家相・風水

家相・風水の欠けや張りって何?運気の良い間取りにするために知っておきたい事

家相欠け

住宅に住むうえで注意しなければならないのは、家相ですね。家相はどういった運気のある家なのかを示しています。

もし、悪い家相の家へ住んでしまうと、家庭や仕事が上手くいかなくなるかもしれません。

本記事では、家相の中でも重要な、「欠け」という要素に注目して解説しましょう。

「欠けってなんだ?」と思った人や、「これから家を建てるから欠けや張りについて知りたい」という人にぴったりの記事です。

ぜひ最後まで読んで、欠けについて詳しくなってくださいね。

目次

家相の基本は「張りは吉」「欠けは凶」

張りと欠け

まずは、張りと欠けがどういったものなのかを説明しましょう。

張りは、家の出っ張っている部分のことで、家相的によいものとされています。

一方で、へこんだ箇所のことは欠けと呼ばれ、凶相となってしまう悪いものです。

このように、張りと欠けは家相の良し悪しに多大な影響をおよぼします。悪い家相にならないためにも、張りと欠けを意識した間取りにすることが重要なのです。

家相の張りとは:三分の一以内が出っ張っている

張りと欠けについて紹介したところで、次は具体的にどういった状態のものが張りになるのかを紹介しましょう。

張りの間取り図

家相・風水張り

上図のように、張りは、「3分の1以内の凸」のことです。

もし、一辺が12mだったら、張りの長さが4m以下なら問題ないということですね。逆に、上図の凸部分が3分の1を越えていた場合には、悲しいことに欠けとなってしまいます。

こういった条件で張りなのか欠けなのかを判断しているため、間取りを適当に考えると、「うっかり欠けができてしまった」なんてことになりかねません。

凶相の間取りにならないように気をつけましょう。

小さすぎる張りは意味がない

先ほど紹介したようなこと以外にも、張りを考えるうえで注意しなければならないポイントがあります。

出窓は張りにはならない

家相欠け張り出窓

壁から突き出たつくりの窓である出窓ですが、これは張りには該当しません。

そのため、「家相をよくするために出窓を設けよう」と思っても、それは的外れというわけですね。

ただ、基礎が設けられている出窓に関しては、張りや欠けにあたります。「張りをつくりたい」という場合には、基礎までつくることが重要です。

3ヶ所以上の張りは凶

「張りはよいもの」と紹介しましたが、あればあるほど家相的にプラスになるかというとそうではありません。

2か所までの張りは、張りが1つだけの場合より吉となります。ですが、2か所より多い場合には、凶となってしまいますね。

このように、「張りをつくればつくるほど、よい家相になる」というわけではないのです。

ウッドデッキや玄関・ポーチは張りにならない

ウッドデッキ目隠しフェンス

一見、張り出した部分であるウッドデッキは張りになりそうですが、張りにはあたりません。何故なら、ウッドデッキが建物の外にあるからですね。

また、玄関の上にあるポーチも張りにはなりません。

確かに、家の一部が張り出していて張りのように見えますが、ここで張り欠けに影響するのは玄関の形状です。

ポーチがあったとしても、玄関が引っ込んでいた場合には欠けになってしまいます。

このように、ウッドデッキやポーチは張りには該当しません。これらは張りになっている、もしくは欠けを補えていると考えてはいけないわけです。

2階部分、3階部分は張り欠けを見ないので注意

2階や3階といった1階より高い階層については、家相に影響を与えません。

そのため、1階以外に張りや欠けがあったとしても、家相がよくなりも悪くなりもしないわけですね。

つまり、住んでいる家の1階に、3か所以上の張りがあったり、欠けがあったりした場合には問題ですが、2階や3階の場合には支障はないということです。

このことを知っておかないと、家相を意識した間取りを考えることはできないでしょう。よく覚えておいてくださいね。

家相における張りの作用

張りは存在する方角によって、家相へ様々な影響を与えます。ここでは、どのような影響が出るのかを紹介しますね。

北方位の張り:大吉

家相・北張り

まずは、北にある張りがどんなパワーを持っているのかを紹介します。

北の張りは、主に家庭へのプラスがありますね。具体的には、子供や家そのものが栄えたり、よい夫婦関係や家庭が築けたりします。

他にも、お金が貯まりやすい、よい結婚話があるといったプラスもあるのが嬉しいですね。

このように、家庭や子供、夫婦にとってプラスになるパワーを持っているのが北方位の張りです。「家庭が丸なのが一番」という人は、北側のどこかに張りを設けてみてくださいね。

