ハウスメーカーの特徴

住友不動産の注文住宅の評判や口コミ:一戸建ての坪単価や価格

住友不動産注文住宅

住友不動産で家を建てる際、どのような家が建てられるのか気になる方はいるのではないでしょうか。

評判や口コミも気になるものですよね。注文住宅は一生に一度の買い物になるため、業者選びで失敗したくないものです。

住みやすくて良い家を建てたいのが本音です。

このページでは、住友不動産の注文住宅についてご紹介します。評判や口コミ、坪単価などをご紹介しますので、これから住友不動産で家を建てたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

住友不動産の注文住宅の特徴

住友不動産は、注文住宅だけではなくビルやマンションを手掛けるハウスメーカーです。従業員数も1万人を超えるためとても大きなハウスメーカーです。

そして、住友不動産の注文住宅は以下の4つの特徴があります。

  • デザイン
  • 技術力
  • 高級設備・仕様
  • トータルサポート

具体的にどのような特徴なのか順番にご紹介していきます。

デザイン

住友不動産の注文住宅デザイン

住友不動産の注文住宅は、グッドデザイン賞(良いデザインに贈られる賞)を受賞するなどデザイン性の高さが魅力です。せっかく注文住宅を買うのであれば、デザイン性が良いほうがいいですよね。

おしゃれでかっこいい家に住みたいものです。

住友不動産の注文住宅は、デザイン性に優れている家を建設できます。「外観や見栄えにはこだわりたい」という方は、ぜひ住友不動産の注文住宅がおすすめです。

技術力

住友不動産注文住宅技術力

住友不動産は、技術力に優れています。木造住宅だけではなく、ビルやマンションといった耐震性の高い住宅を建設しているからです。

ツーバイフォー工法などの地震に強い建設方法で家を建てることができます。

軸組工法と2×4工法(ツーバイフォー)

ツーバイフォー工法は、面で住宅を建設するため揺れに強い構造です。

日本は地震の多い国だからこそ、地震に強い家を建てたいですよね。住友不動産であれば、安心してあなたとその家族が生活できるマイホームが手に入ります。

住友不動産だけでしか建てられない耐震性の高い注文住宅が建てられます。

地震に強い家を建てたい方は、ぜひ住友不動産の技術力の高い注文住宅を購入しましょう。

高級設備・仕様

住友不動産注文住宅

住友不動産は、高級感のある設備・仕様が魅力のハウスメーカーです。注文住宅ですが、ホテルのような家にすることができます。

せっかく注文住宅を建てるのであれば、あなたの好きな仕様やデザインにしたいものですよね。あなたの家に対するこだわりを表現してくれるのが、住友不動産の注文住宅です。

あなただけのおしゃれな注文住宅を住友不動産で購入しましょう。

トータルサポート

家は、建設したら終わりではありません。その後のアフターフォローが重要です。

住友不動産であれば、30年保証やお客様センターがあるため、家を建てた後でも安心して暮らすことができます。

家を建てた後もしっかりサポートしてくれるので、住友不動産はおすすめです。

住友不動産の注文住宅の実例:間取りや商品

住友不動産の注文住宅の商品をご紹介します。どのような注文住宅が建てられるのか気になりますよね。

プレミアム・ジェイ・シリーズ

住友不動産の注文住宅プレミアムjシリーズ

プレミアム・ジェイ・シリーズは、高級感のある住友不動産の注文住宅です。おしゃれでワンランク上の注文住宅を建てたい方は、プレミアム・ジェイ・シリーズで家を建ててみてはいかがでしょうか。

プレミアム・ジェイ・シリーズの外観や間取りをいくつかご紹介します。

青山のモデルハウスの外観や間取り

住友不動産の注文住宅
1階の間取り
住友不動産の注文住宅の間取り
2階の間取り
住友不動産の注文住宅間取り
3階の間取り
住友不動産の注文住宅間取り

大きなリビングとルーフバルコニーのある豪華な注文住宅です。収納スペースもあり、太陽光発電システムなどの設備も充実しています。

このような注文住宅であれば、快適に暮らせますよね。モデルハウスとして公開されていますので、一度見学してみてはいかがでしょうか。

ジェイ・アーバン・シリーズ

住友不動産注文住宅ジェイ・アーバン・シリーズ

ジェイ・アーバン・シリーズは、住友不動産が販売しているモダンデザインの注文住宅です。

以下のように複数の種類があります。

ジェイ・アーバン・シリーズ

さまざまなタイプがありますので、じっくり検討してあなたに合った注文住宅を選びましょう。

今回は、左上のジェイ・アーバンの事例をご紹介します。

ジェイ・アーバン

ジェイ・アーバン住友不動産注文住宅内装

住友不動産注文住宅開放感のある中庭のある注文住宅です。夜になると光がとてもおしゃれになるようにできています。また、大きな窓があるので、リビングはいつも明るくなります。

