住宅・リフォームの費用

リノベーションにかかる費用!マンションや一戸建てのポイントや秘訣

リノベーション費用

マンションや中古住宅を購入してリノベーションを検討する上で、「費用」についての相談は多く受けます。

リノベーションには、「定価」というものが存在しないため、多くの方がいくらなのか知りたいものではないでしょうか。

ただし、リノベーションの費用は、物件や工事の内容によって変わってきます。そのため、一概にいくらぐらいの費用が必要になるのかということをお伝えすることはできません。

しかしながら、リノベーションは一生に一度の買い物になるため、それでも「いくらぐらいかかるのか知りたい」ものです。

そこで、本記事ではリノベーションの費用が一体どのくらいかかるのか、マンションや一戸建ての費用の違いなどをお伝えします。ここでお伝えした内容を参考にして、リノベーションをしましょう。

目次

1.リノベーションの費用や相場

リノベーションの費用は、物件の状態や工事内容によって異なります。古い物件であれば、補修費用が必要になるからです。また、グレードの良いお風呂やキッチンにすれば、その分施工費用が高くなります。

したがって、これからお伝えする価格は、あくまでも目安程度に捉えるようにしてください。

1-1.主な価格帯は500〜1000万円

リノベーションの費用の主な価格帯は、500~1,000万円程度になります。

規模にもよりますが、2LDKや3LDKの間取りや水回りなどをリフォームする場合、この価格帯が多く見られます。これからリノベーションを検討しているのであれば、500~1,000万円程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

ただ、マンションと一戸建てでは、戸建て住宅のほうが値段は高くなりやすいです。一戸建てのリノベーションを検討している方は把握しておきましょう。

1-2.リノベーション費用の内訳

リノベーションの費用の内訳はどうなっているのでしょうか。定価が存在しないため、具体的な内容は、素人ではわかりません。そこで、工事の価格がどのような経緯で決定しているのかをご紹介します。

リノベーション費用内訳

リノベーションの費用の内訳は、大きく分けて以下の4つに分類されます。

  • 広告費
  • 利益
  • 工事代
  • 材料費

このような内訳でリノベーションの価格は決定しています。それでは、順番に紹介していきます。一般の方ではあまり知らない情報になるため、とても参考になるのではないでしょうか。

1-2-1.広告費

工務店がCMやチラシなどで宣伝すれば、その分広告費が発生します。宣伝すればするほど広告費は高くなるため、大手になるほど施工費用に上乗せされるのです。

1-2-2.利益

リノベーションの場合、約3割程度が利益になります。そのため、施工金額の3割程度は利益になるということを覚えておきましょう。

1-2-3.工事代

工事代は主に人件費などの経費のことになります。複雑で手間暇がかかる工事の場合、日数が必要になるため、その分人件費がかかります。

1-2-4.材料費

また、グレードの良いものを使えば材料費は高くなるため、予算とのバランスを考慮した上で決めるようにしましょう。

リノベーションの費用は、内容を見直すと大幅に価格が抑えられる可能性があります。そのため、値段が高いと感じたのであれば、この内訳を参考にして今一度プランを考え直すようにしましょう。

2.リノベーションの価格別の事例

リノベーションの価格別の事例をご紹介します。値段ごとの工事内容がわかれば、これからあなたが行う予定のリノベーションがいくらなのかの参考になるはずです。

2-1.500万円未満のリノベーションの事例

500万円未満のリノベーションは、家全体ではなく一部分を改修する工事になります。

たとえば、「キッチンを新しくしたい」「お風呂を広くしたい」というリノベーションがそれに当てはまります。これから500万円以下の予算で工事を検討している方は、以下の事例を参考にしてください。

2-1-1.キッチンのリノベーションの費用:300万円

アイランドキッチン

古い壁付キッチンを新しくアイランドキッチンにするリノベーションの場合、300万円ほどの費用がかかります。

水道管などを移動するため、工事の規模が大きくなるからです。キッチンの場所を移動させるようなリノベーションの場合、費用が高くなるケースが多いことを覚えておきましょう。

壁付キッチンの場合、壁に向かって作業するためどうしても孤独になりがちです。

しかし、アイランドキッチンであればリビングに向かって作業するため、家族とコミュニケーションを取りながら料理を作ったり後片付けを行ったりできます。

ただし、グレードが良いものになるとさらに費用がかかるケースがあります。よって、予算とのバランスを考慮した上でプランニングするようにしてください。

2-1-2.水回りのリノベーションの費用:450万円

水回りリノベーション

お風呂やトイレ、キッチンなどの水回りのリノベーション費用は、450万円ほどになります。

水回りは、工事の規模が大きくなりやすいため、値段は高くなりやすいです。お風呂やトイレ、キッチンなどそれぞれの費用が数十万円から数百万円になります。そのため、水回り全体をリノベーションする方は、このぐらいの費用がかかることを覚えておきましょう。

