住宅・リフォームの費用

注文住宅を坪単価30万円で建てたい!土地ありなし、坪単価の安いハウスメーカーも紹介

注文住宅坪単価30万円

坪単価30万円台の注文住宅は、坪単価の高いハウスメーカーでは建てるのは難しいです。大手ハウスメーカーは、坪単価が高い傾向にあるからです。

ですから、中心になるのは広域で事業展開しているローコストハウスメーカー、そして地域のハウスビルダーや工務店となります。

大手ハウスメーカーの坪単価に比べると、1/2ほどの価格です。そのため、坪単価30万円で家を建てたい場合は、ローコスト住宅メーカーで家を建てるようにしましょう。

ただ、坪単価が安い分、その品質や性能に不安を感じるかもしれません。実際の商品はどのようなものか気になりますよね。

また、坪単価30万円台で建てた注文住宅の返済例はどのようになるのでしょうか。

そこで本記事では、注文住宅を坪単価30万円で建てる場合についてご紹介していきます。これから、注文住宅を計画している方は参考にしてください。

坪数別の価格・相場【土地あり】

以下から、延床坪数別の価格と返済例をご紹介します。建てる家の大きさによって、当然ながら価格は異なります。

しかし、同じ坪単価でも延坪数と価格によって、間取りや仕様などの内容も異なります。

貴方が建てたい家の大きさの価格がいくらになるのか、そして内容はどのようなものなのかを紹介していきましょう。

注文住宅は、同じ仕様・性能でも、延床面積が大きくなれば坪単価は下がります。平屋で20坪の建物も、1階20坪・2階20坪の総2階建て40坪の建物も、必要な基礎や屋根のコストは同じです。

これが、延床面積が大きくなればコストが下がり、坪単価が下がる大きな理由です。

では、以下から返済例を中心にして紹介していきます。注文住宅を計画している方は参考にしてください。

なお、本記事では固定金利を1.5%/年、変動金利を0.7%/年(返済期間平均)とした返済例を紹介していきます。また、いずれの場合も返済期間は35年とし、ボーナス払いはなしとしています。

坪25坪の場合は750万円

延床の坪数が25坪ですから、家族構成や生活スタイルも限定されたものとなります。

具体的には、2LDKの平屋の規模です。夫婦二人、あるいは三人家族、さらにセカンドハウスなどは、この坪数でも可能でしょう。

価格的には、屋外の電気・給排水工事などのその他費用(200〜300万円)を含めても1,000万円前後ですから、買いやすく返済しやすいものです。

金利・種類 月の返済額 返済総額
固定金利(1.5%) 22,963円 9,644,633円
変動金利(0.7%) 20,139円 8,458,167円
金利差額 2,824円 1,186,466

※返済期間:35年、ボーナス払い:なし

坪30坪の場合は900万円

建売住宅では、この延べ床30坪クラスが主流です。間取りは、3LDKもしくは4.5帖の和室含みで4LDKとしています。

注文住宅でも標準家族(夫婦と子供二人)なら必要な間取りを確保できますが、余裕があるとは言えません。

金利・種類 月の返済額 返済総額
固定金利(1.5%) 27,556円 11,573,571円
変動金利(0.7%) 24,166円 10,149,889円
金利差額 3,390円 1,423,682

※返済期間:35年、ボーナス払い:なし

坪35坪の場合は1,050万円

延床面積30坪が、標準家族に必要な最低限の広さだと言われています。

35坪の場合は、それよりも5坪大きい、つまり10帖も広くなる訳です。10帖も大きくなると、間取りの自由度が増えます。

たとえば、個室だけでなく収納や生活に付加価値を生むスペースを加えることもできます。生活スタイルを間取りに表現しやすくなりますよね。

事実として近年の注文住宅では、標準家族の延床面積を120㎡(36坪)としているプランを多く見かけます。

金銭面や土地の大きさに余裕のある方は、間取りに少し余裕が出て住みやすくなる35坪の家がおすすめです。

金利・種類 月の返済額 返済総額
固定金利(1.5%) 32,149円 13,502,511円
変動金利(0.7%) 28,194円 11,841,563円
金利差額 3,955円 1,660,948円

