディングスであれば、木の雰囲気を残しつつも現代風のおしゃれな注文住宅を建てることも可能です。

敷地面積 500.00㎡(151.28坪)
1階部分床面積 112.00㎡(33.81坪)
2階部分床面積 60.36㎡(18.22坪)
延べ床面積 172.36㎡(52.03坪)
用途地域 調整区域

リビングダイニング

出典:日本ハウスホールディングス

和室

出典:日本ハウスホールディングス

リビングダイニングのうち、リビングには琉球畳、ダイニングには檜の無垢材を使用するなど、素材のこだわりが複数採り入れられています。

また、和室は落ち着きつつも広々としたスペースになっていて、来客時の客間などとして使用可能です。

内装まで和モダンにこだわった住宅を建築してみたい方は、ぜひ日本ハウスホールディングスでの建築を検討してみてはいかがでしょうか。

車好きの方が満足しているガレージハウス

出典:日本ハウスホールディングス

出典:日本ハウスホールディングス

車が大好きな方が、日本ホールディングスに依頼して建築したガレージハウスです。

独特のおしゃれな外観デザインが特徴であり、向かって左側にシャッター付きのビルトインガレージがあります。

ビルトインガレージ内のスペースは広めであり、車のメンテナンスや荷物などを置くのに最適です。

日本ハウスホールディングスに依頼することで、こちらの注文住宅のような、おしゃれで実用性のあるガレージハウスを建てることもできます。

敷地面積 225.61㎡(68.11坪)
1階部分床面積 96.00㎡(28.98坪)
2階部分床面積 56.00㎡(16.91坪)
延べ床面積 152.50㎡(46.04坪)
用途地域 第一種住宅地域

リビングダイニング

出典:日本ハウスホールディングス

キッチン

出典:日本ハウスホールディングス

リビングダイニングには、大きめの吹き抜けが設けられていますが、グッドストロング工法によって冬場でも寒くありません。

また、キッチンは対面式のものを設置しており、カウンターにて家族同士でコミュニケーションを取ることも可能です。

さまざまなこだわりを採り入れたガレージハウスを建ててみたい場合、ぜひ日本ハウスホールディングスにて、こちらのような住宅の建築を検討してみてはいかがでしょうか。

斬新な和モダンの家

出典:日本ハウスホールディングス

出典:日本ハウスホールディングス

日本ハウスホールディングスが施工を行った、デザインにアレンジが効いている和モダンの住宅です。

玄関の手前側に設置した「丸窓付きの目隠し塀」がおしゃれであり、外観も木製にすることで圧迫感が抑えられています。

日本ハウスホールディングスに依頼する場合、こちらの住宅のような個性的な和モダンの住宅を建てることも可能です。

敷地面積 239.47㎡(72.45坪)
1階部分床面積 70.18㎡(21.19坪)
2階部分床面積 59.10㎡(17.84坪)
延べ床面積 129.2㎡(39.03坪)

リビングダイニング

出典:日本ハウスホールディングス

ダイニングの外のウッドデッキ

出典:日本ハウスホールディングス

リビングダイニングには、無垢材が使用されており、室内を清潔感があって明るい印象にしています。

また、ダイニングの外側にある庭には、住宅のイメージに近いデザインをしたウッドデッキが設置されており、外でゆったりとくつろいだり食事をとったりすることも可能です。

さらに、デザインだけでなく「夏は涼しく、冬は暖かい」「優れた耐震構造」など、性能の面でも安心して生活できます。

このような、おしゃれな和モダンで過ごしやすい住宅を建てたい場合、ぜひ日本ハウスホールディングスでの住宅建築を検討してみましょう。

シンプルでありつつもアイデア満載の家

出典:日本ハウスホールディングス

日本ハウスホールディングスが施工を行った、木の温かみとシンプルなデザインが特徴的な住宅です。

また、「柱には節がなくて品質に優れる檜を使う」など、自然の上質な素材が採り入れられています。

デザインに大きなこだわりがあるわけではない場合でも、担当者からのプラン提案などが受けられ、こちらの住宅のような木の温かみのある住宅も建築可能です。

敷地面積 225.95㎡(68.21坪)
1階部分床面積 64.50㎡(19.47坪)
2階部分床面積 56.00㎡(19.47坪)
延べ床面積 120.50㎡(36.38坪)
用途地域 第一種住居地域

リビング

出典:日本ハウスホールディングス

和室

出典:日本ハウスホールディングス

リビングについては、柱に上質な檜が使われ、壁材に珪藻土を採り入れて自然な印象に仕上げられています。

また、和室には壁に「香炉からの香りをイメージした模様」が描かれており、おしゃれな印象を感じさせる室内です。

室内にさまざまなこだわりを採り入れた住宅を建ててみたい場合には、日本ハウスホールディングスで住宅の建築プランを立ててみてはいかがでしょうか。

外観デザインが分けられた二世帯住宅

出典:日本ハウスホールディングス

日本ハウスホールディングスが施工を担当しており、1階部分と2階部分とでデザインが異なる二世帯住宅です。

親世帯の方が住む2階部分は和風の外観であり、子世帯の方が住む1階部分は洋風を意識したデザインになっています。

そして、外装に同じ素材を使うことで、違う方向性のデザイン同士でも、チグハグな印象にならないように工夫されているのが特徴です。

日本ハウスホールディングスに依頼することで、デザインの方向性が違いつつも、一体感のある外観の二世帯住宅を建てることもできます。

敷地面積 628.66㎡(190.17坪)
1階部分床面積 255.85㎡(76.96坪)
2階部分床面積 138.50㎡(41.81坪)
延べ床面積 394.35㎡(118.77坪)

