火災保険を使ったリフォームの無料診断・お問い合わせ

火災保険リフォーム

メールフォーム記入ページへ移動する

火災保険を使うとお得にリフォームできます

lp火災保険を活用すれば、実質負担0円で外壁塗装を実現することができます。どういうことかというと、火災保険には風災補償が必ずあります。

これは、風災害による住宅の損傷に応じて保険金が支払われる制度です。

つまり、火災に限らず、雨や風、雪などによって屋根や外壁、雨樋などが破損した場合、火災保険を使うことができるのです。

保険金が支払われれば外壁塗装の費用をお得にできます。築10年経過した住宅であれば、90%以上申請が通るという実績があります。せっかく火災保険に加入しているのであれば、このようなお得な制度を利用しない手はありません。

火災保険で雨どいや外壁塗装で余った費用をリフォームに利用

火災保険は、あくまでも外装の修繕のために支払われる保険金です。そのため、内装だけのリフォームでは保険の申請はできません。

しかし、火災保険で雨どいや外壁塗装のリフォームを行い、余った費用は自由に使うことができます。したがって、余った費用で内装のリフォーム・リノベーションを行えます。

つまり、内装だけでは火災保険を使うことはできなくても、外壁リフォームを行うことで内装の修繕に余った費用を利用することが可能です。

そのため、火災保険を使って外装を実質負担0円でリフォームを行い、余った費用で内装のリフォームを行えます。

たとえば、火災保険金が130万円支払われたと仮定します。そして、雨どいや外壁塗装を100万円で修繕し、余った30万円をキッチンやお風呂の修繕に利用するのです。

火災保険は余った費用は、自由に利用できるメリットがあるため、これを利用して内装のリフォームをお得に行います。

業者選びの悩みをすべて解決します

ただ、火災保険を使ってリフォームを行おうと検討したとき、どこに頼めばいいのか悩みます。たとえば、以下のような悩みを抱えてはいませんか。

  • 見積もりや工事内容、価格が適正かどうかわからない
  • 業者が信頼できるか不安
  • 追加工事によって高額になった
  • 火災保険の申請の方法がわからない
  • 破損しているが保険が使えるのか不明
  • 広告を見てもどこの業者を撰べばいいのかわからない

そこで、外装や内装のリフォームを検討している方のために、当サイトでは「火災保険の申請に特化した優良業者をご紹介するサービスを行っています。

普通のリフォーム会社では、火災保険を扱えません。また、自力で火災保険を申請したとしても、高確率で通りません。一度、保険会社に保険の申請を断られると、どのような手段を取っても火災保険が申請できなくなる恐れがあります。

そこで、当サイトでは火災保険を使う専門のリフォーム会社を紹介します。あなたの大切なリフォーム・リノベーションを当サイトに手伝わせてください。

万が一、ご紹介した業者が気に入らなかった場合は、気軽にお断りしていただいてかまいません。また、業者へのお断りは当サイトが代わりに代行します。

火災保険に特化したリフォーム会社を紹介

当サイトは、火災保険の申請から外壁塗装までの一環として行ってくれる業者をご紹介します。

通常、塗装会社では火災保険の申請までサポートしてくれることはありません。そのため、お客様自身で火災保険の申請をしなければいけないのです。

とはいえ、火災保険の申請と言われても多くの方が申請の方法などわかりません。また、火災保険の申請にはポイントがあり、要点を抑えないと保険金が支払われないのです。

特に、保険会社への問い合わせが重要になります。誤った問い合わせを行うと保険会社に相手にしてもらえなくなってしまいます。

火災保険の風災補償は、あくまでも風や雨、雪などが原因によるものでなければいけません。

つまり、経年劣化の場合保険が支払われることはありません。

知識のない方がお問い合わせを行うと経年劣化だと判断されるケースが多いです。一度経年劣化だと認識されてしまえば、そこから保険金が支払われることは難しいのです。

そのため、まずはお客様自身が申請するのではなく、一度プロに診断してもらう必要があります。

メールフォーム記入ページへ移動する

「住宅の教科書」が支持される7つの理由

  1. 業者に直接依頼するため、仲介手数料が発生しない
  2. リフォーム会社の中でも、数%しかいない優良塗装会社を紹介
  3. お問い合わせから保険の申請、工事にいたるすべてを無料で利用できる
  4. 第三者機関として、完全な中立な立場から相談、アドバイスを行う
  5. 営業会社ではないため、無理な営業や訪問は一切しない
  6. お客様が優良だと認めた評価の高い塗装会社をご紹介
  7. 火災保険の申請をサポートしてくれる会社を紹介

