住宅の基礎知識

注文住宅の新築キッチン!選び方やプラン決定の3のコツ

新築キッチン

夢のマイホームの購入にあたり、「キッチンにこだわりたい」と思う方は多く見られます。

キッチンは家事の中でも作業時間が長い場所です。つまり、キッチンが使いやすくなれば、料理や後片付けが楽になります。

新築の場合、キッチンを好きな仕様で選ぶことができるため、あなたの思い通りにすることができます。

ただし、初めてキッチンのプランを決める方は多く、「実際に使ってみると想像と違った」ということになりかねません。

実際に当サイトでは、想像通りと違ってしまい、失敗してしまった方の相談も多く受けます。

そこでここでは、実際に新築キッチンで失敗してしまった事例を踏まえた上で、これからキッチンのプランや仕様を決める際のポイントをご紹介します。

1.よくある新築キッチンの失敗例

実際にあった新築のキッチンの失敗例をご紹介します。良いと思ったプランだとしても、実際に使ってみると想像とは違うものです。

ここでお伝えする内容を参考にして、新築のキッチンのプランや仕様を決めるようにしましょう。

1-1.収納スペースに困る

キッチンは、フライパンや鍋などさまざまな調理器具を使うため、収納する場所がたくさんあると便利になります。

たとえば、以下の画像のように、キッチン内部だけではなく、壁などに収納スペースを設けるととても便利です。

キッチン収納

出典:LIXIL・リシェルSI:収納ユニット

システムキッチンだけではなく、キッチン周りにも収納があれば、ものをしまう場所に困りません。キッチンは、お皿や調理器具、家電などさまざまなもので溢れかえっています。

常にきれいなキッチンにするためにも、新築時にこのような収納スペースを確保しておきましょう。

1-2.コンセントの場所が悪い

キッチンは、炊飯器や電子レンジなどの調理家電を使うため、コンセントが必要になります。

ただし、コンセントの場所が悪かったり数が少なかったりする場合、線が届かなかったり、数が足りなかったりしてしまいます。

このとき、現在のキッチンでどこ部分にコンセントがあると便利なのかを今一度考えてみましょう。実際に生活することを吟味した上で、コンセントの配置を決めるようにしてください。

1-3.予算を削りすぎて後悔している

冒頭で述べたように、キッチンは作業時間が長い場所になります。つまり、キッチンが使いにくいと日々の家事に影響がでてしまうのです。

ただ、新築のキッチンは値段が高くなりがちです。そのため、予算を抑えようとするばかりに、安いものにしてしまう方がいらっしゃいます。

しかしながら、予算を抑えたばかりに安っぽくなってしまった上に、使いにくくなるケースがあります。

新築の場合、建設費用が高くなってしまうのはわかりますが、家の外観やデザインなどにこだわる前に、日々使うキッチンなどの機能性の部分にお金をかけるようにしましょう。

1-4.アイランドキッチンにしたら丸見えになってしまう

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、おしゃれなデザインなため、人気のキッチンです。しかし、周りから丸見えになってしまうデメリットがあります。

ショールームで一目ぼれして購入する方は多く見られますが、キッチンの中が周りから丸見えになってしまうため、常にきれいな状態を保たなければいけません。

急な来客時に、洗い物をそのまま放置した状態を見せるのは気が引けるものです。アイランドキッチンは周りから丸見えになることを想定しておきましょう。

1-5.滅多に使わない食器洗い機

新築のキッチンに、食器洗い機の設置を検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、実際の食器洗い機を購入した方の多くがあまり使わないのが現状です。少量の食器であれば、手で洗ったほうが早く、きれいに汚れが落ちるからです。

「後片付けをしなくて済む」と思い、食器洗い機を購入する方は多いですが、2人家族などの場合かえって洗浄機を使うほうが手間になってしまいます。そのため、4人家族以上など食器を洗う量が多い家庭におすすめします。

1-6.利用しない床下収納

床下収納があると、収納スペースが増えて便利だと考えるのではないでしょうか。

しかし、床下収納は、取り出すのに手間がかかるため使い勝手は悪いです。その結果、使わなくなってしまう方は多く見られます。

そこで、床下収納にしまうものは、使う頻度の少ないものにしましょう。

たとえば、調味料などのストックをしまっておくと良いのではないでしょうか。使う頻度が少なくても、いざなくなった際に床下に収納してあるととても便利です。

1-7.キッチンの高さが合わない

キッチン高さ

出典:穴吹工務店

キッチンの高さには注意しましょう。位置が高すぎても低すぎても使い勝手が悪いからです。

低すぎる場合、腰を痛めてしまう原因になります。今後数十年のことを考えた場合、キッチンの高さはとても重要なのです。

1-7-1.理想のキッチンの高さ

理想のキッチンの高さの求め方は、以下の通りです。

身長 ÷ 2 + 5㎝ = 理想のカウンターの高さ

つまり、身長158㎝の主婦の場合、84㎝が理想のキッチンの高さになります。先ほどお伝えしたように、家事をする時間が長いキッチンだからこそ使いやすい高さにこだわるようにしてください。

また、キッチンの高さは、一番作業する人の高さに合わせるようにしてください。いつも奥さんが料理を作るのであれば、その人が使いやすい高さにしましょう。

旦那さんは使いにくくなるかもしれませんが、我慢するようにしてください。それが、家事をいつも頑張ってくれている奥さんへの愛情です。

1-8.インターホンの位置に失敗した

新築のキッチンの間取りを考える際、インターホンの位置に失敗する方がいらっしゃいます。家事を行いながらもインターホンに出られるように、台所の壁に設置する方がいるからです。

