住宅の基礎知識

【3Dプリンターの家】24時間で約40万円で建てられる!

3Dプリンター家

3Dプリンターで家が建てられます。しかも、24時間ほどで費用も40万円ほどで建てられるので驚きです。

簡単に家を建てられるので、被災地や発展途上国で注目されています。一般的に家は、数千万円単位です。また、3カ月以上の施工期間がかかります。

一方で、3Dプリンターの家は、24時間40万円で家が建つのですごいですよね。

本記事では、3Dプリンターの家についてご紹介していきます。最先端の技術をご紹介します。

3Dプリンターの家とは

3Dプリンターの家は、3Dプリンターを使って24時間で建設できる住宅のことです。専用の機械が、セメントの混ざった材料を使って家の形を形成していきます。

窓などもきちんとあるので、本当に普通の家と変わらない住宅が建設できます。

3Dプリンターの家の材料

一般的な3Dプリンターは、樹脂でものを形成します。

しかし、3Dプリンターの家の場合は、樹脂でなくてセメントを私用します。住宅になるので、強度が必要とされるからです。

家なので簡単に壊れてしまったら困りますよね。3Dプリンターの家は、セメントの混ざった材料を利用した住宅になります。

3Dプリンターの家のメリットや魅力

3Dプリンターの家には、どのようなメリットがあるのでしょうか。3Dプリンターの家には、以下のメリットがあります。

  • 24時間で家が建てられる
  • 【約40万円】驚くほど低コスト
  • 被災地や発展途上国での活躍が期待されている

3Dプリンターの家にはこのようなメリットがあります。それでは、具体的にご紹介していきます。

24時間で家が建てられる

3Dプリンターの家は、24時間で建設可能です。一般的な家の場合、3~6カ月かかるのでいかに早く家が建てられるのかがわかります。

被災地や発展途上国で、早急に家を建設したい場合などは非常に役立ちますよね。

【約40万円】驚くほど低コスト

3Dプリンターの家は、4000ドルで建設できます。1ドル100円で計算した場合、約40万円です。家は、数千万円単位なので約50分の1のコストで家が建設できます。

発展途上国で家を建てる場合は、日本のような家を建設することは費用的に難しいです。そのため、このように低コストで丈夫な家が建てられるのであれば、これはすごいことです。

発展途上国などで家がない方は大勢います。そういった方に家を提供できれば、とても素晴らしい技術ですよね。

さらに、技術が向上すればさらにコストダウンができるかもしれません。今後の発展が気になる技術ですよね。

被災地や発展途上国での活躍が期待されている

24時間で約40万円の費用で家が建てられるので、被災地や発展途上国で期待されている技術です。

地震や津波などの災害で家がなくなってしまった方に、提供できればいいですよね。

また、発展途上国で建築技術が発達していない場所でも、これであれば低価格で立派な家が建設できます。

技術が進歩すれば、日本でも3Dプリンターの家が建てられる時代が来るかもしれません。

3Dプリンターの家:会社の事例・画像

3Dプリンターで建てられる家の事例をご紹介します。どのような家が建てられるのかご紹介します。

ここでは、以下の3Dプリンター会社の事例や画像をご紹介します。

ICON社&New Story

Apis Cor社

3Dプリンター家事例

3Dプリンター家事例間取り内装

3Dプリンターの家の内装です。キッチンはもちろんのこと、窓があり、床はフローリングです。

言われなければ、これがまるで3Dプリンターで建設された家だとは思いませんよね。3Dプリンターの家は、ここまで品質が向上しています。早く低コストで家が建てられるのであれば、早く普及してほしいですよね。

日本では建築基準法が厳しく3Dプリンターは不可

3Dプリンターの家は、日本ではまだ建てることができません。建築基準法が厳しいからです。

ただ、まずは被災地といったように、限定的であれば建設することもできるかもしれません。今はまだいろいろ問題があります。

しかし、今後技術が進めば、さらに質の高い3Dプリンターの家が建てられるようになるかもしれません。

注文住宅を700万円も安く購入する裏技

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

700万円以上安く建売よりもお得に家を建てる方法はこちら

合わせて読まれている記事
トップへ戻る