注文住宅の費用・相場

注文住宅を予算1300万円で建てる:総額費用を抑えるコツや建築事例

注文住宅1300万円

「1,300万円で注文住宅は叶わない」「1,300万円の住宅は住みづらいかも」と考えてはいませんか?

1,300万円でも、住みやすさやデザインを重視した立派なマイホームを手に入れることができます。

また、1,300万円という低価格であれば住宅ローンの返済も余裕を持った金額に設定でき、同時に土地もあわせて購入しても無理のない金額に抑えることができるはずです。

今回は、1,300万円で注文住宅を購入した場合の住宅ローン返済例から、1,300万円の注文住宅の施工例を詳しくご紹介していきます。

1,300万円で注文住宅を建てたい方は、とても参考になるはずですよ。

注文住宅を1,300万円で建てられるのか

注文住宅の全国相場は、住宅金融支援機構のデータによると平均3,300万円(床面積平均は約129㎡)。

一般的な注文住宅を建てるのであれば3,000万円は必要です。この数値から見ると、1,300万円では注文住宅を建てられそうにありませんよね。

例え1,300万円でオーダーできたとしても、外壁が安っぽくすぐに劣化してしまったり、間取りはシンプルで住み心地が悪かったりと、悪条件になってしまうことも想定できます。

マイホームを購入しても後悔するなら、その1,300万円も無駄になってしまいますよね。

「満足できる家を建てたいけどお金はかけられない」といった悩みを抱えている人は多いはず。

しかし、実際には1,300万円台でこだわりの家を実現した人が多くいるのです。一時的な感情で業者を選ぶと失敗してしまいますが、業者をよく吟味して選べば1,300万円で素敵なマイホームを建ててくれる業者に出会えます。

予算が限られているからこそ、失敗しない家づくりを心がけましょう。

1,300万円の住宅ローンの月々の返済額

所有している土地に1,300万円の注文住宅を建築する際の、住宅ローン返済額を見てみましょう。

いくらぐらいの返済額なのか気になりますよね。

固定金利1.5%の場合

月々の返済額 39,803円
総返済額 16,717,534円

変動金利0.7%の場合

月々の返済額 34,907円
総返済額 14,661,044円

このように、1,300万円の注文住宅であれば月々の返済額を4万円以下に抑えることができます。

住宅ローンの月々返済額が5万円以下である割合は、全国で見ると20%以下です。4万円以下の返済額がいかに難しいのかが分かりますね。

ちなみに、全国で最も多い返済額は5万~7万円未満、次いで7万~9万円未満です。

1,000万円の土地がある場合の返済額

1,300万円の注文住宅を建てたいけど土地がない」という場合には、土地の購入も一緒に検討しなければなりません。

仮に1,000万円の土地とあわせて住宅購入する場合は、土地の金額1,000万円+建物の金額1,300万円を合計した2,300万円が購入価格になります。

では、2,300万円で住宅ローンを組んだ場合の月々返済額を見てみましょう。

固定金利1.5%の場合

月々の返済額 70,422円
総返済額 29,577,210円

変動金利0.7%の場合

月々の返済額 61,759円
総返済額 25,938,904円

土地購入を合わせると、月々の返済額は4万円を大きく上回りおよそ7万円になります。

しかし、7万円でも全国平均で考えると妥当な金額ではあります。土地と併せて購入した場合に、無理のない返済を続けていくためには世帯年収が300万円以上あることが望ましいでしょう。

1,300万円の新築一戸建ての事例

1,300万円の注文住宅の事例をご紹介します。1,300万円でどのような注文住宅が建てられているのか気になりますよね。

実際の事例を参考にして、あなたの家づくりのアイデアに役立ててください。

予算1,300万円内の輸入住宅

1300万円注文住宅
本体価格帯 ~1,499万円
本体価格
坪単価
延床面積 75.35m2
敷地面積 495.39m2
工法 2×4、2×6 (2×4)
竣工 2013年9月

内装・イメージ

予算1300万円注文住宅 予算1300万円注文住宅

間取り図

予算1300万円注文住宅 予算1300万円注文住宅

出典:https://suumo.jp

495㎡という広々とした敷地に建てたのは、大きなリビングダイニングとプライベートルームを一室、さらに趣味のための広いガレージを設けた世界でひとつのマイホーム。夫婦二人で過ごす、ゆったりとした日常は何ものにも代え難いものですよね。

外観はピンクベージュの外壁に、クラシックなアイアンフラワーボックスが上質感を引き立てるカントリー調のデザイン。立派に佇む玄関ポーチが重厚感を醸し出しています。

内装写真を見てみると、穏やかな時間を過ごせそうな白を基調としたインテリアになっています。

アメリカの静かな田舎を思わせる落ち着いた空間ですね。リビングダイニングから通じる扉を開けると、趣味を楽しむガレージへ。

愛車を収納するだけではなく、机といすを置いてDIYや愛車のお手入れをゆっくり楽しめる空間にしています。

2階は夫婦のプライベートスペースを一室だけ配置。部屋数を増やしたり設備をむやみに取り付けたりすることはせず、無駄を徹底して省くことで1,300万円を実現しています。