東方位の張り(鬼門の張り):

家相北東張り

張りは吉相であると紹介しましたが、鬼門である北東にあるのはよくありません。

では、北東に張りがあると、どんなマイナス効果があるかを見てみましょう。

北東の張りには、「家の人が病気にかかりやすくなる」、「相続争いが発生する」という風なネガティブな事柄をもたらす力があります。

病気に相続問題と、どこの家庭でも起こりえる悪いことが起こりやすくなってしまうわけです。

見てもらった通り、北東に張りを設けると、よくないことが起こる原因になりかねません。

「張りなら吉相になるから問題なし」と思わず、鬼門には張りをつくらないようにしましょう。

東方位の張り:大吉

家相東張り

太陽が昇ってくる方角である東ですが、張りがあると家相はどうなるのでしょうか。

東に張りのある家では、家で行っている事業が上手くいったり、優秀な息子や娘が生まれたりしますね。

こういった、「ビジネスも子供の出来も良好」という効果を持っているため、家が繁栄したり子供が出世したりするわけです。

「家や子供がどんどん成功してほしい」と強く思う人は、ぜひ東に張りを設けてみてください。

東南方位の張り(巽張り):大吉

家相東南張り

東南方位にある張りには、社会的な信用がよくなったり商売が成功したりする効果がありますね。

そのため、商いをやっている人へ特にプラスとなる張りの位置といえるでしょう。

また、「娘の結婚相手がよい人になる」というパワーもありますね。娘によい縁をもたらしたいのであれば、南東に張りを設けるのがおすすめです。

南方位の張り:

家相南張り

南にある張りは、悪いものではありませんが大吉をもたらすほどの張りではありません。

どういった影響をもたらすかですが、「アートや学問において優秀な結果を出す人がよく出る」というものですね。

そのため、芸術家や学者を世に出したいのであれば、張りを南につくるとよいでしょう。

ただ、小さめの張りにしておかないと、「よいことが長く続かない」「夫が妻の尻に敷かれる」といったよくない影響をおよぼすことがあります。よく注意しましょう。

南西方位の張り(裏鬼門の張り):