※返済期間:35年、ボーナス払い:なし

坪40坪の場合は1,200万円

このクラスになると、二世帯住宅も可能になってきます。

その場合でも、月々の返済額が4万円を下回るのですから、親世代の家を二世帯住宅に建替え、子世代が返済することも十分可能な金額でしょう。

金利・種類 月の返済額 返済総額
固定金利(1.5%) 36,742円 15,431,434円
変動金利(0.7%) 32,222円 13,533,234円
金利差額 4,520円 1,898,200円

※返済期間:35年、ボーナス払い:なし

坪45坪の場合は1,350万円

金利・種類 月の返済額 返済総額
固定金利(1.5%) 41,334円 17,360,513円
変動金利(0.7%) 36,250円 15,244,920円
金利差額 5,084円 2,115,593円

これくらいの延床面積になると坪単価30万円台でも、間取りだけでなく住宅性能や仕様にも少し余裕が出てきます。

たとえば、太陽光発電システムや長期優良住宅仕様なども選択肢に入り、ローコストハウスメーカーではそれらを標準仕様としているところもあります。

土地がない場合はさらに土地代がかかる

上記で建物の坪数・価格の支払い例を紹介しましたが、土地も合わせて購入する場合は、当然その支払もプラスになります。

土地分譲の面積は30坪以上が一般的ですが、面積を問わず、土地価格1,000万円と1,500万円の2種類の支払い例を紹介してみましょう。

土地価格(1,000万円) 土地価格(1,500万円)
金利・種類 月の返済額 返済総額 月の返済額 返済総額
固定金(1.5%) 30,618円 12,859,535円 45,927円 19,289,426円
変動金(0.7%) 26,852円 11,277,644円 40,278円 16,916,585円
金利差額 3,766円 1,581,891円 5,649円 2,372,841円

地域の土地価格や広さにもよりますが、上の表を参考にすると土地購入に際しての月々の支払いは、3万円〜5万円ほどとなります。

そして、建物価格の支払い例では延坪数によって、2万円〜4万円ほどとなっています。

つまり、土地を購入して注文住宅を建てた場合の月々の返済額は、5万円〜9万円となります。

地域や立地によって異なりますが、郊外型の3LDKマンションの賃貸料は10万円前後が相場でしょう。新築や市街地では10万円台後半のものも多くあります。

そうした場合、土地を購入しての注文住宅でも月々の返済額が10万円を下回るのは、魅力的ですよね。

そして、それには坪単価30万円台のローコスト住宅の効果が大きいのです。家賃を支払うのであれば、将来的に資産になる家を購入したほうがいいですよね。

坪単価30万円の注文住宅の事例

上記で延坪別の返済例を紹介してきましたが、実際に坪単価30万円台では、どのような注文住宅を建てられるのでしょうか。具体例を紹介していきましょう。

坪単価30万円!約60坪の広い注文住宅

本体価格帯 1,500万円~1,999万円
本体価格 1800万円
坪単価 30万円
延床面積 202.04m2
敷地面積 262.85m2
工法 2×4、2×6

これは、年間70棟ほどの実績を持つ地域の住宅会社による注文住宅です。同社では延坪数によって29.8万円/坪(60坪の場合)〜45万円/坪(30坪の場合)の住宅を提供しています。

この価格設定は、地域の住宅会社としてはごく標準的なもので、延坪数が大きくなれば坪単価が下がる原則がここにも現れています。

坪単価30万円の間取り

 

