家相・風水

鬼門除けや封じの効果的な方法:家相・風水の鬼門対策や対処法

家相除け

家の間取りには「鬼門」「鬼門除け」という考え方があることをご存知ですか? 「鬼門」という言葉の響きからは、あまり楽しげな雰囲気は感じられないかもしれませんね。

しかし、鬼門は決して不幸なものではありません。鬼門とはある方角のことを指しますので、どんな家にも鬼門は存在します。

では実際に鬼門とは、人にどんな影響を与えるのでしょうか? 鬼門を無視してはいけないのでしょうか?

この記事では、鬼門の意味、鬼門に気を付けたい間取り、鬼門の問題点の解消法として鬼門除けを紹介します。

今住んでいる家や、これから新しく家を建てる場合でも、より快適な暮らしにつながるよう、「鬼門の考え方」をぜひ参考にしてください。

鬼門とは

鬼門とは北東の方角のことをいいます。「鬼」と「門」とで表される鬼門にはどのような根拠があるのでしょうか。

東北には鬼がいると考えられている

鬼門には、「鬼、つまり邪気が出入りする方角」という意味があります。もともと鬼門とは古代中国での考え方で、当時の逸話・地形・歴史上の情勢などが由来といわれています。

それが日本に伝わると、陰陽道(おんみょうどう)、神道(しんとう、しんどう)、怨霊信仰(おんりょうしんこう)などの影響で「鬼門は不吉な方位」だと捉えられるようになりました。