玄関

出典:日本ハウスホールディングス

子世帯のリビング

出典:日本ハウスホールディングス

親世帯の方が住む和風を意識した1階部分は、「玄関に自然の石を使う」など、自然を感じさせるデザインも採り入れられています。

また、子世帯の方が住む洋風デザインの2階部分は、シンプルで家事のしやすさを意識した室内が特徴です。

さらに、親世帯の方が住む1階部分と同じく、「壁に珪藻土を使う」などの自然素材が採り入れられています。

外観デザインと素材にこだわった二世帯住宅をご検討中であれば、ぜひ日本ハウスホールディングスでの住宅建築を考えてみても良いでしょう。

日本ハウスホールディングスの坪単価などのデータ

日本ハウスホールディングスにおける「坪単価などのデータ」を一覧表にてご紹介します。

会社設立日 1969年2月13日
本社所在地 東京都千代田区飯田橋四丁目3番8号 日本ハウスHD飯田橋ビル
売上高 470億円
年間着工数 約1,000棟
坪単価 約55万円~
工法 グッドストロング工法、Jエポック工法

日本ハウスホールディングスの評判・口コミ

こちらでは、日本ハウスホールディングスの評判・口コミについて、良いものと悪いものとに分けてご紹介していきます。

それぞれの評判・口コミを参考にしていただき、「日本ハウスホールディングスに依頼するべきか」をご検討いただけたら幸いです。

良い口コミ

日本ハウスホールディングスについての良い口コミとして、以下のようなものが見られました。

営業マンの印象が良かった

知り合いが日本ハウスで建て、好評価だったで見学に行きました。

その前に何社か見学にいったのですが、営業マンの印象も悪く、しつこかったのに対し、日本ハウスHDの営業さんはとてもいいかたでした。

対応する営業マンによっては、「しつこくて印象が悪い」といったケースもあります。

その一方で、日本ハウスホールディングスのように対応する営業マンの対応が良ければ、住宅建築に関するさまざまな情報を聞いたり相談できたりするのがメリットです。

上質な素材を使っている

日本HDさんは材料も檜を使っていたり、いい材料を使用しているためいいかとおもいますよ。

日本ハウスホールディングスのように、檜などの自然素材や品質の良い素材を使うハウスメーカーであれば、健康的で安心できる住宅が建てられるでしょう。

落ち着く印象の住宅が建てられた

懐かしい感じがして気持ちが落ち着く感じがします。

純和風ではなくて、ソファや椅子の生活もしっくり馴染んでいる感じがいいなと思います。

デザインにこだわりつつも、気持ちが落ち着く住宅を建てて住むことで、毎日が楽しく快適に暮らせるようになります。

悪い口コミ

一方、日本ハウスホールディングスについての悪い口コミとして、以下のようなものが見られました。

他社より高かった

コストパフォーマンスが良いと感じて契約したが今になってみたら他社より高い。

施工を検討するお客様によっては、日本ハウスホールディングスでの建築費用が高いと感じてしまうこともあるようです。

できるだけ建築費用を抑えたい場合、ローコスト住宅メーカーでの建築も検討してみると良いでしょう。

担当者が他社の悪口ばかりを話していた

ここの担当者は他社を貶める発言ばかりで気分を害し、お断りしました。

担当者によっては、他社の悪口ばかりを話す業者もいるようです。

そのような担当者に出くわしてしまった場合は、他の担当者に話を聞くようにするなどして、担当者を変わってもらった方が良いでしょう。

施工担当者が隣の住宅への配慮に欠けていた

工事の際に隣の家に迷惑をかけてしまいました。養生が悪かったために傷をつけ汚してしまいました。

元の通りにして欲しいと伝えたそうですが、「出来ない」の一点ばり!困った隣の奥さんが我が家に相談に来ました。

プロなんだから傷や汚しをしない、へまをしたら誠意を持って対処してほしい

施工を行った業者・棟梁によっては、工事の際に隣の住宅への配慮に欠ける業者もいるようです。

こうした事態を予防する場合、施工を行う業者・棟梁の評判をチェックしてみるなどして、「適切な対応ができる業者かどうか」を見極めるのも1つの対処法になります。

まとめ

日本ハウスホールディングスは、檜などの自然素材にこだわっており、「棟梁システム」などの独自のシステムを展開しているハウスメーカーです。

日本ハウスホールディングスの評判には、「担当者が気持ちの良い対応をしてくれた」「上質な素材で家づくりできる」といった良い口コミがあります。

ただ、担当する営業マンや棟梁によっては、「対応に問題があった」などの悪い口コミもあります。

そのため、それらの評判・口コミを踏まえたうえで、「日本ハウスホールディングスに依頼するべきか」を判断するのが大切です。

今回ご紹介した内容を参考にしていただき、「日本ハウスホールディングスに注文住宅の建築を依頼するかどうか」「どのような住宅を依頼するか」などを検討していただければ幸いです。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る