注文住宅坪単価30万円間取り 注文住宅坪単価30万円間取り

出典:https://suumo.jp/

図面では分かりづらいかも知れませんが、浴室は1.5坪タイプの大きなユニットバスになっています。

合わせて、洗面・脱衣室も3.75帖大のゆったりしたもので、トイレは車椅子対応のように見られます。

間取りは5LDKですが各室が大きく、LDKは標準的な家族(夫婦と子供二人)に必要な広さの1.5倍ほどの広さになっています。

ですから、間取りから想定される家族数(6人か7人)でも十分な広さでしょう。また、階段幅も一般的な住宅よりも広くとられているのがわかります。

間取り的には個性的なものはありませんが、全体にゆったりした空間が何よりの良いところでしょう。この間取りと広さであれば、両親と子世代・孫世代との同居でもゆったり暮らせるはずです。

内装・イメージ

注文住宅坪単価30万円間取り

28.82帖の広いLDKは、親・子・孫の3世代の家族が一同に集まっても狭いとは感じないでしょう。

注文住宅坪単価30万円間取り

坪単価30万円ですが、決してロークラスのシステムキッチンではなく、むしろおしゃれなものになっています。

キッチン奥の勝手口には、ドアを締めたままでも窓部分の上げ下げで通風を確保できるタイプが採用されています。当然、網戸も付いています。

注文住宅坪単価30万円間取り

出典:https://suumo.jp/

2階の洋室3と4に面したバルコニーです。狭いバルコニーでは、エアコンの室外機に占領されてしまいますが、これだけの広さがあれば、実用的でテーブルや椅子も置けるでしょう。

20代の夫婦が建てた坪単価30万円台の注文住宅

坪単価30万円注文住宅

片流れ屋根にL型のバルコニーが特徴の外観です。ローコスト住宅では、12mm厚の外壁サイディングが多く採用されていますが、ここでは厚み16mmのサイディングになっています。

敷地面積 200.57㎡(60.67坪)
延床面積 125.86㎡(38.06坪) 1 階 62.93㎡(19.03坪) 2 階 62.93㎡(19.03坪)
施工面積 139.13㎡(42.08坪)
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 4か月
建築本体工事費 1,515万円 (坪単価39.8 万円)
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板、 シングル葺き
外部仕上げ(外壁) ニチハ サイディング16mm
内部仕上げ(床) フローリング
内部仕上げ(内壁) ビニールクロス
内部仕上げ(天井) ビニールクロス
内部仕上げ(断熱材) 発砲ウレタン吹付
使用メーカー(バス) LIXIL
使用メーカー(トイレ) LIXIL
使用メーカー(キッチン) タカラ
使用メーカー(照明) DAIKO
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL

この注文住宅も地域の住宅会社で建てられたもので、同社の年間実績棟数は50数棟とのことです。

同社では坪単価を40万円台〜としていますが、この事例では40万円を切った価格になっています。

詳細な仕様は分かりませんが、上の表や下で紹介する完成写真からは、標準的な仕様になっているように思われます。

間取り・イメージ

注文住宅坪単価30万円間取り

外観のイメージとは変わって、個性的な色合いでオレンジ色がアクセントになっています。右奥に小上がりの和室が見えます。

注文住宅坪単価30万円間取り

主寝室はシンプルながらもホワイトと緑をコーディネートして、カーテンがアクセントになっています。おしゃれですね。

注文住宅坪単価30万円間取り

出典:https://www.sumailab.net/assist/works/works5/

小上がりの和室からリビングを眺めた写真です。

この注文住宅で特徴的なのはカラーコーディネートで、ホワイト色を基調にした中で、アクセントクロスやカーテンが若々しくおしゃれです。なお、このコーディネートは住宅会社からの提案だそうです。

