住宅・リフォームの費用

大規模戸建て全面改装フルリフォーム費用:1000万円のリノベーション

フルリフォーム・リノベーション

中古の戸建て住宅を購入して大規模リフォームを行う際、「どのくらいの費用がかかるのか」という相談は多く受けます。

戸建てを全面改装する場合、リノベーション(大規模リフォーム)の費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。

そこで本記事では、気になる戸建て住宅をフルリフォームする際の費用をご紹介します。

戸建てフルリフォームの費用の事例

戸建てをフルリフォームする費用別の事例をご紹介します。費用に応じて大規模リフォームの内容も変わってくるため、ここでお伝えする価格を参考にしてください。

ただし、フルリフォームの費用は都道府県や施工会社によって異なります。そのため、あくまでも目安程度に捉えるようにしてください。

800~1,000万円の大規模リフォーム

キッチンリフォーム

戸建てをリフォームする上で、800~1,000万円の費用があれば、間取りの変更などある程度好きな仕様にリフォームできます。

キッチンの種類やリビングの大きさなど、あなた好みの仕様にフルリフォームできるのではないです。せっかく戸建てリフォームするのであれば、好きな仕様にしたいものですよね。

その場合、800~1,000万円程度の費用を目安にしましょう。

1,000万円以上のフルリフォームの事例

中古住宅リノベーション

戸建てを全面改装する際、1,000万円以上の費用があれば機能性はもちろんのこと、デザイン性にもこだわることができます。

キッチンを最新の対面キッチンにしたり、材料を自然素材のものにこだわったりできるでしょう。

フルリフォームは、屋根や基礎などを元々ある建物を利用することができるため、新築に比べて費用を抑えることができます。そのため、好きな仕様にできるのです。

戸建てを大規模リフォームするのであれば、あなたの好きな仕様にリフォームしましょう。そして、お得に理想のマイホームを手に入れてください。

戸建てフルリフォームのメリット

戸建てをフルリフォームする際、以下のメリットがあります。

  • 安くマイホームを購入できる
  • 好きな仕様にできる
  • 住みたい地域に住める

新築住宅を購入する場合に比べて戸建てリフォームには、いろいろなメリットがあります。それでは、順番にお伝えしていきます。

安くマイホームを購入できる

中古の戸建てを購入して全面改装すれば、新築住宅に比べて安くマイホームを購入することができます。

たとえば、中古の戸建てを1,000万円で購入したと仮定します。そして、1,000万円の費用で全面リフォームすれば、2,000万円の費用で住宅を手に入れられるのです。

通常、土地付きの住宅を購入する場合、建売住宅で3,000万円程度の費用になります。注文住宅の場合、3,500万円以上の費用が必要です。つまり、2,000万円で好きな仕様の戸建てを手に入れられることになります。