家相南西張り

裏鬼門である南西にある張りもまた、家相的にはよくないものです。

南西に張りがある場合、その家では女性の力が強まります。女性が家の主人であれば問題ないのですが、そうでない場合は夫の力が弱まってしまいますね。

また、女性の力が強いことは夫の力が弱くなる効果があるだけでなく、男性が早くに亡くなってしまいやすくなる効果をもたらします。

そのため、南西に張りがあると、女系家族となってしまうことが多いです。

このように南西の張りは、様々なよくない影響をおよぼすので、特に注意してくださいね。

西方位の張り:少しの張りは吉

西家相張り

西の小さな張りには、金銭面でのプラス要素があったり、異性から好かれたりしやすくなりますね。

ただ、大きな張りを設けてしまうと、悪い効果が出てきてしまいます。

どういった悪い効果が出るかというと、金銭や異性との交際に悪影響が出ますね。

具体的には、「女性とのいざこざが起こる」、「お金を無駄づかいするようになる」というようなことが起こるかもしれません。

西の張りには、こういった特徴があります。そのため、西へ張りを設ける際には、あまり大きな張りにならないように気をつけてくださいね。

北西方位の張り(乾張り):大吉

北西家相張り

北西に張りを設けると、財産や夫の運気にプラスになります。そのため、財産が増えやすくなったり、夫がスピード出世したりしますね。

お金も貯まるうえに夫の仕事も快調になるというのは、非常に嬉しい効果です。

このような素晴らしい効果がありますが、注意しなければならないことがあります。それは、張りの大きさです。

あまりにも大きな張りをつくってしまうと、夫が愛人をつくってしまう恐れがあります。それゆえに、張りの大きさはほどほどのものにしておくのが大切です。

家相の欠けとは:三分の二以内が引っ込んでいる

張りについての紹介が済んだところで、次は欠けの紹介をしますね。

欠けの間取り図

家相・風水欠け

欠けは、へこんでいる部分のことを指します。きちんとした条件をいうと、「1辺の3分の2までの凹は欠けにあたる」という風になりますね。

もし、上図のような欠けが3分の2より大きなものだった場合、それはもう欠けではなく張りになります。

張りにはよい運気をもたらすパワーがありましたが、欠けは凶相なので、家の住人へ悪い影響をおよぼすのです。

そのため、可能であれば、欠けをつくらないような間取りにするのがよいでしょうね。

吹き抜けは欠けになる

吹き抜けシーリングファン

「開放感があり、そのうえ、風の通りがよい」というメリットのある吹き抜けですが、昨今の人気とは裏腹に家相的にはよくない構造ですね。

何故よくない構造なのかですが、それは吹き抜けが欠けにあたるからです。吹き抜けをつくった空間は、その場所が抜けたようになってしまいますからね。

確かに、吹き抜けがあると、お洒落な空間にはなります。ただ、欠けが1つ増えてしまうわけです。

吹き抜けをつくるかどうか悩んだときには、「欠けができてしまって、家相的にはよくない」ということを思い出してみてください。

ビルドインガレージも欠けになるので注意

引用:スーモ

車庫には、ビルトインガレージという形態のものがあります。

これはガレージを家の中につくるもので、「雨の日でも乗るまでに濡れない」、「家の中にあるから車が傷みにくい」というようなメリットがありますね。

このようなメリットがある反面、家相上、ビルトインガレージの部分は欠けになってしまいます。

便利な構造ではあるものの、このガレージが原因で運気が悪くなる恐れがあるわけです。

よい家相の家へ住みたい人は、ビルトインガレージのある家へ住むのは止めた方がよいでしょう。

中庭やコの字の間取りは欠けになる

風水・家相間取りコの字凶

中庭を設けると、部屋にいながら植物を眺めることが可能です。

そのため、「自然を感じながら生活したい」、「美しい草木を見て癒しを得たい」というような人にとって、中庭はよい空間でしょう。

ただ、悲しいことに中庭は欠けにあたる場所です。自然の風景をすぐ見られる反面、運気を悪いものにしてしまうわけですね。

家相を重視する人は、中庭をつくったり、中庭がある家へ住んだりするのは止めておきましょう。

家相における欠け作用

張り同様、欠けにも方角によって様々な作用が出ます。

ここでは、それぞれの方角にある欠けが、どういった影響をおよぼすのかを紹介しますね。

北方位の欠け:

家相北欠け

北にある欠けは、健康、ビジネスなどにマイナスの影響をおよぼします。

具体的にいうと、家族が病気になりやすくなり、家の事業は傾いてしまうという影響がありますね。また、後継者や跡取りといった存在に恵まれないというような問題もあります。

こういったマイナスなパワーを持っているのが北の欠けです。家で何かビジネスをやっている人は、特につくらない方がよいでしょうね。

東北方位の欠け(鬼門の欠け):

北東の欠け家相

北東という鬼門にあたる方角に欠けを設けるとどうなるかですが、悲しいことに凶相になってしまいます。

北東に欠けをつくってしまうと、相続のことが問題となりやすくなりますね。遺産のことで争いを起こしたくないのであれば、北東に欠けをつくらないのが丸です。

また、家の主人によくないことが起きたり、跡継ぎに悪い影響があったりと、家が傾くようなことが起きやすくなります。

このように、相続のことや家の主人などに問題が生じやすくなるのが北東の欠けです。可能であれば、欠けができないような間取りにしたいものですね。

東方位の欠け:

家相・東欠け

東にある欠けもまた、病気にかかりやすくなったり跡継ぎに何か災いがあったりする欠けとなっています。

病気や跡継ぎについて以外にも、家が衰退しやすくなるという悪い影響もありますね。

家の名前が傷つくことが起きたり、やることなすこと上手くいかなくなったりするのが原因でしょう。

病気や不祥事はないに越したことはないものです。家族や家の名誉を大切にしたい人は特に、東へ欠けをつくるのはよくないと覚えておきましょう。

東南方位の欠け(巽欠け):大凶

家相東南欠け

南東に位置する欠けには、ビジネスへ悪影響を与えるパワーがありますね。

もし、商いをしている人の家に南東の欠けがある場合、信頼がなくなったり売り上げが悪くなったりすることでしょう。

また、人と人の付き合いがよくなくなる影響もありますね。

こういった悪いパワーを持っている欠けなので、何か自分でビジネスをやっている人は、南東に欠けができないようにするのをおすすめします。

南方位の欠け:大凶

家相・南欠け

南に欠けを設けてしまった場合には、お金や健康の面で問題を抱えることになるかもしれません。

お金というとビジネスについて考えてしまうかもしれませんが、ここでいうお金は家計のことですね。

家計にどういった問題が起きるかですが、「どうしても支出が収入を上回るようになってしまう」、「盗みに入られてしまった」というようなことが起こりやすくなるでしょう。

家の財政や家族の健康を思うのであれば、南方位の欠けは避けてくださいね。

南西方位の欠け(裏鬼門の欠け):