この注文住宅の施主は、大手ハウスメーカーでは予算が合わず、地域の住宅会社を選んだ、とのことです。

そして、完全自由設計のクオリティーの高い仕上がりに満足されているようです。

このような完成度の高い注文住宅を坪単価39.8万円で建てられるのなら、十分に納得のいくものではないでしょうか。

坪単価30万円で建てられるローコストハウスメーカー

坪単価30万円台で家を建てるためには、ローコストハウスメーカーに依頼する必要があります。

また、小規模でも誠実にローコスト住宅を提供している地域の住宅会社を見つけられれば、その選択肢もあります。

一般的なハウスメーカーでも仕様やグレードを下げれば、安い坪単価で建てられますが、造りがシンプルになりがちです。

ローコストハウスメーカーには、長年の実績と経験から、ローコストながらも魅力ある住宅を建てるノウハウがあるのです。

ローコストハウスメーカーであれば、そのノウハウを使って、ローコストでも自由度の高い注文住宅を建てることが可能です。

坪単価を安くして家を建てたいのであれば、ローコストハウスメーカーに依頼するのがおすすめです。

なお、ローコストだから安物というのは間違いで、上の事例でも分かるように、設計・コーディネートを含めて工夫や発想で質の高い住宅とすることができます。

そんな質の高いローコスト住宅を提供しているハウスメーカーを以下に紹介していきます。参考にしてください。

坪単価の安いローコストハウスメーカー一覧

坪単価30万円で建てられるローコストハウスメーカーは以下の通りです。

  • タマホーム
  • レオハウス
  • アキュラホーム
  • アイフルホーム
  • ユニバーサルホーム
  • クレバリーホーム
  • アエラホーム
  • アイダ設計
  • エースホーム

坪単価を安く建てるためには、安く家を建てられるハウスメーカーに依頼しましょう。

タマホーム

タマホーム評判

全国展開しているハウスメーカーです。設立当初は、25.8万円/坪のローコストで有名でしたが、市場が求める耐震や省エネの性能向上から、現在では施工面積当たりの平均坪単価は46万円となっています。

同社では、大量の資材仕入れからコストを抑えながらも、グレードの高い住宅を提供しています。

ただし、よりコストを抑えるため、仕様の標準化やプラン打合せの合理化などが進んでおり、こだわりの注文住宅を希望している場合には向いていません。

レオハウス

ローコスト住宅メーカーレオハウス

同社は、東証一部上場のナックのグループ会社です。ほぼ全国で展開しており、住宅満足度ランキングの金額納得度では3年連続1位を獲得しています。

レオハウスのパッケージプランでは、坪単価が30万円台後半から40万円台前半になっており、30坪では39万円弱となっています。

これらは、同社が企画した間取りと仕様をセットしたパッケージプランです。ですから、フリープランの場合には、これらの坪単価より上がると推測されます。

アキュラホーム

ローコスト住宅メーカーアキュラホーム

同社は、関東、東海、近畿、中国の各エリアでジャーブネットというホームビルダーネットワーク事業を展開しています。

ジャーブネットでは、地域ビルダーが主体性をもちながらも、同ネットによる大量仕入れによる資材のコストダウン、そして先進の技術や情報を共有しています。

坪単価は、30万円台〜となっていますが、近年は市場が求める耐震やゼロエネルギー住宅に力を入れており、実際の坪単価は40万円台後半になっています。なお、同社でも間取りや仕様の提案例を多く用意していますので参考になります。

アイフルホーム

アイフルホームローコスト住宅

同社は、フランチャイズのハウスメーカーとして有名です。

坪単価20万円台〜という極端に安いパッケージ企画もあるようですが、標準的には40万円台〜となっています。

ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームローコスト住宅

同社もフランチャイズ事業を展開しており、坪単価も上のアイフルホームと同様の価格帯になっています。

同社の特徴には、地熱床システムがありますが、その効果や効率には賛否両論があります。

クレバリーホーム

クレバリーホームローコスト住宅

同社は、外壁タイルにこだわっているハウスメーカーで、張替えや塗装替えの必要のないメリットを推しています。サイディングに比べれば高級感もありますから、外壁にタイルを希望している方にはおすすめです。