当サイトは、完全無料でこれだけのサービスを提供しているため、お客様から多くの支持をいただいております。

悪徳業者が多い中、優良なリフォーム会社を紹介するのが使命です。リフォームという高価な買い物だからこそ、いい工事を行っていただくために当サイトが全力でサポートいたします。

依頼先によって異なる施工価格

他にも、当サイトを活用すれば工事費用を大幅に抑えらえるメリットもあります。

リフォームの価格は、同じ施工内容でも依頼するリフォーム会社によって価格は大きく異なります。これは、建築業界の仕組みに原因があるからです。

たとえば、下請け業者に工事を丸投げする工務店の場合、受注した施工費用から仲介手数料を取り専門会社に依頼するため、その分余計な費用がかかります。

工務店の場合、3~4割の手数料がかかります。たとえば、100万円の外壁塗装を工務店に依頼したと仮定すると以下のような仲介手数料がかかります。

100万円(施工費用)× 0.4(仲介手数料の割合) = 40万円(仲介手数料) 

つまり、100万円の費用を支払ったとしても実際に外壁塗装に使われる費用は、手数料40万円を引かれた60万円なのです。これでは、質の良い工事はできません。

そこで当サイトでは、このような仲介手数料がかからないように直接リフォーム会社をご紹介します。当サイトを利用して低価格で高品質の工事を実現してください。

メールフォーム記入ページへ移動する

火災保険による施工事例

火災保険申請事例

保険金の支払い事例・実績

事例1:948,618円

火災保険の保険金

事例2:1,331,922円

保険金事例

事例3:899,521円

保険金事例

保険金の事例になります。この費用が支払われれば、リフォームを行う際、自己負担額を大きく減らすことが可能です。また、工事の費用によっては実質負担0円で行えます。

火災保険という便利な制度を利用しましょう。

メールフォーム記入ページへ移動する

代表あいさつ

はじめまして。中島嘉哉(なかじまよしや)と申します。私はかつて、外壁塗装の職人として働いていました。

そうした中、現在では「どこの会社に外壁塗装を頼めばいいのかわからないお客様」と「優良塗装業者」を結びつけるサービスをしています。

私がこのような取り組みをしている理由は、私自身が建築業者の手抜き工事を何度も目撃しており、この現状を何としてでも解決したいと考えたからです。

外壁塗装職人として働く

高校を卒業後、私は就職しました。ただ、就職した先は外壁塗装職人ではなく製造工場に就職しました。

特にしたいこともなく就職活動をして工場に勤めていたため、面白みもなく働いていました。そのため、たった半年で辞めてしまったのです。

その矢先に、友人の外壁塗装職人から「一緒に働かないか」と誘われました。

今思い返せば恥ずかしい思い出ですが、建設業界に興味があっため、外壁塗装職人として働き始めました。仕事内容な外仕事なので大変でしたが、とても楽しく仕事ができました。

外壁塗装の良いところは、施工したところがきれいになることです。汚れている屋根や外壁をきれいに洗浄し、塗料を塗ることでまるで新築同様にすることができます。

人のためになることを日々実感できる職業であったので、とてもやりがいを感じていました。

ただ、外壁塗装職人として働いていく中で、1つの大きな不安を感じるようになりました。外壁塗装職人の待遇が一向に良くならないことです。

3年間外壁塗装職人として働いていましたが、日当10,000円の給料で働いていました。もちろん、社会保険、厚生年金もありません。

悪循環の建設業界の収益構造

同じ仕事でも工場と職人では待遇に大きな違いがあったのです。この原因が気になった私は、「住宅業界の収益構造」について調べることにしました。

そして調査をしていくうちに、外壁塗装業界では下請けである塗装業者や職人が最も不利な立場にいることに気が付きました。

建設業界は、ピンハネ業界とも呼ばれ工事を受注したもの(元請け)が儲かる世界です。大手ハウスメーカーや工務店が工事を受注し、その仕事を仲介手数料を差し引いて下請け業者に委託します。