南西・家相欠け

南西という裏鬼門の方角に欠けをつくってしまうと、妻に様々な悪い影響をおよぼします。

妻へどういった問題が起きるかというと、病気になることが多かったり長生きできなかったりしますね。

健康的な面だけでなく、よい縁に恵まれない、離婚してしまうといった人と人の縁についても、よくない影響が出ます。

妻のことを第一に考えるのであれば、南西に欠けのある家へ住むのは避けた方がよいでしょうね。

西方位の欠け:

家相・西欠け

西にある欠けは、財政面で問題が起こる原因になります。どういった問題が生じるかというと、「どんどん支出がされて貯蓄ができない」というものです。

出費が多いというのは、家計上、大きな問題ですね。

また、夫が外で女をつくってきたり、子供の異性交遊に問題があったりと、家の外の人物との障害が出ることもあります。

お金や家族の和を大切にするのなら、西に欠けがある家をつくらないようにしてください。

北西方位の欠け:大凶

北西・家相欠け

北西に欠けがある場合には、家の主人へ特に悪い効果が出てしまいますね。

具体的には、「主人が病気がちになったり、早くに亡くなったりする」、「主人の労働をするパワーが落ちる」というような効果が出ます。

主人関連の問題以外にも、金銭面で苦労をしたりビジネスが上手くいかなくなったりと、お金や家業に面倒を抱えることになることでしょう。

主人のことや家のことを考えるのであれば、北西に欠けをつくってはなりません。

家相の欠け対策や対処法

ここまでに紹介した通り、欠けがある家にはよくないことが起きやすくなります。そうなると、どうにかして悪影響が出ないようにしたくなりますよね。

ここでは、欠けがあった場合にどうやって対処したらよいのかを紹介します。

ここで紹介する方法を実践して、より家相のよい家を目指しましょう。

欠け部分を増築できるか検討する

欠け増築対策

欠けをどうにかしたいのであれば、思い切って増築してしまう手があります。「欠けがあるのなら、増築をして間取りを変えてしまおう」というわけですね。

どんな風に増築をするかですが、壁と床を設けて、その上に屋根をつくってしまえばいいわけです。

欠け部分を囲って、家の中へ取り入れてしまえば、そこは欠けでなくなるという考えですね。

ただ、先にいったような増築を適当にやってしまうと、建物そのものに悪影響をおよぼしたり、住みにくい家になったりするかもしれません。

そうならないためにも、どうやって工事をするか、どういった内装にするのかをきちんと業者へ相談することをおすすめします。

物置を置いて対処する

物置対処法

「壁や床を設けるのは大変」という人は、物置を欠け部分へ設置するのがおすすめですね。

欠け部分を欠けでなくすためには、先ほど紹介したように壁と床、そして、屋根を設ければよいわけです。

物置は、壁もあれば、床も屋根もあるため、増築したときと同様の状態にできるわけですね。

物置は外壁にぴったりくっつくように置きます。そのため、その場所にあった窓や戸を使うことができなくなるというデメリットがあるのです。

「欠けのところに置いたけど、家の中が暗くなってしまった」なんてことにならないようにしてくださいね。

屋根付きウッドデッキを設置する

ウッドデッキを設置する

ウッドデッキを設けて、その空間を家の一部としてしまうのもよい方法ですね。

よい方法ではあるのですが、注意点があります。

それは、家相では、「壁や屋根、床がない構造物は家の一部であるとはみなさない」という考えがある点ですね。

こういった考えがあるため、床のみのウッドデッキを設置しても、欠けの対策にはならないのです。

欠け対策としてウッドデッキを設置するのであれば、屋根や壁も取り付ける必要があるでしょう。

具体的にどういったタイプのウッドデッキがよいのかが分からないときは、家相の専門家へ聞いてみるのがおすすめです。

基礎ありの袖壁や手すりを設置する

家相欠け対策

基礎を設けて、そのうえに袖壁や手すりをつくるというのも対処法の1つです。

先ほども触れたように、欠け部分を欠けでなくすためには、壁、床、屋根をつくる必要があります。

そのため、基礎の上に袖壁や手すりを設けたうえで、床と屋根をつくってあげれば、欠け対策になるわけです。