しかし実際に使ってみると、家事中に来客があることはほとんどなく、かえって使いにくくなってしまいます。そうならないために、インターホンの位置はいつ誰でも家族が出られる位置にしましょう。

1-9.キッチンの色合いに失敗

新築で家を建てる際、キッチンの色合いに失敗してしまう方は多く見られます。キッチンの色を選ぶ際、ショールームなどで決める方が多いからです。

つまり、キッチン単体で色合いを決定してしまう方は、後々失敗してしまいやすいのです。

実際、キッチンの場所は、リビングやダイニングに面しているところになります。そのため、部屋の壁紙や床の色との相性を考慮して決めないと、キッチンだけ色が浮いてしまうことになります。

キッチン単体で見れば色合いが良く見えても、部屋全体でみるとキッチンだけ浮いてしまうことになりかねません。

そのようなことにならないために、キッチン単体だけで色合いを決定してしまうのではなく、部屋全体とのバランスを考えて決めるようにしてください。

2.新築キッチンにおすすめのプラン

ここでは、新築のキッチンについて考えている方におすすめのプランをご紹介します。

「どのようなキッチンにすればいいのか」という悩みを抱えている方は、ここでご紹介することを参考にしましょう。

2-1.ダイニングテーブルを配置する

キッチンにダイニングテーブル

出典:リビタ

キッチンにダイニングテーブルを設置すると、わざわざテーブルに料理を運ぶことがなくなります。

わざわざ料理を運んだり、後片付けをしたりする手間がなくなるため、家事の負担が少なくなるのではないでしょうか。

2-2.IHクッキングヒーター

キッチンのコンロを選ぶ際、IHクッキングヒーターがおすすめです。火を使わないため、安心して調理ができるからです。また、ガスコンロとは違い、フラットなため掃除がしやすい特徴があります。

そして、クッキングヒーターはデザイン性も良いです。そのため、「おしゃれなキッチンにしたい」方におすすめです。

2-3.シンクの大きさは広いものにする

家族の多い家庭だと、洗い物の量は多くなります。そこで、シンクの大きさは広いものにすると、大量の洗い物を片付けやすくなります。

狭いシンクの場合、「ごちゃごちゃして洗い物がしにくい」のではないでしょうか。食器同士が当たってしまい、割れてしまう場合があります。

そのようなストレスを無くすために、シンクの大きさは広いものにすると後片付けが楽になります。

2-4.キッチンは広いほうが料理しやすい

キッチンは、広いほうが料理しやすいです。食材を切ったり、盛り付けたりするからです。

少し手間のかかる料理を行う場合、まな板やボール、食器などを置くスペースがなくなってしまいます。

料理中にものを置くスペースがないととても不便です。これから毎日料理をすることを考えるのであれば、できるだけキッチンの広さは確保するようにしてください。

3.忙しい家事を助けるオプション

冒頭でも述べたように、家事は作業する時間が長い場所になります。また、毎日朝食や晩御飯を作ることを考えると、少しでもその負担を減らせるような仕様にするのがおすすめです。

3-1.タッチレス水栓

キッチンのオプションの中に、手をかざすだけで水を出したり止めたりできる「タッチレス水栓」があります。

わざわざ開け閉めする手間がなくなるため、調理や後片付けがとても楽になります。後片付け中に、泡のついた手で水栓を閉めることも無くなるのではないでしょうか。

3-2.食器洗い乾燥機

家族の人数が多いご家庭の場合、食器洗い機があると毎日の後片付けが楽になります。手で洗うものと食器洗い機で洗うものを分けて行えば、効率よく後片付けが行えるのです。

毎日、晩御飯の支度、後片付けのことを考えと、少しでも楽になるようなオプションを付けましょう。

3-3.レンジフード(換気扇)

キッチンの中でもレンジフードは、掃除が大変な場所です。油汚れが付着するため、汚れやすいからです。

しかし、現在では自動洗浄を行ってくれるものや掃除が簡単に行えるものがあります。

特に共働きの家庭は、仕事に家事、そして育児など、日々とても大忙しなのではないでしょうか。忙しい主婦の方は、掃除が簡単に行えるレンジフードのものにすると忙しい家事を手助けしてくれます。

まとめ

新築のキッチンは、あなたの好きな仕様やデザインにすることができます。そのため、あなたの理想通りのキッチンにするようにしてください。

とはいえ、キッチンは作業する時間が長い場所になるため、デザインばかりではなく機能性を重視するようにしてください。後々使いにくくなる可能性があるからです。

一生に一度の買い物を失敗しないために、よくプランを考えて理想のキッチンにしてください。

注文住宅の費用を安くしたいなら見積もりを比較しましょう!

当サイトの利用者が、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、一番高い業者と一番安い業者の差は、なんと684万円にもなりました。

そこで活用すべきサイトとして、私たちの業界の中でも有名な「タウンライフ家づくり」があります。全国600社以上の優良加盟店の中から、どこの業者が1番やすいのかがスグにわかるのです。

ただし、最初から見積もりを比較するのではハードルが高いため、まずは手軽に資料請求しましょう。各ハウスメーカーのパンフレットをタダでもらい、どこの工務店にするのかじっくり決めてください。

入力は3分でおわり、完全無料にて活用できます。一生に一度の高価な買い物をいい品質で安くしたいですよね。

【理想の注文住宅】手間のかかる申し込みを1度で!複数のハウスメーカー・工務店に一括資料請求

タウンライフ紹介会社
注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る