住宅ローン

住宅ローンアドバイザーとは:金融機関の就職や営業に有利な資格

住宅ローンアドバイザー

住宅ローンに関する資格の中に、「住宅ローンアドバイザー」というものがあります。金融機関の中でも住宅ローンに特化したプロフェッショナルです。

基本的な知識はもちろんのこと、金利の種類や返済方法、シミュレーションの計算、繰り上げ返済や税金のことなど、住宅に関わるすべてのことを網羅している資格になります。

つまり、住宅ローンアドバイザーになるということは、「住宅ローンの専門家の証」になります。

そのため、すでにハウスメーカーや工務店、金融機関などで働いている方やこれから就職活動を行う方は、この資格を取得することをお勧めします。住宅ローンアドバイザーになることで、仕事の成果に繋がったり、内定しやすくなったりするからです。

住宅ローンアドバイザーができること

家を購入する際、多くの方が住宅ローンを組みます。家は一生に一度の高価な買い物です。それを失敗しないためには、家を買う前にお金の知識をしっかりつける必要があります。

しかしながら、住宅ローンはお金のことになるため、素人目線では分からないことばかりです。実際に、相談に来るお客様のほとんど、ローンのことに詳しくありません。

そこで、住宅ローンアドバイザーが親身になって相談にのり、理想のプランに導いてあげる必要があります。

たとえば、お客様が家を購入する際、「借りる金額はどのくらいがいいのか」や「月々の返済額はどのくらいが適正なのか」などの疑問があるはずです。

このようなお金の悩みに対して、住宅ローンアドバイザーであれば、持っている知識を使って解決策を提案できます。

住宅ローンアドバイザーの行動理念

また、住宅ローンアドバイザーは、お客様の立場になったつもりで、親身になってアドバイスすることを常に心掛けなければいけません。

つまり、お客様をまるで身内のように考える必要があります。そこまでしてこそ、初めて一生に一度の大きな買い物を行うお客様の相談に乗ることができます。

以上で述べた通り、相談されてくるお客様は、お金の知識がない方がほとんどです。お客様に十分な満足を得ていただくためには、アドバイザーが誰よりもわかりやすい説明を行う必要があります。

これを踏まえた上で、住宅ローンアドバイザーはただ単にお金の相談に乗るだけではいけません。お客様が抱えている潜在的ニーズを解決してこそ、本当の意味でお客様の悩みは解消されます。

たとえば、「住宅ローンの金利が知りたい」という相談を受けた場合、住宅ローンの金利における情報を伝えるだけでは不十分です。

住宅ローンにおける金利のリスクを説明した上で、さらにお客様のライフプランに合わせたものを提案する必要があります。

ここまでしてこそ、お客様のニーズを120%満たすことができ、結果としてお客様から感謝されます。

そのため、住宅ローンアドバイザーの資格を取得したら、お客様が何を望んでいるのかをよく考えて相談に乗るようにしましょう。

ここまで述べてきたことからも分かるように、住宅ローンに携わる仕事ならば、この資格を取得することをお勧めします。そのほうが、お客様のためになるからです。

住宅ローンアドバイザーの試験について

住宅ローンアドバイザーの資格を取得するためには、試験を受ける必要があります。ただ、何の知識もない状態で試験を受けても、合格できる可能性は低いです。

そのため、受験を考えた際は、住宅ローンアドバイザーの講座を受けるようにしましょう。住宅ローンアドバイザーに必要な知識などを学べます。

また、web講習にも対応しているため、忙しい方でもパソコンなどで勉強することが可能です。パソコンさえあれば、外出先でも好きな時間に何度も繰り返し、必要な知識を学べます。

なお、web通信になるため、DVDよりも安価な受講料で勉強ができます。住宅ローンアドバイザーの資格を取得するための詳しい情報は、住宅ローンアドバイザー公式ホームページに記載されています。以下のリンクをご参照ください。

住宅ローンアドバイザー公式ホームページ

ここまで述べてきたことから分かるように、住宅ローンアドバイザーは、住宅ローンに関する専門家です。そのため、住宅ローンに関する職種で働いている方やそれを希望している人は、取得するようにしましょう。

この資格を持っているのといないのとでは、説得力やお客様の安心度が違うからです。

そして、住宅ローンアドバイザーという資格に自信を持ち、日々の職務を全うしましょう。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る