このような中庭のある注文住宅に憧れる方は多いのではないでしょうか。ただ単に生活するのではなく、こういった中庭を設置できるのが注文住宅の魅力です。

住友不動産では、こういったおしゃれな注文住宅が建設できます。

ジェイ・レジデンス

ジェイ・レジデンスジェイ・レジデンスは、住友不動産が販売する注文住宅の1つです。グッドデザイン賞にも選ばれているデザイン性に優れた注文住宅です。

開放感のある窓

住友不動産注文住宅間取り開放感のある窓によって広々としたリビングになります。大きな窓によって、明るいリビングになっています。

開放感のあるリビングは、とても気持ちがいいのではないでしょうか。このようなリビングに憧れますよね。

また、2階部分には4つの角すべてにバルコニーが設置してあります。こういったアイデアを実現できるのも、住友不動産の注文住宅の魅力です。

邸宅型住宅シリーズ

住友不動産注文住宅邸宅型住宅は、(ていたくがたじゅうたく:豪邸のような家)は大きな注文住宅になります。住友不動産では、大きな家に住みたい方向けの邸宅を販売しています。

大きな家に住みたい方は、邸宅型住宅がおすすめです。

邸宅型住宅は、世界各国の住宅スタイルをモチーフとしたデザインが魅力的です。種類も豊富で、以下のように多くのスタイルがあります。

Foreign スタイル

住友不動産注文住宅邸宅Japanese スタイル

住友不動産注文住宅邸宅日本スタイル住友不動産の注文住宅にはさまざまな種類があります。多くの種類の注文住宅があるので、あなたに合った商品が見つかるはずです。

まずは、商品ごとの違いなどを問い合わせてみましょう。

住友不動産の注文住宅の評判・口コミ

住友不動産で家を建設する場合、評判や口コミは気になるものです。実際に家を建てた方の意見は気になりますよね。

そこでこの項では、住友不動産の注文住宅の評判や口コミをご紹介します。評判や口コミが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

住友不動産で迷っている方の評判・口コミ

各ハウスメーカーの採用する工法によって、間取りの自由度に影響しますし、
技術的に出来る出来ない、得手不得手はありますよね。

良いか悪いかわかりませんが、スミフの営業マンの場合は人数を絞って窓口~設計までを
ひとりでまとめ上げる横割り業務?的ですね。表現が正しいか分かりませんが、
営業マン一人一人が「不動産屋のオヤジ」といった感じです。

これはチャンスが大きいことを意味していると思います。

腕利き営業マンに当たれば、採否の判断もし易いだろうし採用した場合には話が早いでしょう。

逆に力不足の営業マンに当たった場合は、判断が遅くなりますが、こちらが勉強して、 主導権を握ってしまえば良いのです。前者とは違うメリット、チャンスがあると思います。

どちらにしても、ある程度、自分の建てたい家のイメージの具体化と関する勉強は必須ですね。

e戸建てより引用

Jアーバンを検討している方の口コミ

現在Jアーバンで検討中です。新年のキャンペーン期間で32坪2100万円というプランを勧められました。

人工大理石のキッチンが付いてるとかなんとか・・。どなたか契約された方いますか?

現在他社も含めて検討中ですが34坪外構180万込で2600万程度の金額を提示されております。

e戸建てより引用

最終段階の方の口コミ

本日見積もりが来てがっかりしました。キャンペーン価格で客寄せをし、その他費用で帳尻を合わせたと思わせる内容です。

参考までに貴殿と同じオプションでも見積もり取りましたので、内容記載します。お手数ですが感想頂ければと思います。

高くて、キャンペーンのメリットないですよね?また、差し支えなければどちらの住友で購入されたかお聞かせ下さい。(無理なら地方だけでもお願いします)自分の見積もりと比べたらシーサンさんはかなり好条件だと思います。

尚、オプションの内、室内物干し昇降機は金額照会中、玄関ポーチ屋根、バルコニーアルミ手摺は詳細が不明とのことで、下記の金額に含まれていません。

ワールドデザインシリーズ 35坪
本体工事+オプション工事+現場管理費  2120万円
屋外給排水工事              70万円(地盤補強工事別途)
確認申請料+敷地調査料+設計料+長期優良住宅申請料+エコポイント申請料+構造計算料  95万円
(特に設計料が50万円)

e戸建てより引用

入居済みの方の評判・口コミ

私が利用したキャンペーン(関東)は30坪1,650万円で増坪45万円(いずれも税込み)で屋外給排水工事や敷地調査料・設計料・確認申請料は込みでした(太陽光発電やタイルはなし)。

