二世帯住宅

子世帯や親世帯の二世帯住宅のメリットデメリットとは

二世帯住宅メリット

二世帯住宅は、親や子供の世帯が一緒に住む住宅です。複数の家族が生活するため、いろいろな問題が起こりやすいです。

たとえば、「間取りはどのようにするのか」「キッチンやお風呂は別にするのか」など、二世帯住宅ならではの悩みがあります。

また、子供世帯と親世帯では同じ二世帯住宅であったとしても、メリットやデメリットが異なります。

そこで、本記事では子世帯と親世帯の二世帯住宅のメリットデメリットを紹介します。これを学び、両方の世帯が仲良く幸せに暮らせるようにしましょう。

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅は、文字通り二つの世帯が一緒に済むことができるため、両方の家族にお得なメリットがあります。

たとえば、子供世帯が見込める二世帯住宅のメリットは、以下になります。

  • 親世帯所有の土地を利用すれば、住宅の建設費だけで家を建てられる
  • 別々の建物に住むよりも経済的負担が減るため、金銭面に余裕がでる
  • 親世帯に子供を預けられるため、正社員での共働きが可能
  • 病気などになったとしても身内がそばにいるため、安心できる
  • 子供を預けられるため、安心して外出できる

以上から分かるように、子供世代は親世代の土地などを利用することで、住宅にかかる費用を抑えることができます。

また、お子さんを手軽に両親に預けられるため、緊急を要するような場合でも安心です。

生活をしていくうえで、これらのメリットがある二世帯住宅はとても魅力的です。両親に甘える部分は甘え、子育てなど負担がかかる部分は積極的に楽をしましょう。

一方、親世帯は以下のようなメリットがあります。

  • 孫と簡単に会えたり過ごせたりできる
  • 子供が近くにいるため、寂しくない
  • 新築に住むことができる
  • 病気などのときでも近くに子供がいるため安心
  • 金銭的な面や子育てなど子供の役に立てる

子供が独立してしまった親世代は、二世帯住宅にすることによって息子や娘達とまた生活することができます。

また、孫にも簡単に会えるため、再度子育てを楽しめます。

そして、何よりも万が一病気になった場合などは、子供夫婦がそばにいるため安心して生活できます。年齢を重ねると両親の体が心配になるため、できれば子供世帯が一緒に住むようにすると良いでしょう。

二世帯住宅のデメリット

子供世帯と親世帯が一緒に暮らすということは、良いことばかりではありません。

そこで、この項では二世帯住宅のデメリットを紹介します。「後悔先に立たず」という言葉がある通り、家を建ててから後悔しても遅いため、事前に把握しておくようにしましょう。

まずは、子世帯から順番にデメリットを解説していきます。

  • プライベートを確保できない
  • 何をするにも気を使う
  • 何かと干渉されるため、疲れる
  • 食事などの好みなど、生活スタイルが合わない
  • 孫を甘やかされるため、困っている
  • 親世帯と一緒になって暮らすと、いろいろな問題が考えられます。勝手に部屋に入られないかなどのプライバシーな問題や、姑に気を使ったり干渉を受けたりします。

一方、親世帯の二世帯住宅のデメリットは、以下のようになります。

  • 費用の負担が多い
  • 時代の変化や文化の違いを感じる
  • 生活スタイルやリズムが異なるため、合わせるのに苦労する
  • 生活する際の音や子供などの騒音がうるさい
  • 食事の好みが合わない

このように、子供の家庭とはいろいろな部分でギャップが生じるため、両親はこれらを考慮して一緒に生活する覚悟を決める必要があります。

一緒に住む両親は、以上で述べたような不満を抱えるということを覚えておきましょう。

先ほど述べたようなメリットの裏側には、これらのデメリットがあります。そして、このようなすべてのリスクを考慮した上で、理想の二世帯住宅を建設すると良いです。

まとめ

二世帯住宅は、良い点もあれば悪い点もあります。

しかし、二つの世帯が協力し合い暮らすことができれば、金銭面、子育て面においてもメリットばかりです。

これからあなたが二世帯住宅の建設を考えているのであれば、ここで紹介した良い点悪い点をよく考えた上で家を建てるようにしましょう。

注文住宅を700万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

合わせて読まれている記事
二世帯住宅間取り 二世帯住宅

【おすすめの二世帯住宅の間取り】30坪や三階建て、左右分離の事例

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
二世帯住宅の間取りは、どのようにするか悩むものです。二世帯が生活するため、お互いが暮らしやすいようにしなければいけません。 とはいえ、 …
二世帯住宅相場 二世帯住宅

二世帯住宅を建てる価格や相場はいくら?新築の予算や平均の値段は?

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
二世帯住宅を建てようと検討した際、「価格や相場が気になる」という相談は多く受けます。これから二世帯住宅は、一般戸建てとは異なるのでいくらかか …
注文住宅バリアフリー 二世帯住宅

注文住宅でバリアフリーの家を建てる!事例や費用・間取りを紹介

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
高齢者や障害を持った方が快適に過ごすための住宅をバリアフリー住宅と呼びます。段差を解消して歩きやすくしたり、手すりを設置してサポートしたりす …
完全分離二世帯住宅間取り 二世帯住宅

二世帯住宅完全分離型の間取り図集:左右分離や30、50坪の間取り

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
二世帯住宅を検討した際、二世帯住宅で完全分離型の間取りを検討している方は多くいらっしゃいます。 完全に間取りを分けることで、プライバシ …
トップへ戻る