しかしながら、水回りのリノベーションは、同時に行うと施工費用が安くなります。手間暇が省けるためです。

これからキッチンやお風呂など、別々のリノベーションを検討している方は、できるだけ同時に工事を行うようにしてください。

また、水回りは毎日家族が使用します。リノベーション後の生活が良くなることを考えると、決して安い金額ではありません。水回りを一新させて快適な暮らしを手に入れましょう。

2-2.500~1,000万円のリノベーションの事例

500~1,000万円は、リノベーションで最も多い価格帯になります。実際のお問い合わせの中でも、ここで紹介する内容の工事を行う方は多く見受けられます。

以下で紹介する事例を参考にして、予算を考えましょう。

2-2-1.間取り変更のリノベーションの費用:500万円

間取り変更リノベーション

2LDKを1LDKに間取りを変更するリノベーションの費用は、500万円程度必要になります。壁を減らしたり、床を工事したりするからです。

間取りを変更して新しく壁紙や床材を張り替える場合、500万円程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

子供が大きくなり、独立してしまうと今までの部屋を使わなくなるのではないでしょうか。使わない部屋があるともったいないため、複数ある部屋をまとめて大きくしたほうが効率よくスペースを活用できます。

2-2-2.マンションのスケルトンリフォームの費用:800万円

スケルトンリノベーション

マンションをスケルトンリフォームして全体をリフォームする工事の場合、800万円程度の費用がかかります。スケルトンとは、躯体構造(梁や柱)のことです。

つまり、RC造(鉄筋コンクリート造)の場合、コンクリートが見えるまで内装を解体して、新しく作り直します。大規模な工事になるため、キッチンなどのリノベーションに比べて費用は高くなりやすいです。

しかしながら、間取りや水回りの位置などを好きな仕様にできます。あなたの理想通りのリノベーションが行えるのです。

マンションの場合、構造躯体がきれいで丈夫ならば長持ちします。リノベーションに費用をかけても、長く住み続けることができるのです。

したがって、たとえ800万円の費用をかけたとしてもお得に理想の住まいを手に入れることができるのです。

もし、これから中古マンションを購入してリノベーションすることを予定している方は、スケルトンリフォームするとこの程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

ただ、スケルトンリフォームの場合、お得な定額制のプランを行っている施工業者もいます。この場合、値段を抑えられます。費用を抑えたいというのであれば、そのようなお得な制度を使うのも1つの方法です。

ただし、工事の価格は材料費やプランによって変わるため、こだわるほど値段は高くなることを覚えておきましょう。

2-3.1,000万円以上のリノベーションの事例

1,000万円以上のリノベーションは、工事が大規模になったり、キッチンやお風呂など設備機器のグレードが上がったりするとこの価格帯になります。

一戸建ての中古物件をリノベーションする場合、値段が高くなりすぎると建て替えと費用がそこまで変わらないケースもあります。

後々、リノベーションの費用が高くなったということあるため、事前に予算とプランのバランスをよく考えて理想の方法で工事を行うようにしましょう。

2-3-1.大規模なスケルトンリノベーションの費用:1,100万円

大規模なリノベーション

坪数や㎡数が大きくなるとその分工事が大規模になるため、リノベーションの費用は高くなる傾向にあります。そのため、規模が大きくなる工事を検討している方は、予算オーバーにならないようにしましょう。

その中でも、特にお風呂やキッチンなどの場所を移動させると、費用は高くなりやすいです。配管の配置を変えるための工事が必要になるからです。

そのため、水回りは場所をできるだけ移動させずにリノベーションするようにしてください。費用が高くなりすぎることを防げます。

2-3-2.こだわりの仕様にしたリノベーションの費用:1,400万円

マンションスケルトンリノベーション

内装やグレードにこだわるとリノベーションの費用は、1,400万円程かかります。仕様やグレードによって費用は高くなるからです。

たとえば、良い素材のフローリングにしたり、キッチンやお風呂のグレードを良いものにしたりした場合です。そのため、こだわるほどリノベーションの費用は高くなることを覚えておきましょう。

しかしながら、一般的に新築注文住宅を購入する場合、2,000万円程度の費用が必要になります。仕様やグレードがこだわると、さらに加わり費用は3,000万円などになるケースがあります。

このことを踏まえると、仕様やグレードにこだわった住宅が1,400万円で手に入るリノベーションは、決して高くはない金額です。あなたも夢のマイホームをお得に手に入れましょう。