なお、商品の企画内容による価格帯は、30万円台〜60万円台/坪となっています。

アイダ設計

同社の企画商品に、延床28坪で888万円というのがあります。坪単価では31万円になりますから、非常にやすい設定ですね。

年間に2,000棟以上の住宅設計を行っており、名前の通りに施主に応じた設計力に自信があるようです。

上記以外にも、アエラホームやエースホームなどがあります。

しかし、上記を含めてこれらのハウスメーカーでローコスト住宅を建てるためには、それぞれ各社が企画している仕様を守る必要があります。

また、間取りプランにおいてもセットされている場合が多くありますので、フリープランを希望している場合は注意が必要です。

いずれにしても、地域ビルダーや上に挙げたハウスメーカーを含めて、出来るだけ多くの情報や資料を集め、希望する住宅をかなえられるメーカーを探すようにしましょう。

なお、ローコストハウスメーカーには、フランチャイズシステムあるいはそれに準じたシステムを採用しているところが多くあります。

つまり、それらのシステムでは、大手の名前で販売していても、実際の建築は個人の工務店(加盟店)になります。

したがって、それら加盟店による品質や技術の差などが出やすいため、実際の建物を見学しておくことをおすすめします。

まとめ

ローコスト住宅(坪単価30万円台)でも、十分に満足できる住宅を建てることは可能です。そして、その成否はハウスメーカー選びになります。

なお、ローコスト住宅にもハウスメーカーが企画セットしたパッケージプランのもの、あるいは一定の仕様範囲はあるもののフリープランとしているものなど様々です。

結論から言って、企画型の間取りプランでも望む生活スタイルに合ったものがあれば、パッケージ型がおすすめです。

そして、パッケージプランでは望む生活スタイルや住宅を見つけることが出来ない場合は、どちらかと言うと地域ビルダーの方が進めやすいでしょう。

理由は、パッケージ型は仕様や間取りの自由度が少ない反面、価格以上の仕様や性能となっていること、そして地域ビルダーはきめ細かい小回りのきく対応が可能だからです。

まずは資料請求をして、ローコストハウスメーカーの情報を集めましょう。同じ坪単価30万円でもそれぞれ特徴が異なります。納得のいく家を建てるためには、その中からあなたに合った業者を選ぶ必要があります。

集めた情報や資料の中から候補を選び、担当営業マンの説明を受け、実際の建物を見学するなど、慎重に検討することが重要です。

注文住宅を700万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

合わせて読まれている記事
注文住宅坪単価80万円 住宅・リフォームの費用

良い家が建てたい!注文住宅を坪単価80万円で建てるためのハウスメーカー選び

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
注文住宅も坪単価80万円台のハイクラスになると、大手ハウスメーカーを含めて業者選びに困ることはないでしょう。逆に選択肢が多すぎて困るかも知れ …
注文住宅坪単価50万円 住宅・リフォームの費用

注文住宅を坪単価50万円:総額はいくら?ハウスメーカーや工務店は?

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
注文住宅を建てる際、坪単価50万円を目安にする方は業者選びに注意しましょう。同じ坪単価50万円でも、ハウスメーカーや工務店によって品質が変わ …
リフォーム会社選び方 住宅・リフォームの費用

信頼できるリフォーム会社の選び方:悪徳業者で失敗しない比較のコツ

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
リフォーム会社を選ぶ際、できるだけ信頼できる優良業者に工事を依頼したいのではないでしょうか。それもそのはずです。リフォーム費用は、数十万円か …
諸費用ローン 住宅・リフォームの費用

住宅ローンにかかる諸経費や手数料、税金一覧と諸費用ローン

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
住宅を購入する際には、物件の購入代金以外にもいろいろな諸費用や手数料、税金が発生します。 また、引っ越しを業者に依頼した場合、さらにそ …
頭金ゼロ 住宅・リフォームの費用

注文住宅の頭金:平均相場はいくら?0、なしでも建てられるのか

注文住宅の教科書:費用や相場や坪単価を比較して予算内の家を建てる
注文住宅を購入する上で、頭金について多くのお問い合わせを受けます。あなたも以下のような悩みはありませんか。 注文住宅の頭金の平均は …
トップへ戻る