そのため、幕府や都の鬼門方向には鬼門除けとして特に大きなお寺が建てられることが多くなったのはそのためです。

「平安京の鬼門方向には比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)がある」というのも一例です。

鬼門(東北)に玄関・水回りがある間取り

鬼門玄関間取り

鬼門が東北の方角であることは先ほど述べましたが、ではどこを基準として東北を定めたら良いのでしょうか。

まず、上の間取り図で説明すると、

  1. 四角い間取りの四隅から対角線を引き、真ん中で交わったところを中心とする
  2. 中心点から東西南北がわかる
  3. 真北と真東の間が東北になる

となります。

厳密に言うと、真北を0度とした場合、鬼門(東北)は15度~75度の間の範囲となります。

また、風水ではすべての方角を均等分けするので、その場合は22.5度~67.5度が鬼門とされます。

ただ、現代において難点なのは中心の求め方。鬼門が一般的になった江戸時代には四角い間取りばかりでしたが、現代の間取りは非常にさまざまです。

そのため、簡単に対角線を引いて部屋の中心を決められません。家相を観る流派や人によって、異なる判断をされる場合もあります。

家相にこだわる人の中には、複数の専門家に部屋を観てもらい、総合的に鬼門方向を判断する人もいるようです。

玄関・水回りがあると起こると言われている問題

「鬼門に玄関や水回りがあると好ましくない」ということを耳にしたことがありませんか? そう言われる理由は、玄関や水回りは特に汚れやすいということからきています。

では、鬼門上に玄関や水回りがあると、どんな問題が起こりやすいと言われているのかを、以下に解説します。

親族間の人間関係の悪化

人間関係家相

鬼門に玄関や水回りがあると、親族間の人間関係の悪化を招きやすくなります。

本来は気が合うであろう親子や兄弟、夫婦が、なぜかギスギスしたりケンカが絶えないような状態になってしまったりすることがあります。

鬼門の影響はその家に住む全員に作用しますので、誰かひとりだけが悪いというわけではありません。

また、ひとりだけが元気でも、マイナスのエネルギーの方に引っ張られやすくなります。

子供の病気

家相・風水子供病気

鬼門の悪影響は家族全員に作用しますが、とりわけ弱い人のところに来る場合もあります。

弱い人が親であることもありますが、体力・気力が弱い子供に最も影響することも少なくありません。

子供が病気がちである原因が鬼門であることもあるのです。

子供が、日頃から疲れ気味、風邪を引きやすい、原因不明の病気にかかっている等のことがあれば、鬼門の影響である可能性も考えた方が良いでしょう。

子供に恵まれない

鬼門子供

鬼門に玄関や水回りがあると、子宝に恵まれないというケースもあります。

鬼門の状態は人間関係に影響を及ぼしますから、当然愛情面にも無関係ではありません。

鬼門の環境を無視してマイナスに働けば「なぜか子供ができない」という状況も生み出してしまうかもしれませんよ。

財産に関する問題

鬼門財産

鬼門に玄関や水回りがあると、財産に関する問題が発生することもあります。

鬼門とは、実はとても「位が高い神聖な方角」で、財産運や不動産運とも密接な関係があります。

したがって、鬼門が吉相であれば財産にはプラスに働きます。

そうでなければ、散財、財産をだまし取られる、安値で財産を手放してしまう等のマイナスの状況を呼び寄せやすくなるでしょう。

鬼門や裏鬼門の対処法:鬼門除け・鬼門封じ

鬼門と聞くと怖いイメージの方が強いかもしれませんが、決してそんなことはありません。鬼門を大切な場所として扱えば運気は上昇に向かいます。

以下に、鬼門にどう対処したら良いか、鬼門除け・鬼門封じの方法を紹介します。

部屋の掃除をする

鬼門部屋掃除

鬼門除けとして最も重要なのは、とにかく鬼門の場所を清潔に保つことです。

常に整理整頓、掃除、手入れを怠らないようにしましょう。鬼門のラインにもゴミ箱は無い方が吉です。

窓やドアを開きっぱなしにしてはいけない

玄関ドア

鬼門の方角にはドアや窓が無く、壁であることがベストです。

しかし、すでに玄関や窓がある場合は、開きっぱなしにはしないように気をつけましょう。

もし、和室の窓等があれば、そこへ障子を取り付けることも有効です。

盛り塩を置いて清める

鬼門盛り塩

鬼門除け・鬼門封じとして、鬼門の方角に盛り塩を置くことも効果的です。

塩には、場を浄化したり穢れ(けがれ)を清めたりする作用や、神様へのお供え物という意味もあります。

盛り塩キット等も市販に販売されていますので、簡単にきれいに盛り塩ができます。毎日取り換えるようにしましょう。

神社のお守り・お札を飾る

神社お札

鬼門除けとして、神社のお守りやお札を飾る方法もあります。陰陽道では鬼門からくる災いをお札で封じていました。鬼門除けのお札は、お寺や神社に行けば手に入れられます。

近所の神社に鬼門除けのお札が無い時は、ネットでも購入できるところが増えています。

神社で厄除けをしてもらう

鬼門厄除け

