住宅・リフォームの費用

住宅ローンにかかる諸経費や手数料、税金一覧と諸費用ローン

諸費用ローン

住宅を購入する際には、物件の購入代金以外にもいろいろな諸費用や手数料、税金が発生します。

また、引っ越しを業者に依頼した場合、さらにそのお金がかかります。そのため、家を建てたらこれらの費用を用意しておく必要があります。

住宅を購入すると思いがけないことにお金が必要になるため、いろいろな出費が重なります。準備が出来ていない方は意外と多いため、「家を建てたらお金が無くなってしまった」ということのないようにしましょう。

そこで、このページでは、住宅を購入する際に考えられる諸費用や手数料など必要な費用のすべてをまとめました。

住宅や条件によって細かい部分は異なりますが、これを参考にして、家を買うと何にお金がかかるのかを把握しておきましょう。

諸費用や手数料、税金は合計でどのくらいかかるのか

一般的に、家を建てる際にかかる諸費用や手数料は、「購入金額の1割程度」と言われています。そのため、3000万円の住宅であれば、300万円は諸費用がかかる計算になります。

ただ、工務店やハウスメーカーなどでは、よく150万円程度と言われています。しかし、実際に住宅を購入すると分かりますが、150万円ではとても足りません。

これはあくまでも、諸費用や手数料、税金だけの値段になるからです。そのため、その後家を購入するとかかる費用までは含まれていません。

したがって、さらに引っ越し代や家具、家電を購入する費用がかかります。それらを踏まえると、住宅購入する際は購入金額の1割の費用を、あらかじめ用意しておく必要があります。

また、家を購入したら貯金がゼロになってはいけません。新生活をスタートして、全く貯金がないとその後の生活が不安です。

したがって、家の諸費用や手数料、税金、その後の生活に必要なお金のすべてを支払った上で、なお、余力を残しておくことを頭に入れておきましょう。

諸費用

マイホーム購入時にかかる諸費用や手数料、税金の一覧

では、具体的にどのようなことにお金がかかるのかを紹介します。主に、家を建てたら発生する費用は以下になります。

費用の名称 内容
抵当権設定登記 抵当権を設定する際に必要になる費用
登録免許税 抵当権設定にかかる税金
ローン保証料 ローン保険会社に支払う費用
事務手数料 借り入れ先の金融機関に支払う費用
団体信用生命保険料 ローン契約者が死亡や病気に備えて加入する保険料
※民間の場合、無料のところもある
火災保険料 火災に備えて加入する損害保険料
地震保険料 亊便に備えて加入する損害保険料
印紙税 契約書につかう収入印紙代
消費税 購入したときに納める税金
仲介手数料 仲介業者に支払う費用
住宅ローン代行手数料 住宅ローンの手続きをしてもらった不動産会社に支払う費用
水道分配金 水道を引くための費用
調査費用 検査機関に調査を依頼した時に支払う費用
適合証明書発行費用 フラット35の利用基準を満たしていることを証明する書類の費用
つなぎ融資の手数料と金利 つなぎ融資の際に発生する費用

これらの各費用の金額は、ローンを組む金融機関や住宅の条件によって異なります。そのため、電化製品のように定価というものが存在しません。

また、諸費用や手数料の支払い方も異なります。契約時に一括で支払う方法もあれば、金利に上乗せして支払う方法があります。

したがって、それぞれの特徴をよく考えた上で住宅ローンを組むようにしましょう。

ただ、基本的には一括で支払ってしまうほうが金額は安くなります。金利に上乗せする場合、利子が発生してしまうため、その分高くなるからです。

家を買う際にかかる諸費用や手数料以外の費用

前述の通り、家を購入して生活を行うと、いろいろな費用がかかります。たとえば、引っ越しを業者に依頼すれば、引っ越し代が必要になります。また、新しく家電や家具を購入すると、それらのお金がいります。

そのため、実際に家を建てると必要になる費用を紹介します。これを参考にして、あなたが実際に家を買ってから何にお金が必要なのかを想像するようにしましょう。そして、その一覧は以下になります。

費用の名称 内容
引っ越し費用 引っ越しを業者に依頼するとかかる費用
初穂料・玉串料 地鎮祭を行う際に神主さんに渡す謝礼
職人さんの差し入れ 家を建ててくれる職人さんへのジュースなどの差し入れ
住宅瑕疵担保責任保険料 引き渡し後欠陥があった場合の保険
ケーブルTV接続工事代 新たにケーブルテレビなどの配線を引く際にかかる費用
家具・家電購入費 家具や家電を購入するとかかる費用
外構工事費用 駐車場やフェンスを作るとかかる費用