35坪に当てはめると1,875万円+長期優良住宅申請料10万円で、合計1,885万円。

159さんの場合は32坪1780万円、増坪35万円、屋外給排水工事70万円、設計料や各種申請料で95万円ですからオプション工事+現場管理費を除いた35坪の価格は2,050万円。

その差は165万円ありますが、これで太陽光3K 光触媒タイル付きなら安いんじゃないでしょうか。

オプション工事は何をつけるかによってぜんぜん違いますから基本部分だけを比べてみましたが、いくらローコストな住不でもこのくらいはかかると思いますよ。

e戸建てより引用

住友不動産の坪単価や価格

住友不動産の坪単価や価格をご紹介します。住友不動産で家を建てる場合、坪単価や価格は気になるものですよね。

実際に、住友不動産で注文住宅を買った方の口コミからいくらぐらいの坪単価なのかをご紹介します。

購入を検討中の方の坪単価:70.5万円

情報ありがとうございます。
ジャパニーズ安いかなー?

見積は結構な金額が出てます、オプションもあるので一概には言えないけど、
坪単価70万5千円 消費税別・外構別こんなもんですかね。

地元・地域の工務店等は良さげな所を見つけるのが結構難しいし、大手の安心感は欲しいし、悩みますね。

e戸建てより引用

坪単価73.4万の口コミ

OP抜きで本体+付帯で坪単価73.4万

ブレスにしては若干高い気もするけど延床がそこそこあるし、水回り設備が1箇所じゃないからそんなものかな。

どこの会社と競合させてますか?

e戸建てより引用

本体価格2,500万円:坪単価約70万円の口コミ

付帯工事込み29坪1,950万、1坪増えるごとに50万のキャンペーンで見積り作ってもらいました。

ブレス、太陽光なし、サイディングで延床35坪で本体価格2500万でした。 坪単価70万近いんですが…。高すぎませんか?

ブレスの方がJアーバンより坪単価が安いと聞いていたので驚きました。

e戸建てより引用

住友不動産の坪単価は65万円から

住友不動産の坪単価は、実際に家を建てた方や見積もりを依頼している方の意見によると安くて60万円後半になり、70万円を超えることは珍しくありません。

ただし、坪単価は仕様や間取り、グレードによって異なるのであくまでも目安程度になります。

また、最初に言われた坪単価に比べて、実際に見積もりや打ち合わせを行うと想像以上に坪単価というものは高くなるものです。

実際に見積もりを取ってみなければ正確な坪単価はわかりません。必ず見積もりを作成してもらってから坪単価を判断するようにしましょう。

住友不動産の見積もりの事例

住友不動産の見積もりをご紹介します。実際の見積書や価格を参考にして、あなたの家づくりに役立ててください。

29,428,955円の見積書の事例

住友不動産見積もり出典:32歳からのマイホーム探し

29,428,955円の見積もりになります。この住宅の間取りは以下の通りです。

間取り

住友不動産の家の間取り住友不動産の間取り住友不動産の間取り出典:32歳からのマイホーム探し

屋根裏収納のある4LDKの間取りになります。このような間取りの家を建設したい場合、3,000万円ほどの費用がかかります。

3,000万円の家の月々の返済額

3,000万円の家をローンで購入する場合、35年ローン、固定金利1.5%でボーナス払いなしだと月々の返済額は91,855円です。

ただ、この金額は土地がある場合の返済額です。土地がない場合、土地を購入しなければいけません。

土地がない場合:総額5,000万円の月々の返済額

仮に、土地代が2,000万円かかる場合、合計で5,000万円になります。この場合の返済額は、月々153,092円です。そして、総返済額は64,298,491円になります。

土地がない場合、土地の購入費用が必要になります。そのため、土地代も含めた返済額になることを覚えておきましょう。

住友不動産の注文住宅!値引きのコツ

住友不動産で注文住宅を買う場合、必ず値引きをするようにしましょう。新築の住宅を購入する場合、ほとんどのケースで値引きができるからです。

逆を言えば、値引きをしなければ相場よりも高い費用で家を買ってしまう恐れがあります。新築注文住宅を購入する際は、必ず値引きをするようにしてください。

100万円の値引きの口コミ

概算資金計画書で35坪にて、本体工事+付帯工事で2550万円でした。

また、仲介手数料も住友不動産のものですが44万でした。

この辺は妥当でしょうか?