おおよそ4割程度の仲介手数料が差し引かれるため、塗装業者はその限られた金額の中から材料費や人件費を捻出しなければいけません。場合によっては、赤字になることもあるのです。

下請け業者は元請け業者に逆らうことができません。そのため、利益が出なくても仕事を請けなければいけないのです。赤字の仕事をしていては、給料に還元されることはありません。

また、社会保険などの福利厚生を充実させることは不可能です。

仮に赤字になるとわかっていた工事を断った場合、今後仕事を貰えなくなる可能性があります。

規模の小さい会社の場合、仕事を貰うことができなければ、明日や来月の給料が無くなってしまう可能性があるのです。

したがって、多くの下請け業者は、赤字になるとわかっていても工事を断ることができないのです。本当は、手間暇をかけて外壁塗装をしたいと思っても、多少仕上がりなどを犠牲にしても早く工事を行わなければいけません。

建設業界の手抜き工事の実態

そして、このような利益が出るかギリギリの価格で下請け業者に工事を丸投げすると手抜き工事を行う業者が現れます。

私が在籍していた会社では一切行われなかったものの、プロの立場から現場を見てみるとほかの外壁塗装業者は手抜き工事を行っていました。

たとえば、外壁塗装の場合本来であれば3回塗りを行います。まず下塗りを行い、その後上塗りを2回塗装します。合計3回塗装することで、仕上がります。

一方、手抜き工事を行う業者は、下地を塗りその後最終工程の塗装を行います。つまり、2回しか塗装をしないのです。また、場合によっては必要以上に塗料を薄めて使うこともあるのです。

しかしながら、塗装完了後の外壁や屋根を見ても素人の方では、まず手抜き工事なのかを見極めることは不可能です。

ただ、私たちプロの目線から手抜き工事の外壁後のツヤや色味加減は、明らかに違います。お客様からお金を貰っている以上、このような行為は絶対にあってはいけません。

しかし、現実は多くの塗装業者が手抜き工事を行っており、私が経験している中では約7割以上の確率で手抜き工事に遭遇していました。このことは、あまり知られていませんが、まぎれもない事実なのです。

工務店などの下請け業者である塗装業者が、材料を節約したり工程を省いたりすれば、その分だけ塗装の品質が落ちてしまいます。

高額な仲介手数料手抜き工事を生み出す

しかしながら、手抜き工事を行う塗装業者が悪いのでしょうか。必ずしもそうとはいいきれません。塗装業者が工務店などの下請けになっている以上、不利な立場であることが大きな原因になっています。

先ほどもお伝えしたように、工務店から4割の利益をピンハネされた状態で仕事を請け負います。このとき、下請け業者である塗装業者が利益を出すためには、材料費と人件費を節約することです。

早く仕事を完了させることはもちろんですが、それでは限界があります。そのため、材料費や手間を省くことで利益を捻出します。

塗料を薄めれば材料費を節約できます。3回塗りを2回塗りにすれば、材料代や作業日数を節約できるため人件費を抑えられるのです。

このように、手抜き工事をしたくなくてもせざるを得ない状況なほど、下請け業者である塗装業者の置かれている立場なのです。

もちろん、下請け業者の塗装業者が手抜き工事を行うのは、断じて許される行為ではありません。しかし、元請け業者に4割もの手数料をピンハネされていることを考えると、必ずしも下請け業者が悪いとは言い切れないのではないでしょうか。