自分で鬼門除けをしても不安が残る場合は、神社やお寺で厄除けをしてもらうという方法があります。家相に関する相談や鑑定についても教えてくれるでしょう。

ただ、厄除けだけをしてもらっても、日頃鬼門を不潔にしたり手入れをしていなかったりすれば、厄除け効果はすぐに無くなってしまうでしょう。

ヒイラギなどのトゲのある植物を置く

鬼門トゲヒイラギなどのトゲのある植物には鬼門除けの効果があります。そのトゲが災いを遠ざけるという意味合いがあるわけです。

弱っていたり、枯れかけていたりする状態のものは逆効果ですよ。

南天を植えると魔除けになる

南天鬼門玄関

赤い実をつける南天は「難を転じる」という意味で、鬼門除け植物として人気です。

鬼門に植物を置いても手入れはしっかりとし、鉢の周りも常にきれいに掃除しておいてください。

猿の置物や水晶を置く

猿置物

鬼門は丑寅の方位であり、その反対方向の未申(ひつじさる)を表すものが、鬼門による災いを中和すると考えられました。

そのため、古くから猿の置物が鬼門除けに効果的であるとされています。

水晶等のパワーストーンも場の浄化作用がありますから、水晶を持った猿の置物も鬼門除けとしておすすめします。

明るい香りを使うと気を追い払える

鬼門香り

鬼門除けとして、アロマの香りを活用することも良いでしょう。心地よい香りが漂うことで、その空間が浄化され、家の中の運気がアップできます。

あまり強すぎる香りではなく、ほのかに香る程度のものを選んでください。

明るい色の花で玄関を鮮やかにする

鬼門花

鬼門に花を置くだけで、その空間は浄化されます。鬼門の玄関に花を飾ることは、とても高い鬼門除け効果がありますよ。

なるべく元気な花を飾り、しおれてきたら早めに取りかえるようにしましょう。

鬼門に限らず家の中でマイナスに感じる場所があったら、そこに花を飾ることは場を明るくし、災いを遠ざけます。

新築注文住宅は鬼門を意識した家づくりをする

これから新築で注文住宅を建てるなら、鬼門を意識した間取りにすることをおすすめします。

理由はどうあれ、明るくて気の流れが良く、住んでいて心地よい家の方が良いですよね。

プロに家相鑑定してもらう

風水を相談

鬼門を意識した家づくりをするには、プロに家相鑑定してもらうことをおすすめします。

自分で調べた情報のみで家の造りを考えるより、知識と経験豊富なプロに任せた方が、圧倒的に安心です。

ただ、何人かの鑑定家を当たってみることは大事です。プロとは言っても鑑定の仕方には多少の違いがあります。

複数の意見を聞いて、最終的に最も信頼できると思える人を選びましょう。

後で変更できないため後悔しない家づくりをしよう

家は建て終ってからでは簡単には手直しがしにくいです。後々、「こうしておけば良かった・・・」と後悔しないために、その設計段階から鬼門対策を講じておけば安心です。

家が快適かどうかは、そこに住む人たちの人生にとても大きく影響します。

家を建てる業者や鑑定家ともじっくりと相談・打ち合わせをして、納得の上で建築にとりかかってください。

風水・家相を無料相談できる一括資料請求サービスを活用

パンフレット

鬼門を意識した家づくりをしようと思って、それに対応してくれる業者を探すのは一苦労かもしれませんね。

ただ、そういう時に役に立つのが「一括資料請求サービス」です。

一括資料請求サービスはインターネット上にあるサービスです。

希望する家づくりの条件を打ち込んで送信するだけで、それを見た全国の優良企業が、あなたに建築プランをメールで提案してくれます。

「誰でも」「無料で」「簡単に」利用できるとても便利なサービスですよ。

後は集められたプランをじっくりと比較検討して、あなたの希望に合った業者を絞り込んでいけば良いわけです。

プランを見たからと言って料金は発生しませんから、まずはぜひ一度利用してみてください。

まとめ

今回は、家づくりの際に考慮したい「鬼門」についてお伝えしました。

鬼門の影響を「信じるか信じないか」は当然人によって違います。

ただ、少しでも気になるようでしたら、しっかりと鬼門対策を行った上で家を建てた方が良いでしょう。

その方が、鬼門の影響があっても無くても、その家にずっと気持ち良く住めるのではないでしょうか。

家は住む人を守ってくれる大切な空間です。これから建てる家ならば、できる限りの手をかけて、安心で心地良く住める家を実現しましょう。

家相・風水の無料相談ができるタウンライフがおすすめ
家相・風水

新築注文住宅で家相・風水にこだわりたいですよね。しかし、どのような間取りにすればいいのか悩みどころですよね。

そこでおすすめなのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりなら完全無料なのに、たった3分の入力で家相・風水の相談や間取りを提案してくれます。

一般的に、有料で診断してくれるのに無料なのは使わなければ損ですよね!

タウンライフ家づくりで家相・風水の相談をしつつ、ハウスメーカーや工務店を探しましょう。

【完全無料】たった3分の入力で最高の家相の間取りを手に入れる

※完全無料 お断り自由

 

合わせて読まれている記事
トップへ戻る