新たに住宅を建設して生活をすると、以上のような費用がかかることが考えられます。

先ほど述べたように、冷蔵庫やテレビを買うのであれば、それらの費用が必要になります。また、新居にはカーテンもないため、必要な場合、購入しなければいけません。

そして、住宅を建設したとしても庭に駐車場はありません。そのため、駐車場を設けたいのであれば、それを行う外構工事費用(エクステリア工事)がかかります。また、隣との住宅にフェンスが必要ならばその工事を行う必要があります。

規模にもよりますが、外構工事は100万円を超える工事がほとんどです。そのため、外構工事費用がかかることも覚えておきましょう。

ここまで述べてきたことから分かるように、住宅にはいろいろな費用が発生します。そのため、これらの費用をあらかじめ用意するようにしましょう。

諸費用や手数料を無理なく抑える方法

ただし、これらの諸費用は工夫次第で費用を削減することができます。

たとえば、ローンの保証料がかからない金融機関で借り入れを行えば、大幅に費用を削減できます。ローンの保証料は、住宅ローンの諸費用の中でも高額なため、この費用を削減できれば金額を抑えることができるからです。

また、ローン保証料以外にも、火災保険料を負担しなくていい金融機関や仲介手数料の割引を行っているところもあります。

そして、100万円を簡単に超えてしまう構工事費用ですが、家を建設した工務店やハウスメーカーに依頼すると値段が高額になる可能性があります。

仲介手数料が発生するからです。そのような場合、直接外構工事業者の工事を依頼すると仲介手数料が発生しないため、値段を抑えられます。

外構中間マージン

これから分かるように、諸費用や手数料などは工夫すると費用を抑えることが十分に可能です。

上手に節約する方の場合、100万円以上費用を削減する方もいます。したがって、できる限り無駄な費用は抑えるようにしましょう。

ただ、どうしても必要な費用は削減できません。これ以上値段を下げられない金額というものがあるからです。

そのため、ただ単に値下げを行うのは控えるようにしましょう。「無駄な費用を無くす」ことと「むやみやたらに値切る」ことは全く意味が違います。

そのため、費用を削減する際は、値切るのではなく無駄をなくすように心がけましょう。

どうしても住宅ローンで諸費用が足りない場合に組むローン

前述の通り、住宅購入にかかる諸費用は、3,000万円の住宅の場合、300万円ほど必要になります。

ただ、ローンを組む際には頭金などにお金を使ってしまい、これらの費用が、事前に準備できない方もいます。そのような方にお勧めなのが、「諸費用ローン」になります。

これは、住宅ローンとは別にかかる費用を支払うためのローンになります。そのため、保険料や、保証料、登記費用、税金などの費用に加えて、引っ越し代金や家具の購入資金をも諸費用ローンを組むことができます。

したがって、住宅購入時にこれらの費用を準備できない方はこれを利用すると良いです。

諸費用ローン

ただ、いろいろな費用にあてられる諸費用ローンですが、これにも審査があります。そのため、審査に通らなければローンを組むことはできません。

「住宅ローン」と「諸費用ローン」の合計返済金額が、返済比率(返済負担率:収入における適正な返済額の割合)を超えてしまう場合、借り入れが行えないです。

たとえば、理想の返済比率が12万円の場合、住宅ローンに10万円毎月支払うのであれば、12万円(返済比率) − 10万円(住宅ローン) = 2万円(残りのローンが組める金額)になります。

そのため、以上の場合、2万円しか諸費用ローンを組むことができないです。住宅ローンと諸費用ローンの返済額と収入のバランスをよく考える必要があります。

このように、諸費用ローンを使えば貯蓄がなくても家の購入ができてしまいます。これにも手数料や金利が発生するため、現金で用意するよりも余分な費用がかかります。

しかしながら、住宅に必要な費用のすべてローンを組んでしまうようなマネープランでは、今後の新生活に余裕が無くなってしまう可能性があります。

お金がないのであれば焦ってローンを組むのではなく、諸費用分くらいはお金を貯めてから住宅を購入するのも1つの方法です。

購入後に、ローンの返済や貯金などができるかどうかを踏まえた上で、住宅を購入しましょう。

同条件にもかかわらず住宅ローンが684万円安くなる方法

当サイトの利用者が、複数の業者にローンの見積もりを依頼してみた所、一番高い業者と一番安い業者の差は、なんと684万円にもなりました。

そこで活用すべきサイトとして、私たちの業界の中でも有名な「住宅本舗」があります。一度の入力で6つの金融機関の金利や月々の返済額を簡単に比較できるのです。

入力は3分でおわり、完全無料にて活用できます。一生に一度の高価な買い物をいい品質で安くしたいですよね。

【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
複数の金融機関に一括審査申し込み

合わせて読まれている記事
トップへ戻る