3.リノベーションにかかる3つの費用

リノベーションを行う場合、以下の3種類の費用が必要になります。

  • 物件購入費用
  • 施工費用
  • 住み始めたらかかる費用

リノベーションの費用を検討している方は、これらの費用がかかることを覚えておきましょう。それでは、具体的にどのようなお金なのか紹介します。

3-1.物件購入時にかかる費用

物件がない場合、リノベーションを行うための住宅やマンションの購入費用が必要です。立地や築年数によって異なりますが、800~2,000万円程度の費用がかかります。マンションに比べて、住宅のほうが土地の値段分、金額は高くなります。

そのため、一戸建てか集合住宅のそれぞれのメリットやデメリットをトータルで考えて、後悔のない選択をしましょう。

3-2.施工にかかる費用

先ほどお伝えしたように、リノベーションを行う際、施工費用がかかります。仕様やグレードによっても異なるため、500~1,000万円程度の費用がかかることを覚えておきましょう。

ただし、費用は工夫次第で抑えられます。間取りをシンプルな形状にしたり、水回りを一式セットなどのお得なものにしたりできるからです。

依頼する施工会社に相談し、無駄を極力減らせるのかを確認しておきましょう。

3-3.住み始めたらかかる費用

リノベーションを行い、生活し始めるといろいろお金がかかります。引っ越し費用が必要になったり、固定資産税を支払わなければいけなかったりするからです。

「実際に生活してみたらお金が無くなってしまった」という相談は少なくありません。

そのため、物件購入費用と施工費用に加えて、その後の生活にかかるお金がかかることを覚えておかなければいけません。

新生活を送ると新しい家具を揃えたり、生活雑貨を買ったりするものではないでしょうか。思いがけない出費はあるものです。そのため、その後の生活のことを考えてリノベーションするようにしましょう。

4.リノベーションは費用的にお得なのか

リノベーションの費用を気にしたとき、「新築マンションや注文住宅と比べて、果たして本当にお得なのか」という疑問を持たれる方は多く見られます。

たしかに、これらの値段を比べることはないため、本当に費用的にお得なのかわからないのではないでしょうか。

そこで、以下ではマンションと一戸建てのそれぞれの費用を比べてみます。

4-1.新築マンションと中古マンションリノベーションの比較

新しい住居を考えた場合、新築マンションと中古マンションのどちらがお得なのか考える方もいるのではないでしょうか。

費用だけで考えると、中古マンションのほうがお得です。中古物件を購入してリノベーションするため、新築に比べると値段が安い物件が多いからです。

また、新築マンションの場合、値段は本来の価格よりも上乗せされて販売されています。これは、営業費用などを回収するためです。

実は、新築マンションの価格には、営業マンの人件費や広告費、モデルルームなどのお金が含まれています。

新築マンションの費用

これらの費用が上乗せされていることからも、新築マンションに比べて、中古マンションのほうがお得に物件を購入することができます。

この分のお金を中古物件の購入費用にあてたり、いいグレードのものにしたりしたほうが、お金を無駄なくあなたや家族のために使えるのではないでしょうか。

新築マンションも魅力的ですが、費用や何にお金を使うことが一番重要なのかをよく考え、後悔のない決断をするようにしてください。

4-2.新築一戸建てと中古住宅リノベーションの比較

新築一戸建てと中古住宅をリノベーションする場合、中古物件を購入して工事するほうが値段は抑えられます。

リノベーションは、基礎や屋根などの躯体はそのまま利用するため、その分新築に比べてお金がかからないからです。

ただし、新築でも平屋にしたり、ローコスト住宅にしたりすれば費用は抑えられます。また、仕様やグレードにこだわるとリノベーション費用は高くなりやすいため、注意するようにしてください。

しかしながら、必ずしも中古物件を購入して、リノベーションすることがお得とは限りません。そのため、仕様やプランはもちろんのこと、物件の築年数などを総合的に評価し、「新築一戸建て」「中古物件」かを選ぶようにしてください。

5.リノベーションの費用を決めるポイント

リノベーションの費用を決めるポイントは、どのようなものなのでしょうか。価格が決定する要因がわかれば、お得にプランを決めたり、工事を行ったりすることができます。

5-1.間取りやデザイン

リノベーション費用は、間取りやデザインによって変わります。そのため、間取りやデザインをシンプルなものにすると、手間暇がかからないので、費用を抑えやすいです。

もし、あなたが費用を抑えたいのであれば、そのことを工務店に伝えて間取りやデザインなどをシンプルにしてもらいましょう。

5-2.物件の広さ

リノベーションする物件が広いほど、費用は高くなります。工事の規模が大きくなるからです。

たとえば、30坪と50坪の住宅では、大きい坪数のほうが使う材料や施工する広さがかわります。そのため、購入する物件が広いほど、その後の工事費用が高くなるということを覚えておきましょう。