浴室と洗面室はプライベートスペースのすぐ隣に設けることで、スムーズな生活動線になっています。

このような注文住宅は、将来の家族構成やライフスタイルが変化しないご家族に最適。「夫婦二人で長く住める部屋が欲しい」「趣味を楽しめる自由度の高い家がほしい」という方におすすめです。

1,300万円台:カフェスタイルの木の家:夫+妻+長女

注文住宅1300万円
設計者名 HOUSE PLAN
施工社名 HOUSE PLAN
敷地面積 138.64㎡ [42.01坪]
延床面積 91.91㎡ [27.85坪](1階 47.20㎡、2階 44.71㎡)
施工面積 99.37㎡(30.11坪)
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2016年10月
施工期間 5か月
建築本体工事費 1,354万円

内装・イメージ

注文住宅1300万円間取り

 

注文住宅1300万円間取り 注文住宅1300万円間取り

出典:https://www.sumailab.net/houseplan/works/works4/

木のぬくもりとモダンな外壁のコントラストが特徴のカフェ風デザイン。特殊な外壁を使ってデザインに工夫を凝らした注文住宅でも1,300万円で手に入れることができています。

外壁はカフェ風のモダンデザインを作り出すガルバリウム鋼板を採用。

金属特有のスタイリッシュさを持ち、耐久性にも優れている外壁材です。コストを重視するのであれば、一般的な住宅に最も用いられる低価格のサイディングを採用するところですが、この事例では外壁にもこだわれたことが素晴らしい点です。

玄関周りとバルコニー周りにはアクセントに木材の外壁を使用。スタイリッシュな中にも柔らかく落ち着いた印象があります。

内装は白を基調としたナチュラルテイスト。外壁に合わせてカフェのようなゆったりとした空間に仕上げています。

また、アーチの壁を採用したり天井に梁(はり)を設けたりと細部にもこだわりを取り入れています。これだけの仕様を取り揃えても、1,354万円で施工可能。工夫ひとつで予算をオーバーせず新築一戸建てが叶います。

4LDK・木造2階建て注文住宅:予算1,300万円プラン

注文住宅予算1300万円プラン

出典:http://sato-kogyo21.co.jp/kosodate.html

4LDK・2階建て約30坪プランで税込み1,300万円

1,300万円で4LDKの一戸建てを実現している株式会社佐藤工業。「大きな家は予算オーバーしてしまう」「子ども部屋はあきらめたほうがいいかも…」という心配はいりません。

将来、家族が増えることを想定して4LDKという広さを確保しながらも、月々返済は家賃並みに抑えられます。

子どもが大きくなるほどお金がかかる子育て世帯には嬉しい条件ですね。

建物は約30坪の大きさで、木造2階建て。リビングダイニングの他にプライベートルームとして使える部屋が4つも設けられています。

また、一般的には別料金になってしまいがちな網戸や照明も本体価格に含まれているため、諸費用も抑えられていることが魅力です。

建物価格に含まれるものと含まれないものは下記の表でチェックしてみましょう。

建物価格1,300万円に含まれるもの

含まれるもの
含まれないもの
  • 当社の仕様に基づく建物本体
  • 本設計費用
  • 確認申請費用
  • 地盤調査費用
  • 中間、完了検査費用
  • 網戸
  • ガスレンジ
  • 追い炊付ガス給湯器
  • 照明(居室を除く)
  • 消費税
  • 外構工事
    (駐車場、門扉、フェンスなど)
  • 水道メーター
  • 水道引き込み
  • 下水道接続
  • 浄化槽
  • 地盤改良工事
  • 火災保険
  • 登記費用

住まいの安全性を確保する地盤調査や完了調査も建物価格に含まれています。ただし、万が一地盤改良が必要だった場合は別途料金が発生します。

また、生活には欠かせない水道の引き込みや下水道接続も1,300万円には含まれていないため、まとめて工事をお願いする場合は追加料金がかかります。

その他、「ウッドデッキをつけたい」「セキュリティ強化のために門扉をつけたい」といった場合は、外構工事の料金が追加されます。

もし外構や設備を追加するのであれば、一括で依頼し購入価格にまとめたほうが住宅ローンに組み込めるため支払いもラクになります。

まとめ

1,300万円でも「趣味を取り入れた家」や「デザインを重視した家」「広さを確保した家」と自分のこだわりをカタチにすることが可能です。

住宅はコストを重視すればデザインや広さにはこだわれないイメージが強いですが、探してみると1,300万円で実現できる素晴らしい注文住宅は多くあります。

家づくりは諦めずに徹底してこだわり抜くことが大切ですね。

一括資料請求サービスなどを活用して、まずは業者の情報を集めるようにしましょう。そして、よく価格やプランを比べて業者を選ぶようにしてください。

注文住宅を723万円も安くして失敗・後悔しないコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

合わせて読まれている記事
トップへ戻る