住宅・リフォームの費用

家を建てるお金がない【頭金なし貯金ゼロで建てる注文住宅】

家を建てるお金がない

家を建てる際、お金がない場合はどうしたらいいのでしょうか。「頭金なしの貯金ゼロで注文住宅を購入することはできるのか」という相談は多く受けます。

また、「このまま家賃を支払うのはもったいない」と思う方も多くいらっしゃいます。せっかく月々支払うのであれば、「資産になるマイホームを購入したい」ものですよね。

そこで本記事では、貯金なしや頭金ゼロで、注文住宅を購入することができるのかどうかをご紹介します。お金をやり繰りして、夢の注文住宅を手に入れましょう。

頭金なし貯金ゼロで家は買えるのか

家を購入する際、頭金を入れて住宅ローンを組む方は多くいらっしゃいます。しかし、貯金がない場合、頭金を入れることができません。その場合、家を買うことはできるのでしょうか。

住宅ローンを組めば、頭金なしでも家を建てることはできます。ただし、年収によって住宅ローンで借りられる金額は異なります。

そのため、あなたの年収でどのくらい借り入れができるのかを判断しましょう。

また、頭金がないと月々の返済額が高くなりがちです。頭金ゼロで家を建てるには、リスクがあるため、十分な返済計画を考えるようにしてください。

年収別の住宅ローンの借入金額

年収別の住宅ローンの借入金額をご紹介します。あなたの年収でいくらの住宅ローンが組めるのか目安にしてください。

一般的に、住宅ローンの借入金額の目安は年収の5~6倍です。それでは、年収別の注文住宅の購入価格をご紹介します。以下は、35年ローン、ボーナス払いなしの試算です。

変動金利は、金利が変動するが利子が安いです。一方、固定金利は金利がずっと固定だが、利子が高くなる特徴があります。

年収300万円の1,800万円の返済プラン

  毎月の返済額 総額
変動金利0.5% 46,725円 19,624,438円
固定金利1.5% 55,113円 23,147,302円

年収400万円の2,400万円返済プラン

  毎月の返済額 総額
変動金利0.5% 62,300円 26,165,994円
固定金利1.5% 73,484円 30,863,159円

年収500万円の3,000万円返済プラン

  毎月の返済額 総額
変動金利0.5% 77,875円 32,707,560円
固定金利1.5% 91,855円 38,579,007円

年収600万円の3,600万円返済プラン

  毎月の返済額 総額
変動金利0.5% 93,450円 39,249,098円
固定金利1.5% 110,226円 46,294,873円

年収700万円の4,200万円返済プラン

  毎月の返済額 総額
変動金利0.5% 109,025円 45,790,661円
固定金利1.5% 128,597円 54,010,721円

年収800万円の4,800万円返済プラン

  毎月の返済額 総額
変動金利0.5% 124,600円 52,332,225円
固定金利1.5% 146,968円 61,726,586円

年収別の毎月の返済額や借入金額の総額になります。年収によって、借りられる金額が変わるため、購入できる家の値段も異なります。

あなたの年収でどのくらいの家が買えるのかをこの試算を参考にして、目安にしましょう。

家を買う際、諸費用がかかる

家を建てる場合、諸費用がかかります。外構工事(エクステリア工事)費用や土地購入の手続きにかかるお金が必要になるからです。

一般的に、諸経費として購入する住宅の2割を用意しなければいけません。そのため、建物の費用とは別にお金を用意する必要があります。

たとえば、3,000万円の家を買うのであれば、諸費用を合わせると3,600万円の費用がかかるのです。

ただ、諸費用ローンというものがあるため、貯金がない場合はそれを活用しましょう。しかし、その分住宅ローンの借入金額は少なくなるので、注意が必要です。

土地ありなしでは購入費用は変わる

土地がある場合とない場合では、家の購入費用は変わってきます。土地がない場合、土地購入費用が必要になるからです。そのため、その分値段は高くなります。

また、建物の建設費用も土地がある方に比べて少なくなります。土地があれば、費用をすべて建物代に充てることができるからです。

しかし、土地がない場合は、家と土地の両方を買わなければいけないため、予算が限られてしまうのです。

それでは、すでに土地を所有している方が家を買う場合と、土地と建物の両方を購入する費用をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

土地ありの家を建てる費用

土地がある方の家を建てる費用や頭金の平均になります。

2015年度 全国平均 首都圏 近畿圏 東海圏 その他
年齢(歳) 42.3 43.9 42.3 41.2 41.9
家族数(人) 3.7 3.8 3.6 3.7 3.7
世帯年収(万円) 599 656 590 603 569
年収倍率(倍) 6.2 6.2 6.4 6.2 6.0
建設費(万円) 3,231 3,521 3,271 3,358 3,028
頭金(万円) 691 818 736 752 593
融資金(万円) 2,484 2,639 2,476 2,550 2,384
1カ月の返済額 (円) 92,200 100,400 93,100 94,300 87,000
総返済負担率(%) 20.2 20.2 20.6 20.3 20.1