増築するよりかは低予算で欠けをなくすことが可能です。「増築をするための資金がない」という人は、こちらの方法を検討してみてください。

車を停める場合は壁やシャッターをつける

欠け家相シャッター

「スペースの都合上、上図のように駐車場を設けた」というようなことは、狭い土地の場合ならありえることです。

「車を停めるスペースがないのは困るから、欠けの存在については我慢」なんて風に考えている人がいましたら、壁や屋根を取り付けて対策をしましょう。

ここまでに紹介した別の方法同様、壁と屋根で囲んであげれば、家の一部となるわけです。

ただ、注意する点が1つありまして、車の出入口には必ずシャッターを設けてください。シャッターがないと、きちんと囲んだことにはなりませんからね。

駐車スペースの見直しをする際には、よく注意しましょう。

目隠しフェンスで囲ってシンボルツリーを植える

家相・欠けシンボルツリー

ここまでに紹介したような、「壁や屋根などをつくって欠けをなくす」というような方法が難しい場合は、囲いと樹木を設置してみてください。

これでも欠けの対策となります。

ポイントは、植える木のタイプですね。向こう側が透けて見えてしまうような木は適してはいません。透けて見えないようなもっさりとした木がおすすめです。

「資金がないから対策は無理」とは思わず、この方法を試してみてくださいね。

新築注文住宅は欠けを意識した家づくりをする

このように欠けは、家相に重大な影響をおよぼします。そのため、新しく家を建てるときには、欠けのことをきちんと考えた間取りにする必要がありますね。

そこで、ここでは、どうすればよい間取りにすることができるのかを紹介しましょう。

プロに家相鑑定してもらう

風水を相談

悩んだときに専門家へ相談するというのは、家相という分野であっても同じです。

考案した、もしくは業者に提案してもらった間取りがよいのかどうかは、家相のプロへ尋ねてみましょう。

「家相について勉強したから自己判断で問題ない」と思っている人がいるかもしれませんが、うっかりというのは誰しもあるものです。

「大事な部分を見落としていて、よくない家相になってしまった」ということを防ぐためにも、プロへの相談をおすすめします。

後で変更できないため後悔しない家づくりをしよう

家をつくるためには大金が必要です。

また建てた後に、「ここがよくないから直そう」ということは、お金持ちの人以外は非常に難しいですね。

家づくりにはこういった特徴があるため、よく考えたり相談したりしてから建築をすることをおすすめします。

ただ、自分や家族と考えるだけでは、どこかにミスができてしまうかもしれません。

よい家に住むためにも、業者とよく話し合ったり、住宅そのものについて勉強したりすることが重要ですね。

風水・家相の無料相談ができる一括資料請求サービスを活用

パンフレット

「住宅について勉強をするといっても、どうしたらよいのか分からない」と悩んでいる人は、一括資料請求サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

このサービスを使えば、たくさんの情報を一括で手に入れることが可能です。住宅という分野の見識を広げるうえで、きっとプラスになることでしょう。

嬉しいことに、サービスを利用するのに費用は必要ありません。

無料でWebページから請求ができますので、情報を仕入れたい人は、この手軽で便利なサービスをまずは利用してみてくださいね。

家相・風水の無料相談ができるタウンライフがおすすめ
家相・風水

新築注文住宅で家相・風水にこだわりたいですよね。しかし、どのような間取りにすればいいのか悩みどころですよね。

そこでおすすめなのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりなら完全無料なのに、たった3分の入力で家相・風水の相談や間取りを提案してくれます。

一般的に、有料で診断してくれるのに無料なのは使わなければ損ですよね!

タウンライフ家づくりで家相・風水の相談をしつつ、ハウスメーカーや工務店を探しましょう。

【完全無料】たった3分の入力で最高の家相の間取りを手に入れる

※完全無料 お断り自由

 

合わせて読まれている記事
トップへ戻る