低価格で高品質な工事を行うシステムを考案

外壁塗装業界で手抜き工事は、「元請け業者による多額の仲介手数料を抜くことができる」という仕組みが大きな原因です。

そこで私は、工務店などから仕事を請け負うのではなく、お客様が直接塗装会社に工事を依頼できるシステムがあれば良いのではないかと考えました。

塗装会社に直接工事を依頼できれば、仲介料を抜かれることがないため、より多くの利益が出ます。

そうすれば、材料費を削ったり工程を省いたりすることなく、多くの利益を残せるため、手抜き工事が行われない品質の高い外壁塗装が行えるようになっていきます。

このシステムを活用していただくことで、あなたは安心して外壁塗装の仕事をお任せいただくことができます。さらに、4割の高額な仲介料が発生しません。

また、当サイトがご紹介する外壁塗装業者は、火災保険の申請に特化しています。そのため、直接工事を依頼できる上に、火災保険の保険金が支払われれば、高品質の工事を低価格で提供させていただくことが可能となっています。

私が作り上げた直受注と火災保険を使うシステムは、多くの塗装会社から強く支持されております。また、当サイトが紹介したお客様からは、お喜びの声を多数いただいております。

メールフォーム記入ページへ移動する

Q.このサイトを利用するメリットは?

当サイトを使うことで「ハウスメーカー」「工務店」を通さずに、リフォーム会社に直接工事を依頼できます。

一般的に、これらの業者は3~4割の高額な仲介手数料が発生するからです。

広告費や営業マンの人件費などがかかるため、利益を確保した上で下請け業者に工事を委託します。そのため、工事とは関係のない費用が上乗せされます。

それでは、適正価格でリフォームを行うことができません。そこで当サイトでは、直接施工会社に依頼できるため、3~4割の高額な中間マージンをすべて削減できます。

Q.「大家の外壁塗装」は無料で利用できますか?

大家の外壁塗装のサービスは、申し込みから工事完了まですべて無料でご利用いただけます。そのため、お客様が工事費用以外のお金を支払うことはありません。

Q.火災保険の診断や申請は無料ですか?

火災保険の診断はもちろんのこと、その後の申請まですべて無料です。そのため、1円も払わずに火災保険をご利用いただけます。

Q.火災保険の風災補償ってどのようなものですか?

火災保険の補償内容の中には、「風災補償」があります。これは住宅の屋根や外壁、雨樋(あまどい)が自然災害による原因で破損した場合に保険金が支払われるものです。

たとえば、自動車保険であれば車が事故を起こしたら保険金が支払われます。これと同様に、家も自然災害で破損した場合に保険金が支払われるのです。

ただ、こうした分かりやすい不具合がなかったとしても、プロの診断を受ければ、建築して築10年以上経過している一戸建てなら90%以上火災保険が下りるように申請できます。

Q.業者の見積もりにお金はかかりますか?

無料で見積もりできます。見積もりの価格にご納得の上で契約させていただきます。その際に、はじめて施工代金をいただきます。

つまり、工事を契約しなければ一切料金は発生しません。

また、当サイトでは火災保険を利用した外装リフォームを推奨しています。保険金が支払われれば、修繕費用を補うことができます。

お得に外壁塗装やリフォームを行いたいのであれば、当サイトを利用して火災保険を活用してください。

Q.なぜ、無料で利用できるのですか?

当サイトは、施工会社に集客などのアドバイスを行うコンサルティングを行っております。

主なコンサルティングの内容としては、「お客様のご紹介」「売り上げアップ支援」「販売戦略アドバイス」「サイト作成代行」など幅広く手掛けております。

お客様からではなく、外壁塗装会社から運営費をいただいているのです。そのため、お客様はすべて無料で当サイトをご利用いただける仕組みとなっております。

Q.なぜ、業者を複数社紹介してくれないのですか?

当サイトは、よくあるネット一括見積もりサイトではございません。数多くいる業者の中から優良業者はほんの一握りしか存在しないため、複数社ご紹介することは不可能だからです。

また、当サイトは優良業者の中でも火災保険の申請をサポートしてくれる業者のみを扱っています。

したがって、数だけの業者を紹介する一括見積もりサービスとは異なることをご了承ください。

Q.住宅の教科書のサービスは信頼できるのですか?