出典:住宅金融支援機構:フラット35利用者調査2015年度

土地なしの家を建てる費用

土地がない方の家を建てる費用や頭金の平均は以下の通りです。

2015年度 全国平均 首都圏 近畿圏 東海圏 その他
年齢(歳) 37.3 38.1 37.2 36.8 37.1
家族数(人) 3.4 3.3 3.3 3.4 3.4
世帯年収(万円) 610 695 617 615 567
年収倍率(倍) 6.9 7.2 7.1 7.0 6.6
建設費(万円) 2,582 2,493 2,496 2,775 2,607
土地取得費(万円) 1,315 2,126 1,532 1,273 870
頭金(万円) 497 638 542 527 408
融資金(万円) 3,284 3,798 3,360 3,425 2,983
1カ月の返済額 (円) 111,100 130,800 114,500 115,200 99,800
総返済負担率(%) 23.3 24.1 23.7 23.8 22.6

出典:住宅金融支援機構:フラット35利用者調査2015年度

頭金がない場合の住宅購入が危険な理由

頭金なしでも住宅ローンを借りることはできます。しかし、あまりおすすめできません。住宅ローンを払えなくなる可能性があるからです。

「住宅ローン破産」という言葉あるように、住宅ローンが払えなくなり破産してしまう方も実際にいらっしゃいます。

頭金があれば、その分住宅ローンの返済は少なくなります。しかし、頭金なしで家を買うと住宅の購入費用をすべて借りる必要があるのです。

頭金がない場合、返済のリスクが高くなるため、「家賃がもったいないから」という理由などで無理して住宅ローンを組むことはリスクが高くなります。

頭金がなくても家を購入できますが、返済のリスクをよく考えて判断しましょう。

頭金を500万円入れた場合とそうではない場合

以下は、頭金を入れた場合とそうではない場合の住宅ローンの月々の返済額の差になります。3,000万円を35年ローン、ボーナス払いなし固定金利1.5%で、借り入れを行った場合の試算です。

  月々の返済額 住宅ローンの総額
頭金なしの場合 91,855円 38,579,007円
頭金ありの場合 76,546円 32,149,099円
差額 15,309円 6,429,908円

頭金を入れないだけで、毎月のローンの返済額は15,000円程度変わるのです。35年間毎月、15,000円の差はとても大きいのではないでしょうか。

住宅ローンは家賃と同じ感覚ではいけない

住宅ローンの支払いを、家賃感覚だと勘違いしている方は多くいらっしゃいます。「家賃を8万円も払っているのだからその分住宅ローンを払ったほうが良い」と思いがちですよね。

しかし、家賃8万円と住宅ローン8万円では、同じ8万円でも訳が違います。住宅の場合、それに加えて固定資産税や外壁塗装などの修繕費用の積み立てがあるため、さらに2~3万円の費用が毎月必要です。

そのため、住宅ローンの支払いを家賃感覚で考えていると住宅ローンが払えなくなったり、破産してしまったりする可能性があります。

頭金なし貯金ゼロで家は無理に買う必要はない

頭金なし貯金ゼロでも家を買うことはできますが、無理をして購入する必要はありません。数年我慢してある程度お金を貯めてから家を購入しましょう。

また、頭金がなくても貯金をして家を購入すれば、いざ急なお金が必要になった場合でも安心できます。

家賃がもったいないという気持ちもわかりますが、無理をしてまで家を購入する必要はないため、計画的にマイホームを購入しましょう。

安く家を購入する方法

安く家を購入する方法は、以下の3つになります。頭金なしや貯金ゼロの方は参考にしてみてください。

  • 建売住宅を買う
  • ローコスト住宅を建てる
  • 中古住宅をリノベーション(大規模リフォーム)する

それでは、順番にお伝えしていきます。

建売住宅を買う

頭金なし貯金ゼロで家を購入する場合、建売住宅を買うのも1つの方法です。建売住宅は、すでに建設してある家を土地付きで購入できます。

土地付きの家は、コストを抑えて建設しているため、費用が安い特徴があります。そのため、土地付きの家を比較的安く購入したいのであれば、建売住宅を購入するのがおすすめです。

ただし、注文住宅のように場所や仕様などを選べないデメリットがあります。

ローコスト住宅を建てる

ローコスト住宅メーカーで家を建てれば、建設費用を安くすることができます。建物の値段を1,000万円程度で購入できるため、土地代と合わせて2,000万円程度で注文住宅を購入できます。

安い上に、好きな仕様で家を建てられるのでおすすめです。

そのため、まずは坪単価が30~40万円程度のハウスメーカーに見積もりを出してもらって判断してみてはいかがでしょうか。

中古住宅をリノベーション(大規模リフォーム)する

中古住宅を購入してリノベーションする方法がおすすめです。土地付き1,000万円程度の中古物件を購入して、1,000万円程度の費用でリノベーションすれば、安くデザイン性の高い家が手に入ります。

また、新築では購入できないような人気の場所でも中古であれば、購入することも可能です。

頭金なし、貯金ゼロでマイホームの購入を検討しているのであれば、中古戸建てのリノベーションを検討してみましょう。

まとめ

頭金なし、貯金ゼロで家を建てることはできます。ただ、家を買うということは、想像以上にお金が必要になるため、焦って購入する必要はありません。

また、住宅ローンを家賃感覚で考えると、支払えなくなる可能性があります。家を買う場合、月々の支払いに加えていろいろなお金が必要になるからです。

頭金や貯金がないのであれば、数年間我慢してお金を貯めてから家を買っても遅くはありません。無理のない返済プランでマイホームを購入するようにしてください。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る