個人的には自社の不動産なので仲介手数料が高いと思ってます。また、付帯工事の暖房工事は100万とこれまた高い印象がありました。

値引きは100万です。 値引きしなくても売れる御時世だからですかね?

e戸建てより引用

10%の値引きの口コミ

ところで値引きは提示総額から10%くらいは可能ですか。すでに、10%くらい引かれていますが、さらに10%で計20%を目標にしていますがどうでしょうか。

e戸建てより引用

15%の値引きされた方の口コミ

値引きは15%ですね。

私的には、これ以上値引きは期待しないので、照明をサービスして欲しいと考えてます。

e戸建てより引用

250万円の値引きをしてもらった方の口コミ

今現在ワールドシリーズのジャパニーズで契約を考えているのですが、下記のような見積もりになっています。

アドバイス等お願いします。

28.5坪で本体1550万、オプション50万(和室、バルコニー) 全て込で1900万と言われています。

この価格に250万の値引きが含まれているのですが、まだ値引きは可能でしょうか?
よろしくお願いします。

e戸建てより引用

住友不動産の注文住宅の値引きは10%以上も可能

住友不動産の注文住宅の値引きは、10%以上されることもあります。注文住宅の費用は、数千万円単位です。そのため、10%値引きされるだけで数百万円値段が安くなります。

ほとんどの方が値引きをして家を購入しているので、必ずあなたも値引きをするようにしてください。100万円以上安くなるのであれば、値引きしなければ損ですよね。

住友不動産の注文住宅で失敗しない注意点

住友不動産の注文住宅で失敗しないためには、以下の注意点を気にするようにしてください。

  • 評判や口コミではなくあなたが実際に相談してから決める
  • 値引きだけではなくほかの会社の見積もりを取る
  • 業者を比較した上で失敗しない業者選びをする

一生に一度の買い物だからこそ、絶対に失敗したくないものですよね。これらの注意点に気をつけて住友不動産の注文住宅を購入するようにしてください。

評判や口コミではなくあなたが実際に相談してから決める

住友不動産の評判や口コミを参考にする際は、あくまでも目安にするようにしてください。

結局のところ他人の意見でしかないからです。そのため、あなたが実際に問い合わせしてみて判断して決めるようにしましょう。

他人の評価は低くても、あなたの評価は高いかもしれません。ネットの情報に惑わされないようにしましょう。どこのハウスメーカーの口コミにも悪い口コミや評判はあるからです。

必ずあなたが実際に相談して決めるようにしてください。

値引きだけではなくほかの会社の見積もりを取る

住友不動産で家を建てる場合、値引きは重要です。しかし、必ず1社だけではなくほかの住宅メーカーの見積もりを取るようにしましょう。

注文住宅の価格は言い値です。そのため、業者によって値段が大きく異なります。

同じ仕様でも、住友不動産よりも良い家を建ててくれるケースもあります。そのため、1社だけではなく必ず複数社の見積もりを取るようにしてください。

それが、安く家を建てるコツです。数千万円単位の買い物だからこそ、ほかの業者と比較して決めるようにしましょう。

業者を比較した上で失敗しない業者選びをする

業者を比較すれば、業者選びで失敗しなくなります。以上でもお伝えしましたが、住友不動産だけに相談して決めるのは控えるようにしてください。

価格も高くなる恐れがありますし、プランもほかのハウスメーカーのほうが良い家を建ててくれる可能性があります。そのため、住友不動産以外の住宅メーカーにも話を聞いてみて決めるようにしましょう。

業者の提案や価格を比較して選べば、注文住宅メーカー選びで失敗しないですよね。

また、あなたに合った納得のいく注文住宅を建てられるはずです。これから注文住宅を建てる方は、業者を比較した上で決めるようにしてください。

まとめ

住友不動産の評判・口コミなどをご紹介しました。住友不動産で注文住宅を建てるか悩んでいる方は参考になったのではないでしょうか。

住友不動産は、デザイン性や提案力に優れています。坪単価は安くはありませんが、あなたが建てたい家を建ててくれるハウスメーカーです。

注文住宅で良い家を建てたい方は、住友不動産に相談してみるようにしましょう。

まずは一括資料請求サービスを利用して住友不動産やほかの注文住宅メーカーの資料を貰ってみてはいかがでしょうか。たった1度の入力で複数社の資料が貰えるので、業者選びが楽になりますよ。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る