当サイトのサービスを利用すると、直接専門業者に工事を依頼できる上に、火災保険を利用することでリフォーム費用の大幅な削減が可能です。

そのため、過去にご利用いただいたお客様の98%に満足いただいています。あなたにもご満足いただけると確信しております。

Q.しつこい電話やセールスはありますか?

ございません。当サイトは、営業会社ではないからです。そのため、一切の電話営業や訪問セールスをすることはありません。

過去に、「しつこい営業をされた」という方でも安心してご利用いただけます。

Q.代金の支払いはいつですか?

施工完了後、1週間以内に業者へお支払いいただきます。

Q.インターネットが不得意ですが、使い方は簡単ですか?

当サイトは、インターネットが得意でもない方でも簡単にお使いいただいています。インターネットによる申し込みですが、業者がお客様のご自宅を訪問します。

そのため、申し込み以降はすべて対人でのやり取りになるのです。わからないことなどは、直接会って質問できるので、老若男女問わずご利用いただけるサービスです。

Q.保険金の金額や施工費用の相場を教えてくれますか?

保険金の値段や施工費用は、実際に調査してみなければ価格や相場をお伝えすることはできません。規模や症状が異なるため、一概にいくらかかるとお伝えできないのです。

価格については、調査しなければわからないため、あらかじめご了承ください。

Q.業者を断わることは可能ですか?

お断り自由です。業者の見積もりの価格などに納得いただけないのであれば、はっきり断ってください。

しかしながら、見積もりを依頼した業者に対し、「お断りの連絡をするのは気が引ける」というケースは、多く見られます。その場合、当サイトが代わりに業者にお断りのご連絡をいたします。

当サイトを利用すれば、気まずい思いをしなくて済むため、気軽にご利用ください。

Q.言いにくいことは、代わりに交渉してくれますか?

業者に対して言いにくいことはあるものです。しかし、「直接言いにくい」のが本音です。その場合は、当サイトは代弁いたします。

言いにくいけど、工事を納得のいくものにしたい場合に伝えたいことがありましたら気軽にご相談ください。

高品質で低価格の外壁塗装をご提供

当サイトは、火災保険の申請サポートができる優良業者をご紹介します。高品質のリフォームを仲介料なしで保険金を使って行っていただきたいのです。

外壁塗装やリフォーム・リノベーションは、100万円を超える費用になります。依頼する業者によっては、せっかくの工事が手抜き工事になってしまう可能性があります。

後悔してからでは遅いです。リフォームを行う際は、一時的な感情で業者を選ばないようにしてください。

さらに、火災保険というスキームを活用すれば、実質負担0円で屋根・外壁塗装を実現できます。さらに、余った費用で内装のリフォーム・リノベーションの費用に充てることが可能です。

当サイトのサービスを活用して、納得のいく外壁塗装を行いましょう。

問い合わせフォーム

メールフォームへのご依頼は、24時間受付しております。下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

当サイトのサービスはすべて無料でご利用できます。

・お問い合わせ頂きましたあなたに対して、「住宅の教科書」または「当サイトの登録業者」から強引な営業・売り込みをすることは一切ありません。

・詳細な工事内容について知るため、電話をかけさせていただくことがあります。この場合も、強引な営業はしません。

・フォームへ記入した内容について、あなたの許可なく個人情報が外部に漏れることはありません。安心して当サイトのサービスをご利用ください。

【悪用厳禁】注文住宅を723万円も安く買ったコツ

住宅は一生に一度の高価な買い物です。数千万円単位になるため、できれば値段を安くしたいものです。

実は値段の高い注文住宅ですが、建売よりも安く家を建てられる方法があるってご存知ですか?

建売でもいいですが、せっかくであれば自由に仕様や間取りを選べる注文住宅がいいですよね。

ただ、注文住宅は失敗してしまう方がほとんどです。夢のマイホームで後悔したくないですよね。

【FP監修】建売よりも安く失敗しない注文住宅を建てるコツはこちら

※お断り自由・完全無料

トップへ戻る