5-3.住んでいる地域

リノベーションの施工費用は都道府県ごと異なります。都市部になるほど、人件費などが高くなるため、工事単価が高くなるからです。

たとえ、同じ内容のリノベーションであったとしても、東京と地方では費用は変わります。

リノベーション費用は都市部になるほど、高くなりやすい傾向があることを踏まえた上で、工事を行いましょう。

6.リノベーション費用を抑える秘訣

リノベーションの費用は、ポイントを抑えると値段を抑えることができます。しかしながら、工事関係者ではないお客様の中で、このことを知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、リノベーションの費用を抑える秘訣をご紹介します。

6-1.グレードを下げてコスト削減

グレードを下げると費用を抑えられます。たとえば、キッチンやお風呂などのグレードを下げることで、費用を大幅に下げることが可能です。

水回りの工事は大規模になるため、それらのグレードを下げると値段が抑えられます。また、施工会社によっては、一式セットでリノベーションを行ってくれるケースがあります。

特に、メーカーなどにこだわりのない方は、それを利用して工事を行うようにしましょう。

6-2.定額プランを利用する

施工会社によって、リノベーションの定額プランを行っている場合があります。これは、いくつかあるデザインや素材を指定して、工事を行うものです。

これにより、材料の仕入れ価格を抑えたり、施工の手間を省いたりできるため、値段を抑えることができます。

もし、特にこだわりがないのであれば、ある程度の希望を伝えた上で、このようなサービスを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

6-3.効率の良い工法でリノベーションする

リノベーションを行う際、効率の良い方法がないか施工業者に相談してみると良いでしょう。手間暇が省ければ、その分人件費などが削減されるため、施工費用が抑えられます。

ただし、施工業者の腕が試されるので、依頼する業者はよく選んで決めるようにしてください。

6-4.あらかじめ予算を決めて相談する

あらかじめ予算を決めてリノベーションのプランを相談しましょう。その範囲内でプランを組んでくれるため、希望通りの価格で工事を行えるのです。

とはいえ、リノベーションを行う業者によっては、予算を決めると手抜き工事によって値段を調節する可能性があります。工事の価格は、工程を省いたり、安い材料を使ったりすることで、価格を簡単に安くすることができるからです。

そのため、あらかじめ予算を決めて工事を行う際は、優良業者に工事を行うようにしてください。

6-5.リノベーションの優先順位を決める

リノベーション費用を抑えるのであれば、優先順位を決めるようにしましょう。どうしてもこだわりたい部分以外を節約することで、トータルの工事費用を抑えることができるのです。

たとえば、「キッチン以外は特にこだわりがない」というのであれば、それ以外のグレードを一般的なものにしたり、お得なものにしたりするのがおすすめになります。

暮らしていく上で、どうしてもこだわりたい部分はあるものです。そのため、こだわりたい部分とそうではない箇所のメリハリをつけて、プランを決定するようにしましょう。

まとめ

リノベーションの費用についてお伝えしてきました。これからリノベーションを行う方は、参考になったのではないでしょうか。

電化製品のように「定価」というものが存在しないため、知識がなければ手抜き工事を行われたり、通常の値段よりも無駄に高い工事費用を請求されてしまったりする可能性は十分に考えられます。

しかし、リノベーションの価格の内訳がわかれば、どうすれば値段を抑えられるのかがわかるのです。

リノベーションは、新築に比べ、一生に一度の買い物をお得に手に入れられます。計画的にプランを考えて、理想のマイホームを手に入れましょう。

【リフォーム・建築】高品質の施工を低価格でご提供


「見積書をチェックして欲しい」「よく分からないので、とりあえず教えてほしい」などのご相談でも構いません。スタッフが丁寧にお答えします。

さらに、注文住宅やリフォーム・リノベーションなど家の工事を行うときに必要な知識を載せた無料冊子を差し上げます。

「なぜ、依頼先の会社によって施工費用が大きく異なるのか」「低価格で高品質の工事を実現する秘訣」など、業界の人間でしか知らない情報まで詰め込んでいます。


質の高い工事を行うためには、当然ながら知識が必要です。家の工事に必須となる最低限の知識を知り、工事の裏側を理解することでようやく手抜き工事などの失敗を防げるようになります。

優良工務店を無料で紹介

工事を電話で依頼したい場合、下の電話番号にお問い合わせください。メールでの連絡の場合、下記をクリックしてお進みください。


合わせて読まれている記事
トップへ戻る