建売や注文住宅に比べると、フルリフォームする場合がいかにお得なのかがわかります。

好きな仕様にできる

戸建てをフルリフォームする場合、好きな仕様にリフォームできます。新築住宅とは違い、屋根や基礎などに費用がかからないからです。

注文住宅でも、好きな仕様にすることができますが、費用が高くなるため予算オーバーになってしまう方もいるのではないでしょうか。

中古の戸建てを購入して大規模リフォームを行えば、好きな仕様にできます。住みやすくオシャレな戸建てにフルリフォームしましょう。

住みたい地域に住める

中古の戸建てであれば、住みたい地域に住むことが可能です。新築ではとても手が出せないような場所でも、中古の戸建てであれば安く購入できるからです。

家を買うということは、そこにずっと住み続けるということです。そのため、駅やスーパーなどに近い場所に、できれば住みたいものですよね。

住みたい地域に住めることを考慮すると、新築住宅ではなく中古の戸建てを購入して大規模リフォームするのも1つの方法です。

戸建ての大規模リフォームのデメリット

戸建ての大規模リフォームには、以下のデメリットがあります。いい点ばかりではなく、悪い部分も踏まえた上で判断するようにしてください。

  • 戸建てによってはリノベーションに制限がある
  • 修理費用が高額になる可能性がある

順番に解説します。

戸建てによってはリノベーションに制限がある

戸建てによっては、リノベーションに制限があります。増築など土地の条件が関係する場合です。

土地には、「建ぺい率」によってその土地にどれくらいの大きさの建物を建ててもいいのか決まっています。

建ぺい率

土地の大きさに対して、建てられる家の大きさは決まっているため、戸建て住宅を増築する場合はできない可能性があります。

戸建て住宅を購入して増築などのリフォームを行おうと検討している方は、土地の建ぺい率などをあらかじめ確認しておくと安心です。

修理費用が高額になる可能性がある

中古の戸建て住宅は、安く購入することができます。しかし、傷んでいる物件の場合、修理費用が高額になる可能性があります。

特に、中古物件は空き家の期間メンテナンスをしていない場合があるのです。一般的に、外壁塗装は10年に1度の頻度で行います。

しかし、築10年で前のオーナーが売りに出した場合、メンテナンスをしていない可能性があります。そのため、最悪の場合雨漏りしているケースも考えられるのです。

できれば、メンテナンスをしていて状態の良い物件購入したいのではないでしょうか。

中古の戸建てを購入する際は、どの程度空き家の期間があったのかを不動産会社に確認しておくと安心です。必ず相談するようにしてください。

失敗しない中古戸建ての選び方

中古の戸建てを購入する上で、物件選びは重要です。できるだけ安く状態の良い中古の戸建てを購入してリフォームしたいものではないでしょうか。

これからご紹介することを参考にして、中古戸建てを購入しましょう。

スケルトン部分を確認する

戸建てを購入する際は、スケルトン部分を確認しましょう。建物は「スケルトン」「インフィル」の2つに分けられます。

スケルトンとは、柱や梁などの建物自体のことです。そして、インフィルとは内装のことになります。

スケルトンインフィル

出典:西洋ハウジング

戸建てを購入してフルリフォームする場合、インフィル部分ではなくスケルトンの状態が良いかどうかを確かめましょう。

インフィル部分は、大規模リフォームによって一度壊してしまうため、そこまで重要ではありません。

ただ、スケルトン部分はリフォームによって直すことはほとんどありません。柱や梁を補修する場合、大規模な工事になるため費用は高額になるからです。

また、間取りを変更する程度のリフォームでは、スケルトン部分を工事するケースはあまり見られません。そのため、スケルトン部分の状態が良い物件を探しましょう。

ただし、一般的にインフィル部分とスケルトン部分の状態が良い物件は、費用が高いケースが多く見られます。

そのため、インフィル部分が適度に傷んでおり、スケルトン部分の状態が良い中古建てがおすすめです。お得にリフォームする物件が購入できます。

これから中古の戸建てを購入する際は、インフィル部分ではなくスケルトン部分の状態が良い物件を購入しましょう。

まとめ

戸建ての全面リフォームは、1,000万円程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

戸建てを大規模リフォームすれば、安い費用で間取りにこだわったり好きな仕様にできたりします。せっかく戸建てを購入してリノベーションする場合、こだわった仕様にしたいものではないでしょうか。

また、これから戸建てを購入する場合、できるだけ安く状態の良いものを購入するとお得にマイホームを手に入れられます。

戸建て住宅をお得に購入して安く夢のマイホームを購入しましょう。

【リフォーム・建築】高品質の施工を低価格でご提供


「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。スタッフが丁寧にお答えします。

さらに、注文住宅やリフォーム・リノベーションなど家の工事を行うときに必要な知識を載せた無料冊子を差し上げます。

「なぜ、依頼先の会社によって施工費用が大きく異なるのか」「低価格で高品質の工事を実現する秘訣」など、業界の人間でしか知らない情報まで詰め込んでいます。


質の高い工事を行うためには、当然ながら知識が必要です。家の工事に必須となる最低限の知識を知り、工事の裏側を理解することでようやく手抜き工事などの失敗を防げるようになります。

優良工務店を無料で紹介

工事を電話で依頼したい場合、下の電話番号にお問い合わせください。メールでの連絡の場合、下記をクリックしてお進みください。


合わせて読まれている記事
トップへ戻る